blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/31

おしゃべり恋しかった週末。

珍しく金曜日から3連休。
でも、ここノッツでは友達があんまりいないので遊ぶ人もいないし、オットは今週の金曜日のデッドラインに向けて休む暇もなく勉強・ワークしているので、せっかくの週末も台無し~。


でも金曜日は日本人の数少ない友達とちょっと会ってお茶。
久しぶりに日本語がしゃべれて嬉しかった~。

お正月を日本で過ごして来たため、わざわざお土産ももらっちゃった。
梅干し、インスタントスパゲッティ-の素、そしてひなあられ(!)。
あと自家製のケーキ。
ありがとうね。


土曜日はヒマすぎて気が狂いそうだったけれど、職場の友達アビと夜出かけたので、酔っぱらっておしゃべりして踊ってすっきりしました。


日曜日はだらーっと1日が終わり、今日仕事復活。
久しぶりにやる気に満ちた月曜日だった~。
その割にお客さんが来なくて、やる気がから回ってたけれど、まぁ働く気になるって言うのはいいことだし。


そして、今日は約6年来の付き合いで、元フラットメイトで大親友のサイモンがちらっと会いに来てくれた!

彼は今はヨークに住んでいて、結婚式以来会ってなかったんだけれど、昨日の夜テキストが来て「2時間くらいノッティンガムによる予定があるから会おうよ」と。
実は彼女と一緒にローマにホリデイに行くのにイーストミッドランドから飛ぶので、ノッツにお昼頃来てくれたのです。
ほんの1時間、わたしのランチタイムに会っただけだけれど、会話がとまらない~。

打てば響くようにポンポンと心地いいテンポの会話ができるサイモンとは、言葉の壁もぶっこえて何でも言える友達。

いろいろお互いあったけれど、以前と全く変わらず楽しくおしゃべりが出来て嬉しかった。
次に会うときはちゃんとオーガナイズして4人で(わたし&オット、サイ&セーラ)飲みに行こうね~と言って別れました。

あーあ、今頃はローマかぁ。
いいなー。

続きを読む
スポンサーサイト
2006/01/28

ほのぼのショベルカー。

以前オットの運転する車の中、ラジオから流れて来たこの曲。
JCB SONG by Nizlopi
そのときは、DJもこの曲を全く知らず「so sweet!」と感想を言ってました。


オットがウェブサイトを見つけて来た。
ほのぼのとした歌詞と音楽、そしてすごくカワイクて凝っているビデオ。
興味のある方はこちらから見てみて下さいな。

「JCB」とは、ショベルカーのメーカー。

この曲を聴くとオットは小さいときにパパさんのロリーで学校に連れていってもらったときのことを思い出すとか。


男の子にとって、お父さんってすごーく大きい存在なんだろうな。
一番強くて大きくて頼れる存在。
ブルース・リーみたいな。

そうでないお父さんも一杯いるのかもしれないけれど、子供が大きくなってからこの歌のように「お父さんって大きかったよ」って思えるような家族っていいな。

2006/01/25

禁断の楽しみ・・・。

えぇ、精神衛生に悪いですよ。
そして第2外国語で生活する人たちには、言語的に多大な悪影響を及ぼしていると思いますよ・・・。っていうか絶対に及ぼされているかも。


えぇ、はまってます。

Celebrity Big Brother
略してCBB


・・・Loserと呼んで下さい。


Big Brotherは1番最初のシリーズから3年続けて見て、日本に帰国。
それからは、全く興味をそがれて見ていなかった。

ましてやCelebrity Big Brotherは全然興味なしだったのだけれど、職場のみんなが話しているのを聞いて、始まってから3日目位から見だしてしまいました。


それにしても、TVプロデューサー、すごいなぁ・・・。
政治家のジョージ・ギャロウェイを引っぱって来た上に、毎日毎日考えもつかないようなイヂワルイ企画が盛り沢山。

ジョージ・ギャロウェイはCBBハウスから出たあと、大変だろうな~。
無事に政治活動に戻れて討論していても、みんなから「kitty kitty kitty....!」って言われるだろうし。


それに元Dead or Alive のリードボーカル、ピート・バーンズ。
スカウサーでハウスメートを罵りまくり。
頭がいいんだろうけれど、使い方が悪すぎ。


しかし、いくらホンノちょっと有名だったり、うんと有名だったり、昔有名だったり、全く有名じゃなかったりしても、一応は公共の電波に流れている/いた人たちが、3週間弱でエライことになっているのを見ると、人って恐ろしいね。

