blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/31

つるつるならそれでよし。

昨日、すったもんだの末にやってきたパームオイルを使って石けんをつくろうじゃないの!と夕方から始めたのですが、オリーブオイル25%程度しか使わなかったのに、トレースが出ない~。
ココ数回、ずっとニッポンからやってきたミリスチン酸を使っていたためか、トレースが最初の20分のグルグルであっさり出ていたので、驚き+焦った。
ひえ~と思いながらぐるぐるしていたらオットが帰ってきてしまった・・。
おまけに冬時間になってから間もないため、時計では6時過ぎでも外は暗いし、ホンの二日前まではこの時間で7時。
ゆえにおなかを減らしたオットがちらりちらりとキッチンに入ってきては、「今日の晩ご飯はなーに?」とか聞くもんで・・・。

掟破りにも狭いキッチンで、石けんぐるぐる道具を広げつつ、晩ご飯のしたくも開始。
劇薬系使ってるというのに、いいのだろうか・・・。


オプションに使うはずだったフラックス・オイルと米ぬか、そしてコラーゲンパウダーをすでにスタンバイで出して練っておいたのを、さすがに放置しすぎたか、酸化しやすいオイルだし・・・と石けんにはいれずに洗面所に持っていってフェイスパックにしてみました。

ら、これが~奥さん~!
つるっつるのぴかぴかになりましてよ。
お肌がワントーン明るくなりました。

おぉ、さすが・・米ぬか?コラーゲンでプリプリ・・・?それともフラックス・オイル?
なんだか分からないけれど良かったので、余った残りを今朝、シャワーに入ったときにひじ・二の腕・膝・太もも・おしりをご~りごりマッサージ。
これまたつるつるしっとり。

贅沢だから滅多にやらないとは思うけれど、くすんできたらいいかもしれないわ~。
失敗は成功の元ですよ。


あ、ちなみに石けんは5時間経ってようやくトレースが出ました。
・・・マーブル・・・失敗—Ž‚¿ž‚Ý
解禁したらまた詳しく載せますー。




石けんといえば、先日またまた解禁した敏感肌にも優しい・・・といいな石けん。


#13.カレンデュラ*セージ(656gバッチ ←なんて半端な・・・
20071030165035.jpg

作成日:29/sep/07  解禁日:27/oct/07

材料:
カレンデュラ・インフューズド・EVオリーブオイル、
ココナッツオイル、アーモンドオイル、アボカドオイル、
ココアバター、ミリスチン酸、カレンデュラ&セージ浸出液(35%)、
苛性ソーダ(10%ディスカウント)

オプション:
カレンデュラ・ペタル、セージ

精油:
なし



この石けんは、いつもすばらしい石けんの数々を作り出すマロンちゃんのまねっこして、カレンデュラにセージを入れてみました。
アトピーのイモウトちゃんや敏感肌のベイベにも使えるように・・と思って作ってみたのですが、ご覧のように、ものすんごいブサイクちゃんです。
カレンデュラはともかく、セージを入れた瞬間にどす黒く・・・。
そして型はニッポンのハハが持ってきてくれたカステラのパッケージ。
型だしするのが大変だったらいや~ん、と思ってクッキングペーパーを中に敷いてみたんだけれど、それがあだとなった。
注ぐときにまず、プラスチックの型とクッキングペーパーの間にわざわざ注いでしまったため、大事な貴重な石けんの一部がまったく持って無駄になり、プリプリ怒りながら入れなおしたはいいけれど、もちろんシワシワのよれよれになってしまいましたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
なにやってんだろー、わたし・・・。がっかり。

なので型出ししたら見事にシワシワが残ってよれよれ。
見せても誰も答えてくれる人が回りにいないから分からないけれど、もしかしたら、じぇ、ジェル化?したかも。
すごい色の汗がドロドロ~とふき出してた。
一応ふき取って、乾燥させるために風通しのいいところにおいといたら今度はソーダ灰がつき、といいことなし。

そしてあえて精油を入れなかったんだけれど、セージの香りが・・・『ハーブ』というより『香辛料!!』って感じで、体や顔を洗っているときに「肉が食べたい肉が食べたい肉が食べたい~」と無意識に思っている自分がいます。ケモノか?

あ、でも!あわ立ちはまろやかで大きく、優しくすっきり洗ってくれます。
ちょっと溶けやすいのがたまに傷だけれど、お肌に優しい、というテーマは一応守れたかと。
オットはこういう香草っぽいのが好きみたいで、気に入ってくれてるけれど。


・・・はっ!!!

ってことは、石けんをまたじかに脇とかおへそとかに擦り付けて洗われてる?!


のーーーーーー!




