blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/27

あれから。

23日に無事におじいちゃんのお葬式が終わりました。


19日にオーストラリアに移住したオットのお姉さんがすったもんだの末に帰国。
お姉さんとは結婚する前に2日間だけ会っただけで、話しもあまりしたことがなかったし、こんな時期だしどうかなーと思ったけれど、思いのほか仲良く和やかにすごせた。


お葬式の前日、22日には叔母さんのアリソンがやっとのことで家の購入の手続き終了。
オファーを出してから実に6ヶ月目で鍵を手に入れることができたので、みんなで明かりのつかないお家に行ってシャンパンを飲んできました。





お葬式はおじいちゃんの遺志で、生まれ育った地元の小さなチャペルでウェールズ式のお葬式、そして映画「ウェールズの山」のロケーションの山(おじいちゃんの生まれた家があったところ)が見える墓地で埋葬となりました。


ひしひしと文化の違いを感じたお葬式。

亡くなってから10日も遺体をそのまま自宅においておく事(日本のように葬儀屋さんがドライアイスを詰めたりなんてしてくれない)。
棺の形の違い。
ウェールズ語中心のキリスト教式のお葬式。
そして、埋葬・・・。
香典のようなものはなくて、ドネーションシステム(ちなみにおじいちゃんのは、地元の村のコミュニティーへとライフボートへ)。

しかも、おばあちゃんは葬儀屋さんなので、自分でいっさいを取り仕切っていた。きっと忙しいほうが気分がまぎれるんだろうけれど、見ていて痛々しかった。


オットが、生前のおじいちゃんの思い出についてチャペルでスピーチをしました。
おじいちゃんおばあちゃんには11人もの孫たちがいるけれど、ほかの誰もそんなスピーチはできなかった。
すごくオットらしい思いやりに満ちた、そしてちょっと面白いスピーチで、小さなチャペルに集まったたくさんの親族や友人などから笑いと涙を誘っていました。

実は式を取り仕切っていた牧師さんが、舌ったらずで何度も詰まったり、適当に名前をでっち上げたりしていたらしくみんな怒り心頭だったんだけれど(わたしはぼろ泣きしそうだったので、英語モードを完全オフにしていたためあんまり聞いてなかった。それでも一杯泣いたけど)、オットのスピーチのおかげで和んだらしいです。


11人の孫たちのなか4人が男なので、4人の孫がベアラーとなり、おじいちゃんのお棺に付き添って、お墓に棺を下ろしました。

お棺が穴に下りていくとき、ずっと気丈だったオットのお姉さんが泣きじゃくっていてすごく悲しかったです。
でも、亡くなってからずいぶん時間が経っていたので、やっと眠るべきところにおさまってホッとしました。


その後は、みんなでおじいちゃんが育った地元の村のコミュニティセンターで「アウェイク」となりました。
お葬式に来てくれていた人たちと、故人を偲ぶ会のようなもの。

そこで沢山の親戚に紹介されたんだけれども、あまりの数にわたしは全然覚えられなかった・・・。
でも家族として紹介されて、うれしかったです。



お葬式の翌日、あわただしくもオットのお姉さんは旦那さんのまつアデレードに帰っていきました。
うちでさえ、一人減ってやけに静かに感じるのに、おばあちゃんはきっとすごく寂しいだろうな。



わたしのおじいちゃんたちはもういないので、イギリスで2人もおじいちゃんが出来て嬉しかった。
きっと残されたおじいちゃんおばあちゃん達は色々考えることもあるだろう、と思うと淋しいけれど出来るだけ会いに行っておしゃべりして来ようと思います。


スポンサーサイト
2006/11/15

ノース・ダー。

11月14日の午後2時20分、オットのママさん方のおじいちゃんが亡くなりました。

出合ったときから完璧な健康体ではなかったけれど、今年の夏、日本から帰ってきて会いに行った時に、あまりの衰弱振りにとてもショックを受けた。


その当時、おじいちゃんの家は何年も掃除されたことがなくて‘カリブの海賊’を思い出させるようなひどい有様。
あんなホコリのカーテン、自然に普通のおうちにできるなんてビックリだよ・・・。
遊びに行っても、部屋に入ったとたんわたしのゼンソクの咳が止まらなくなるくらい。
そんな部屋におじいちゃんは寝ていたのでした。

そこをママさんが掃除をして、家具を一度取っ払って、オットの親友がプラスタラーなので彼に頼んで、ぼっこぼこに壁がおっこっているのを直してもらい、わたしとオット、そしてママさんのお姉さんとで壁や天井を塗り、先月ついにリビングルームとおじいちゃんの寝ていた1階の部屋のデコレーションが終了。
おじいちゃんもホコリやカビの匂いのしない、気持ちよくて暖かい部屋で寝るようになった。


でも10月19日、おじいちゃんの78歳の誕生日にカードと写真を持って行ったら、具合がすごく悪くなってた。

後でわかったけれど(つい5日前)おじいちゃんは小さな脳溢血か脳梗塞の発作を繰り返していたらしい。
それで脳の細胞が少しずつ死んでいっていたから、どんどん混乱したり衰弱していったそうです。