有名だったりしたことがあるから、エゴとかがぶつかっちゃうんだろうけれど、いやー今年の「CBB」はすごいね。

プロデューサーは笑いが止まらないんだろうなー。


あと残すところ数日。
あぁ、オモシロイ。


ちなみにわたしはプレストン嫌いのマガット好き。
マガットかデニス・ロッドマンに勝って欲しいです。


あぁ~、ルーザー・・・・。
2006/01/23

ガールズ・ナイト・イン。

最近とっても疲れ気味。
体が、っていうより精神的にいろいろなことにうんざりしたり、イライラしたりと、いい歳して情緒不安定。

きっと仕事が暇だからだ・・・。
そして休みの日もオットは忙しいので放っておかれてヒマだし・・・。

ってグチグチ言っていたら、職場の友達アビ21歳が
「じゃあ、ガールズ・ナイト・インをしなよ~。わたしもするんだよ~今夜」と。


気分転換にそれもいいかもね、ということでものすごく気の進まない様子のオットを説得してやってみました~。


まずはバーバーkaoがボサボさに伸びてきておさまりのきかないオットの髪を切り、
1本になりつつあるオットのまゆげを抜き、
きれいに顔を洗って、




face pack
最後はパック♪

泥マスクのミネラルが毛穴に浸透して来る感じがちょっとチクチクするので、洗顔したことがあんまりないオットはギャーギャー騒いでいたけれど、カメラを向けたら「ズーランダー」のポーズをしてくれました。


実はわたしももちろんパックしてたんだけれど、2人で撮った写真はちょっとここでは載せられないねぇ・・・。
真っ白なパックをしてオットとポーズしてるわたしはイッタンモメンのようだったよ。
分かっちゃいるけれど、西洋のヒトたちと比べると日本人の顔って平たいねぇ・・・。
2006/01/17

買っちゃった~。

結婚するときに2人でこれから集めていきたいね~と言っていた
Cornish Blue

Cornishwareというしましまの模様が特徴のイギリスの陶器です。

Cornishware

色はブルーだけじゃなくて、ピンク、ハニー、黒などいろいろありますが、わたしはブルーが好き。
かなり古いものはコレクター・アイテムになっているそうで、とんでもない値段が付いていたりします。

きっかけは、学生のときにセカンド・ハンドのお店巡りにはまり、コーニッシュ・ブルーのエッグスタンドを見つけて、コロっとした形とシンプルなストライプ、そしてちょうどいい重みに惹かれて。
残念ながら引っ越しのドサクサにまぎれて紛失しちゃった。

でも結婚をするに当たってイギリスに戻って来たときに、オットがわたしのコーニッシュ・ブルー好きを覚えていてくれて、エスプレッソカップとソーサーを一脚買っておいてくれました。


それから、パパさん方のおじいちゃんおばあちゃんと叔母さんが、ウェディング・プレゼントとしてくれる予定だったのですが、まだ定住の場所も決まってないし・・・ってことで未だお預け。

でもクリスマスに、おじいちゃんとおばあちゃんから Mortar and Pestle(ハーブ等のすり鉢とすり棒)をいただいちゃった。

そして叔母さんのアリソンからは同じくコーニッシュ・ブルーのジャー。
これはなんとアンティークだそうで、今のデザイナーとは違うためちょっと違ったフォームです。


そしてそして、先日John Lewis(デパート)をのぞいたら、コーニッシュ・ブルーのセカンドが売ってました。
セカンドとは「キズもの」です。なので定価より少し値段が安くなっているけれど、品質はそこまで悪くない!

ということで、買っちゃった~。
ミルク・ピッチャー。

ホントはキッチンツールを入れるジャーも欲しかったけれど、高いからね・・・。
少しずつかつめることに意義があるのだ!と自分を納得させてミルク・ピッチャーのみのお買い上げ~。
£10.50なり。


cornish blue
たら~~~ん♪
これが現在集まったわたしたちのコーニッシュ・ブルーたちです。

いいねぇ・・・・。
これでカントリー・サイドに引っ越して、「River Cottage」の仲間入りをするのがユメです。

ユメは大きく・・・・だからね。


2006/01/14

がらくたの使い道。

わたしはものを捨てられないタイプ。
大した収集家って訳じゃないけれど、ジャンク大好き、洋服大好き・・・。

オットは何かを得に集めているわけじゃないけれど、リサイクルできそうな/模型とか作るのによさそうながらくたが大好き。

ひとそれぞれコレクションってあると思いますが、ケッコンすると2人のコレクションも増え、当然妥協も必要になってくるわけです。


でも、2人で気に入って使っているものたち、買ったものはどんなにオンボロだったりオールド・ファッションだったりしてもとても大切でなにか意味があるものになります。
ふふふ、なってくるのです~。


