blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/19

しつこくニッポンの思い出、買い物編。


あれ?食べ物編で終わりって言ってなかったっけ?
言ったよ、確かに。
でも~思い出したんだもん。買い物とか色々したのを。

ものすごい個人的なショッピング日記なので、さら~と
スルーしてくださいまし。




今回の里帰りで、自分的に一番のお買い物は
Serge Thoravalの指輪、ゴールド。↓


  photo_06.jpg
  画像はH.P.Franceのサイトからお借りしました。



セルジュのジュエリーはかれこれ15年(!!!)くらい前に買ってから
なにかの記念に少しずつ買い揃えているもの。

7連の指輪は1つなくしちゃったけれど、ひとつは夫と婚約したときに
当時遠距離交際だったので、イギリスに戻る夫にひとつシルバーの
鎖のネックレスに通してあげたのでした。
あれから6年以上経つけれど、未だにひとつは夫の胸元で揺れています。
ホホホ、ロマンチック?今書いていて思い出しただけなんだけど。

それからもうひとつ太いリングと、同じシリーズのネックレスもちょっと
思い入れのあるもの。
指輪はシュフでハハなので、もうなかなかしないけれど(きついの・・)
ネックレスはほぼ毎日しています。
シンプルで何でも合うしね。
もっと華奢なネックレスも気に入っているけれど、もう何本もムスコに
ぶっちぎられているので怖くてできない。
が、これは多少ひっぱられようが、気が付いたらがっちり舐められていたり
しようが、丈夫☆

なので、ムスコを出産記念になにかアクセサリーを買おうとおもうこと
1年半・・・・なかなか気に入ったのもないし(実用性に耐えられそうなものも)
セルジュにしよう!と決めていたんでした。
でもね、イギリスではロンドンでしか手に入らないし、そんな遠くまで
わざわざ買いにいけないし・・・・で、今回の里帰りにやっと入手☆

本当はもっと華奢なピンキーリングとかも欲しかったけれど、夫に
「似合わない、キャラじゃない」とびしっと言われ・・・これになりました。
気に入ってるからいいんだけど、華奢なのはキャラじゃないって・・・・。しゅん。




あとは、



暮しの手帖 2010年 10月号 [雑誌]暮しの手帖 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/25)
不明

商品詳細を見る




とか




はじめての自家製酵母パン―季節の酵母でうまくつくれるはじめての自家製酵母パン―季節の酵母でうまくつくれる
(2010/06/01)
ウエダ家

商品詳細を見る





とか、


オレンジページとか




こぐまちゃんありがとう (こぐまちゃんえほん)こぐまちゃんありがとう (こぐまちゃんえほん)
(1972/10)
森 比左志、わだ よしおみ 他

商品詳細を見る




とか




たんじょうびおめでとう (こぐまちゃんえほん)たんじょうびおめでとう (こぐまちゃんえほん)
(1977/02)
わかやま けん

商品詳細を見る

  (某Book Offにて)




とか








にっぽんのちずえほん―スキンシップ絵本にっぽんのちずえほん―スキンシップ絵本
(2006/03)
わらべ きみか

商品詳細を見る





とか


某Book Offで大人買いした単行本とか本とか絵本とか





映画ドラえもん のび太の恐竜【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]映画ドラえもん のび太の恐竜【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]
(2010/09/03)
大山のぶ代、小原乃梨子 他

商品詳細を見る

  (某Book Offにて)




とか




SB カレーの王子さま 顆粒 15g×4 (4入り)SB カレーの王子さま 顆粒 15g×4 (4入り)
()
エスビー食品

商品詳細を見る





やら、シチューの王子様やら、たまごぼうろやら
健康子供スナックいろいろやら、食料乾物全般、買いました。

それと忘れちゃいけないユニクロヒートテック☆
そして無印の直角かかと靴下(超ヘビロテ)、文房具いろいろ、
セールになってたサボ(帰りの飛行機で極楽^^)など。



って、アレ?書き残すほどのものじゃなかった?

