blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/27

とりあえず指から動かしてみる。

ちょっと前までは結構調子が良かったのに、先週の中ごろをすぎるあたりから、イライラウツウツ・・・。

これはきっとホルモンのせいです。
だからワタシにはなんともできません。
努力をしてもホルモンには勝てないのです。
ウツなんかじゃないんだもーーーん!


毎月毎月、八つ当たりされて可哀想なオット、最近はおうち探しと中古車探しで一杯一杯だから、八つ当たりたくても八つ当たれないし。

ぐっとこらえていると矛先がえらいところに向いていった。





・・・ママさん・・・。

いい人なんです。明るくて活発で働き者。
でも、そんな異様なほどの明るさ、活発度、働き具合にハラが立つ(あぁ、言っちゃった)。
ヒトが疲れてぐったり、色々やる気を片っ端からなくしているときに、朝の一番から元気良く「今週末の予定は?!わたしたちはアリ(叔母さん)のコテージのデコレーションをするけれど、あなたたちも手伝う?」とか仕切られると、ワタシの中の天邪鬼がムクムクと「オレは誰にも指図されたくないぜ~」と大暴れ。
そんな乱暴モノを制御するので一杯一杯のワタシだから、最近は返事すらすんごいパワーを出さないと出来なかったりするんです。
これでも一生懸命我慢フツーに生活するよう努力してるんだけれど、ここ二日間ほど笑い声にまでイライラするようになってきた。

いかん、重症だ。
オットにも心配されるけれど、「アナタノオカーサンノワライゴエガ、ムカツキマス」とはさすがにいえないし。


何かしなくちゃ。
何とか、何とかしなくっちゃ。

そうだ、気分が悪いって事でベッドにこもっちゃえ。
わたしたちのベッドはオットの昔のロフトベッド。
ごはんもいらないからほっといてください。
DSの充電が切れるまでマリオと遊ぶ。


・・・・・・。
いやいやなんか違うね。
もうちょっと違う角度で何とかしなくっちゃ。




ということで、ケーキを作った。

先週のパンケーキ・デイの前日にオットがパンケーキ用のフライパンを買ってきたので、さらにフル活用ということでミルクレープ。
20070227112612.jpg



さらにさらに、引きこもりの結果、もの作りに逃避しだしたため、オットに頼まれてエプロンも作った。
20070227112646.jpg



ちょっと満足。
次はバッグを作ろう。

でもその前に、叔母さんのおうちのデコレーションを手伝わなくちゃ。
昨日はバスルームとベッドルームを塗ったから、今日はウッド・ワークとセカンド・ベッドルームを塗りに行きましょう。


スポンサーサイト
2007/02/23

自然体で美しく。

最近、お化粧をしていなかったんです。
一応身だしなみとして、眉毛を描いてほほ紅塗ってマスカラはしていたけれど、ファンデーションとかそういうのは全くしていなかった、ここ2年ほど。


暇にかこつけて、色々調べてみたらお化粧品にはいろんな科学薬品が入っていて、こんなのが肌にいいわけない!ということに今更ながら気が付いた。

そこで、さらに色々調べて「ミネラルファンデ」なるものを発見。
良く分からないけれど、良さそうだ。
とりあえず、石油系とか毛穴を広げる元凶のタルクとか入っていないし。


いきなり買うには高価すぎる(無職だし)から、サンプルから取り寄せてみることに。

アメリカにはいろんな種類のオーガニックコスメやミネラルファンデがあって、お値段も手ごろだけれど、なぜかイギリスに郵送するのに$32もかかることが発覚。


そこで、イギリスのブランドで試してみることに。

LilyLolo

サンプルは無料じゃないけれど、まぁ手ごろだし、かなりたくさん色があるのでちょっとお試ししてから、って言うことで。
注文した翌日、あっさり届きました。
20070222161019.jpg


