blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/28

涙のあんぱんマン。


久しぶりに口の周りに激しくニキビが出ていますƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
それに軽い頭痛と貧血のようなふらふらした感じに加え、恐ろしい食欲・・・。
PMS、怖すぎ。

ココまでひどいときは逆に気分屋さんのほうはナリを潜めてくれているのでありがたいけれど。


・・・・なーんて余裕ぶっこいていたら、やっぱり来た来た・・・。

ひたすらCVを送る日々だったのですが、ひとつだけこの仕事に受かったらすごくうれしいし、がんばっちゃうな~というのがあって、割と気合を入れて送ったところ、送ってから二日目に当たる昨日にその会社から手紙が来てました。
こんなに早くに反応が来ることはほんっとうに稀なので、「え・・・面接に呼んでくれるのか・・も・・・?」とドキドキしながら開けてみたら、落選(っていうのかな?)通知でした。

いまさら落っこちるのなんてこれに始まったことではないし、連絡をもらえるだけでもありがたいんだけれど、この仕事はやってみたかったことだったので、すごく悔しかった。
そしてすんごく悲しくなっちゃった。

タイミングの悪いことに、わたしはPMS真っ只中の情緒不安定、オットは仕事でロンドンに行っていて、6時半くらいには帰ってくるはずだったのに、クライアントにひっかかりロンドンを出たのが5時すぎ、ということで帰宅は9時近くになってしまった。


本当に今に始まったことではないんだけれど、ココに引っ越してきてから「この仕事をどうしてもやってみたい!」と思うものはふたつしかなかったんです。
一つ目は、求人の広告を見てすぐに電話して、アプリケーション・フォームを送ってもらうようにお願いしたのに送ってこなかった・・・。
ので、しつこくそのあとも2度ほど電話してそのたびに住所も言ったのに送ってこなかった。
ウェブサイトにもダウンロードのページがなかったし、勝手にCVを送りつけてやろうと思っても住所も載せていなくて、取り寄せたアプリケーション・フォームで応募してくださいとのこと。

締め切りの週にハハとイモウトちゃんが来ていたので、そのままうやむやになってしまったんだけれど、実は内心「外人だからいやなのかも・・・?」と凹んでしまったこともありました。
まぁ、ただ単にものすごく要領の悪いオフィスだったのかもしれないけれど、仮にも広告で『equal oppotunities』を謳うんだったらもうちょっとしっかりしてよ、とも言いたいところ。

で、今回のがふたつ目のやりたい仕事だったので、ガクーンと。


これはいかん!と街に買い物に行き、気分転換に好きなお店をのぞいてみたり、遠回りしてたくさん歩いて帰ってきて、今週の求人誌をチェックするも、やっぱり目ぼしい求人はなし・・・。

あぁ、このままじゃまた凹んでしまう・・・。
何かしなくちゃ、体を動かさなくっちゃー!!



で、コレ。作った。↓


20070928130400.jpg




あんぱん。

イギリスに引っ越してくるときにかついできた日本食セットの中に入っていた、さらしあん(もちろん期限は1年前に切れてます)を一心不乱に練り練り・・・・・。
パンの強力粉が切れていたのでわざわざ買ってきたのが「White(白)」ではなく「Wholemeal(全麦)」で、フウフそろってディスレキシア?!という疑惑まで持ちつつ、パンもこねこね。

オットも遅くなるって言うし、ごはん・・一人で食べるのは別にイヤじゃないけれど、今日はさみしいな~、なんて思いながら、焼き上がりのあんぱんをかじってみたら、懐かしい味に泣けました。

だって悔しかったんだもーーーーー・・・。
ぅう・・っぐひっ・・・ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
と、ダレもいないことをいいことに、一人号泣。

散々ぇぐぇぐ泣いたらこれはこれで気が済んで、写真まで撮っといた(笑)。↓

20070928130415.jpg



写真を撮るために、またひとつあんぱんを割ったので、結局そのふたつ目も食べちゃった。
やっぱりあんぱんには塩桜があったほうがいいなぁ、なんて思いながらフガフガと。
あ、じゃあ涙のあんぱんでちょうどいいじゃん。なんつってー。←バカ。

このあと、しっかり一人でテレビを見ながら晩ご飯の洋風海鮮炊き込みごはんとスパイシーなトマトスープも頂きました。
げふ。


やっと帰宅したオット、まさかあんぱんがあるなんて思わないから、バターをつけようとしてましたよ。
あんぱん、大好きオットなので、わたしの悔しかった結果を聞きながらもぐもぐ食べてた。

次がんばろうね、なんてノンキに言ってるし、じゃぁ次がんばります。
やっぱりノンキにかまえてやってかないと、疲れちゃうもんね。


でも、落ち込んだ自分へひとこと:
自分がかわいそうになったらひとりでガツンと気が済むまで泣くべし。
そしてオットに慰めてもらえば気が済むよ。
あとは美味しいものを作って食べましょう。


よし。文にしてみると結構説得力があるじゃない~。・・・・・。
みなさまもどうぞお試しあれ。



スポンサーサイト
2007/09/27

減らない言いわけ。

20070927115954.jpg




昨日はリッチパンにチャレンジしてみました。
牛乳ベースで砂糖とバターがリーンパンに比べると多めで少し甘いパン。
シリコンの型、ずっと欲しかったけれど石けん用に買ったら悪いしなぁ・・・と思っていつも眺めて触っているだけで買わなかったんだけれど、パンを作るようになってから、「パンもケーキも石けんも作れるんだったら用途も広いし大丈夫だろ・・」と一人で納得してようやく買いました(笑)。
なので早速型を使って牛乳食パン。