スポンサーサイト
2007/10/29

今年の冬はちょっと違う、かも。

えー、昨日の日曜日からオフィシャルに~『冬』になりました。
なのでニッポンとの時差は9時間。


冬になる前日、オットの親友カップルが遊びに来ました。
好き嫌いの多い偏食ギャヴと、昔拒食症で、コーンフレークに水をかけて食べていたことがあるキャス。
今はセミスキムドミルクで食べるようになったけれど、もちろんちょっとでも甘そう/アブラっぽいものには手を出しませんよ。

そんな二人をもてなすために、メニューは「なべ」。
今年もやって来ました、なべの美味しい季節が~、と倒置法で節をつけていってみながら、なべの材料を書き出し、フウフで買出し。

そんな偏食さんたちに美味しい魚なんてもったいないのに、オットが魚カウンターの人の良いお兄さんの言葉に乗せられて、一尾£4.50(約¥1100)もするオーストラリアの「バラムンディ」という魚をお買い上げ。
・・・いや、いいんだけど~高いなー。

うちに帰ってきてから、オットが張り切ってジェイミー・オリバーのレシピでバターナット・スクウォッシュ(ひょうたん型のかぼちゃ)でマフィンを作り出す。
ジェイミーのレシピだと、マフィン12個分で砂糖240g、という恐ろしい砂糖の分量で、ビックリしたオットが「kao~、いつもマフィンにこんなに砂糖入れる?」と軽量ジャーに半分入った砂糖を見せに来た。
こ、こんなに入れたらみんな糖尿病になっちゃうよ・・・ということで半量で。それでもわたしが作るマフィンの砂糖の分量より多かったけど。
出来上がったマフィンはとても美味しくできていたけれど、この上にさらにアイシングをかけるとかで、粉砂糖を死ぬほど使って作ってました。
と、これがまったくかたまってくれず、ドロドロで固めるためにさらにどんどん砂糖追加・・・というすごいシロモノ。
冷蔵庫に入れても固まらなかった。なぜでしょう?


おなべは、豚と牛のひき肉で作った肉団子とバラムンディ、白菜、大根、ニンジン、セロリ、しいたけ、モヤシ、オイスターマッシュルーム。
ギャヴとキャスが到着してからもたもたと材料を切っていたため、手順が悪く・・・ゆえに写真なし。
美味しかったです~。

案の定ギャヴは魚をよけて食べていたけれど、キャスはヘルシーなお料理が気に入ったようで結構食べてくれました。
ほっ・・・。

食後にオットのマフィンを緩々のアイシングに浸して食べました。
美味しいんだけどなぁ~、アイシングなしのほうがいいよなぁ・・。


20071029120606.jpg






そして日曜日。
冬時間になって1時間遅くなったのでのんびり寝て・・・としたいところだったけれど、ワタクシ、初仕事でした。
といっても12時からだから結構ゆっくりできたんだけど。


そうです、日々のCV配りの成果で、とあるお店のクリスマスシーズンの短期パート販売員になりました。
希望していた職からは不採用通知または音沙汰なし・・・という状況だったし、もーなんでもやります、やります。

のんびり主婦でやりたいことを見つけたりできたけど、それだけじゃ食べていけないものね。
でも幸か不幸か、パートなので週に10-20時間しか働かないので、これまでののんびりペースも多少は保ちつつ、社会復帰を目指しましょう。

ちなみに初日の昨日は12時から3時間。
それでも久しぶりの立ち仕事で足がパンパンです。ふっ、情けないねぇ。

やっと決まったお仕事だし、がんばります。

そして、金曜日に街を散歩していたら、かわいい雑貨屋さんのウィンドウにクリスマス・ツリー3本、思いっきりクリスマスしていて、「この店はハロウィーンもガイフォークスもすっ飛ばしてクリスマスでむこう2ヶ月このウィンドウでやっていくのか・・」と驚愕+気を失いそうになったのですが、わたしのユニフォーム・・・季節先取りでクリスマス真っ盛りでございます。

・・やっと決まったお仕事だし、がんばります。




2007/10/26

迷子で失敗パン。

石けんが作りたくても材料切れ~、という状況にとうとう我慢できず、先週ドドーンとパームオイル系をネットで購入しました。
以前もオイルを買ったことのある『ソープキッチンさん』、とっても対応が良くて信用しているのですが、一週間経っても音沙汰なし。

いやな予感がして昨日メールで問い合わせてみたら、即座に返事が来て「22日にパックして、23日に配達し○○○が受け取った」という返事。


・・・・・・来てませんがー•”L
って言うか、だれそれ?!


あわてて、返信して受け取り先の人に覚えもなく、どこの人かも知らず、何の書置きもなかったこと、そして商品に一刻も早く出会いたい(笑)ことを書き記す。
そのあと、町にダッシュで行って、銀行で残高チェックするとちゃんと料金は引かれてるし(当たり前だけど)、ムッカーとしながら帰宅後、もう一度メールをチェックしたら、また返事がすぐに来てました。

配送会社のサイトで調べたら、間違いなく3時過ぎに誰かに配達しているので、地元の会社に聞いてドライバーの身元確認、細かいことの確認をしてから折り返します、とのことでした。


アタシのなけなしのお小遣いで買った2キロのパームオイル~!
そしてやっとのことで見つけた乳化ワックスにキサンタンガム~!
どこーーーƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹!!!