開けて思わず
「ちっさっ!!!!」とひとりで突っ込んじゃったくらい小量だけれど、つきがかなりいいので10日分くらいはあるかも。
ファンデーションは小さなじゃーに入って£0.99、ブラッシャーとコンシーラーは£0.49、それに送料が£1でした。

コンシーラーは粉の割りにつきが良くて「へー、隠すもんだね」と感心してしまいました。



でも、何せ最近お化粧をしたことなかったから、付け具合が良く分からん。
しかも塗れば塗るほど、逆にしわや毛穴が目立つような・・・・。
目の周りなんて、ワタシの目は節穴だったのか?!って鏡を何度も見直しちゃうくらいしわっぽくなってた。

「ろ う か (老化)」
という文字が3D化して鏡から飛び出してくるようでしたよ。


お化粧をしてきれいになるはずなのに、まずは土台の傷み具合を見せ付けられ、カウンターパンチを食らった感じ。
そして、技術の落ち具合にも大きなオトナの女としてどうか、とも思う。


とりあえずの研究結果、ワタシの今の状況からすると、コンシーラーをクリームと混ぜてリキッド化させ、ファンデをすっ飛ばしてルース・パウダー又はフィニッシング・パウダーって言うのがいいみたいです。
毛穴を塗りつぶしてまで色々塗りたくないし。

ちなみにサンプルで買った「Rosy Apple Blush」は、ほーーんのちょっとだけほっぺにのせただけで‘寒い国の田舎の娘さん’みたいになります。
とどのつまり、ワタシには赤すぎ。
びっくりしたよ。
実生活がすでに‘ちょっと寒い国の田舎の娘さん’だからね、これ以上ほほはそんなに赤くなくていいと思うわけ。


でもおかしいなぁ。
毎日いやっていうほどネガティブ・イオンを浴びているはずなのに、しわが確実に増えているなんて。



・・・・はっ!
セ、セントラル・グラヴィティー(重力)っていうやつか?!
2007/02/22

今度はテストですってよっ。

色々うわさには聞いていたけれど、やっぱり逃げられないらしい。

今年の4月以降にレジデントビザを申請する人たちは 「ESOLエントリー3レベル」または「Life in the UK」のテストを受けなくてはいけないとか。
詳しくはイミグレのホームページをご覧ください。
または、ブログのお友達、ケイティさんが細かくレポートをしていらっしゃるので、そして早速「Life in the UK」テストも受けてこられたのでそちらをどうぞ(ナマケモノ)。


この事実を知ったとき、我が家の電話線は絶望的だったため、ショックと怒りと混乱の中情報不足で何がなんだか分からなかった。
そしてほとぼりが冷めたころ(自分的に)調べてみてまたもや愕然・・・。

ちょっとっ、この国に再度入国・ステイするのにいったいいくら払ったと思ってるのさ。

入国する前に、婚約者ビザ=£260
結婚してから、スパウスビザ=£500(!)

これから6月に申請する、レジデントビザ=£350(だったっけ?)/£500
これも気まぐれイミグレが値上げをしなければの値段。
それに加え、テスト料金が£34。

やってらんねぇ。


そしてテキストブック(£9.99)を買おうとするも、1月末に新しいテキストが出るとか、いや、それが2月発売になります、とかわけが分からん!!

ついに先週街に出たときにWaterstones(本屋)で見つけて、店員に問い合わせてみたところ・・


「2007年にこの本の新しいエディションの発売予定はありませんね」

とのこと。

あのー、一応政府のウェブサイトで言われていたことなのに。
どこの国の政府も言うことが信用できねぇ。
もういい!買います!!