焼きたてを早速食べてみたけれど、ほんのり甘くて美味しかった~。
生地ももっちりしているし、これだよこれ!わたしが食べたかったのは~!!とココロのそこから思った。
オットも帰ってきてから即座に見つけて、ちょっと感動してました。

美味しいからパクパク食べれちゃうし、一斤なんて軽くいけそうで危なかったので、がつんと残り(4分の3くらい残っていた)をオットのお弁当用にサンドイッチにして見えないところにおいときました(笑)。
最近はこれくらいの行動に出ないと気持ちが悪くなるまで食べ続けてしまうからね。どうかと思うけど。


思うんだけど、体重がまったく減っていかないのはお料理が上達したから?
昔から食べるのは好きだったけれど、最近は色々作るのもダイスキ。
やっぱり作れば食べちゃうし、そして今は2,3ヶ月ぶりに飢餓感バージョンのPMS。
底なしですよ、奥さん。




そして追い討ちをかけるように、この間の週末にパパママさんからうれしい頂き物。


20070927120035.jpg


レシピ本です。
最近キッチンの改装をしたパパママさん、レシピ本の整理をして、いらないものがダンボールにぎっしりありました。
このシリーズものは、結婚した当初にシリーズで毎月買っていったもので、一冊ずつテーマが分かれているトラディショナルなお料理本です。
レシピも古いものは1800年代のものとかあって面白いし、魚やお肉などの下準備や味付けの基本が丁寧に写真つきで説明してあります。

こういうの、欲しかったのー。
基本の料理本があると心強いもの。
和食の本でもこういうのが一冊あるといいな、と思っていたんだけれど、まずはイギリスのをいただいちゃった。

パパさんいわく、結婚したばかりでお金がない時代にがんばって全種類を買い揃えたもので、捨ててしまったりチャリティーショップに持っていくのも残念だな、と思っていたらしいので、わたしたちが喜んで引き取るのでうれしそうでした。
大事に使わなくっちゃ。



おまけに、新しいジェイミー・オリバーの本もいただいちゃった。
街に行ったときに本屋さんで見かけて思わず買っちゃったらしい(笑)。
クリスマスまでとって置けばよかったのにー、といったけれど「今あげたいから」と太っ腹にももらっちゃった。

そしてママさんからは、ナイジェラ・ローソンのクックブック。
実はママさん、この日宝くじを当てたので(100ポンド!)わたしように、と買ってきてくれたのでした。
ありがとうございます、ありがとうございますー。


20070927120022.jpg



正直言って、ジェイミーもナイジェラもわたしの1番のお気に入りではないんです。
ジェイミーはスクールディナーのプロジェクトから見直して、フウフで応援しちゃっているけれど、それまでははっきり言ってあんまり好きじゃなかったし、今回のレシピはどうもリバーコテージの影響を受けたものに見えた・・・かな。
でも、毎度のことながら、ジェイミーの本はデザインや写真がすごくよし。
グラフィックや編集、文字体とか今までの中で一番ツボだったかも。
すごく刺激を受けました。
お料理のレシピもどんどんシンプルになってきて、素材の味を生かしていて作ってみたいな、というものも結構ありました。


ナイジェラは、どれもよだれが出ちゃうくらい美味しそうなんだけれど、読みにくい・・・・・。
会話風の語調でレシピを説明しているんだけれど、ほんっとうにわたしには読みづらくて、美味しそうなレシピだな、と思っても実際作るのをあきらめたものがたくさん。
そして、このひとのお料理はものすごいリッチです。
このレシピ本で2-3週間お料理を作ったら絶対にナイジェラ・ローソンのような体系になること間違いなし、ってくらい。
あんなにきれいじゃないけれど。
でも美味しいから、結局がんばっちゃうかもしれないけれど。


両方とも眺めているとすごくクリエイティブで楽しい気分になります。
自分のレシピをジェイミー風に/ナイジェラ風にアレンジしたらどうかな?とか、次々にアイディアが浮かんでくるの。
そして、そうすると「じゃぁ、そのレシピをナイジェル・スレイター(一番のお気に入り)はどうやって作るのかな?」と、今度はナイジェル・スレイターの本を引っ張り出してきたり、エンドレス。


あぁ、また太りそうだ~。
そしてこうやってクリスマス商戦にはまっていくんだね・・・。









2007/09/26

お初で脳あるタカ気分。

昨日は恒例の主婦の日だったのですが、それプラスオットに頼まれたあるものを作るのに四苦八苦しておって、さすがにブログを更新するヒマもありませんでしたよ。



さて、さかのぼること月曜日。

うちはお肉は近所の肉屋で買うのですが、日曜と月曜日は休みでいつも買い置きがなくて、月曜日の夕食は悩みどころ。
が、さすがに引っ越してきてから4ヶ月、いい加減学びました。
土曜日にオットに肉を買ってきておいてもらったので、それを使って肉料理が出来ますよ。
でもわたしが頼んだ牛肉は土曜の夜に使われてしまったので(インドカレー・オット作)、シチュー用のポーク。

ポークねぇ・・・・。
薄切りでもないし、塊でもないし、どうしようかのぅ・・・・。

で、生まれて初めて「酢豚」を作ってみました。
cookpadでレシピを見つけてきて、大体の味付けをメモって作ったのですが、思ったよりも簡単だったし美味しく出来た。