それだけじゃなくて、てんかんの持病と高血圧の持病もあり、いつも強い薬を処方されていた。
そして誕生日のあと、具合が悪いままの状態が続いたためようやく往診に来てくれたドクターによると「パーキンソン-イズム」も患っていたらしい・・・。



昨日は朝からママさんとオットがおじいちゃんおばあちゃんの家に詰めて看病していたけれど、容態がどんどん変わるため救急車を2度も呼んでいた。
1度目は、血液も心電図も脈拍にも異常がなくて病院に連れて行ってもらえなかった。
2度目は、肺に水が溜まって息ができなくなっていたのをドクターが注射で水を抜き、酸素吸入を付けて処置をしてくれた。救急車で輸送中に亡くなる可能性が大きかったので、結局救急隊には帰ってもらったそうです。

容態が落ち着いたところで、オットが家で待機していたわたしを連れに戻ってきたので、作ったスープを持っておじいちゃんのうちに戻ると、息を引き取った後でした。

まるで寝ているかのようで、まだ暖かかった。

ドクターが帰った後に、ベッドを倒して心地よくしてあげたら、そのまま眠っていったそうです。
おじいちゃんの一番大切な家族ーおばあちゃんと3人の子供がそばにいるときに、おじいちゃんが手を入れたおうちで。

病院に行きたくなかったんだよね。


死亡診断書を書くためにドクターが5時半ごろ戻ってきたけれど、結局死因は特定できなかった。あんまりにも悪いところがありすぎて。
でも死因なんてもうどうでもいいんです。
おじいちゃんはもう楽になったから。
ドクターもわたしたちの意志を尊重してくれて、解剖はしないそうです。


わたしもオットも、ほかのどの孫たちよりもおじいちゃんおばあちゃんに会いに行った。
仕事があっさり決まっていたらそんなことはできなかったから、すごくラッキーだったと思う。

毎週2回、ランチを作って会いに行ったり、おばあちゃんの買い物をしたり、時にはドライブに連れて行ったり。
いつも帰るときに「ノース・ダー(ウェールズ語でおやすみなさい)」といってくれた。わたしがちゃんと発音できる数少ないウェールズ語だからね。



ノース・ダー、おじいちゃん。
安らかに眠ってね。



2006/11/14

時には歩くこともある。

saadia

先日、名誉というかメイワクな負傷にあったサーディア。
寒そうにしていたので、わたしの色気ないパジャマズボンをかけてやったら、そのまま起き上がってついてきた。
寒いもんね・・・。



天気予報では「からりと乾燥した日曜日になるでしょう」といっていたので、昨日久しぶりにパパママさんと一緒にマーケットドレイトンに散歩に行ってきました。
まぁ、天気はどんよりとした曇りで時々雨も降っていたけれど、秋のマーケットドレイトンも静かで良かった。

去年の夏にパパさんにつれてきてもらったときは、暑かったのもあってたくさんの人たちが散歩・カナルトリップをしていたけれど、昨日はさすがにカナルボートに乗っていた人たちは1組だけ。

ひょうきんなオット。

冬のカナル

停泊場。

サクサクとカナルに沿って1時間ほど歩いてきました。

白鳥の親子。

最後に、来る途中で買ってきたサンドイッチとポークパイでランチ。
歩いていると暖かかったけれど、座ってみるとやっぱり寒。
白鳥の親子もじっと見てるしさっさと食べて退散。


帰りの車の中で爆睡するわたし。
なんだか体が冬モードで、おなかはやたらに空くし、満たされたらひたすら眠いし。こんなんでいいんだろうか・・・。

2006/11/10

パンツの危機。

昨日の朝、ママさんが勢い良くAGAの掃除をしてました。
使っていたのは、パパさんが職場から藻って帰ってきた業務用漂白(?)のスプレー。

「このスプレーは強力だから使うときは必ずグローブをはめてね」
といわれていたけれど、そんな恐ろしいものを使うのはごめんだったので、使ったことはなかった(普通の拭き掃除はいつもしてるのよ)。

そんな危険な液体をうっかりママさん、落っことした。
のでプリプリしながら床も掃除。


ママさんが仕事に出かけた30分ほど後、犬のサーディアがくんくん言いながら2階に上がってきては鼻をカーペットやわたしやオットにこすり付けている。
サーディアは甘えん坊なので、何か欲しいのかなーと思っていたけれど、ちょっと様子がおかしいので鼻を調べてみると、ちょっと黄色くなっている部分が。
???
と思って匂いをかいで見るとかすかに消毒液っぽいアルコール臭。

ぎょっとしてよく調べてみると、鼻の横っ腹に大豆くらいの大きさのやけど・・・。


ママさんがAGAの掃除をしていたとき、サーディアは暖かいAGAの前で寝ていたので、ボトルが落ちたときちょっとかかってしまったのでしょう。

慌てて、オットと洗う。
洗ったあとはおとなしくなったけれど、とっても痛かったみたいで(当たり前)目もなみだ目に・・・。


それにしても、劇薬でしょう。それ。
そんなのを一般家庭で使ってもいいのか?