ということで買ってきました。
text book
レシートを取っておいたら、もし万が一新しいのが出ても交換してくれるとか。


買ったけれど、まだ一度も目を通していないの。
厚みはないけれど、どっしりと威圧感のある英語がバリアーのようにワタシをはねつける~。

でもそろそろ勉強しないとね。
どうやらケイティさんによると、4月2日以前に受けると試験範囲が狭いんですってよ。
ただでさえ読む気ないのに、試験範囲が広がっちゃったら一冊全部読破する羽目に・・。


ギリギリ付け焼刃のO型のワタシ。
どうやらテストの申し込みをいきなりやる、とかいう暴挙にでも出ないとやる気は全くでないらしい。

これから受ける予定の皆さん、勉強は・・?もう始めてます・・・・?


※ 年甲斐もなくガラが悪くてすみません。
2007/02/20

たまには大都会へ。

エゲレス生活もかれこれ6年。
10年前(!!!)には、親友Nuとエゲレスを旅もした。
でも行ったことがなかった都市、マンチェスターに初めて足を踏み入れてきました。



金曜日、2週間ぶりのシャバで(2週間ほど本格的強制引きこもりで明るい時間に店とか入ったことがなかった)ちょっとお買い物をし、極悪に悪かった機嫌がぱぁ~~~っと明るくなったワタシを見て「コレダ!!!」と思ったであろうオットが、突如企画してくれたマンチェスター行き。

翌日土曜日は、シュルーズベリーで物件拝見というイベントがあったので、その後マンチェスターへ行くことに。

ちなみに今回見た物件は今までの中で一番広くてきれいで良かった。
が、シャワーがまたついていないよ・・・。
賃貸だから安けりゃ安いだけいいんだけれど、色々見てみないと分からないものです。
いつになったら出て行けるのか・・・。


話しを戻して、マンチェスター。
結構遠いし、大きな都会って聞いていたから、どうせだったら本格的に早朝出発して長い時間居たかったけれど、急な企画だからしょうがないか。
ついたのは1時くらい。


でかかったです。マンチェ。

道中渋滞に引っかかってから、ヨダレをたらさんばかりに爆睡していたわたし。
気が付いたら駐車場でした(笑)。
えーと、名前は忘れちゃったけれどシティーセンターからちょっと離れたところにある『パーク&ライド』に車を停め、トラムでセンターへ。

トラムの中は、『イーストエンダース』と『シェイムレス』が織り交ざったような微妙な空気が流れていたけれど、なんとか外の風景にココロ奪われる純真な日本人を装いセーフ。

シティセンターに着くなり目に付いたのが、巨大な「PRIMARK」。
入ってみたけれど、でかすぎて人が多すぎて見る気力が出なかった。
さすがにWAGS(footballers' Wives And Girlfriends)も入り浸るマンチェスター、おしゃれな高級店・デパートからハイストリートまでたくさん。
珍しくオットも一緒にお店についてきてくれたり、適度にほって置いてくれたりで、久々に大都会の空気を吸ってニンゲン復活した気分です。

「3,4年前に一度来たきりだから、土地勘は全然ないよ」って言っていたわりに、ちゃんとチャイナタウンまで連れて行ってくれたオットがまぶしかった。
すごいね、きみ。
新宿でも毎回必ず迷う日本人のわたしからしてみたらすごすぎ。


次はもうちょっとゆっくり来て、うわさのインペリアル・ウォー・ミュージアムとかにも行きたいなぁ。



なぜかオットが帽子を買ってくれました。
男物だし、どうしても欲しかったわけではないんだけれど、買ってくれるって言うならありがたく。
hat
この辺でかぶっても羊しか見てくれないんだけれど。

あとチャイナタウンのスーパーマーケットで、食材をしこたま。
ここんとこいつもそう。
普段見慣れない、そして行けないチャイニーズマーケットに行くと、ここぞとばかりに買いだめ。そしてその出費のおかげで本当に欲しい靴とか洋服は替えないの。
でも、久しぶりに本物のにらが入った美味しい餃子を作って食べましたよー。