おまけに、わたし・・・・・、留学していた期間を含めての里帰りの中で
ファッション雑誌を買わなかったのは初めてです。。。
一応ファッション尽くめの人生だったはずなのに(←それは言いすぎ)
いまやヒートテックや直角靴下が手放せず、読むところが少なくて
かわいいファッションだけどイギリスでは何も手が届かないファッション雑誌
よりも、読むところがみっちりあって毎日役立つ生活雑誌や
レシピ本が心から気になり、子供の絵本やお菓子に大金を
つぎ込む人になっております。

せっかくセールの時期に帰ったのに何やってんだか。

帰る間際に思ったのは、知り合いのかたにいただいた無農薬のこしひかりが
どうしてもスーツケースに入らなかったのが心残りで仕方がなかったのと、
「グリコのプッチンプリンを食べ忘れた><」とまじで悔しかったアラフォー。



ちなみに夫は、某DIYショップでニッポンの優秀なのこぎり大人買い。
マニアックな彼は、何に使うんだか知らないけれど延長コンパスとかいう
代物に出会い、身震いするほど感激☆翌日もわざわざもう一つ買いに走った。
それと、ミニチュアのものさしとか、L字型の定規とか、よくわからない
工具系に身もだえしながら購入してました。

別にね、他に何も買い物に対して興味がないみたいだし、イギリスでも
あんまり買い物しない人だし、思う存分買うがいいんだけれども。
妻的には、まったく興味のない分野なのでどこか違うところを見に行きたいのに
通訳要員で工具売り場でつきっきりって言うのが少し辛かったです。



というわけで、ニッポンでのお買い物日記でした。



・・・・自分の記録に残しとこうと思ったけれど、盛り上がりに欠ける
ショッピング内容だこと。



スポンサーサイト
2011/02/17

日本の思い出、食べ物編。

あぁ、また大分大分ほったらかしにしてしまいました、ブログ。
しかも、意味深に暗いツブヤキを残して(笑)。
ムスコ君の洟風邪をもらって、鼻づまりに苦しんだりしていたけれど
元気です。
まだまだ悲しいけれど、元気です。
あ、夫を含む夫実家系は2月10日のことはマジで忘れてやがりましたが。
夫とは重苦しい語り合いのあと仲直り、ツマはちゃんとバレンタインに
ブラウニーを作ったし、夫はバラを一輪とチョコレートを持って早めに
帰宅してきました。
大丈夫、元気ゲンキ。




さて、どこまでひきずるんだという感は否めなくなってきた里帰り記録。
食べ物編です。





お父さんの朝ごはん。

  30-12-10 thurs (2)

信じられないくらい美味しいお味噌汁の数々・・・。
ちゃんとかつおでダシをとり、斬新な具のアイデア。
参りましたやられました、なお料理の腕でした。
ムスメが父親に味噌汁の作り方を聞くなんて・・(恥)。
写真を見ただけでうっとりしちゃうお味噌汁でした。




お節料理。

 japan dec  jan etc 仮

お父さんがオーダーしておいてくれたお節。
家で作れない=母の不在を再確認、なちょっと切ないお正月
だったけれど、豪華なお節と、市場まで買出しに行ったかまぼこやら
卵やらを重箱に入れて、お正月の塗り物の食器を出して大勢で食べて
ちゃんとお正月らしい日がすごせました。

うぅ、お父さんの白味噌のお雑煮の写真がなかった・・・><。
美味しかったなぁ。

お節って色合いがきれいねぇ。こちらのクリスマス料理とは大ちが・・・以下自粛。
夫は金箔つきの黒豆に感動。
好き嫌いが激しく、偏食王子のムスコ君がこのあたりから
色々食べるようになってきたんだった。
お節の煮物って甘いものが多いものね^^。
お豆さんと伊達巻に食らい付いてました。




お正月にいただいた自然薯。

  1-1-11 sat (60)

せっかくですから、妹ちゃんフィアンセの指導の下
イギリス人の夫に摩り下ろしてもらいました。
ムスコ君もお手伝い☆

あぁ~~~~おいしかった☆☆☆
が、夫は生卵が入ったこと+もともとのネバネバ苦手性
のため、一口食べて漏らした感想が、
「巨大な鼻くそ食べた気分」だそうで。>クニヘ帰れ。





お寿司~~~~~!