ママさんもパパさんも驚いて、その液体はシンクの下の棚の一番奥底へ隠されたけれど、やっぱり使うんだ。
しかもその劇薬できれいになったAGAに、洗濯物を乗っけて乾かしてるし。

お願いだからわたしのパンツを乗せないで欲しいのです・・・。



お昼に帰ってきたママさん、窓を掃除するために物置をあけ、絶叫。
今度はなんですか。

古布が入っていたビニール袋の中に、小さなねずみの死骸発見。

一応みんなに見せた後で、むかいのフィールドに投げ捨て、ビニールの一番下にあった古布を使って窓拭き開始。


窓は見違えるようにきれいになったけれど、なんかすっきりしないのです。
居候として、労働で返そうとは思うけれど、時限の違いをひしひしと未だに感じる今日この頃。

慣れてしまう前に引っ越したいなぁ。
2006/11/06

ムツゴロウさんになってみよう。

今日は久しぶりに霜が下りてなかった!
でも寒いのですが。

今日はガイフォークスデイ。昨夜はあちこちで花火やボンファイヤーが華々しくというかうら寂しく行われていたようですが、人里はなれたところに住んでいるため、何も見えなかったし聞こえなかったです。


去年パパさんの知り合いのおうちにもらわれていったハリーが、ボンファイヤーのパニックを逃れるため一晩泊まりに来てました。
去年、花火の音にビビリまくってドアを齧って壊していすも壊しちゃったらしい。
相変わらず大きくて笑顔が可愛かったけれど、うちはハリーの毛だらけ!
harry




ハリーが帰った後、久しぶりに少しだけ暖かいし散歩に出ることに。

うちの裏山・・というか丘をずんずん登っていくと小さな沼があります。
この辺に栗の木があるということで来たけれど、リスに全部持っていかれた後だったらしく何も残っていなかった・・・。

そして放牧されている牛が興味深々で寄ってくるので、犬をつないでフェンスを越えてさらにずんずん進む。
ushi cows
それにしても、いろんな種類の羊や牛がいるものです。

うちのとなりの土地を新しく買った人(03/06/2005‘いっときの夢’)が飼っている羊。
耳がすごく大きくて羊じゃないみたい。
sheep

ヤギも飼ってる。このヤギたちも触らせてくれる。
yagi


ここのお馬はとてもフレンドリーでなでさせてくれます。
uma

柵を越えて行くと一緒に散歩についてきた。
uma2


こんな羊もいたし(触らせてくれなかった)。
hitsuji


ここの土地のオーナーさん、反対側のランドには豚も3匹飼ってます。
お昼寝中だったらしく、呼んでも出てこなかった。


結局1時間半のお散歩。
これでボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファーストも消化されたハズ。
今夜はタイレストランに行くから(パパママさんのお友達との会食に便乗)、その分のエネルギーも消費しとかないと。

2006/11/04

冬が来た。

寒い~。寒い~。

先日、初霜が下りたとお伝えしました。
アレから毎日霜がびっしり。
雪が降っちゃったのかと思うくらいです。
first frost
うちの前の丘はこんな感じ。
羊もこんな北側には寄り付きません。


うちの犬たちも寒がって家中の日向を探してうろうろしてます。
そういえば外の飲み水ボウルも凍ってた。
tia

うちには猫も2匹いるのですが、どこで寒さをしのいでいるのか不明。
時々ねずみをハントしている姿を見かけるから、大丈夫なのでしょう(どこまでも野性的)。

さ、冬服を掘り出しに行こうっと。
2006/11/02

秋の風物詩。

もう11月ですね・・・。
今朝、初霜が下りてました。
車の窓がガッチガチに凍ってた。

ここ数ヶ月、月の始めに改めて思うこと。
いったいいつになったら引っ越せるのかなー。
いやいや、オットの両親とは仲良くやってますが、叔母さんとも仲良くしてもらってますが、自分のうち感が持てないんですよ。

でも、まったくお仕事も見つからないし、そろそろ冬物を掘り出してみようかなと思います。



ところで昨日は世間で言う「ハロウィーン」でしたね。
そんなの全く気にも留めてなかったけれど、ママさんが以前働いていた八百屋さんに入ってみたらかぼちゃがごろごろ転がってた。
早速オットが品定めして、かぼちゃを大小1個ずつお買い上げ(ふたつで£1.50)。

というわけで、ランタンを作ってみました。
kabotya

わたしのかぼちゃは小さかったのと、ぼこぼことイボがあったので穴を空けにくかったけれど、まぁ初めてにしてはなかなか。こういう手作りって結構好きです。
kabotya2

オットは非常に張り切って「僕のほうが怖くできた」と言い張ってたけれど、しょっぱいもの食べた直後の顔って感じ。って言ったらすごく怒ってたけれど。
kabotya3


どちらもろうそくの火でかぼちゃの焼けるいい匂いがしてました。



今朝、パパさんが毎朝恒例の暖炉の掃除と新しい薪くべをしていたんだけれど、どうやら昨夜の湿ったかぼちゃの種もくべていたらしく、この寒いのに暖炉のつきが悪いです・・・。
入れちゃダメだよ、湿ったものは~。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。