買い物に連れて行くと、美味しいものが食べれて、ツマの機嫌もよくなるということにやっと気づいたらしいオット。
また行こうねー、だって。

フフフ・・・・。
長かったよ、ここまで持ってくの。
でもこれでツマの思う壺。
ふははははは~。ってお金ないんだけれどね。
2007/02/15

ありがたいことと2年目のロマンチック度。

先週まで色々ありすぎて、ここ(ブログ)でもウガウガ、友達や親に電話をかけては(やっとかけられるようになったからね)ウガウガ言っていたのですが、今週になって天気も回復、気分も大分回復してきました~。



と、言うことで歌ってみます。


















しっあわっせはぁ~ あっるいって来ない
だぁ~から あっるいって行っくんだね~
一日一歩 三日で三歩
さ~んぽ 歩いて二歩さっがる

じ~~んせいは ワンッ・ツー・パンチッ





・・・コホン。
ここまで歌って歌詞を忘れた。
いやー、チータ。いい歌だね。名曲だねー。
こぶしを握ってマーチっていると元気が出るようだ。













大丈夫です。元気です。いいこともあったし。



一つ目は、事故った車の保険。
土曜日にオットがやっとメールをチェックすると、修理代は破格すぎるので(簡単に修理できない状況のクラスCのため)車自体のバリューを支払います、と言うこと。
オット曰く、メールで知らせてきた250ポンド(!!!)だとかで、パニックに陥った彼は再度エンジニアに来てもらって査定してもらう手続きだのをしながら、ストレスをコンコンとためていました。


が、

実は、メールのプリントミス・・・っていうか、家のオットが見落としていたんだけれど「1」がその前にありました・・・・よ。
と言うことで、11年物の車を1250ポンドと査定してくれていたのに、分不相応にも駄々をこねていたわけ。

オットはディスレキシアなので、読み間違いはしょっちゅうだけれど、今回はいろんな人に相談してしまっていたので、みんなに笑われ自信をすっかり失って、ちょっとかわいそうだった(でもちょっと笑っちゃったけれど。ぷっ)

でもとりあえず、良かった・・・・。
250ポンドじゃ、すごいおんぼろしか買えないところだった。



ふたつ目。
ここ二日間、わたし宛の郵便物が続々と!

火曜日、もうそろそろ2年越しのお付き合い、「ゆるりとブリテン」のkayちゃんからお手紙をいただいちゃいました。
ブログを通しても伝わってくる柔らかな文字で、嬉しいお手紙。
そして、ステキにラッピングされたお茶まで。

メールやブログで簡単にコミュニケーションがとれちゃうのに、わざわざお手紙をどうもありがとう。

嬉しかったので何回も読んじゃった。
お茶はオットと一緒に今日飲んでみます。
本当にありがとう~。



そして水曜日、長年のイギリスでの親友サイからカードと日本語の新聞。
今は日本食レストランでマネージャーをしているので、日本のものが手に入りやすいらしい。けど、なぜか新聞は去年の夏。
ヘッドラインは『W杯、8強出揃う!』で、サッカーに疎いわたしは「え?!知らない間にまたワールドカップ??!!」って一瞬思ったよ。

日系のリクルートメントの情報が載っているんじゃ、という気遣いでした。
先週久しぶりに電話で話したとき、わたしがあまりにも凹んでいたからびっくりしちゃったらしい。
かく言うサイも三十路を越え、将来のことで悩むこともアリ、何となく2人で珍しくしんみりしちゃった。
ので、今度遊びに来い、とお誘いを受けました。

ありがたやー。
近くに友達がほんとにいないので、最近は友達のありがたみを強く感じます。



おまけに、家のハハから小包まで届いた!
電話線ダウンの合間に3日間だけ繋がったときに、家に電話して凹んでメソメソしていたので、元気が出るように色々送ってくれたのでした。

箱の伝票の横に『FAIL SNOW』とでかでかと書かれていたので、本当は先週の木曜か金曜に届く予定だったらしい。
郵便配達のマルコムも二日間このあたりには足を踏み入れられなかったので、パーセルフォースは近寄れなかったに違いない。