3-1-11 mon (26)

うちのそばにあるおいし~~~~い回転寿司。
2度行きました☆

見て、このお皿の数・・・・。
大人5人、子供1人でこれ!
次、いつ来れるか分からないからね。
次、いつお寿司を口にできるかもわからないしね。
悔いナシ!!!

夢にまで見た、ハマチに鰤に鯛に烏賊・・・・・。
トロもおいしかったし、ムスコ君と食べた納豆巻きも
美味しかった♪



や・き・に・く♪♪♪

  2-1-11 sun (16)

実家から程近いチェーン系の焼肉屋さんですが、超堪能☆☆
滞在中2度行った!

あ~、盛り上がったし食った食った^^。
自分でじゅぅじゅぅ焼くのも楽しかったし、夫は備え付けのスクリーンで
オーダーができちゃったりするのにも感動。
ムスコ君もいつもとちがった雰囲気に楽しそうにしていたし、
お肉こそ食べなかったけれど、とうもろこしやおうどんなどを
たくさん食べました。

ビバ☆焼肉。タン塩が恋しいわ・・・・。




柔らか牛肉のステーキ@妹ちゃんの結婚式レセプション。

  10-1-11 mon NTs wedd (286)

肉続きで、夫をうならせたステーキ。
もーびっくりするほどやわらかくて、さっぱりとしたソースとの
相性もばっちり☆
付け合わせの野菜のこりこり加減もイギリスではなかなか味わえない
ものだったし、レンコン~おいしかった~♪

っていうか、このレストランのお料理すべて美味しかったです。
盛り付けもオサレだったし~。
ムスコは頼まないようにしてもらったけれど、お子様ランチも
すごいボリュームでおいしそうでした。




ケーキ☆ケーキ☆ケーキ。

 japan dec  jan etc 仮1

日本のケーキはレベルが高いなぁ~~~と改めて思った。
ド○ールのケーキでさえ美味しく感じたし。解凍されきっていないモンブランに当たるまでは・・。

上のケーキは、わたしが高校生のときにバイトをしていたケーキ屋さんのもの。
2代目、がんばってるな~。
すごいおいしかった♪
夫もものすごい目移りしていたらしい(笑)。





しゃぶしゃぶ。

  P1110410.jpg

こちらに戻ってくる前日にお父さんが連れて行ってくれたしゃぶしゃぶ。
大勢で行って、高級なお肉の食べ放題を贅沢に!

4つのおだし(昆布だし、すき焼き風、豆乳、火鍋)で色々楽しめたし
何よりもお肉が・・・・おいしすぎ。
色々おつまみとかサラダとかも出たけれど、ムスコほったらかしで
忙しく食べたのであんまり写真がなかった・・・(笑)。

薄切りのお肉って美味しいですねぇ。タメイキ。
スライサーが欲しくなったよ。
あ、でもお肉自体がこちらと味がぜんぜん違うものなぁ。





あぁ、たくさん食べました。
お正月休みの時期には、お父さんがお鍋をたくさん作ってくれて(上げ膳据え膳)
懐かしの関西風スキ焼も☆
夫は初体験の生卵ディップにおっかなびっくりだったけれど、美味しい美味しいと
〆の雑炊までペロリ^^。

3週間弱の滞在でこれだけ食べたので、クリスマス前に体調を壊して体重が減って
いたのに、まんまと大増量して帰ってきました。

本望です。

それにしても、日本のお野菜って美味しい・・・。
水菜とか根野菜とか、改めて美味しさを再確認した里帰り。

ムスコ君はイチゴやみかんに夢中でした。
そういえば、去年帰ったときもかぶりついていたもんねぇ。
ちなみに、イギリスに戻ってからもイチゴやみかんにすごく反応するのですが、
与えると一口食べた後は大体その辺に転がっていたりします・・・・。