最近、心乱れたらコレ。
ということで、乱れた心を静めるべくコネコネした結果。↓。



かぼちゃあんぱん。
20071026141619.jpg



ココロの乱れは相当だったらしく、失敗でぇす~。
かぼちゃ餡がゆるすぎた。
ゆえにパンにおさまらず、パンの口もちゃんと閉じてくれず、グッチャグチャ。
味は美味しかったんだけれどなー。残念。
オットには好評。今朝起きたらきれいさっぱり会社に持ってかれた。


最近加入したインターネットのDVDレンタルで最近送られてきていた『マリー・アントワネット』、オットはこういうの好きじゃないのに「映画でも観てリラックスしよう」と一緒にパンを食べながら見ました。

・・・あんまり期待はしていなかったけど、結構がっかりな映画でした。
もし観て「この映画はわたしはすごく好きなのに~!」と思われた方には悪いけど。
ソフィア・コッポラの試みは分かるけれど、歴史上ものすごくドラマチックに生きた人間をココまでつまらなく2時間もの映画にするなんて・・と世界史好き(一定の時代のみものすごくオタク並に調べて読みつくしているだけ)としては、ちょっと憤慨ものでした。
ちょっと古いけど、エリザベス・テーラーのあの酷かった「クレオパトラ」でさえ、もうちょっとキャラクターに感情移入できたぞー。
かわいくお人形さんのように生きた部分のみのマリー・アントワネットにどうしても感情移入できず、歴史的事実も今ひとつリアリティーに欠ける・・・というか。
何度も言うようですが、わたし個人の意見なのであしからず。
あ、衣装や色使いはかわいかったです。

ちなみにオットはコスチューム系は興味ないので、ハダカシーン以外はそれこそ鼻ほじったり筋肉を見せ付けたりって感じだった・・・。




で、一夜明けてボーゼンとシャワーを浴び、メールをチェックすると
「届けた日にあなたが不在だったため、ドライバーは「お店」に荷物を配達して、そのことを書いたメモをドアの下に入れておいたようです。「お店」の人が‘○○○さん’だったということが分かりました。
ご迷惑おかけしてすみません」
とありました。


ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

ココはキレてもいいところだよね?よね?


ちなみにうちの周りには何軒も「お店」があり、どこの店にわたしの小荷物を届けてしまったのか・・・。
そしてそんなメモは入ってなかったぞー。

とにかく、この周りのどこかにパームオイルが届いているのね~と、鍵を引っつかんで飛び出し、とりあえず一番「お店」っぽい(コーナーショップ系)に入って、名乗ってから荷物が届いていないか聞いてみた。
ら、ありました。
お店の人もすごく困惑していたし、多分むかついたことでしょう。
そうだよね、お預かりポストじゃあるまいし、いきなりなぜ知らない人の荷物を預からねばならんのだ。

PCも閉じずにそのまま飛び出していって帰ってきたので、ササッと荷物を開けて確認してから、受け取れたことをメール。
でも状況を説明+ちょこっと文句も言いました。


朝からパンをこねていたので、一時発酵の後、やっぱり動揺して形成がみっともなくなっちゃったじゃないのー。


久しぶりのミニ・おしりパン。
20071026141630.jpg



証拠隠滅のため、あまりにもブサイクちゃん3つはわたしの胃にササッと消えました。


ふー、でも届いてよかったー。
パンを食べながら何気なくメールをチェックしたら、またもやソープキッチンの人からメールがご丁寧に来てました。
すごく迅速なサービスで、この人が担当してくれていなかったら荷物は迷子になったきりだったかも・・・と思うとありがたかったです。


ビニール袋に豪快に入ったパームオイル、パームカーネルオイル、レッドパームオイル、など。↓


20071026141840.jpg



昨日届いていれば、これを使って石けんを作ったのになぁ(荷物が迷子になっているのを知らないでノンキにラードを使った石けんを仕込んでた)。

ささっ、気を取り直してなんか仕込みましょう~。




2007/10/25

オボエガキ、vol.2。

今日は曇り。気温もドーンと低くて寒いです。
イギリス生活もトータルしたら約7年、体感気温がなんとなくイギリス人化しつつあるのか、「10月なのに真冬のコートは早いよね」と秋もののコードュロイのジャケットに大き目のストールでがんばっていたけれど、先週くらいからそんな姿で外に一歩出て、ぶるぶるっと震えてすごすご出戻り着替える、ということを繰り返してます。
学べ、そろそろ。


さて、多少はスローペースにはなったものの、相変わらずちくちくしたり、ぐるぐるしたり、編み編みしてました。
ぐるぐるは気がついたらココ3週間後無沙汰だけど、以前作っておいたのが解禁したり、解禁待ちだったり。

ということで久しぶりの手づくりオボエガキ・vol.2。




まずは石けん。
以前の「しっとりローズヒップ*米ぬか」に引き続き、しっとりシリーズ。
今回もしっとり保湿とお肌に優しい使い心地+アンチエイジングを狙った、わたしにしては贅沢な配合の石けんにしてみました。


#12.しっとりフランキンセンス*カモマイル(500gバッチ)
20071025111521.jpg
作成日:19/sep/07  解禁日:17/oct/07

材料:
カモマイル・インフューズド・EVオリーブオイル、
ココナッツオイル、アーモンドオイル、キャスターオイル、
ココアバター、シアバター、ミリスチン酸、
カモマイルティー浸出液(35%)、苛性ソーダ(10%ディスカウント)

オプション:
フランキンセンス・レジン、ヘザーハニー、GSE
カモマイル・ティー

精油:
ローズウッド、ネロリライト



かれこれ3ヶ月近くも漬けっぱなしになっていたカモマイルのオイル、ものすごくいい香りになってました。
なのでこのオイルにふさわしいちょっと贅沢レシピに~と老化肌に活性化作用と収斂作用を与えてくれるというフランキンセンスと、美白に効果アリというヘザーハニーを入れてみました。