おせんべいはむさぼり食った。美味しかったです。
明太子の写真がまぶしかったよ。
ひじきは小出しに小さく盛って出すことにします。
どんぶりで「どうぞご自由に」式にテーブルに出すと、あっという間にオットがごはんにぶっ掛けて食べちゃうので。

本当に嬉しかった。ありがとう。
percel.jpg



三つ目。
近頃、音信普通気味になっていた、日本の大親友とミクシィを通してチャットが出来るようになった。
家のママパパさんのPCから、日本の携帯メールに送ると文字を読み込めないらしく、携帯しか持っていない人たちにメールが遅れなかったのです。
便利な世の中なのにね。便利さゆえに不便。
でも、日本でがんばっている友達の近況が簡単に分かるようになって嬉しいです。



以上。わたしを幸せにしてくれたこと。




あぁ、そういえば昨日はバレンタインデーでしたね。

去年はロマンチックが止まらなかったオット、今年は仕事が忙しい平日・同居中のため、さすがのロマンチックも2年目にして早くも止まりまくり。
朝カードとチョコレートをもらったけれど。
20070215134530.jpg

夜は映画にも連れて行ってくれたけれど、ロマンチックなディナーはなしで、バレンタインディナーは映画館での巨大ポップコーンだった。
オイ。

ツマは毎日家に閉じこもって、掃除機やPCとお友達でヘキエキしてるんだから、こういうときこそパアーーーーーっと連れ出して、ロマンチックに演出してみればいいのに、と去年の行き過ぎ演出さえ懐かしく思う。

ちなみに、見てきた映画は『Hot Fuzz』。
もちろんオットセレクト。
まあ、バレンタインデーにロマンチック・コメディーなんて考えただけでもジンマシンが出ちゃいそうなので、良かったんだけれども。

映画自体はすごく面白かったです。
巨大ポップコーンをほおばりながら、アハアハ笑ってきた。
『Shaun Of The Dead』(コメディー・ホラー)と同じダイレクターと主演のサイモン・ペッグとニック・フロストが出てます。
正直、あんまり期待してなかったけれど面白かった。
がんばって話しに集中していなくても笑えるから、そんな気分の時はオススメ。


ちなみにツマはナンキン生活を送っていたので、プレゼントなんて買う暇も手段もなかった。
カードは珍しく早めに買ってあったので、滞りなくわたしました。

それと、お昼にオットが帰ってくるというので朝からがんばってマドレーヌを焼き、トマトピラフを作り(珍しくケチャップが切れていたので、ピューレをストックで溶かしながら作った)、以前凍らしてあったミニハンバーグを解凍して焼き、ハンバーグソースに絡ませ、彩が悪かったので急いでブロッコリーとアスパラをゆでて添えた、ちゃんとしたランチをご用意しておきました。

風邪でズル休み3連休中のパパさんと叔母さんも喜んでたし、オットも感激。
わたしだってー、やるときゃやるんだも~ん。


そんな感じの2007年のバレンタインデーでした。

皆さんのところはどうでしたか?



2007/02/11

軽くナンキン生活。

おとといから降っていた雪。
予報では9日の金曜日にはやむ予定だったのに、コンコンと降り続けてえらいことになってます。

20070210150525.jpg
こんな感じ。

20070210150616.jpg
先日の写真と比べると、もう蒔用の丸太も見えないでしょう?