例えば、オットのケロッグのシリアル缶。

kelloggs

kelloggs 2

ちょっとレトロでカワイイ。
むかし、コーンフレークの懸賞でもらったとか。
オットは空き缶が好きなので、ごろごろ持っているのをキッチンにもってきてお菓子やパンを入れるのに使ってます。


その後シュロップシャーのがらくた屋さんで、古いRyvitaの缶を見つけ、Ryvita好きでもないのに古い缶ってカワイイ♪ということで買っちゃった・・・。

ryvita

「なんで古い缶に£3も払っちゃったの?」と言われたため
「あ、新しいところに引っ越して2人で暮らしだしたときに、使うんだよ。Ryvita、好きでしょ?」
といったら、いたく感激されたので、それからは何か無駄っぽいものが欲しくなったら、2人で使えて特別感が得られる理由を必死で探すようになりました。


でも缶って新しいのを買うとなると高いのねー。
Cath Kidstonのなんてひとつ£30もしたよ・・・。

2人とも統一して同じシリーズでコーディネイトするより、いろいろな違う形や色の缶でちょっとゴチャッとした感じの方が好きなので、結果缶コレクションはとりあえず2人のオキニイリに。

tin
 これは昔一緒にバイトをしていたカフェで売っていたお菓子の缶。結構大きいからパンを入れて保存。

sponge bob
 一番のオキニイリ、スポンジボブ・スクエアーパンツの缶。フリカケが入ってます。

この調子でわたしのオキニイリも2人のお気に入りにしていこうっと。
2006/01/11

いよいよだよ・・・。

明日からセール~。
だるーーーーー。

うちの会社はセール開始がいつもどこよりもおそいのです。
だいたい、このくらいの時期に始まることは予想はついているんだけれど、「カンパニー・ポリシー」で、お客さんにいつからセールが始まるのか聞かれても「まだ日程が決まってないんですよー、ハハ・・・」と笑ってかわすしかなかった。
それも昨日の月曜日の午前中まで。

ちなみに今日はセールの準備デーで、お店はクローズ。

ただでさえ、やっぱり気に入らないから返品しますーっていうお客さんが多いのに、セール日を内緒にしていてセール品を定価で買っちゃったお客さんが列をなして戻って来そうな嫌な予感が・・・。

すでにセールのお知らせ希望のお客さんには電話して明日からセールが始まることは伝えたけれど、案の定、今日店を閉めて(でもいつもより1時間早い8時から出勤して)準備をしていると、ドアをたたくお客さんが・・・。
「Closed」のサインも出てるのに、イギリス人押しが強すぎ。


でも頑張った甲斐があって1時半には全て準備が終わり、会社からのご褒美ってことでお昼ごはんをみんなで食べにいく。
サンドウィッチ・ディール(£6)で好きなサンドウィッチとグラスワイン付き。
わたしのフィレ・ステーキサンドは単品で£7という代物。
ホホホ、美味しかったー。
そしてみんなで「Celebrity Big Brother」の話で盛り上がる・・・。


明日はセール初日のため8時オープン。
もちろん7時45分までに店入り。
あーあ、まだ暗いんだよなぁ。
しかも7時閉店のため11時間労働です。

お弁当2つとおにぎり持参でいってきま-す。
2006/01/06

早くも食い倒れ。

もう新年明けてから5日も経っちゃった・・・。

今年の目標はずばり「プロセスフードとアルコール摂取量を減らし、柔軟体操を続ける」ことと「習い事をはじめる」です。

クリスマスから脂っこいものばかり食べ続けていて、新年明けたらお酒を断ち、detoxするぞって思っていたのに、オットが全く協力する気なし。
オットいわく、適度なアルコールは体によく、全く酒を飲まない人より適度に飲んでいる人の方がアルツハイマーになりにくいとか、とにかくいろいろ知ってるのです。
それに多少のアルコールよりテイク・アウェイのフライドチキンやケバブ、フィッシュ&チップスの方がよっぽど体に悪いし・・・というくだりに思わず納得。


というわけで、元旦はおせちもお雑煮もなかったけれど、せめてヘルシーで日本風にと、お鍋にしてみました。

クリスマスにいただいたお金で買ったガスコンロとル・クルーゼで即席ちゃぶ台も作って食べました。

20060105202616.jpg

今回は豚肉の薄切り、白菜、にんじん、リーク、ほうれんそうというシンプルな水炊き。
ポン酢もないから、しょうゆとお酢とライムでたれを作って食べたけれど、おいしー。
すごい勢いで食べちゃった。