写真で見える気泡のようなオレンジの粒々は、フランキンセンスとヘザーハニー、そしてティーバッグに入っていたカモマイルティーです・・。
フランキンセンスレジンをずいぶん前にハーバリアム(西洋ハーブ薬局)で買ってきたもので、できるだけ砕いてからカモマイルティーと一緒に湯銭にかけたけれど、べとべとにはなるものの、溶けない~。
でもここはO型、そんなに待ってられないし、ある程度いけたところで投入~。

そして今回プリングルスの空き容器を型にしてみました。
油脂を塗らなかったからか、プリングルスの内側のフィルムが気泡のようになってしまってお肌がザラザラです。
そして型出ししてから、ごろごろ転がしてかたちが崩れないようにしていたのに・・・・まんまと一箇所つぶれてきれいな円じゃなくなっちゃった。てへ。
どこからどこまでもツメが甘い。


でも使い心地はとってもいいです。
どなたかのブログで、カモマイルの石けんがあわずにぴりぴりした、というようなことを聞いて、「わたし的に贅沢に作ったのにお肌に合わなかったらどうしよう・・・・」と心配したのですが、細かな泡立ちと優しい洗い心地で、すっきりしっとりします。


あぁ、そうそう。
この石けんを切るのに、「今回こそはまっすぐに同じ幅で切りたいな~」と言っていたらオットがカット台を作ってきてくれました。↓


20071025111546.jpg



どうもどうも。ちゃんと切れたよ。
オットの仕事は家具職人なので、ものすごいリッパな木材の切れ端で作ってくれました。
何の木だったっけなー。いい色してます。





続いて、ちくちく。

以前書いた秋色刺繍糸でステッチしたものは、こんなものになりました。


コースター。
20071025111607.jpg



プレゼントにあげようと思ってがんばったんだけれど、ビミョウに全部大きさが違う。
そして友達の誕生日が差し迫ったため・・・あわててアイロンもかけずに送っちゃった。
あぁ、やっぱりやっぱりツメが甘い・・・。

よ、喜んでくれるとうれしいけれど、くしゃくしゃでゴメン!
味、ってことで。




それからそれから、昨日作ったばかりのリネン肩掛けバッグ・第二弾。


20071025111637.jpg

20071025111653.jpg 20071025111713.jpg



クロスステッチも裁断もずいぶん前に終わっていたのに、なかなかミシンに向かえず、できた頃には完全に季節外れ・・・って感じになってしまいました。
トホホ。

今回はファスナー付けも少し慣れて、早くつけれた。
が、ステッチが粗い・・・。
そして紐の部分がちょっと太すぎたかも。バランスがあんまりよろしくない・・・?
でもくったりした感じとか小ぶりなポシェット風な感じとか、割といい感じかも。


やっぱりちょっとお出かけ、とか改まったところに持っていけるバッグがないので、今度はウールの生地でもう少し大きめに作ろう。

それにしてもなぜイギリスにはダブルガーゼとか売ってないのかしら。
この街には3つもステキな生地屋さんがあるのにー。
と、今日もネットで架空ショッピング。ニッポンはいいなー。


実際にはポチッとしてないけど、いつかしたら止まらなくなりそうだ。





2007/10/23

ステキな週末と、まだまだ健在。

週末、パパママさんのうちに泊まって日曜日はパパさんの手製のアブラぎっとり、イングリッシュ・ブレックファースト(トースト、ベーコン、ソーセージ、焼いたトマト)をいただき、オットと犬のティアと散歩。

この日は叔母さんのアリとママさんがハンガリーに歯医者ホリデー(アリは歯医者を恐れているのでママさんは付き添い)に行くので、二人を見送ってからすっきり晴れた秋晴れの日曜日、ドライブしてきました。

行ったのは久々の「Llangollen」。
でも観光客でごった返していたので(フードフェスティヴァルと機関車トマスとカヌーの試合があったらしい)、素通りして山のほうへ。
そこで偶然見つけたアビー(大修道院)。廃墟好きフウフとしては見過ごせませんよ。


DSC05468.jpg DSC05422.jpg

DSC05433.jpg


なぜかキャンプサイトに囲まれて、その壮大な姿がありました。
秋の紅葉と青空に映えてとてもきれい。



さらに山のほうへ。
山といっても海抜400メートルほどなんだけれど。
このあたりにいた羊ちゃんたちは、観光客慣れしていて道路ギリギリのところでのんびり草を食み、駐車場では車にもたれかかって居眠り、ひとや子供が寄って来ても全然平気、というちょっと変わった羊。
触っちゃったよ、なでちゃったよ。

DSC05479.jpg DSC05497.jpg

DSC05477.jpg



山のてっぺんにあったカフェでは、たくさんのバイカーさんたちや親子連れがのんびりとお茶をしたり、軽くウォーキングしたり、バイクを撫であったり。
わたしたちもコーヒーとスコーンとチョコレートケーキを食べてきた(・・・コーヒーはえらいシロモノだった)。

21-10-07.jpg DSC05492.jpg


絶景を楽しんでからオットがシニック・ルートを選んで、遠回りのドライブをして帰ってきましたが、疲れていたらしく後半は完全に寝ちゃってたよ、ツマ。



帰宅して、土曜日バタバタして出かけたので散らかった部屋を見て、眠気と戦いながら片付け・・・とやっていたらちょっと機嫌が悪くなってしまいました。
その横で黙々と筋トレ・ダンベル運動をするオット。
筋肉よりも手伝って欲しー・・・とますますムッとしながらメールなどをチェックしていたら、実はシャワーを浴びてからバスタブを掃除してくれてお風呂を入れてくれてました。
「お風呂ドウゾー」と言われてムスッとして入ってみたら、バスタブの周りにキャンドル・・・そしてワイングラスに赤ワインが用意されてた。


・・・・・・。
あぁ、ツマとして~、ヒトとして~、どうなの?わたし・・・(恥)。
反省っ!!