ちなみに金曜日にはインドに出張中だった叔母さんも帰ってくるので、回復したおばあちゃんはママさんと自分の家に帰っていってしまったので一人でお留守番。



木曜日に生まれて初めて、「ひとり雪遊び」で気が狂ったように笑いながら急な斜面をソリで犬と一緒に転がり落ちる、というフツーの33歳の日本人はまずしないようなことをしてみた。

オットの円形スレッジは、円形ゆえにバランスが取りにくく、加速していく途中で後ろ向きとかになっちゃってコワイです。
結局頭からでんぐり返し状態でゴロゴロと転がり落ちて最後は大の字のうつ伏せで止まる、という荒業っぷり。
昔のマンガで見るような、丘から転がって人間雪だるまになる図柄が頭から離れなかったけれど、そんな自体には残念ながらなりませんでした。

オットが仕事から早引けして帰ってきたので、タンデムに挑戦し、見事わたしを振り落として轢かれたり。

バレンタインを前にして、フウフ愛は高まるばかり。


ちなみに昨日も一人ぼっちを満喫し、お昼ごはん前と3時くらいにまたひとりスレッジ。
snowman
雪だるまも作ったし。


ひとり遊びを満喫しつつも、あまりにもやむ気配のない雪にちょっとびっくり。
結局パパさんがオットを仕事場から拾い、ママさんをおばあちゃんちから拾い、帰り道の途中であまりの雪に車を乗り捨てて帰ってきました。
ひえー。




楽しいっちゃ楽しかったけれど、今週1週間家から出てない!
ふんがーーーーーーっっ!
家族とめっちゃ少ないご近所(三軒、しかもめったに見ない)以外の人間が見たい~!
車に乗せてくれーーーーー!とちょっとしたタントラム(かんしゃく)を起こしそうな33歳(もうすぐ34歳だ・・・)。


きれいだけれど3日もそれしか見てなかったら飽きるっちゅうの。
だから今日はちょっと冷め気味、そしてご機嫌斜めな大人気ないわたしです。


20070210150603.jpg
自然の力には所詮かなわんよ。
魔の急坂、こんなに雪が積もっちゃって、誰も登れないし降りてこれない。

分かってはいるんだけどね。
でもテレビのつきも悪いのーーーー(泣)。
これでテレビまで切れちゃったら・・・・・タントラムもアリかも(←なしか)。



2007/02/08

雪だ、雪だよー!

ここのところ、大英帝国の天気予報士がばっちり当ててきます。
先週末から「木曜日には雪が降るでしょう」と言っていたんだけれど、ほんとに降った。

20070208123027.jpg


雪が大好きなオットに7時過ぎにたたき起こされました。
オットは仕事に行かなくちゃいけないので、支度をして出て行ったけれど、ものの5分で帰宅。
借り物の新車で急な坂道を転がり落ちたくないもんね。

散々、スレッジ(クリスマスに叔母さんからもらった円形ソリ)で遊ぶか、しばらくチェックしていなかったメールと仕事をネットで探すか迷ったあげく、ツマの冷たい視線を感じてメールチェックして、ママさんにリフトしてもらって遅れて仕事に出かけていきました。



雪を見るのは好きだけれど、そんな日に外に出て行くなんて真っ平ごめん。
はー、こういうときだけ、仕事なくてよかった~ん、と心から思う。
万年引きこもりになりつつあるワタクシ、時間のつぶし方は心得てるの。



おばあちゃんの様子を見に行ったら、おばあちゃんがウットリと外の鳥を眺めてた。
そこで2人、お茶を片手にバードウォッチング。
おなかが空いているのか、普段来ない種類の鳥まで来てるよ。

Robin blue tit
ロビンとブルーティット。この二種は毎日来てるんだけれどかわいかったから。
ロビンって昔むかーしの漫画「銀曜日のおとぎ話」に出てきたやつかなぁ。そんなイメージなんだけれども。


しばらくしてまた様子を見に行くと、同じ姿勢で鳥をまだ見入っているおばあちゃん。
何事か聞いてみたら、大きな鳥がやってきて小鳥がいっせいに飛び去ったとき、一羽のブルフィンチのオスがおばあちゃんが眺めていた窓に思いっきり衝突したと。
外に見に行ってみると、小さな赤い胸をした鳥が雪の上に横たわってた。
どうやら強く窓にぶつかって首の骨が折れちゃった模様。
すごくかわいそうだったけれど、救う余地なしでした。


