blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/29

ケンカ好きのオンナゴコロ。

あっという間にまた1週間が過ぎていってしまいました・・。
ここ最近は仕事からかえって来て、御飯を作ってテレビを見て、同僚ケイトから借りた「Sex and the City」を見る、というサイクルの生活を送っていたのでブログからも遠ざかってました。

「Sex and the City」はユニ時代に友達のキャロとはまって毎週楽しみに見ていたドラマ。
最終シリーズの始まる前に日本に帰国しちゃっていたのでケイトからDVDを借りるまで見た事がなかった。
バカバカしいところもあるんだけれど、どうしてもなんだか共感してしまうところがあって、それにもうかれこれ15年近くファッション関係に(ヘキエキしつつも)携わっているので、登場人物のアウトフィットを見ているとやっぱり楽しいし。
最後の2話をオットと2人で見たんだけれど、ちょっとほろっとしてしまってオットにバカにされてしまった。
いつか自分でDVD買っちゃおう。




先週オットと話し合い/チョットした議論になっちゃった年金・医療関係のこと、たくさんの方達から優しいコメントやアドバイスをいただきありがとうございました。


分かっていて結婚したけれど、この問題に関してはものすごい文化の違いを感じました。

わたしとしては、33歳にもなってガン保険も入ってないし年金の見通しもなくてちょっと不安だったので、オットが就職して落ち着いたら何か投資できる保険に入ろう、という提案をしたのですが、オットは「今は学校が終わるまぎわで忙しいし、現実的に貯金も無理なのに今そんな事を話してもしょうがないから、実際に仕事を見付けてから考えようよ」という最もだけれど何も先に進まない答え。

そんな事わかってるもん。ただ確認をしただけだもん。

しかも追い討ちをかけるように「癌だってなる確率はあんまり無いだろうし、保険なんてかけなくてもイギリスだったらNHSでタダで治療が受けられるんだから大丈夫」とな。

タダで治療を受けられるのはうれしいけれど、何度か風邪から喘息の発作を起こして辛いところを3日も4日もドクターに会えず死にそうになった経験があるので、万が一癌になってしまったときにあっさりドクターに会えないのって不安だと思うんだけれど。

という事を言うと、でもイギリスの医療システムは世界で一番だ。アメリカじゃお金がないと救急車も呼べないし、日本だって高い税金や保険料を払ってもまだお金を払わないと治療してもらえないじゃない、と。



わたしのポイントとしては、いい歳して保険とか年金とかちゃんと出来ていない事が不安でしょうがなかったので、それを伝えたかっただけなんだけれど。
今何もできないのは分かっているけれど、ちょっと話しがしたかっただけなんだけれど。
確認って言う意味で。

方やオットとしては、今できない事を話す事は時間の無駄。
NHSがあるんだから医療系に関しては問題ないし、年金だってなんとかなるよと。


些細な事だけれど微妙な意見の食い違いにがっくり、悲しくなっちゃった。
そして悪い事にカチンと来ちゃったので、売られたケンカは買っちゃう(売られてないけれど)わたしは「イギリスの医療のどこをどうしたら世界で一番になっちゃうのかもう一度言ってみてよ。ただ医療費が無料なだけじゃない。だから高い税金を払ってるんでしょ。うがー!」とやり返した。

この時点でもはや最初の話しのサブジェクトからかなり離れてしまったんだけれど、あとに引けない位攻撃的にしゃべりだしちゃったので、ぎゃーすかぎゃーすかと2人で口論。

そしてハッと気が付くとオットが目に涙を浮かべて「でもうちのママはNHSの治療のおかげでひどいやけどから、命拾いをしたんだからぼくは誰が何と言おうとNHSのシステムが最高だと思うし、税金も死ぬまで払い続ける」と。