おまけに読みかけの本まで持ってきてもらって、時々F-1の現状などのレポートもしてくれて、ワインのお替りもついでもらって、といったい何様のおつもり?
ありがとうございます。
結局ごはんも作ってもらったわ。


夜は二人でレンタルで送られてきていた「The Queen」を仲良く見て、寝ました。




と、これだけじゃなかったの。
オットのロマンティックはまだまだ止まらなかったの。


続きを読む
2007/10/22

にわか愛国者。


昨日はラグビーワールドカップの決勝戦でしたね。
本当は友達カップルを招いて、なべでもしながら観戦・・・のつもりが、友達の都合でだめになり、ご想像がつくかと思いますがーママパパさん宅で観戦+お泊りしてきました。

うちに着くなり、わたしたちの泊まる部屋(元わたしたちの部屋)の窓からは巨大なイングランド国旗が翻り・・・・。

マジで?!


いやしかし、残念だった・・・。
わたしは「ムリだろー」と思っていたので、そんなにがっかりしなかったけれど、ちょっとビミョウな判定などもあってかなりのドラマな試合展開で、うちのオット、ママさん、おばさんのアリは非常にがっかり。
パパさんは現実的な人で、「いや、負けてもがんばったし勝ったらそれはすばらしいね」と言っていたけれど、実際は静かに激しく酔っ払っていたのでリアクションなし。

あ、イングランドチームがトライを決めたかに見えた後、協議の結果「ノー・トライ」と判定されたときは、「だからフランスがきらいなんだ!」と滅茶苦茶なコメントをしていたけれど(フランスが開催国。そしてイングランドとは歴史上色々ありました)、酔っ払いだから。

でも緒戦で南アフリカに「36-0」で負けたのに、点取ったし。
がんばったがんばった。

負けた後はシュンとしていたけれど、3分後くらいには叔母さんアリが「まぁ開催国チームが3位に入れなかったし~」と問題発言(フランス在住の方、お気を悪くされたらごめんなさい。ただの負け惜しみです)。
そしてオットもママさんも「イエーイ!後ちょっとってところで優勝だったもーん!2位、バンザーイ!!」と。
「明日はルイス・ハミルトンががんばるから大丈夫~!!!」と大騒ぎ。


すごい切り替えの早いことで結構でしたが、残念なことについさっきF1が終わり、イングランド期待の星・ルイス・ハミルトンは残念ながら優勝ならずP P
オット、マジ切れです。

5位以内に入れば優勝だったのに、7着で2位。
ばっかじゃないの!と怒りながらただいま晩ご飯調理中です。
ちなみに今夜もソーセージ。

あ、できたようです。それでは食べてきます。

2007/10/19

「カキ」とは言いすぎでした。

久しぶりに早起きして身支度を整えて、会社の説明会に行ってきました。
車だったら本当に近いんだけれど、説明会は10時から。
オットは7時半出発のため、タウンからバスを拾って行きました。

が、初めてのルートでわかんないし、と早めに出たらあっという間に到着~。9:25には着いちゃった。
しょうがないので、何にもないそのあたりをぶらぶらすること20分、一番乗りで到着。


会社はとてもいい感じだったけれど、募集されている役割はトレイニーとはいえ、今までの仕事とまったく違う・・・。
結構軽い気持ちでやってきたんだけれど、同じように説明会に参加してきたほかの5人は年もわたしよりうんと上、バンバン質問なんかしていて、久しぶりに遠い記憶になりつつある大学生活の苦しかったセミナーセッションを思い出しました。
でもせっかく仕事場の人たちの話も聞けるし、代表取締役のおじさんもスライドでプレゼンしているし、むやみに気配は消したくない・・・(大学のときは気配をひたすら消していた、笑)。
かといって大声で質問するのも・・・とんちんかんなこと聞いて「ハア?!」と思われるのもイヤだしー。

で、日本人☆必殺技。
とりあえずにっこりしとけ。で乗り切った。
あ、もちろんいつまでもニコニコじゃなくて、場合によってはマユをしかめてみたり応用を利かせつつ。


他の人の質問とかをきいていると、わたしが「どうなのかなー?」と思っていた結構基本的なことだったので、仕事の内容はなんとなく分かったけれど、やっぱり言葉にコンプレックスがあるため理解力が遅いなぁ。
しょうがないんだけれど。