ちょっと数日前まで春陽気で、家の近くのフィールドではラムが次々と生まれていたけれど、寒くって大丈夫かなぁ・・・と心配する反面、ファーマーじゃなくて良かった・・ともココロの底から思う。


さっ、オットのいない間に円形スレッジの使い初めしちゃおうかな~。



2007/02/07

近況報告、その後。

pretty sunset
お寒うございますー。明日は雪になるそうな。



それにしても電話線が繋がったくらいでこんなに嬉しいものなのか。

繋がっていなかった間も遊びに来てくれたみなさん、コメントを落っことして行ってくれたみなさん、どうもありがとう。
繋がって実感。あらやだ、わたしったらネット依存だわ。

日本語が読めて書けて電話が出来て、ちょっと気分も晴れてきたような。


ママさんが毎日毎日、「今日はBTが来る日よ~!楽しみね!!!」(4日間来なかった。五日目の正直)とか「明日からネットが出来るからあれもこれもブログ用に写真を撮っとけば?!」(夕日から叔母さんのコテージの改築状況まで)とか、本人は励ましてくれているんだろうけれど、いちいち返事の仕様がなくてぐったり疲れていたあの日々ともおさらば。





さて、先日の近況について。


なんと運のいいことに、家の車にぶつかってきたボルボの紳士(急に格上げ)が、今回の事故の非を全面的に認めてくれたため、多分修理代が出るかも。
ということで、昨日アセッサーがやってきて家の車の破損状況と車のバリューを取っていきました。

よろしく頼むよ・・・・。車がなくて困ってるんだよ・・。
いや、代車はあるけどペットロール仕様のピープルキャリアーで慣れなくて運転できないし、オットが仕事に乗って行っちゃうので不便なのー。


おばあちゃんは相変わらず家にいるので、好きなだけネットしているわけにもいかず、お茶入れてあげたりご飯作ったり。
でも大分具合はよさそうです。
叔母さんが金曜日に帰ってくるから(インドに出張中)それまでには自分の家に帰らなくちゃいけないしね。


ブロードバンドはなぜか夜に付けると全く回線が動かない。
だから、普段はインターネットをした後はモデムのスイッチを切らないと怒られちゃうけれど今日はつけっぱ~。
モデムごときの電源をつけっぱなしにしていても、電気代はそんなに跳ね上がらないと思うんだけども。それよりも、完全に冬眠しちゃっている鯉がいる池のパンプの方が絶対お金かかってると思うし。


こんな感じ。
未だにフツフツとしたネガティブ波動を感じられるかもしれませんが(笑)、大分これでも良くなってきてるの。
気長に、気長に見守ってやってください。自分ではいつまで見守れるか分からないけれども(←勝手)。


あ、せっかくだからママさんに勧められるままに撮り貯めた写真を載せときます。



続きを読む
2007/02/03

これでもかー近況報告。

皆様、お元気でしょうか?
あんまりにも更新が出来ないでいるし返事もしてないから忘れられちゃうかも、なんてちょっとネガティブになってみたり。


あんまり気にしたことはなかったけれど 、去年で厄年は終わったはずなのに、これでもかーこれでもかーと次から次へと難問がやって来て気が抜けない新年を送っているkaoです。


実は、未だに電話線が復旧してません。
もうかれこれ2週間と1日。
今も図書館に来てものすごくオープンなスペースの中で、はなさんに教えてもらったサイトを利用して、日本語で書いているわけです。
もうすっかり常連のおなじみさんよ。この図書館で。