お肉を揚げたりするので面倒かなぁと思ったけれど、強風の中Wilkoまで行って買ってきた油料理用のアミのおかげで、キッチンも大惨事にならなかったし、ウェイパアーの隠し味で本格中華風の「酢豚」になりました。

subuta



こっちの人って基本的にスウィート&サワーな味がすきだからか、オット、大喜び。
パイナップル入りって言うのも良かったのかも・・。






もうひとつお初。
リネンの生地に直接刺したクロスステッチが完成したので、クッションカバーにしました。
クロスステッチは3作目だけれど、クロスステッチ用の生地じゃないのに刺したのは初めて。
図書館で借りてきた本の図柄を見ながら刺しました。


cussions


turkish palace cross stitch



ある程度は忠実に糸を使ったのですが、ちょっとビビッドになりすぎた・・?と思ったけれど、割と小さい図面だし、これはこれで東欧風な色合いでかわいいかも。
最近、東欧風のもとってはやっているみたいだし、わたしも好きなのでいいかな。
それにしてもリネンの生地は織りの糸が均等でないので、よく見ると生地糸のゆがみで大きさがばらばらです。
ま、それも味、ということで。





それと、オットからの頼まれ物、シャーペンポケット。


pencil pocket


仕事中に使うシャーペンたち(イモウトちゃん、どうもありがとう)をささっと抜き出せるようなポケットが欲しいと、図まで描いて頼まれたもの。

一見簡単そうだったから「うん、いいよ」と安受けあいしたものの、これが大苦戦で、このおかげで半日つぶれましたよ。昨日。
図ではベルト通しのループがふたつついているけれど、仕事中ベルトしないじゃん・・・と鋭く気付いたツマが機転をきかせて、マジックテープでGパンのベルトループに直接装着できるようにしました。


pencil pocket back side



フフフ、すごいじゃん~、わたし~。と自画自賛。





晩ご飯のあと、いつもだったらクロスステッチをやりながらテレビを見たりおしゃべりするんだけれど、終わっちゃったし・・・でも何か手淋しいし・・・ってことで、以前買っておいた毛糸で編み編み・・・・。
まさか一晩で出来るとは思っていなかったけれど、あっという間に携帯ケース、完成。
カワユイんじゃない・・?


mobile case


これはハハに持ってきてもらった、ニットマルシェに掲載されていたもの。
他にもかわいいのが一杯あるからまた作ってみよう。



うふふーん、やれば結構出来るもんだ、ということがわかってヨカッタ。
「脳ある鷹はツメを隠す」とかいって、のんびりまったりしてるけれど、無職になってから1年以上経つし、仕事を探しでカバリングレターに大層なことを書いているくせに、「わたし・・・もたもたしちゃって本当の能無しになってたらどうしよう・・」とびくびくしてたの。

って別に手芸ががんばれても意味ないんだけれどー。
一応イニシアティブっていうの?ある時間内にパパッと要領よく色々出来た、ってことで。
やっぱり自己満足なんだけれど。


でもちょっといい気分になってるからそっとしておいてね(笑)。



2007/09/24

秋の楽しみ。

ニッポンのチチ、23日で60歳になりました。
今もがんばって働いて、この間はハハとイモウトちゃんをイギリスに送り込んでくれてどうもアリガトウ。

オットが一生懸命ブツブツと「オタンジョビ、オメデトウゴザイマース」と練習していたんだけれど、チチは阪神戦を見に行っていて不在でした。
負けちゃったらしいけれど、節目の年を家族と迎えられて良かったねえ。
オメデトウ。


そして今日は亡くなった愛媛のおばあちゃんのお誕生日。
まだ元気だったら92歳・・?


秋の日から続けて誕生日が続くので、絶対に忘れない二人のお誕生日。
そして、この日を境に「あぁ、秋だ・・・」と気持ちよくこの季節を受け入れられます(笑)。
これより前だと物寂しい(これから暗くて長い冬に向かっていくんだ・・・とか)気持ちでウールのカーディガンとかをゴソゴソ出すんだけれど、チチの誕生日からは「秋の装いを楽しもうっと」とウキウキするんです。


週末はオットとパパママさんのところに行って、お散歩したりきのこを探したりおしゃべりしたりしてきました。
パンを焼いて持って行ったのをパパさんの菜園で取れた、コジェット、たまねぎ、トマトなどの美味しいラタトュイユでいただきました。
うふー、わたしのパン、大好評だった(嬉)。
犬たちとも一杯遊んだし、きのこは今年はまだどこにもなっていなかったけれど、久しぶりのカントリーサイドをのんびり歩いてリフレッシュ。

オットはこういうど田舎で育ったため、時々街での暮らし(といってもずいぶんのんびりしたいいところなんだけれど)や仕事の疲れがたまると無性にカントリーサイドに行きたくなるようです。
ま、気持ちは分かるような気がするけれど。


日曜日は二人でゆったりと過ごしました。
こういうのっていいなぁ。
多分気分の浮き沈みをふたりで分かち合ったあとだから、余計にのんびりできて良かったのかも。


そうそう、ふるさとのハハとイモウトちゃんが帰る前日にスーパーで買ってくれたバラの花が、もう2週間も経つのに開ききらずにがんばって咲いてくれていたので、そしてこんもりとかわいらしかったので、思い切ってドライフラワーにしようと吊るしてみました。


20070924144302.jpg



そしてやはり10日ほど前にオットが買って来てくれた花もまだきれいに咲いています。
キク科の花だと思うんだけれど、長持ちするなぁ。
葉っぱはしおれて黒くなってきたので、切り落としちゃったけれど花はモコモコしててかわいい。


20070924144249.jpg

20070924144238.jpg



窓の外の共同ガーデンにも、秋の野草がかわいい花を咲かせていて、枯葉の黄色やオレンジといい感じにブレンドされていますよ。

あぁ、あとは焼き芋があれば言うことなしだわぁ。

やっぱり食い意地・・・。




2007/09/22

アリガトウがいっぱいです。

みなさん、色々励ましてくれてどうもありがとうございます。
個人的なことだけれど、このブログはわたし自身の日記でもあるので、ポジティブになったところでこの気持ちを忘れないように、と書いておくことにしたのに、たくさんコメントをいただいてすごくウレシカッタです。