というわけで、昨日あんなにポジティブで「世界は牡蠣よ!」なんていっていたくせに、小さな身の程を一日で思い知りました(笑)。



約一時間の説明会の後、私以外の人たちは来るまでブィーンと帰っていきました。
わたしはいつ来るか分からないバスを捕まえにトボトボ歩く・・・・歩く・・歩く・・・・・・。
やっと見つけたバス停で時間を調べると20分くらい来なかったので、さらに歩く・・歩く・・・歩く・・・・・・。
でも気持ちの良いお天気で時々写真なんて撮っちゃったり、ステキな住宅街の前にあった何個目かのバス停で、ぼんやり花壇のラベンダーとかつついたりしていたら、まぁくよくよしていても仕方ないね、と思うようになりました。

いいチャンスではあるし、ダメモトで送っちゃうよ、申込書。
万が一、面接に呼ばれてもアワアワバタバタして終わりそうだけど。


街についてから、景気付けに(・・・?)KFCでWrapstarを買ってみた。
KFCって結構好きで、日本にいたときは時々無性に食べたくなって配達までしてもらったりしていたんだけれど、こっちは高いのとそんなに種類がないので買ってなかった。
お店はどう掃除してるのか知らないけれど、床がペトペとして気持ち悪かったので、持ってかえって食べました。

美味しかったです。





20071019122633.jpg
あぁ、ココロ休まる風景。





フンフン~、まだ大丈夫だも~ん。
がんばるも~ん。


2007/10/18

秋晴れで世界はカキに。

ココ数週間、こっそりと少し気分が落ちていたのですが、天気の回復と合わせてか昨日からすんごいポジティブに戻ってきました。

よしよし!いいぞ、自分ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹!!!



で、昨日は秋の気持ちいい日中に街に出てから、恒例のCV配り。
気持ちが良かったので、テクテクと公園も抜けてたくさん歩いて写真も撮ってきました。


20071018110853.jpg 20071018110614.jpg


20071018110643.jpg 20071018110749.jpg



何でも写真を撮るのをくせにしていきたいなぁ。
以前は色々写真の勉強も兼ねて撮っていたけれど、最近は「住む」ことに慣れちゃってあんまり撮っていなかった。

公園は広くて芝生がふかふかの緑。
それに枯葉の黄色やオレンジが良く映えていました。
枯葉の上をカサコソ音を立てて歩くの、大好き。
夢中になって枯葉をキックしながら歩いていたら、犬の散歩中のおじいさんに笑われちゃった・・・。

並木の木々も大分葉が落ちていたけれど、思ったより「ハゲ」ていなかった。
こういう葉っぱが落ち始めて、細かい枝がちらりと見える時期って創作欲を刺激しませんか?
わたしは、秋のくっきり空気に浮かぶ、グネグネ曲がった木の枝と少し残っている葉っぱのシルエットがすごく好きなので、これを見ると何かしたい!!と思うのです。
思うだけのことが多いんだけれど。




で、この日はうちについてから、ものすごく集中してカバリングレターを作成、そして最近はまっているクロスステッチをしました。


20071018111153.jpg 20071018111207.jpg



ちょっと秋っぽい色の刺繍糸を買ってきたので、それぞれを単色で使って小さなステッチを細かいリネン生地に刺してます。

このクロスステッチの本は図書館で借りてきて、何度もリニューしてかれこれ1ヶ月ほど借りっぱなし。
多分すごくふるい図案なんでしょう。チャートもなんと手描きです。
ほとんどが赤糸でのみのステッチでいいかんじ。
また大作にもチャレンジしたいけれど、今のところ小さなワンポイント刺繍にはまってます。




オットが帰ってきてから、もう一度二人で散歩に行きました。
秋の夕暮れ(ちょっとすぎてたけど)のちょっと湿った空気も大好きです。
手をつないでゆっくり歩いて写真も一杯撮りました。
カメラ、オットが仕事に持って行っちゃったから写真を載せられないけれど。


わたしが夕食の支度をしているときに(この日はとんかつ。今までのなかでもかなり美味しくできた)オットがわたしのカバリングレターのチェックをしてくれた。
しばらくしたらキッチンにやってきて「今日はいったいどうしちゃったの~?!」と。

あぁ、カバリングレターの英語がぐちゃぐちゃで意味が通ってなかったんだ・・・。
せっかく気分が盛り上がって書いたのに、また一杯直されて書き直し・・・ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹と弱気になってびくびくしながら「・・・わかんない・・・。文章・・ダメだった?」ときくと、「違うよ!すごくいいよ~!!今まで本気で書いてなかったでしょ。これだったらボクだったら採用しちゃいます!」とのことでした。

オットに採用されてもしょうがないんだけれど、でもとてもうれしかった。
文法的な間違いもほとんど無かったんだそうで、これにはビックリしたわ。
どうした、わたし。いきなりペラペラのスラスラか?んなわけないんだけど。



というわけで、ちゃんとできたカバリングレターとCVを朝一でメール。
今回のは違う意味で一歩前進したような気がするので、別に返事が来なくても悲しくないや。

フンフン~、いい気分~。
今日もいいお天気だし~、明日はちょっと受けてみたい会社のオープンデイにもぐりこむことにこじつけたし~、わたしの紫蘇に花が咲いてるし~(←??)。
THE WORLD IS MY OYSTER~!なんつってー。
カキ、食べたいなー(意味が違うのに・・・)。