色々いろいろあったの。
あんまりにもいろいろあり過ぎて、どこから始めていいのやら。



* 1月9日、今年初の電話線切れ。

* 一週間後に復旧するも、3日後全国的な暴風雨が起こった18日にまた切れる。
ちなみに今回はご近所さんも仲良く電話なし。

* 調べてみたら、電話のケーブルがステキな木々の間で揺さぶられてぶっちぎれてた。

* いろんな方たちからの情報で、今年の4月2日以降レにジデントビザを取得する際にも、市民権を取得する時と同じプロセスを取らなければいけないということを知り、怒り絶望する。

* さかのぼって、1月10日からオットが仕事を始める(以前働いていた家具工場が人手不足のため少しの間お手伝いに行くことになった)。

* さんざん仕事を探していた末に、見つかったのが地元でツマ、一生居候になるんじゃというパラノイアで欝になる(笑)。

* 22日、パパママさんがオーストラリアから思いっきり焦げて帰ってきた。

* 25日、家からママさんを乗せて叔母さんのコテージに向かった矢先に、ボルボに正面衝突される。

* 電話が無いため、即座に保険会社などに連絡できず不便の限界をちょっと感じる。

* 土曜日、あまりのことにキレたパパさんが、ケーブルが切れる原因であるステキな並木を切り倒す。

* 躁鬱気味なツマ、オットに八当り夫婦中に一瞬カゲリを落とす。

* おばあちゃんが具合悪く、家に連れて帰る。

* 完全に足をなくしたうえ、来るといったBTが3日に渡って来なかったため、家に閉じ込められたツマ、不機嫌の絶頂。

* おまけに車の保険がサードパーティのポリシーだったので、もしかしたら全くお金が降りないかもしれない。。。

* 絶望的だった昨日、保険会社の手配した代車がやって来た。ルノーの新車。




こんな感じです。

ちなみに、レジデントビザについては、ちゃんとした情報もネットが復旧していないため読んでいないけれど、最近は"受けりゃいいんでしょ。テスト"くらいのふてぶてしいふてくされ程度な気分なので、そのうち勉強を始めようと思います。
テスト、嫌いなのになー。これが最後のテストになるといいなー。


今回の事故は200%私のせいじゃないので、あんまり凹んでません。
あんな1台の車がギリギリ通れる位のくねくねと曲がった急な坂道の見通しの悪いレーンで、道路があちこち凍結している日にあんなスピード出して運転してるから、スキッドして止まれないんだよ。
私は数メートル手前で急停車してたので、前から来た車があんなに勢いよくぶつかってきたのはショックだったけれど。
幸か不幸か、ケガもたいしたことなく(ヒザをハンドル下のところにぶつけたのと、肩をひねった)、同乗車のママさんも全くけがなしでしたが、車はサヨウナラを言わないといけないかも。
ボルボはキズ一つなかったのにー。くっそー。高いクルマは丈夫ね。

代えの車は、ビックリするくらい最新車で、キーがカード型でイグニッションを回さなくてよくて、なんとハンドブレーキがありません。
カードをコックピットに差し込むと[クラッチを踏んでください]というメッセージが出て、その後スタート/ストップボタンを押すとエンジンがかかるというハイテク物。
すごー。
車幅が広いので、怖いから私は運転しないかな。


あと、夫婦仲は森の中で、時にヒステリックに、そして穏やかに号泣しながらヒザを付き合わせて話し合ったので大丈夫です。



ちょっと前向きになりかけていたところ、家でものすごく具合の悪いおばあちゃんの看病をしながら来るかもしれないBTのエンジニアを待つという、強制的な引こもりになっていたので、やけくそでこの二日間に死ぬほどお菓子を焼いてました。


ちょっとっ!私がお菓子を焼いてるよう〜!と誰も突っ込んでくれる人もいないので、自分で突込みを入れながら(過去の私を知る人は、私がお菓子を焼けるなんてビックリでしょう)。
マドレーヌとチョコチップマフィン。

せっかくお正月からヘルシーに減量しようとしてたのに、また太りつつある。
ウ゛ィシャス サークルってこういうのを言うのね。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。