blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/30

潮時?

ここ1か月ほどでパートタイムの子たちが続々とやめていっているため(大学終了/夏休み)、パートタイマーの募集をウィンドウに出してます。
かなりの数の応募者が毎日続々とCVを持って店に現れる。
パートタイマーだけど、大学が始まっても続けられるのか、とかフルタイマーに突如希望を出して思い通りにいかずやめちゃいそうな子達はパス。


一方、わたしと同僚ケイトも同じ週に退職するので、フルタイマーの募集も貼り出しました。
ちょっと寂しい気もするけれど、さっさと新しい人を決めて夏のセールまでにある程度仕事ができるようになってもらわないと。


先日、たまった書類をファイリングするように頼まれて、ひとりスタッフルームで書類整理。
そこに、間違って紛れ込んだCV。
何気なく目を通すと・・・




Date of Birth: ○/×/1990



なぬ?!


1990年生まれ?!







1990年生まれの子が仕事を探すようになったか~。
気を失うかと思っちゃったよ。


うちの店は接客中心のお店なので、経験のない子達はあっさりアウト。
ターゲットカスタマーも30歳プラスなので、サスガに16歳の子はとれないねぇ。
っていうか18歳でもちょっと困っちゃうかも。



っていうか、1990年・・・。
「昨日」みたいな響きの1990年。
バブル崩壊間近の日本でピッチピチの高校生だった。



衝撃覚めやらぬものすごくヒマな今日の午後、続々と若いカワイ子ちゃんたちがCVを持って現れる。

・・・またもや90年生まれの子、2人ほどご応募いただきました。

パートの36歳のフィオナと2人、「燃やせ~!」と悪魔のような囁きをアシスタントマネージャーに送る。
そんな暴言に爆笑しつつ、アシマネ、あっさりとCVをゴミ箱へ・・・。

まぁね、16歳のチャブガール(ヒップホップとかR&Bとかのアーティストっぽい服装が好きでやたらキンキラのアクセサリー/なんちゃってブランド物を好んで身に付ける)はちょっといただけないからね。
もうちょっと大きくなったら来て下さい。


ケイトはまだまだ22歳だからいいけれど、わたしの後釜に1985年以降に生まれた子が入るなんてちょっとショックー。



と言う事で、潮時。

オットよ、がんばっていい仕事を見つけてください。
スポンサーサイト
2006/06/22

ゲットー脱出計画。

ここ最近色々と忙しく更新が滞り気味でした(いつものこと?)。
沢山イベントはあって、書き残したいことも一杯あるんだけれど、そしてブログを見る時間はあるんだけれど、なんだか疲れちゃって書けない。


一週間にあったことは、


先週の金曜日はオットのディグリーショウの初日、プライベート・ビューがあり、シュロップシャーからママさんとパパさんがやって来てみんなで飲んでしゃべって、楽しい週末を過ごしました。

土曜日は友達夫婦がベイベを連れてオットのディグリーショウをみに来てくれて、そのあとでみんなでウォラトンパークにピクニックに行った。
ママさんもパパさんもとても楽しそうだったし、友達とも日本語でおしゃべりできてウレシカッタ。


今週はオットのコースメートのうちに入り浸り。

日曜日のお休みは、オットが大学でディグリーショウの番(?)をしなくちゃいけなかったので、一人で日本ークロアチア戦を観戦。
そのあとパブに行ったけれど、学校の友達が一緒。


月曜日は仕事のあと、友達と飲んでいたオットとパブで落ち合い、結局遅くまで飲んでチャイニーズ・テイクアウェイでオットの友達宅で金曜日に見損ねた「Big Brother」のevictionをビデオで見る。


火曜日。
仕事の休憩中に電話したら、今夜は友達の家でイングランド戦をみたいと。
わたしも呼ばれているけれど、翌日にもその友達の家に行ってバースディBBQパーティがあるのに?
たまには2人でゆっくりはできないのかね?