夕ご飯は残った出し汁と残り物のごはんでおじや。
味噌と卵を入れたのであったまったー。

やっぱり日本人だし、お正月くらいおいしいもの食べたいよね。
ということで、ヘルシーだけれどいつもの倍くらいの量を食べちゃった。
ビールとワインにもよく合ったし。



そして新年初の休みに(3日)ダービーの友達の家へオットとでかけ、そこでもおいしいラザニアとサラダをガチンコ食いして来ちゃいました。

デザートは、友達夫婦のベイベの1歳誕生日イブってことでお土産に買っていったチョコレート・トリュフ・チーズケーキ。
肝心のベイベはまだ小さいからカフェインとれないし、わたしたちでおいしくいただいちゃった。
濃厚で美味。

もうすぐ歩き出すベイベの食欲につられて食べちゃったけれど、わたしたちの成長はもうとまってるんだから、日本人として「腹八文目」でやめるようにしなくちゃね。

20060105202542.jpg
ベイベと一緒におもちゃに夢中なオット・・・。
20060105202435.jpg
友達がごはんを作ってくれている間に、ベイベの食事。大変だった・・。
Oishiine-.jpg
でもかわいいねぇ~。


帰宅してからお腹が苦しくてウンウンいってるツマに向かって「あんぱんマーン!」と無邪気に言い放つオット・・・。

言い返す言葉もなかったよ。
反省・・・・。


2006/01/02

Happy New Year!

新しい年になりました。
2006年。
なんだかまだピンと来ません・・・。

クリスマスに比べるとお祭り度がぱったり落ちますねぇ。
我が家はお餅が手に入らなかったので(がっくり)、クリスマスプレゼントでいただいたお金で買ったガスコンロで水炊きをしてみました。
お正月気分にはあんまりならなかったけれど、久々の日本食でリラックスした日になりました。



2005年は忘れられない年になりました。


1月。
オットが2004年の年末から日本に来たので、お正月を彼とうちの家族と過ごせてうれしかったな。
MSNにてブログスタート。

2月。
婚約者ビザをゲット。

そして、母方のおばあちゃんが亡くなりました。
愛媛の田舎にひとりで30年も住んでいたおばあちゃん。
病院から電話がかかって来たときは、ショックで信じられなかった。
でも夜行バスで愛媛までいって、わたしはたくさんおばあちゃんとお話しすることが出来た。


3月。
17日、両親、妹、そして友達と別れてイギリス・シュロップシャーに引っ越し。


4月。
17日にお母さんと妹がイギリスに。
同日、オットのママさんがロンドンマラソン完走。過去最高記録!
21日、忙しいお父さんがイギリスに。
22日、大学時代の親友キャロがドイツからやって来て。
23日の正午に結婚しました。
多分人生のハイライトの日だったね。
新婚旅行は湖水地方のButtermereとKeswick。


5月。
誕生日を初めてオットと過ごした。
そして初の乗馬体験。


6月。
・・・うーん、なにかあったっけ?
Llangollenのインターナショナル・ミュージック・フェスティバルにフラメンコを見にいった!


7月。
オットの誕生日。
豪華なホテルに一泊させてもらいました
オットのママパパさんの結婚30周年記念で2人がフロリダに行ったので結婚して以来初の夫婦2人だけの生活。


8月。
結婚お披露目BBQパーティー。
大学時代の友達夫婦や友達、家族やご近所の人たちが来てくれていいパーティーになりました。
ブログを通して知り合ったfoxyさんとウェールズのLlangollenにて夫婦して会いました!


9月。
2度目の新婚旅行としてポルトガルのポルトへ。
楽しかったカントリーライフとパパさんママさん、犬達に別れを告げノッティンガムに引っ越し。
ブログもここに引っ越し。


10月。
仕事ゲット。
勤労主婦になる。


11月。
ドライビング・テスト・・・・落ちた・・・・。


12月。
職場でパーティ三昧。
オットの大学のコースパーティでみんなにワイフ・デビュー・・・。
初のイギリス家族クリスマス。
オットとはじめてイギリスで大みそかを過ごしました。



いろいろあった2005年でした。
とくにおばあちゃんが亡くなったのと結婚したことは忘れられないです。

お骨を少しだけ一緒にイギリスに持って来ました。
しんどいときがあっても、おばあちゃんの生き方を思うとまだまだだなーと思います。
いつか定住の場所が決まったら土に帰してあげよう。
もうちょっと待っててね。

オットと新しい家族は宝ものです。
文化も言葉も全然違うけれど家族の暖かい支えがなかったら暮らしていけないな。
自分の日本の家族に対しても、もっともっと有り難みを感じるようになりました。



そして、ブログを通してたくさんの人たちと知り合いになれた。
会ったことがなくっても本当にたくさんの人たちの優しいコメントに励まされたり助けられたりしました。

ありがとうございます。

みなさんにとって2006年が良い年になりますように。
今年もよろしくお願いします。


■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。