さて、石けん作りや趣味の手芸ですが、自分が自由に使える時間内で楽しむことにしました。
って昨日も書いたんだけれども、自分に対して気持ち新たに。もう一度。


20070921152901.jpg


石けん作りはまだまだ勉強中。
オイルの性質とかもやっと文献が手元に来たくらいで、よちよちのヒヨッコです。
調べてみたらイギリスでも手作り石けんは結構盛んなようで、たくさんサイトもあったし本も出ているようで、わたしのささやかなリサーチ欲が刺激されました(笑)。
のんびり実験的に最近は自分でレシピを組んでいますが、失敗もちらほらと。
こうやって試行錯誤しながら、4週間の熟成期間を経て出来上がった石けんを泡立ててみる瞬間ってやっぱり好きです。


手芸や編み物はもっとのんびりペースで時々浮気しながら作っています。
秋だからかな?
見るものや触れるものに触発されて、デザインを考えるのも楽しくなってきました。珍しく。
そしてスローなんだけど。



こういう趣味を持てること自体贅沢なのかも・・と昨日の日記を書いていて思いました。
だからもっと余裕を持てるように、お仕事も見つけなくっちゃなと思います。


ブログを通して貴重なお友達とたくさん知り合えました。
そしてたくさん刺激ももらえるし、良いインスピレーションにもなっています。
すごいなぁ、ブログ。
わたしも何らかの形で、お返しできたらいいなと思います。
って、結局はわたしのブラブラ日記なんだけれども。

これからもつたない手作り、載せていくつもりですが、興味を持ってくださったり、使ってみたいなと思っていただけるようでしたらとってもウレシイです。
ご意見や感想、突っ込みなど聞かせていただけたら、本当にうれしいです。踊っちゃうかも(笑)。
そしてわたしとお付き合いをしてくださっているみなさんや、これからお友達になれそう~と思ってくださっている皆さんで、わたしの趣味を使ってみたいなという方は、メールフォームを設置してみたので、ご連絡ください。

どうもありがとう。と先立ってお礼しちゃいます。
これからもどうぞよろしくです。


さ、今日はオットはお仕事でロンドンです。
すごいエキセントリックな社長とクライアントの家具の具合をチェックしに行きました。

この社長さん、限りなくいい人だけれど外見からは想像がつかないような荒っぽい運転をするので(実際、過去にやはりロンドンへ家具の配達の帰り、高速で車線変更するのに車に横あたりしたことがある)ちょっと心配。
無事帰ってきますようにー。っていうか、もう運転はキミがやってくれ・・・。



あ、日本の皆さんは3連休ですね。
秋の日はうちのチチの誕生日です。良いお天気で楽しい日が送れますように、チチ。
それでは皆さん、良い週末を。

2007/09/21

あきらめも成長の一部なのです。

さすがに真剣に職探しをしてました。
木曜日はローカル新聞に求職欄がドーンと載るので、午後になるとうちの裏にあるお店で買ってきます。

そして珍しく朝から、先週の求職欄に載っていた仕事に応募するためにカバリングレターを書いたり(未完成)、テキトウに書いたカバリングレターとCVをプリントアウトして、街で求人の張り紙を出していたお店に持っていったり。



書くのをどうしようかなぁと思っていたのですが、先週、わたしの石けん作りや手作りの趣味のことでオットと衝突してしまった・・・。
って言うほどのことではないけれど、オットからやんわりとお金の問題を持ち出されグサッときた、と言うところでしょうか。


大学を卒業してから、本当はオランダの大学でマスターをとりたかったのです。
が、遠距離恋愛も始まっちゃったし、これ以上親に迷惑もかけられないし、現実的にムリだったんだけれども、一応オランダに行って面接だけは受けてみました。
結果、かなりの狭き門なのに合格。
2年間は結果を保留してくれる、とのことだったけれど、オットとの結婚を選び、あきらめることにしました。

何かあるごとに「あの時オランダに行くためにがんばって仕事をして、目標をあきらめなかったらどうなってたのかなー」と思うこともあるんだけれど、自分で選んだ結果だししょうがないか、と現実を受け止めようとしていたんです。

そして始まった同居居候生活で、神経をすり減らしちゃってものすごく無気力になったりもしたところ、手作りで何かを作り出すことに面白みを見つけられたんです。
って、そんな大層なものは作ってないんだけれど。
石けん作りも思いのほかはまって、いつかこれで何かできないものか・・なんて淡い夢を持っちゃったり。


そこを思いっきり釘を刺された感じで、しゅんとしちゃったんだけれども、まぁ今は貯金こそがんばるべきであって、採算が取れない趣味にお金をかけている場合じゃないんだよね。
他に贅沢をしたり無駄遣いもしているつもりはないし、節約できるところはやっているつもりだったけれど、働いていないことに変わりないし、そのことに関しては、ものすごくコンプレックスも罪悪感も感じているから、余計に押し切れない部分もあるし。

そして、作ったものを売ったりできると言うのはウレシイ反面、責任もあるわけだし、実際的にイギリスのそのあたりの法律のほうとかも調べないといけないわけで、そういった手間隙をかけた後に採算が取れるようになるにはものすごく売らなくちゃいけないし。
マーケティングを勉強したので、その辺は自分で色々やるにしても時間的にうちにそんな余裕ないんだった、とようやく自分でも納得できるようになりました。

オットも言い出すのに結構勇気がいっただろうしなぁ。
ま、趣味は趣味として続けていくけれど、ちゃんと地に足をつけて生きていくことが先決か。

とかいって、昨日手持ちのオイルで石けん仕込んじゃったけど。
まぁ、マイペースでそれなりに楽しめるように手作り、していこうと思います。
と、決めたらそれなりに気が楽になったわ。