結局わたしを置いて一人で友達の家に行っちゃったので、一人でイングランド戦観戦。


水曜日。
友達の誕生日。
お昼頃からタウンに出て一緒に数時間過ごしたけれど、結局パーティに持っていく食べ物を作っている間に一度イライラが爆発してちょっと怒鳴ってしまった・・・。
パーティは楽しかったけれど、所詮みんなコースメイト。言っていることとかは分かるけれどわたしがシャシャリ出て会話に混じるほどみんなのことを知っているわけじゃないし、だんだん孤立感が増していくー。
結局10時に帰宅。デスパレート・ハウスワイブスを見て、オットと気まずく話し合いべーべー泣いて寝た。


木曜日。
恐ろしく疲れた顔して出勤。
でも帰宅したらオットがいたので、2人でかなりすっきりしない日本対ブラジル戦を見た。
考えてみたらこれが初めてのフウフ揃ってのフットボール観戦。
結構なごんだ夜でした。



そして今日。
朝の休憩中にオットが職場にあらわれ、成績が出たと報告しに来てくれました。
結果、2:1。良くがんばったー。

・・・お祝いしてあげたかったけれど、仕事後、帰ろうと思ったらテキストが。
案の定、コースメートたちと飲んでいるらしい。
誘われたけれど、うちとは全く正反対のカナルサイドの方で飲んでいるから、明日も仕事だし一人帰宅。
テイクアウェイのチキンを買って来て一人でテレビを見ながらごはん。

するとパパさんから電話。
おめでたいからシュロップシャーではワインを開けてお祝いしているらしい。

・・・・・。
あらら、ヨメは一人でテレビ見てるよ。
でもオットは大学が終わってグレードが出たのをコースメートとお祝いしたかったんだからしょうがないか。




ところで、どうしてゲットー脱出計画かっていうと、
ついに日本行きのフライトチケットを購入。

うちに帰って来たら、玄関に郵便物が投げ込まれていて、フライトの日程のコンファームレターがあったから、これで確実に日本に里帰り決定。

7月末から3週間。きっと最も暑い頃でしょう。
きっと溶けるね、わたし。


というわけで、仕事もあと4週間で終わりです(1か月ほど前にマネージャーに口頭でやめることは伝えてあった)。
今はワールドカップも始まって暇に輪をかけているから、わたしがやめてもそんなに痛くはないでしょう。


ノッティンガム全体がゲットーだとは思わないけれど、わたしたちが住んでいる辺りや、同僚の住んでいる地域は本当に治安が悪くて、もう疲れちゃった。
ヘリコプターが飛んでいる音にも無反応になってきちゃったし。


というわけで、来月一旦シュロップシャーに出戻ります。
それから日本♪
美味しいものを一杯食べて、友達に会って、お母さんのごはんを食べて元気になってこようと思います。


とりあえず、たっぷりついてきたマフィントップをなんとかしないと・・・・。
2006/06/12

美味しいもののためなら・・。

ピーカンに晴れた昨日の日曜日。
オットと2人で久しぶりにサンデーランチを食べにいってきました。


なぜなら、オット、先週の金曜日にやっとの事で最後のプレゼンテーションボードを提出。
本日最後の最後のプレゼンをして一番しんどかった学生生活終了です。

まぁ、サポートしてたわたしも大変だったんだけど、このあとはディグリーショウの準備とロンドンのショウの準備、ライブプロジェクトでの副賞のポーランド1泊旅行(わたしは仕事)、そして卒業です。
あぁ、お疲れ様でしたねぇ。



という事で、本当に久しぶりにフウフ2人で週末を過ごす事に。

今回行ったのは「Travellers Rest」。
ママさんパパさんが先月やってきたときに行った、ノッティンガム郊外のパブです。

でも、今回は車なし。
炎天下のなかバスを待つ事20分、やっと来たバスに乗るも日曜日はパブの近くまではいってくれないので、5分で下車。

オットがバスルートをインターネットで調べてタイムテーブルをプリントアウトし、パブまでの道のりを調べてあったんだけれど、思った以上に手前で下りる事になってしまった。
前回はわたしが運転していたため、結構鮮明に距離感を覚えていたのでこれから歩かねばならない道のりにうんざり・・・。