というわけで、うんと贅沢だった日本での食生活の記録でした。




2011/02/08

里帰り、お出かけ編。

風邪が蔓延していますねぇ・・・。
先週、夫が夜中に大汗かきながらもだえ苦しみ、
よもやインフルエンザ?!と思ったものの、2日で復活。
が、ムスコ君は久しぶりに青っ洟をたらし、先ほどから
わたしもくしゃみ鼻水が止まらなくなってまいりました。
今日行ったプレイグループでもお友達がたくさん風邪引いて
ました~。

10日くらい前に受けたインフルエンザの予防接種・・・・
そろそろ効いてきてくれないかしら。ここでインフルになったら
間抜けすぎる。




さて、しつこく里帰り日記。

今回は特に大きなお出かけはしなかったけれど、それでも
家族で少しホリデイらしく観光っぽいこともしてみました。





    横浜。
    6-1-11 thurs (8)

ランドマークタワーは夫のお気に入りで、この日は
曇っていて展望台に上れなかったので、夫だけ翌日に再訪。
信じられない数の風景写真がカメラに収まってました。

ムスコ君は電車でスヤスヤ。
ランドマークタワーの本屋さんは楽しかったね。   




    鎌倉。
    P1110203.jpg



   jan 2011

小町通をぶらぶら歩いて、鶴ヶ丘八幡宮へ。梅がもう咲いてた。
1月13日に行ったので、空いていてムスコ君もそぞろ歩きを
楽しみました。
肉筆の浮世絵展もやっていて、大声でしゃべりまくる(?)
ムスコ君がいたので、駆け足でしか見れなかったけれど、生の浮世絵が
見れて良かった。最近、浮世絵が気になるのではがきを買いました。
牡丹展も見たかったけれど、おなかが空きすぎてお蕎麦屋さんに
駆け込んだため見逃す・・・・。



    13-1-11 thur kamakura (130)

少し足を伸ばして、海岸へ。
ムスコ君は初めて間近で見る海岸に大興奮☆
ちょっと疲れちゃったけれど、あの見事な夕日とムスコ君の喜ぶ顔を
見れたので、行った甲斐がありました。

鎌倉は実家から割りと近いけれど、有名どころくらいしか行ったことが
ないので、今度は北鎌倉とか(夫は翌日一人で行った)行きたいなぁ。
ムスコ君がもう少し大きくなったら、鎌倉山にハイキングとかもいいなぁ。

ひとつだけすこーし困ったのは、オムツを替えられるところがすごく
少ないこと。
駅前のスーパーマーケットでかろうじてゆっくり替えられたけれど、
レストランやカフェ等にはあんまりなさそうだったなぁ。



あとは、友達の家に遊びに行ったり、近場を散歩したり。
とにかくよく行ったのは、うちの近くの某スーパー。DIYショップもできて
夫は日参しました。→そしてのこぎり等、大人買い。


    30-12-10 thurs (4)

ムスコ君はこんなのに乗ったりして楽しめたし。



また帰りたいなぁ・・・・。


次は食べ物編で、里帰り日記も最終回。の予定です。

2011/02/04

ニッポンの思い出、結婚式編。


すごい風ですね、イギリス。
わが新居の暖炉はボードで閉じられているけれど、煙突から
ビュービュー風とともに色々飛んできているようで、ものすごい
音がしています。
こういうのって、春一番って言うんだっけ?気温はマイルドだけれど
(最高気温10度!)風が強すぎて外に出られない状態。
スペースがある程度あってよかった、と改めて思います。






さて、もうすでに遠い思い出になりつつある、今回の里帰り。
12月27日に出発して1月16日に戻りました。

今回の目的はなんと言っても、わたしの妹ちゃんの結婚式に参列すること☆
この1年、とても大変だったけれど、とても思いやりがあって優しい人と
結婚することになり、幸せいっぱいな姿を見てとても嬉しかった。