後で読み返す自分へ。
些細なことがこんなにうれしかったようですよ。
調子に乗れることなんて滅多にないし、乗らしておいてやって。




2007/10/17

目を瞑ればふるさとの味。

昨日、テクテク街に出て郵便局に行き、切手を買って投函して外に出てみたら土砂降り。

そりゃー、曇ってましたが!
雨雲チェックしたときいなかったもん。
うちを出てからホンの15分後に土砂降りか・・・。
久しぶりにちゃんと歩こうと思ったのに、一瞬小ぶりになった瞬間に早歩きでさっさとうちに戻ってきてしまった。
最近運動量が少ないわ・・・。筋トレはしているけれどそれだけじゃ痩せないんだから、もうちょっと歩こうと思ったのに。

と、思ったのに・・・こんなの作ってしまいました。↓


20071017093847.jpg



一応、メロンパン。
メロンピューレとか入っていないから、正確には違うのかもしれないけれど、メロンパンです。
クッキー生地だって、この前日に作って寝かしておいたの。
網目がちゃんと刻まれていなかったらしく、ただのパンみたいになっちゃったけれど、目を瞑って食べると懐かしのメロンパンの味がするよ~。
と、焼き上がりをかぶりついているときに、オット帰宅。

わー!パンだー!!!とクッキー生地にもパンにもたっぷりバターが入っているのも知らず、ドーンとバターを塗って食べてました。
・・・何度もいうけど、どうして太らないのかしら・・・。憎いわ、ちょっと。

しかも夕食はボリュームたっぷり3色丼(牛肉そぼろ、卵そぼろ、野菜炒め)とジャガイモのお味噌汁だったのに、デザートにメロンパンに缶詰のカスタードをたっぷりかけて食べてた。
見ていてちょっと胸焼けしちゃいましたよ。

こっちの人がダイスキな缶詰・パック入りのカスタード、飛び切り甘くて暖めていろいろなものにかけて食べるのですが、温かいのがどうしてもイヤで食べていなかった。
が、目を瞑って(笑)舐めてみると、昔懐かしい「クリームパン」のクリームの味に似てる・・・・。

次はクリームパンに挑戦、かな。


2007/10/15

テーマはのんびり、で。

ココ最近お疲れのオット、週末はとにかくゆっくりしたい!というので(若いくせに~)本当にのんびりしました。

土曜日は溜まりに溜まっていたやらなくちゃいけなかったことを片付け、買い物に行って・・・で終了~。

晩ご飯は久しぶりにオット作のイギリスの巨大ソーセージ&ポテト。↓

20071015111653.jpg
すんごいボリューム・・。



コレをいただきながら、ラグビーワールドカップの準決勝、イングランド対フランス戦を見ました。
はっきり言ってラグビーもフットボール(サッカー)もまったく興味がありません!が、ワールドカップクラスになるとちょっと見ちゃう。
今回はウェールズ、スコットランドも結構がんばっていたみたいだし(残念ながら敗退~)、しかもイングランドががんばっているとなると思わず・・・。

それにしてもラグビーってワイルドなスポーツね・・・。
サッカー選手が、ちょこっと体当たりされて大げさに転がってぎゃーぎゃー騒ぎ、むこう1ヶ月くらい療養で休んじゃうのに対して(もしかしたらそうでない人もいるかもしれないけれど)、ラグビーってば、ボールを持った人を命がけでなぎ倒し、その上にエルボーかましてるの?!っていうくらいの勢いで飛び乗り、耳は千切れかけ、それをテープでぐるぐるアタマに固定し、殴って足引っ掛けて・・・と、度肝を抜かれました。

や、野蛮~。コワイ~。男臭すぎる・・・。

ので集中して1試合80分、見通すことはムリ!だけれど、後半20分くらい、かなり白熱してみてしまった。
フランスで開催されているから、フランスに有利だったし、実際ホンの少しの差で負けていたところを、イングランドの男前さん(名前、分からない)がペナルティとキックのゴールを2度続けて決め、勝った!!!
点数が入った瞬間、中継を見ているであろう階下の住人と隣から歓声が起こり、ものすごい勢いで「ハイ・テン(両手を高く上げバシッと手を打ち合う)」をしている音が(笑)。
うちも負けずに「ハイ・ファイブ(片手バージョン)」を小さくやっといた。

イングランドはこの前の試合で優勝候補だったオーストラリアにも勝ったし、波に乗っているところ、だとか。
でも昨日行われた、同じく準決勝の南アフリカ対アルゼンチンで、南アフリカが難なく勝ってしまったので、決勝は・・・・厳しいんじゃないだろうか。
どうやら、このワールドカップの第一試合でイングランドは南アフリカに36-0で大負けしているらしいです。
どうかな~。

それより、アルゼンチンチーム。始まる前の国家斉唱で前奏の段階で泣いてたよ・・・。
感極まってないでもうちょっとがんばって欲しかったよ。

所詮、あの男臭いゲーム展開にはついていけないので、こういう小さなところで面白みを見つけるのがわたし流。なんつってー。
先週は念願だったニュージーランダーのハカも見れたし(爆笑してしまった)、今度の土曜日にある決勝戦でもドラマを期待しようと思います。




日曜日。
小雨が降っていて、秋のしんと静まり返った雰囲気が心地よかったので、オットと散歩。
濡れた落ち葉をかさかさ蹴りながらピンと張ったような空気を楽しんできました。