しかもオット、「15分くらいだよ(徒歩)」と適当な発言。


結局ちょっと脱水症状になりつつ、途中のガソリンスタンドで水分補給、チョコレートで糖分も補給、歩いた距離は2マイル、時間にして50分・・・・。
炎天下の中、パブの姿が見えたときはホントにうれしかったです。
しかもこのパブ、ちょっと住宅街の外れ、田舎に入ったところにあるので、道路はナショナルスピードリミットで、隣家も見えず車はビュンビュン飛ばす・・という道路を真っ赤な顔をして歩いて来たわたしたちを見て他の人たちは怪訝な顔をしてたし。


今回いただいたのは、ローストビーフ♪
とろけるようでしたよ。
roast beef


飲み物は最近はまっている、サイダーとブラックベリー。
cider & blaackcurrent
さっぱりしていて美味しいです。
オットはおビール。



おいしゅうございました。
2人でのんびり、デザートのアイスクリームも食べてほのぼのとおしゃべり。


帰りはお腹も満たされて、素敵なおうちを眺めながら帰って来ました。
あのあたりのノッティンガムだったら住んでもいいかもね~なんて言いながら、バス停の前にあったステートエージェンシーの不動産の値段を見ながらちょっと鷹揚な気分。
合計4マイルも歩いちゃったけれど、久しぶりにのどかな景色と緑のにおいを嗅げてリフレッシュ。
やっとこさ、来たバスに乗っていつものシティセンターへ。

降りてからマンスフィールドロードを上りきるまで、占めて4人の酔っ払い/物乞いにお金をせびられた。

バスでたった5分のところは、あんなにポッシュなのどかな雰囲気だったのに、あっという間にゲットーか。

お店に避難して、出て来たら陽気なアフロカリビアンのおじさんに、君たちのために歌を歌わせてくれといわれるが、丁重にお断り。

やっぱりゲットー。
暑いからかなーと思ったけれど、いつもこんな感じだったな、そういえば。



2006/06/07

のんびりにもほどがある。

いいお天気。
先週の土曜日、今年初の夏日に珍しく休みだったのに、たまりにたまったドメスティックをしていて貴重なイギリスの夏日を棒に振ってしまいました。

でも午後からは友達がベイベ改めトドラーになってきたお姫を連れて、わざわざレスターから会いに来てくれました。
オットは大学の追い込み中のため、外でほんの2時間くらいお茶しておしゃべりしただけなんだけれど、久しぶりに会えてうれしかったし、日本語もしゃべれて幸せでした。
ありがとうよ~!



ここ何回か更新は滞るわ、メソメソと愚痴っぽいわでちょっと情けないわたしでしたが、お天気回復とともに気分も明るくなって来たかも(?)。

今日は休みで、大学へ行き、オットの一人がけソファーが完成したので見にいって来た。
そしてモデルもしてくれっていうから、ちょっとおめかしして出かけたけれど、夏日だし~ってことでキャミソールなんて着ちゃったら、自分のむっちり二の腕加減にびっくり。
お振りそでだわ・・・。
最近の凹みモードのおかげかやけ食い、つまみ食いの甲斐あってお腹周りもタプタプ。

夏に日本に帰る事にしたのに、こんなんじゃクニに帰れないよ・・・。
それに今日の撮影はディグリーショウに向けて作るパンフレット用だとか。のーーーー!
と、うちを出る前にフルメークのまま、スカートを脱いで腹筋40回。

いつになっても付け焼き刃。



のんびり次いでに、スゴーク前に「ノンキとグウタラの間」のhimadamさんから受け取っていたバトンの存在を思い出しました。
面白そうだし、こういうの久しぶりだし、せっかく思い出したのでやってみましょう。