        10 jan 2011 wedding




いくつになっても妹ちゃんは、わたしにとっては「小さなイモウト」なので
結婚式に向けて少しずつ引越ししたり、忙しそうにしているのは、ある意味・・・
とても不思議な光景でした。
一緒に住んでいたお父さんは、もっとそういう風に感じていたんだろうけれど
年末にポッと帰って、時差ぼけが収まったら実感がわいてきて、おめでたい
気分とともになんだかすーーーんと置いてけぼりになるような寂しい気持ちも
味わってしまった。
自分は遠いところにお嫁に行っちゃったくせに、こういう風に感じるなんて変なの、
と思いつつ、これは親になったから余計にこういう気持ちになるのかな、なんて
思ったり。←年、とも言う。
とにかく、ウキウキ幸せな気持ちと寂しい気持ちが交互に常に心にあるような
少しエモーショナルな里帰りでした。


なんて、妹ちゃんの幸せなイベントに水を指すような感想を書いちゃったけれど
1月10日は本当に素敵な結婚式でした。
日本語がほとんど分からない夫も、とても楽しめた暖かいすばらしい式で
その場にいることができてよかった。

わがムスコ君は、リングボーイという大役をもらっていたけれど、所詮19ヶ月児。
リハーサルでは、リングガールのお姉ちゃん(4歳)に手をとられて大絶叫で拒絶><。
もうリングガールのみでお願いしたい・・・と本気で夫婦で思ったのですが、
本番も一応やってみることになり。
・・・・会場に響き渡る、「NOOOOOOO~~~~~~~!!!!!!」の大絶叫(汗)。
拒絶したくせに、リング交換の最中に壇上に上りだし、お役ごめんで下がるところを
下がらず、わたしが抱きかかえて下ろすと、この世の終わりかと思うような大号泣(滝汗)。
夫が抱えてダッシュで退場しました・・・・。

穴があったら入りたかった・・・・。

結局、朝がちょっと早かったのもあり、疲れちゃっていたのであっという間に
寝てしまい、式直後の親族との記念撮影ではダディに抱かれたまま爆睡。
まぁ・・・いい思い出、ということで。ハァ。




              10 jan 2011 wedding 2
              しあわせになってね~。




おめでとう、妹ちゃん&Tくん。末永くお幸せにね。



2009/12/17

日本滞在記、後編。 


まぁ~、ずいぶん引っ張ってしまいましたがしつこく滞在記。



楽しかった箱根から帰ってきてから、温泉あたりか疲れが出たのか
体調がまたもやダダ下がっていったわたし。
それでも残り少ない滞在を楽しもうと、あがいておりました。

ノッティンガムの大学時代のお友達2人には無理を言って、わざわざウチの
地元のほうまで出てきてもらって、赤子フレンドリーなカフェとかが
分からずファミレスみたいなところでおしゃべりしたり(あのときは
ありがとう^^。ご馳走様でした)、どさくさにまぎれてめがねを作ったり、
世界堂で文房具をフウフで大人買いしたり、イモウトちゃんに頼んで
ラーメン屋に連れて行ってもらったり。
4人の子持ちの親友にダディになったオットを会わせたり(車を出してくれて
どうもありがとね~)、DIYショップでオットが工具を大人買いしたり。

そんなこんなをしながら、帰国に向けて最後にやり残してあった「焼肉」を
食べに行こうとしたその日だったか前日だったかに・・・熱出したんでした。


・・・・あの時は辛かった・・・・・。
高熱でうなされたのなんて何年ぶりだろう。それでもムスコ君が泣けば
授乳だし、焼肉は食べれなかったし。
オマケにばたばたとオットもムスコ君も熱を出し、帰国まで延びちゃって(涙)。
→興味のある方は、詳しくはこちらから。そんなに詳しくないけど。

どんなに大変だったかって・・・こんな感じですよ。↓



31-10-09 sat (2)


ヒエピタ親子。ザ・病原菌。
まるで犯罪者のように、キッチンとかトイレとか洗面所とか、触ったところを
アルコール除菌して回る日々。
パッキングも途中で投げ出され、美しく(?)保たれていたリビングルームは
ものでごった返し、まるで被爆地のよう。
ムスコ君が新型インフルと診断されてからは、外にも出れず、ひっそりとこの部屋で
巨大なテレビの前で過ごしてましたの。

しかもこんなに自粛的生活をしていたのに、焼肉もあきらめたのに、親友の
ムスコその3にだけうつしていた模様。そしてさらに帰国してからは、ハハにまで
うつしてしまっていたようです・・。