そうでした。
オットのママさんは小さい頃火事にあって全身火傷を負ってひん死の状態に陥り、命は取り留めたけれど、あまりにもひどいやけどで幼少の頃をほとんど病院で過ごしたのでした。
全身火傷の傷跡が今も残り、顔は太ももとお尻の皮膚を移植してあるので、顎の周りの感覚がありません。
だから初めて会ったとき、ママさんはわたしに「口の周りに何かついていたら教えてねー」と明るく言って来た。
戸惑ったけれど、オットがいつも普通にママさんにジェスチャーで、顎やほっぺたに何かついていたら教えてあげていたので、わたしも普通に何の疑問も感じずに教えるようになりました。

健康そのもののママさんだから、つい忘れがちだけれどママさんは物心ついてからずっとやけどの傷と付き合ってきて、10回以上も入退院を繰り返し、手術を受けていたんだった。
そしてそれはNHSの病院で治療してもらっていたんだった。


自分のあまりの思いやりのなさ加減に泣きたくなりました。
素直にオットに謝り(めずらしく)、落ち着いたらまた話そうねと約束。


まだあれからこの話しはしていないけれど、二度とオットの悲しそうな顔は見たくないので(この件に関しては)、言いたい事は沢山あるけれど、イギリスに住む限りはNHSのシステムでお世話になっていこうと思います。



残す問題は年金か。
まぁ、オットが卒業して仕事が見つかったら考えよう。
ひとりでリサーチするには重すぎるし。
こういうお金が関わる英語はアタマに全然入っていかないし、理解も全くできないし。


・・・オットの言う通り、今この事話しても時間の無駄なわけね。
でも空回りでも何でもいいからただおしゃべりをしたい/聞いて欲しいオンナゴコロも分かってもらいたいんだけれど。

やっぱりケンカ好きのツマの負けか・・・。
スポンサーサイト
2006/05/20

食いしん坊の反省。

5月14日、日曜日にママさんとパパさんが遊びに来てくれました。

ヘロヘロに疲れていたわたしを配慮して、11時半到着。
なんとかシャワーを浴び終えていたので今回は、なんとかお出迎え、そしてお茶も入れた(すっぴんだったけれど)。

免許取得後初めての運転をさせてもらうという事で、とりあえずASDAへ。
信じられない位沢山の食料品、アルコール、雑貨などを買ってもらっちゃった。

運転は「L」プレートが恋しかった・・・。
エンジンをかけてから一瞬どれがブレーキか分からなくなっちゃったし。


同僚アビに教えてもらった「Travellers Rest」というパブまでドライブ。
パブは、すごくトラディショナルなところで、フィールドの前にありました。
久しぶりに羊やラムちゃんを眺めながら待つ事1時間、やっとの事で美味しいサンデーランチにありつけた!

わたしは8か月ぶりのフィッシュアンドチップス。
パパさんはステーキ&エールパイ(でかかった)。
オットとママさんはローストビーフ。

どれもため息が出るほど美味しかったです。
お腹がはち切れんばかりに食べておしゃべりして楽しかった。
できる事なら一緒にシュロップシャーに帰っちゃいたかったです。



火曜日、先週のわたしの誕生日のやり直しってことで、同僚のアビ、セーラとインディアンへ。
最近職場の雰囲気が非常に悪いのと、みんなやめたい気分で一杯だったので、あえてマネージャーとかは呼ばずに、勢いで仲良しで気の置けない同僚たちで行こうという事で計画したのですが、残念ながらケイトはその日バーミンガム店にヘルプで行っていて疲れていたためキャンセル。

火曜日の職場の雰囲気も激マズだったけれど、なんとか3人で出かける事は隠し通し、仕事のあともぎくしゃくしながらいつもと違う方向へ「マークス&スペンサーに行くの~」なんて大ウソぶっこいて、みんなを巻いてからアビの彼氏が働いているバーで落ち合う。

いい年して大人気ないし、軽い気持ちで楽しくごはんを食べにいきたかったのにこのハッスルぶりに大爆笑。


行き先は、西洋料理以外のレストランでベストレストランの賞を取った、インディアンレストラン。
ポッシュな店構えのとても素敵なレストランで、3人とも大興奮。
お腹が空き過ぎて、ぶっ倒れそうな勢いで本場のインディアンをいただきました。