それにしてもこの時期になっても、求職欄のほとんどは「先生・求む!」ですよ。
学校始まったばかりじゃん。
教えられるものは何もないしなー。残念。


とりあえずやりかけのカバリングレターを終わらせようっと。

仕上げはオットがやります。





ちょっと暗くなっちゃったのを読んでくださってどうもありがとう。
でも大分立ち直って書いたのでダイジョブなんです。
こうやってフウフとして成長していかなくっちゃね~、なんてポジティブに考えていこうと思います。



2007/09/19

火曜日は主婦の日。

このフラットに引っ越してきたばかりの1ヶ月ちょっとは、狂ったように毎日掃除してましたが、最近は落ち着きを取り戻し自分のペースで家事ができるようになりました。

で、なんとなく火曜日に徹底的に掃除するように。
汚れが目立つときは金曜日にも掃除機をかけたりするけれど、週末にでかいオットがあたりかまわずホコリを撒き散らしたりするし、へそフェルトとかその辺に捨てるし。
月曜日は週末の疲れが残っていたり、余韻をぼへーっと楽しんだりして、火曜日に全部。ガーッと。

自分でなんとなく決めたしきたりだから、手を抜いちゃうときは抜いちゃうし、徹底的にやりたいときは「どうしたの?」って言うくらいやっちゃうので結構楽しいんです。


昨日も午前中はシャワーを浴びたあと、約全裸状態のまま、お風呂の掃除。
うちは世の中の便利なお掃除洗剤を使わないことにしているので、以前たっぷりと重曹とお酢を振りかけて、洋服を着て掃除をしたら見事に服に白いコナコナ、そしてお酢臭がついてしまったので、大体すっぱでやります。

だから火曜日の午前中にはうちに来ないでね。ってダレも来ないんだけれど。

それにねー、重曹で掃除すると力が要るの。
だから下手に洋服着てても暑いし汗かくしー。


その後一応着替えてお化粧して、ホコリを拭いてから重たいダイソンを振り回し、徹底的にお掃除。
うちは二階にあるフラットなので、階段も丁寧に、そして1階の共同玄関エリアもご丁寧にカーペットなのでついでに。

掃除が終わる頃にはいつも「はーいい運動した!」というサワヤカな気分になります。



で、おなかが空いてきたのに何もなくて、主婦の日だしじゃぁってな感じでパンまで焼いてみた。
今回もリーン生地で「おしりパン」。うまくいきましたよ。


oshiri pan


焼き立てをモフモフ食べて、手紙を出しに郵便局へ・・と行く前に鏡を見たら唇が真っ白でした。

あぁ、びっくり。危ない危ない。
ちょっと面白かったのでひとりで鏡を見ながら「ズーランダー」のポーズをして笑いころげてから、ぬぐって街に。
いいのいいの、主婦の日だからうちの中でなにしても。


で、晩御飯も主婦の日らしく豪華に。
うちは大体週末にまとめて買い物をするので、火曜日くらいまでは大体いいものが食べれます。
それ以降は、冷凍保存していたものとか、残り物のありあわせで。

この日は土曜日買っておいた「レインボートラウト(虹鱒)」。
わたしは川魚はあんまり好きじゃないんだけれど、以前塩コショウした虹鱒に小麦粉をまぶして、バターでサッと焼いたのがオットに好評だったし、このやり方だと川魚の臭みが取れるため。
尾頭付きなのでいつもお皿からはみ出ちゃうんですが、この日は珍しく高いところまでホコリを払ったツマが、イギリスでの親友サイから結婚式のお祝いにもらっていたお皿を発見。
結婚2年と5ヶ月にしてようやく使わせていただきました。


美味しかったわ。お魚。器がいいとお料理もよく見えちゃうわ。
rainbow trout 18-09-07

オットはフライングで箸つけちゃったけど。
20070919120820.jpg



と言うわけで、火曜日は仕事から帰ってきたオットに「今日はなにをしたの?楽しい1日だった?」と聞かれても、たくさん答えられる唯一の日。

水曜日からはー、なにしようかね。
↑ 就職活動でしょ!と誰かわたしの横で見張っていて欲しい・・・。


2007/09/19

そりゃびっくりだ。


急に冷え込んできましたね。いよいよか・・・・。



昨夜、冷たいベッドの中で震えながらフウフでカモミール・ティーを飲みつつ会話していたときのこと。
何かの拍子に思わず日本語で「あー、びっくりした」と言ったら、久しぶりにオットが食いついてきた。

ナニソレ、ドウイウ意味ー?とうるさいので、教えてあげたら気に入ったらしく(例のごとく響きが)連呼。
興に乗ったらしく、以前覚えた日本語も織り交ぜながらほんっとーに久しぶりの日本語復習。


「ワタシハ~家具でざいなーデス」
「ビックリシタ?」
「kaoハ、ボクノオヒメサマー」←ごめんなさいごめんなさい・・。
「ビックリシタ?」

「・・・・ワタシハkaoノ・・・・オクサン・・?」←違う。

違うでしょ、と言ったら
「ワタシハ、kaoノ オクサン、デハアリマセンー」←おぉ、文になってる。
「ビックリシタ?」←ちょっとした。


「ワタシガ・・・・ごーや・・デハアリマセン?」←?????