最後にもう一度会いたかったお友達、連絡・電話するよといいながらできずじまい
だったお友達・・・ごめんね。
ムスコ君のタミフルだとか風邪薬だとか、わたしの薬を授乳の1時間前後には飲まない、
でも食後1時間以内に飲めとか、除菌とか、そういうことでいっぱいいっぱいだったの。
オマケに日本語ができないオットに薬の説明したり、やれ保険だなんだってやって
いたらあっという間に飛行機に乗せられて帰ってきちゃったの。
わたし・・・切羽詰った状態で家族に頼られてのマルチタスクってできないの。
これに懲りず、次に里帰りしたときはぜひまた遊んでください。
見捨てないでねぇ~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹



と、こんな感じの里帰りでした。
でもこんな〆、悔しすぎるので、今回の里帰りでのすばらしい体験の写真で。








otsumami-yokotyou


美味しそうでしょ?美味しかったのです。
しばらくウチに帰らなかった間に、父がじいじが!!新星シェフに変身
してました。
意外にも手際よく、チャカチャカとサラダから鍋料理、煮込み料理まで
作ってくれたのです☆
しかも朝食も!!!!
朝からちゃんとエクササイズして、オムレツやらお味噌汁(すげーうまかった)
などを作ってくれて、出勤。
すばらしいよ、父さん!→っていうか、ムスメ・・・上げ膳据え膳だな。



と言うわけで、風邪ひいちゃったり色々大変だったんだけれど、いい思いを
沢山させていただいた、久しぶりの里帰りでした。
牛タンは食べられなかったけれど(まだ言う)、楽しかった!
お世話になりました。

また行くからね~。大きくなったムスコ君とも遊んでね☆






長くなったのを読んでくださってありがとうございましたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


2009/12/07

日本滞在記、オット来たりて箱根編。

あ~~~!!!日本滞在記録、前半しか書かないまますでに12月!!!!!
わたし・・・何してたんだっけ、この2ヶ月・・・。
色々してるし、書きたいことはいっぱいあるような気がするんだけれど、6ヵ月
乳児、ただ今夜泣き/teething真っ只中を抱えていると、びゅんびゅん時が
過ぎていきます。

なんて、誰に言い訳するわけでもなくつぶやきつつ、しつこく日本滞在記。






*************************



10月22日に待ちに待ったオットがイギリスから合流しました。
イモウトちゃんが休みをとってくれたので、一緒に来るまで羽田までお迎え
(フィンエア、この日はマンチェスター→ヘルシンキ→関空→羽田が安かったのです)。
3週間、ダディなしでがんばったけれど、正直言ってムスコは日に日に重くなるし
泣くし、大変だったので本当にうれしい再会でした。

が~、3週間、ダディを生で見ていなかったムスコ君、ダディを見ても無反応。
ダディ、大ショックでした。
羽田で涙を浮かべておりました。
わたしとイモウトで一生懸命なだめて慰めたけれど、大ショックすぎて悲劇のどん底に。
ま、数時間で慣れたけれど、赤子って忘れるものね~。


時差ぼけも覚めやらぬまま、年中時差ぼけ状態の乳児の世話やらチョコチョコお出かけ
したりして日々は過ぎて行きました。



お寿司食べに連れて行ってもらったり、
おすし。
オット、初めての回転寿司にはしゃぐ。→生意気~。


叔父さん叔母さん、いとこちゃんが遊びに来てくれたり、


3年ぶりにボーリングに行ったり。
25-10-09 sun (14)
負けた・・・・><。
母親になったらボーリングは弱くなるのか・・・。





そして、今回のハイライト。


ロマンスカーに乗って・・・
P1040747.jpg

家族3人で箱根に一泊旅行に行きました^^。



写真が多いので、続きからどうぞ。



続きを読む
2009/11/27

ニッポン滞在記、前編。

ドキドキしながらの初めての子連れ里帰りから帰ってきてから、早くも約1ヶ月が経ってしまいました。
色々大変だったけれど楽しかったな。
大事な家族にも友達にもムスコ君を会わせることができてうれしかったな。
懐かしい和食もおいしかったな。