スターターのポパダムとディップ、そしてサービスでスープも出た。
わたしのスターターは季節のスペシャル、ミックスベジタブルのパコラ。
どのスターターも揚げ物のわりにさっぱりしてました。
メインはチキンのジャルフレージ。思ったよりも辛くなくて美味しくいただきました♪
ピラウライスは今まで食べた中で一番美味しかったかも。
わたしは頼まなかったけれど、アビのさくらんぼとはちみつのナンブレッドも美味しかった。

大満足して、セーラのゴーメイカード(レストランの割り引きカード)のおかげでひとり£20ちょっと。
幸せ~。
沢山おしゃべりもしたし、女の子同士でおしゃべりって楽しいものです。



そして木曜日、オットがサプライズでレストランに連れていってくれました。
最近仕事で悩んじゃうくらい疲れて落ち込んでいたので、がんばってくれたみたい。

オシャレなレストランで、かわいい椅子やテーブルがあってオットもうれしそうだった。
でも友達に聞いていた2コースミールで£11っていうのは8時までの限定だったため、8時に予約しちゃっていたので普通のメニュー。
結構高かったので、スターターはすっ飛ばしてワインのボトルとメインだけ。

わたしはラム肉とマッシュルームのリゾット。
オットはシーバスとイカ。
両方ともすごく美味しかった。
ちょうどいい量で(オットはまだ食べれそうだったけど)いい具合にお腹が膨れました。


その後ほのぼのしながらローカルパブに行って、もう一杯。
沢山おしゃべりしたけれど、ひょんな事から医療系の話しになり、結果2人ともアプセットしてしまうという最悪の状態に・・・。
なんとか仲直りはしたけれど、せっかくの素敵な夜を台無しにしちゃったみたいで悲しかった。



結婚してから1年とちょっと、一緒にいるのが当たり前になって来て時々思いやりのない事を口走っちゃったり。

すぐ謝るくせに全然行動がなおらないような人がすごく嫌いなので、ちゃんと「ごめんね」って口に出したら同じ間違いで傷つける事がないように、気をつけていきたいです。



またいつか素敵なレストランに行ってみよう。
美味しいものは幸せな気分にさせてくれます。
2006/05/13

タモリさんの栄養ドリンクください。

お誕生日ショックも覚めやらぬ火曜日から5日連続出勤。
※その節はみなさん、優しいコメントをありがとうございました。すごくうれしかったです。


心身共にヘロヘロになる一週間でした。
この仕事を始めて何度かやってられないモードにはなっていたのですが、今週はできる事なら今すぐやめたくなる位疲れた。

そして極め付けに5連勤最終日の今日、バーミンガム店へ出張。
やってくれるよ、マネージャーーーー。
もちろん交通費は出るけれど、電車で1時間ちょっとの道のり。
疲れた。非常に疲れた。


バーミンガム店は大きくて新しい内装ですごく良かったけれど、気分転換にはなったけれど、スタッフの名前も覚える間もなく終了~。
そしてダッシュで4時49分発の電車に飛び乗る。

なんだったんだ、一体・・・?
パートタイムの子らしき人にはインセンティブをまんまと持っていかれ、そんなに忙しくないフロアーで返品のお客の相手をさせられ・・・。


まぁいいや。明日はお休み。
オットのパパさんとママさんがやって来ます。
美味しいものを食べさせてくれるらしい。
そして免許取得以来運転していないわたしにドライブをさせてくれるらしい。
楽しみです。



・・・最近グチばっかりですみません。
2006/05/08

グッドニュースとすねるオトナ。

結局前回の日記に書いた、オットの外食会(?)、楽しかったようで帰って来たのは夜中の2時半。
なかなか寝付けず、夢を見ていたわたしはオットの酒臭さによって完全に目が覚めちゃった。

おいおい、数時間後に控えているプレゼンは大丈夫なのかね?
話しを聞くとスポンサーの会社の人たちも大酔っ払いで、レストランのあとにバーにくり出し飲みまくって踊りくるっていたらしい。