なにが言いたいのか聞いたら、「ゴーヤが嫌いです」と言いたかったらしい。
ツマ、布団の中で大爆笑。

ツボにはまりまくって笑いが止まらずヒーヒー笑っていたら、つられてオットも爆笑。
涙まで出ちゃった。

いつまでも笑いが止まらない中、オットがやはりヒーヒー笑いながら「ボクが笑っているのはキミがすんごい笑ってるからなんだよ。でもココロの中は傷だらけで流血しているんだよ(注:英語で)」と言われ、さらに笑いが止まらなくなった。
おかげさまで温まったけれど。


いやー、アレだけのボキャブラリーで果敢に文章を組み立てようという、その心意気に乾杯です。

なにはともあれ、オットのお気に入り日本語フレーズ第二弾は「ビックリシタ」になりました。
過去形なんだけれどもいいのかしら。

ちなみに一番のお気に入りは「オネガイシマスー」です。

2007/09/18

スポーツ、読書の秋です。

ちょっと!阪神が首位ですってよ?!
先ほどふるさとのハハと電話で話したら、阪神☆命!なチチがご機嫌でした。
いやー、野球観戦なんてこの前したのはいったいいつだったか・・。
もうルールでさえあやふやな今日この頃。六甲おろしは歌えるけど、部分的に。

阪神、がんばってほしいわぁー。


そしてチチは明日は久しぶりに大相撲を見に行くそうな。
いいな、箱席でおビールにお酒、飲み放題の食べ放題。

で、ハハに「朝青龍(あさせいりゅう)、大変だねー」とちょっとヤフー・ニュースで読んだから知ったかぶって聞いてみたら「それは・・・あさしょうりゅうって読むのよ・・・」と遠慮がちにいわれた。

アラヤダ、あたしったらv
ずぅっと「あさせいりゅう」だと思ってたよ。
恥ずかしいわ。
英語も日本語もカタコト。

明らかに脳みそが退化気味・・・?
おしゃべりするのも一苦労で結構使ってるはずなんだけれども。
やっぱり読み書きもがんばらないとダメですね。


ハハに持ってきてもらった本は全部読んじゃったし、あと手付かずで残っている本は・・・以前、活字が読みたくて活字中毒のチチに頼んだら送られてきた、時代物3冊・・か。

うちのイモウトちゃんは小学生の頃から「池波正太郎」を手に取るような文学少女(?)だったけれど、わたしはどっちかと言うと現代ものが好きな純文学少女でした。
ので、この渋いセレクトにうまく入っていけずに放っておいた。が、もうそんなことは言っていられません。

ちょっとめくってみたら結構ルビも振られているし、秋だし、読んでみようと思います。

とりあえず、藤沢周平さんの「時雨のあと」から入ります(しぶ・・・)。
ふふーん、「しぐれ」は読めたもんね。


2007/09/14

汚名挽回。

えー、アレからさっさと街に出て、早速新しいドライイーストを買ってきました。


dried active yeast



有名どころを選んでおきました。スーパーオリジナルより、コレ一筋何十年っていうブランドのほうがいいかと思って。
ついでに初心者らしく、シンプルな白強力粉も。
最初に使ったオーガニックのは、大き目の穀類がつぶつぶ残ったブラウンブレッド用だったので。
賞味期限うんぬんよりもやっぱり粉の感じが初心者向けじゃなかったのかもしれないし。

手作りをどうせするなら、オーガニックのいいものを使ったほうがいい、と思ってはじめたのに、二日目にして挫折。いいのいいの。



で、はじめるに当たって今回も失敗する可能性があったため、夕食プランAとBをあらかじめ考えました。

プランA → パン成功。副菜としてひとなべでドーンといけるラタトュイユ。
プランB → パン失敗。急いで米をたいてチャーハン作って冷凍庫に残っている餃子・春巻きをオーブンで温める。

集中していたら結構てきぱきできるけれど、集中力がもともと散漫、そして要領悪いタイプなのでこのくらいは予定を立てておかないと、晩御飯自体の危機ですよ。

プランAとBに共通するものがなさ過ぎて、あらかじめ準備することができない、という落とし穴にこの時点で気づかないあたりがドンくさいんですが。
今気付いたから許して。



で、結果からいうと~、パン、成功です。

一時発酵、今回は捏ねている間にあらかじめ低温で暖めておいたオーブンに入れてみたので、50分くらい放っておいたらムクムク膨らんでました。
で、切り分けて丸めているときにさらに少しオーブンを暖めなおして、濡れ布巾をかけて二次発酵。
いい感じにちょっと膨らんでいるところに強力粉をかけて、クープ(切れ目)を入れてバターをちょこっとはさんで、190度に予熱したオーブンで10分。


ホラ見て、膨らんでる!膨らんでるよ!みかさん!!
bread in oven



で、焼きあがってホクホクしたのを眺めたり、オットと喜びの舞を踊ったり、一個とりあえず食べてみたり、記念撮影したりしてから、やっとのことでラタトュイユに取り掛かったので、出来上がる頃には冷たーくなってました(笑)。
この辺が要領悪いんだわ、わたし。

でもとっても美味しかったの。ラタトュイユ待ちの時にテーブルにセットして写真も撮ってみた。


20070914112639.jpg



それにしても、こっちの巨大なパンを見慣れてしまったためか、日本のパンって小さいのねー。
こぢんまり。
オットも「次はもうちょっと大きく作って」と言う始末。

しかし!ちょっと待て!!この大きさに慣れれば、イギリス化したわたしの胃も日本のココロを思い出し、腹八分目とかに満足してくれるようになるかも・・?と、小さな希望を見つけるわたし。←どうだか・・。

次はリッチパン(ちょっと甘い)に挑戦。
目指せ!メロンパン職人!