*自己紹介バトン(?)
続きを読む
2006/06/03

二度目のチョットした屈辱。

ちょこっと元気が回復して来たかなー、どうかなーってな感じの今週。

でも、

昨日またもややられてしまいました、あのお客さんに。


実はクリスマスも迫った師走のあの日にこてんぱんにやられたあと、何度か店にあらわれていたのですが、どの人があの「シツレイ」さんか知らなかったので、マヌケにもものすごく礼儀ただしく親切に対応していたのです。トホホ。

「シツレイ」さんも、マネージャーに「店に来たときにkaoに謝罪するように」と言われていたため、異常な位わたしに対して感じが良かった。

わたしも、この人が「シツレイ」さんと分かってからも、むかっとしながらも丁寧に対応していたし、そうする事によってちょっと情けないけれど、自分の方が良く出来た人間だ、と思うようにしていました。



おとといの木曜日、バンクホリデイがあったので1日遅れのデリバリーの日。
カスタマーオーダーで他店から納品された品を検品して、カスタマーオーダーブックと照らし合わし、お客さんに連絡をしていたところ、「シツレイ」さんの客注の商品を発見。
ものすごく電話なんてかけたくなかったけれど、気を取り直して彼女の携帯に電話をかけ、商品が届いた旨、商品は日曜日までとり置きできるけれどそれ以上は店頭に出さなければいけないのでもし日曜日までに来店できないようなら、電話で支払う事ができればちゃんとセーブしておく旨を伝える。
すると彼女は「あら、わざわざ電話をかけてくれてどうもありがとう~。日曜日まで取り置きができるのね。今ちょっと電話であまり話せないから明日か明後日にわたしから電話をするわね。どうもありがとう!」と。



そして翌日(金曜日)。
ここ数週間予算が達成で来ていないので、モクモクと接客に励んでいると電話が。
電話の近くにいた古参のジューが電話に出て、何やら長電話。
そして最後に「ok,kaoに伝えておくから」と。
なんだ?と思っていると、電話が終わるなりわたしのところにきて
「kao、例の彼女よ。昨日電話してカスタマーオーダーが届いたのを伝えたでしょ?それで彼女がわたしに‘ほら細くて可愛らしいタイ人の女の子いるでしょ?昨日客注の商品が届いたって電話があって日曜日まで取り置きできるからそれまでに来店してくれって言われたんだけれど、わたしが思うにあの子、わたしがいっている事を理解していないと思うのよ。だからあなたからちゃんとタイ人の子に日曜日までちゃんと取っておいてくれるように伝えて欲しいの’っていってたよ。・・・そう伝えるために電話したんでしょ?理解してるみたいだったのになんでわざわざそんな電話をかけてくるのかねぇ」



・・・・・頭の中で何かがスパークしたような感覚になりました。
色々な意味で屈辱的・・・。
悔しさとチョットした恥ずかしさに似たような感情で、顔にがーーーーっと血が上り真っ赤になっている感じ。

先週彼女が店に来たときに、気安くわたしに話しかけて来て、わたしもちゃんと話しをしたり、彼女が欲しそうな服を持っていってあげたりしていて、同僚たちから「なんでそんなに人がいいわけ~?礼儀正しいのにもほどがあるよー」と言われていました。


なのにこの有り様。
またもややられた。こてんぱんに。

自信喪失、もう疲れちゃった。
やってられないっす。



でも日本で30年近く育った33歳。
かれこれ気付けば接客暦も約10年(!!!!ノーーーーー!)。
・・・そう簡単にお客さんにすげなくしたり出来ません。


でも大げさだけれども、ちょっとショック。
この国で仕事をしていく限りこんなこと沢山あるだろうけれど、モウイヤダ。



やっぱり宝くじを買う事にしよう。
そしてガーデニングとかして暮らすの。
犬とおしゃべりとかしたり。ごはんを一杯作ったり。

現実逃避。あぶないあぶない・・・・。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。