酒臭さのわりに、そんなに酔っぱらっていなかったオットは、翌金曜日も二日酔いに悩まされる事なく起床。

わたしの方が寝不足で調子が悪かったかも。



お昼過ぎにオットが職場にあらわれ、「誕生日プレゼントは何がいい?」と聞いて来た。
ママさんからチェックが送られて来て、好きな洋服を買っていいよ、との事だったので、ユニフォームを選ぶついでに新しく入荷した花柄のスカートをプレゼントとしていただく事に決めていたので、「スカート選んだよ」というと、いやボクからだよと。

という事は、賞をとったの?!

がんばったオットはセカンド・プライズをとったので賞金£750をもらえるとか。

すごいすごいー。頑張った甲斐があったね。
フルサイズのモデルを作って、水曜日の休みの日に実はわたしも少しお手伝いしました。
座り心地はすごく良かったし、デザインもいい感じだったので賞を取れるといいなぁと思っていたら、ホントにとれた!

そして、1位と2位の作品はポーランドの工場で夏にちゃんとしたモデルを作ってもらえるそうです。
そしてうちのオットと1位の男の子はポーランドに連れていってもらって、モデルを作っているところを見学できるとか。
そして、会社のポートフォリオにデザインが載って取引先のデパートや家具屋さんに置かれるので、もしお客さんからの要望が多かったらプロダクションの可能性もあり。
だとしたらロイヤルティが入ってくる!

賞金の値段より、付加価値が大きいので達成感もいっぱい。
良かったです。


仕事が終わって帰る途中、オットはまだパブで仲良しのコースメートたちと祝い酒(?)。
わたしは空腹のため気を失いそうだったけれど、バーガーを買ってもらって一緒に飲む。
ハッと気付くと、オットはべろべろに酔っぱらってました。
同じ事を繰り返ししゃべってるなーと思っていたら、目がトローンとしてたし(笑)。

でも、ディグリーショウも始まる前からいい滑り出し、うれしいことです。




そして二日後、7日はわたしの誕生日。


続きを読む
2006/05/04

オットの現実逃避。

オットは最近非常に忙しいです。

ファイナルだからしょうがないんだけれど、実は明日、メイジャープロジェクトのプレゼンがあります。
これは、ある会社とのライブプロジェクトで、会社側の意向に添って「世界で一番Comfortableな椅子」をデザインするらしい。
会社から£200ずつ、このプロジェクトに参加している10名に出ていて、明日のプレゼンで1位から3位のデザインが決まるそうです。
1位の人は会社で本物のプロトタイプを作ってくれて、うまくすれば商品化、という風につながっていくとか。
しかも上位3位意外でも全員にさらに£200が出るので、最終のモデルを作るときに材料費の足しになる!

スポンサーのこの会社、太っ腹にも今夜はプロジェクト参加者10名をイタリアンレストランに招待してくれた。
いいなー、美味しいものを食べられて・・・なんて思ったけれど、本人たちはなるたけ早く帰って来て明日のプレゼンに向けてラストスパートをしたいに違いない。

というわけで、給料日前のわたしはひとりで寂しくお留守番。




そして、何気なくオットの部屋に入ったところ、見つけてしまいました。

「TO DO LIST」。


なにそれ?と思って見てみると、一番アタマにあったのが
「マーシャルアーツを習う事」とあった。


マーシャルアーツ・・・?しかも複数形・・・・。
そんなのに興味があったなんて知らなかったよ。


そして「日本語をペラペラにしゃべれるように勉強する」から
「おうちを買う」というのまでありました。



すごい長期戦の「TO DO LIST」ぶりにびっくり。
・・・・よっぽど疲れていたんだなぁ。


でも「WISH LIST」じゃなくて「TO DO」な訳だからやる気はある、のかな?
がんばって欲しいものです。

2006/05/02

どうする?わたし??