というわけで、大分時間は過ぎましたが、楽しかった思い出の記録です。







*****************



10月1日、マンチェスターエアポートからフィンエアーでヘルシンキ経由、日本へ。

ヘルシンキまでは小さな飛行機でしたが、それはそれは至れり尽くせりなサービスを受けました。
中年のスチュワーデスさんは、ムスコ君をとてもかわいがってくれて、お仕事そっちのけで話しかけて
くれたり、遊んでくれたりしました。
心配していた離着陸もおっぱいで無事に乗り切り、ムスコ君もとてもいい子にしていてくれて、軽食が
出てきたころに愚図ったけれど、通路を挟んで隣に座っていた中国人の女の方が抱っこしてくれて
ごはんも無事に食べれたし。

ヘルシンキからはバシネットを予約していたのと、隣の席が空席だったため周りのお客さんを気にすることなく
わりとゆっくりと過ごせました。
バシネットではトータルで3時間くらいしか寝なかったけれど、スチュワーデスさんたちもビックリするくらい
大人しくいい子だったムスコ君。ありがとう~ありがとう~。親孝行な子だよ。
それでもわたしはやっぱり色々気になって全然寝られなかったけれど、いいフライトでした。
ヘルシンキからだと9時間弱だったしね。

1-10-09 thur 19weeks (18)
thurs 1 oct 2009   バシネットで眠るムスコ君。




成田空港には父とイモウトちゃんが迎えにきてくれていました。
初めて会う、孫/甥っ子に本当に本当にうれしそうな顔で出迎えてくれて、疲れも吹っ飛ぶくらい
うれしかった。
じいじは用事で成田で別れたけれど、イモウトちゃんとはここから高速バスで最寄の駅まで2時間半のたび。

イギリスはこの時点でとても涼しく・・・というか寒くなっていたのですが、日本はむんむん暑かった!
ムスコ君もわたしも汗だくでした。

なのでさすがのムスコ君もうちに着くころには疲れもピークでくたくたのグダグダに。
夜は時差ぼけと乗り物から久しぶりに落ち着いた疲れからか、寝ない+今までにない大絶叫のギャン泣きを
繰り返し、夜も1時半くらいまで寝ては5分おきに起きて・・・を繰り返してかわいそうでした。
・・・親のわたしも相当かわいそうだったけど~。
ムスコ君とわたしの存在を完全無視していたうちの猫まで様子を見に来たくらいのギャン泣き。
辛かったわ。


12-10--0 mon (14)
うるさいの~う。



久しぶりの日本は気温も穏やかでわたしたちにとっては毎日汗ばむくらい。
でも台風が近づいてきていて、とにかく天気が悪くて、気圧のせいかムスコ君も機嫌が悪くて最初の
1週間は近くのスーパーに出かけるくらいしかできなかったな。
それでも、久しぶりの日本のスーパーは楽しかったけれど。

色々な日本の便利グッズにいちいち感心したり、すばらしいカスタマーサービスに感激したり、本屋さんで
ウキウキと重たいムスコ君を担いで立ち読みしたり、夢にまで見た菓子パンやらこまこました「食べなきゃリスト」を
静かに制覇していったり(←ちっさい夢・・・)、17年来の親友たちと会ったり、ムスコ君の日本のパスポートを申請したり、
ブログを通しての大切なお友達「スロー&シンプルでいこう☆」のmaupanちゃん一家と念願の初デエトで
公園でミニピクニックしながらおしゃべりしたり(あの時はありがとう☆maupanちゃん!!)、と
オットがやってくるまでの3週間、ゆっくりのんびり・・・とはいえないにしても静かに充実したときを過ごしたわけです。



ムスコ君もこの短い間に著しく成長☆


12-10--0 mon (17)
日本のコットは大きいね~!


ずっとできそうでできなかった寝返りもできるようになりました^^。
一人遊びができる時間も増えて、ばあばに歌を歌ってもらったり、イモウトちゃんにいっぱい抱っこして
もらったり。

楽しかったなぁ・・・。



と感傷的になったところで、ダラダラと次回に続く。


次へ>>

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。