2007/09/13

賞味期限の意味。

便利な時代になったものです。

ハハとイモウトちゃんの渡英が決定してから、コレ幸いとアマゾンでウィッシュリストに入れていた本を買って、持ってきてもらうことにしました。
わたしのウィッシュリストには常に20から30冊くらい本が入っているんだけれど(活字バカ)、さすがに全部は買えなくても、送料がかからないんだからちょっとくらい買ってもいいよね。
いいよね?と、金庫番に聞くと渋い顔。
金庫番ってば本を読まないから、本にウキウキするわたしの気持ちなんて分からないのです。
おまけに車の保険の支払いにオモテナシ・・と出費を予測してドンドン暗くなっていくし。

ということで、厳選に厳選を重ねて選ばれた本たち。
昔は本なんて買ったら、無我夢中で没頭して1日で読んじゃっていたけれど、限りあるものなので毎日パラパラと勿体つけて読んでいます。


その中の一冊、わたし的に初の分野だった「みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓」。


パン作りなんてしたことがなかったのですが、自分のオーブンもあるしやってみるか、と。


で、昨日作ってみました。基本のリーン生地のパン。
優しく写真つきで手取り足取りの説明つき。
レビューを読んでもみんな大絶賛で失敗知らず。
ヨシ。がんばります。

うちのものすごいご近所にオーガニックのお店があるので、そこで賞味期限がちょっと切れているオーガニックモルトブレンドの強力粉をお安く入手。
バターもあるし、イーストは確かオットが前にフォカッチャを作ってくれたからうちにあるし、いざ!!


・・・・・・・・・・・・


あれ?発酵・・・遅い?っていうか膨らまないね・・。
オットが帰宅して、暖かいところにおいたほうがいいよ、と言うのでオーブンを少し暖めて放り込んでみる。

・・・・・・・・・・・・

あれ??あんまり膨らまない・・?
でも強引に切り分けてかたちを作って2時発酵。


?????
全然膨らみませんがー。おーーーい!

と、ココでさすがにおかしいと思ったオット、色々原因を究明。
の結果、ハイ。



ズバリ、ドライイーストが古かった・・・v
賞味期限が1年以上前に切れてました。

うちは、わたしもオットも賞味期限なんてあってないもの、ちまちましてたら免疫力だってつかないよ!と言う環境で育ったもので(特にオット側)生ものや乳製品(チーズをのぞく)以外は賞味期限はあんまり確認しないんです(照)。
そして常識的な判断を下すのは大体わたしなので、いつもは平気だけれども、今回は初めての試みでイースト菌が生きてるなんて知らなかったの。本には書いてあったけれど。


せっかくかつサンドにするんだ!と張り切ってポークフィレも買って、パン粉も自分で作ってスタンバイしていたのに・・・出来上がりのパンも貧相でねぇƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

とんかつ揚げる頃には脱力してしまって、油でどんどんえらいことになっていくキッチンでやってられなかったよ。


出来上がり。あぁ貧相。
tonkatsu pan




オットはわたしの果敢な挑戦がうれしかったらしく(やっぱりパンが主食の国の子)「味はばっちりだよ!イースト菌のせいなだけだよ!」と一生懸命フォローしながら、小さいのに重みばっちりのパンを3つも食べてくれました。
去年、京橋の串カツを食べてから、とんかつ大好きだから食が進むのね・・。


張り切っていた夕方にデザートのアップルパイまで用意していたんだけれど、パンのショックが大きすぎてやってられなかったわー。
ムリにひとつは食べたけど。

なんてカロリーの高い夕食なんだ・・・。



apple pie
朝ごはんにもいただきました。朝から高カロリー摂取で一日がんばろうってか。




ふっ。みかさん、失敗です。
ドライイーストのせいだけど。というか、自分のせいだけど。

負けず嫌いなのでこれから新しいイースト菌、買ってきます。


1ヶ月期限切れしている強力粉はいいのかな~。



2007/09/12

オモテナシのココロなのです。

はるばるニッポンからやってきてくれるハハとイモウトちゃんのために、石けんを仕込んでおきました。

ちょうどその頃石けん作りがもー楽しくて!って時だったし。
大人ニキビをやっつけろ!」のマロンさんのプレゼント企画に当選して、ステキな石けんをたくさんいただいて、インスピレーションがぅんがーーーーと湧き出て(?)いたし、せっかくいただいたオプションで何か作るのだ!とはじめたわけ。


と言うことで、一挙に3つ出来上がり石けんをご紹介します。

* 注:長いです・・・。




続きを読む
2007/09/11

お土産、大活躍。

日本からはるばるやってきた、大量のお土産。
天下の100均で石けんに使えるんじゃないかとハハが色々買ってきてくれました。

その中に入っていたコレ ↓。な~んだ?


20070911142903.jpg











答えはカワユイおにぎりを作る型でした。
かたちと言い大きさと言い石けん型にぴったりね~、と感激したのもつかの間、カアサン・・・これは後ろからおにぎりをぎゅっと押し出すものだから穴が開いてるよ~。お~い~(笑)。



話変わって、昨夜のご飯はポークと野菜の炒め物。
これにもお土産のひとつ、「ウェイパアー」を使ってみました。


20070911142740.jpg

20070911142840.jpg
横浜あたりから広まったとか・・・?シュールなおじさんの笑顔がたまらないウェイパアー。
ピンボケで申し訳ない。




アラアラ、いつもの炒め物があっという間に中華味。
すごいねぇ。
いいコクが出るねぇ。

わたしは相当感動したんだけれど、うちのオットはポークと言えば「しょうが焼き」なので、ウェイパアーに気をとられてしょうがを入れ忘れたため、感動も薄め。っていうか興味なし。
そんな・・・。

これにお味噌汁(たまねぎとラナビーンズ。なんて組み合わせだ・・)と炊きたてご飯に、やっぱりお土産の「梅わかめふりかけ」をかけて。

おいしゅうございました。
うっかりしていたけれど、オットは梅が嫌いでした。
でもせっかくのお土産で浮かれて食べているツマが怖かったらしく、がんばって食べてました。



で、お弁当はいつも晩御飯の残り物をチャッチャと入れてしまうだけなので、先ほどのカワユイおにぎり型も使ってみました。


20070911142852.jpg
ザ・放り投げ弁当。



あんまり見えないけれどハート2つと桜型です。
思えばあんまり好物が入っていない上にオトメチックになっちゃって、かわいそうだったかも・・・?