水曜日から仕事復帰。
当たり前ですが、ホリデイ後の仕事はキツイ~。
しかも水曜日、と言う事でデリバリー。ものすごい量の入荷商品チェックして仕分け。

そして朝のミーティングでマネージャーが「エリアマネージャーが、goサインを出したのでサンデイ・スーパーバイザー(日曜店長)を募集シマース。興味がある人は土曜日までに、なぜやりたいのか、自分のどこがサンデイ・スーパーバイザーに向いているかを手紙に書いて出してね!」と。


その日1日はフルタイムの子たちと、その話しがしたくてウズウズ。
ちょこっと顔を合わせる度に「どうする?アプライするの??」とこそこそ聞きあい。

正直言ってこの給料じゃやってられないので、お給料が上がるんだったらアプライしちゃおうかなぁと思ったのですが、オットが大学を終えるのも間近だし、このままノッティンガムにずっといる予定もないので、中途半端にアプライしてもみんなに迷惑をかけるし、第一に今さら店長(しかも週に1日だけ)になりたいわけでもないしってことで、わたしは降りました。


でも同僚アビはマネージャー、アシマネからすごく期待されていて、特にアシマネからは「アプライするんでしょ?!」と尋問調に聞かれたとか。
アビは仕事は良くできるし、ベストセラーでもあるんだけれど、好不調の差が激しいタイプ。そして楽しいお調子者なので、果たして日曜日のパートタイマー(みんな若い)がおちゃらけずに言う事を聞くかどうか・・・。


方やもうひとりの同僚ニック。
もう2年も働いているのでベテランさん。アビよりも2歳年上だし。
でもものすごくレイジーなところがあり、誰よりも仕事ができるはずなのに未だにわたしたちにどうすんだっけ?なんて聞いて来るので、あまり頼りがいがない。

彼女は将来はマネージャーになりたいそうなんだけれど、以前のサンデイ・スーパーバイザーが辞めたときに実はマネージャーからオファーがあったのを一度断ったそうな。理由は日曜日は彼氏と会ったり家族と時間を過ごしたいから、アシスタント・マネージャーのポジションがあくまで待ちます、と言ったらしい。
そんな出方の人をあっさりアシマネに雇うほどやわな会社じゃないので、彼女は自分の立場を落っことしてしまったようです(自分では気付いてないけれど)。
でも今回は、気分を改めて(?)どうやらアプライするらしい。



アビやわたしと同じくらいの時期に始めたセーラが言うには、わたしが一番適任だとは思う、らしい。
わたしだと年もいってるし(フルタイマーの中じゃずば抜けて年上)、経験もあるし、困った事にもディールできるし、第一にパートタイマーがちゃんと黙って言う事を聞きそうだから、だそうです。
国籍が違うし、疲れるとカタコト英語(疲れてなくても相当カタコト)で訳が分からなくなるわたしをそこまで押してくれるなんて光栄ですねー。

そういうセーラこそ仕事はできるし、面白いけれどおふざけなんてしないし、スーパーバイザーなんて簡単にこなせそうなのに。
正直いってアビやニックよりもうまくやれると思うし。

こんな2人の共通の問題は「販売では終わらないぜ!/販売はモウイイヤ」という態度です。
そしてセーラもわたしもノッティンガムはもう味わい尽くしたし、そろそろ街から出して欲しい、という切実な問題があるのです。
てなわけで、わたしたちはこの問題からアウト。

もうひとりのフルタイマーのケイトも、9月頃にはロンドンに引っ越したいし、日曜日は彼氏と過ごせる貴重な休日だから、と言う正当な理由でアウト。


だから応募資格のあるフルタイマー5人の内3人が完全アウト。
アビは応募手紙の提出締め切りの土曜日が休みだったため、未だ提出していない・・・。
っていうか、相当やりたくないみたいで今日も悩んでいたし。
ニックは誰も知らないけれど、多分土曜日に手紙を提出していると思う。


さて、どうかなー。わたしがもしマネージャーだったらどっちも取らないかも。
ニックは絶対頼りないし、アビはあからさまにやる気ないし。



続きを読む

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。