こんな乱暴なお弁当でも仕事場では、優秀な良妻で通っていてみんなにうらやましがられたりするらしいです。
お~ほほほ~~~!



・・・あぁ、絶対に日本に帰れない・・・・。





2007/09/11

楽しかった1週間。

1週間ってこんなに早いものなのね。
ふるさとのハハとイモウトちゃん、昨日の朝の便でマンチェスターから日本に帰っていってしまいました。

あっという間・・・‚ ‚ñ‚®‚è


あの日(先週の火曜日)8時からがんばって配達会社に電話をするも、つながらず、結局つながったのは11時半。
この日はオットも仕事だったので、女3人で電車に乗ってチェスターまで行こうと思っていたのに、スタッフの人の話によると午後4時くらいに届ける、とのこと。
結局チェスターはあきらめ、地元をふつか続けてぶらぶら散歩。
しかも4時じゃなくて7時近くに届いた・・・。



やっと届いたふたつのトランクにはお土産がぎっしり。


prezzies from mum & sis

books



二日間わたしの下着や洋服、化粧品を使ってもらっていたけれど、荷物がやってきてもそんなに洋服、入ってない・・・ね。
ハハにいたっては、あんなに寒いよ、と釘をさしておいたにもかかわらず、タンクトップやかわいいけれどぴらぴらのブラウスなど薄物ばかり。
結局化粧品も帰るまで見つからなかったらしくわたしのを使っていたし、洋服ももちろんわたしのを着ていたし。
次からは何も持ってこなくていいですよ。


それにしても未だに親子3人、ビミョウな差はあるものの同じサイズのものを着れるなんて悪くないんじゃないの?

去年の夏に里帰りしたときに、家族全員に「太った・・・?」と言われ、実際そうだからしょうがないのに、わたしにくびったけ(?)なオットが切れてイモウトちゃんに「ビッチ!!」とかいっていたもので、またそんなことにならないようにあらかじめ電話で体重を自己申告、というケナゲなことまでしておいたけれど、まだダイジョブじゃ~ん♪

オットの痩せっぷりには驚いていたみたいだけれど、ちゃんと毎日食べさしてますよ。
すごい勢いで食べてるのに太らないのよ、最近。



でもちゃんと自分たちのおうちでわたしたちなりにおもてなしができてうれしかった。
ご飯も作れたし、朝もお茶をベッドに持っていったりしたし、散歩してお気に入りのカフェにも連れて行けたし、オットの手料理も食べれたね。
わたしの石けんたちも使ってもらえたし、生活している場所を一緒に歩けたの、すごく楽しかった。


えーと、なにをしたか忘れないようにオボエガキしておきます。


続きを読む
2007/09/04

ふるさとのハハ&イモウトちゃん到着~。


日曜日、いろいろあったけれど無事にハハとイモウトちゃんがイギリスに到着しました。


朝から最後の掃除・そうじ・ソウジ!!!
そしてパパママさんのうちに行って、洗車をしてお迎えが抜かりないようばっちり準備。
空港に向かう最中に洗車したばっかりなのに大雨に降られたり、渋滞にどっぷりはまったりして苦笑いしながらも何とか到着。

フライトがちょっと遅れたようで、わたしたちがアライバルについたときちょうど着陸した後のようでした。
コーヒーなんて飲みながらウキウキしながら待つことしばし・・・・。


出てこない・・・・。
中国人の団体は巨大な荷物を担いで次々と出てくるのに、出てこない・・・・。
次のフライトの人たちまでぞろぞろ出てきたのに、まだまだ出てこない・・・。

どんどん心配になってきて、暗くなるわたしとムリに気分を盛り上げようとするオット。


あぁ、イミグレーションで英語が通じなくて捕まったんじゃ・・?
それともうっかりぼんやりしていて、フライと自体を逃したとか?
あぁ!スーツケースがなくなって、英語の壁に苦しんで申請ができないとか?!

と色々考えていると、小柄なかわいらしい日本人の女の子がほぼ手ぶら状態でゲートから出てきた。



!!!!!


無くされてる??!!


思わず駆け寄り、中にまだ日本人の親子がいなかったか聞いてみると、日本から来た人たちの荷物がトランジットに間に合わずすべてロストとなったこと、そして中には若い男の人と女の子がいたと。


!!!!!

おばさんは?おばさんはいなかったの?!
と必死で聞くも、見かけなかったって・・・。

オットが必死に「まぁまぁ、あの子もすんごい小さいし、キミのオカアサンもすっごくちいさいから見えなかったんだよ~」と慰めてくれた。

うぅ、そうかもしれないけれど、どこにいるのさー(泣)。
もう、心配すぎて気持ち悪くなった頃に、つかれきったハハとイモウトちゃんが出てきましたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


あぁ良かった。
荷物は残念だけれど、うちまで届けてくれるって言うしとりあえず1年ぶりの再会を果たせました。

それにしても、出発前に電話をしたときに大量のお土産をパッキングしながら、ひたすらもし荷物がなくなったらどうしよう・・と心配していたハハなので、本当にショックだっただろうしドキドキしたことでしょう。
かわいそうに~!

へとへとになって大雨の高速をかっ飛ばして帰ってきました。




で!2日たった今も未だにスーツケースが着いてないよ!!

お土産~!
わたしのお土産~!!
ニッポンの本とか食品とか色々~!!!
そしてごく少量だけれど、二人の着替えも!!

たった7日間しか滞在しないのに(正味5日だし)かわいそうじゃんかー。
今日届くはずだけれども、いったいいつ・・?

これまで結構冷静だったんだけれども、久しぶりに般若のように問い詰めなければ・・・。
がんばります。


あ、でも二人とも元気そうで楽しんでますよ。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。