遅い朝ごはんを食べてから、部屋着のままで「モノポリー」。
わたし、ボードゲームは「人生ゲーム」派だったので、実はモノポリーは初めてでした(照)。


20071015111609.jpg
初モノポリーなのに「スターウォーズ版」。


20071015111629.jpg
あぁ、シュール。


ちなみにわたしは『R2-D2』、オットは『ハン・ソロ』で宇宙物件の取り合い。
ホテルの変わりにスターシップを所有し、時々税金に苦しみ、お金がなくなり物件を売り、土地を売買・・・というようなことを2時間半。
つかれて根をあげてしまった(笑)。
お互い負けず嫌いでイヤな空気が流れる前に、ドローということで。

なにやってんだ、わたしたち・・・。
でもオット念願のゆっくり週末だし、まぁいいか。


晩ご飯はオット得意のピッツァ。


20071015111706.jpg



ドウはセインズベリーズのプレーンなヤツで、オットがトマトソースを作ってくれました。
ほとんど毎週日曜日はオット・ピッツァなんだけれど、どんどん上手になってきて、この日のも美味しかった。ごちそうさま。


あーあ、週末も終わっちゃった。
って、毎日が週末みたいな生活しているくせに・・・。
働いている皆さん、ご苦労様です。わたしも早く仲間になりたいなぁ。
さ、就職活動しようっと・・・。

2007/10/14

びっくり☆どっきり!ごちそうさま。

昨日の朝、ボヘーっと起きてきてからのろのろと前夜の洗い物を片付けたり(石けんにしてからオットが食器をあまり洗ってくれなくなった)外を眺めたりしていたら珍しく、本当に珍しくドアのチャイムが鳴りました。
そのときの格好は、シャワーに入ろうかなぁ・・と思って寝巻きズボンを脱いでいたので、パンツ+Tシャツのみ(人間失格)。
ものすごい勢いでパジャマズボンとトレーナーを引っかぶり、階下に降りていくと、ビックリ表情のパーセルフォースのお兄さん。
笑われちゃった・・・。

受け取ったのはかなり巨大な箱。


なにコレ?
ダレから?
うぅ~れし~~~♪

と思って宛名を見ると「オット宛」。
なぜ日本からオットに宛てて巨大な箱が来るんだ?と差出人を見るとオットの元クラスメートのDAIからでした。


20071013174103.jpg



・・・・何が入っているのかしら。
気になるけれど、オットは仕事中だし、宛名はオットだし・・・と箱の周りをうろうろ・・・。
ゆすったり重みを確かめたりしてみたけれどあきらめて見ないフリ。


そうしているうちに、オットが珍しくフレックス使って半ドンで帰ってきました。
荷物が多くてもたもたしているのを思わず手伝って箱の前に連れてった(笑)。
さぁさぁ、何が入っているのかしら~。


!!!!!
20071013174123.jpg



一杯日本食が入ってる~!!!
マ、マヨネーズ・・・‚Ï‚ñ‚¾‚à‚Ñ‚Á‚­‚è!おたふくソース、そして関西味のヒガシマルうどんスープのもとにラーメン・・・・!!!!

はしゃいで開けていったら底のほうにオサレな包装のプレゼントが。
これは2ヶ月半遅れだけれど、オットへの誕生日プレゼントでした。


オサレな帽子。
出会ったときはもうちょっと外見に気を配っていたような気がするんだけれど、結婚して気が抜けたか、素材はいいのに生かしきれていないオット、ちょっとかぶっただけでビックリするほど垢抜けました(笑)。


20071013174134.jpg



久しぶりにいけている姿を見て、ツマうれしかったわ。


確か小包には手紙は入れちゃいけなかったような気がするんだけれど、手紙が2通こっそり入っていた(笑)。
忙しいのにちゃんとわたし宛に日本語とオット宛に英語で書いてくれてどうもありがとう。

ちょっとフウフで目頭が熱くなったよ、DAIさん・・・。
ありがとうございます、ありがとうございますーƒLƒ‰


うれしかった~ん。

マヨネーズ、いつも見かけてはため息ついて棚に戻してたの(笑)。
だって高いんだもん。
そして重いから送ってとも言えず・・・だからありがたいわぁ。

オットも帽子、とても気に入ったらしく部屋でもかぶってます。
かぶりたいがために散歩にも行った(笑)。


救援物資、とてもありがたかったです。
わたしたちからも何かイギリスを思い出すようなもの、送りたいです。

・・・・何かしら。
ケバブもフィッシュ&チップスも送れないし。
何がいいのかしら・・・。
でもがんばって探すわ!!待っててちょー。



2007/10/12

愛じゃしみは消えません。

20071012124529.jpg





乾燥する季節になってきたので、初めて季節を意識した石けんを作ってみました。
11バッチ目にして初めて、わたしなりにオイルの配合やオプションをまじめに勉強したもの。まだまだなんだけど。

9月アタマに遊びに来てくれたハハ&イモウトちゃんのトランクに入っていた石けんの本とオプション、そしてシリコン型を使ったてみたものです。





#11.しっとりローズヒップ&米ぬか(500gバッチ)
20071012124503.jpg
作成日:14/sep/07  解禁日:12/oct/07

材料:
オリーブオイル、ココナッツオイル、ひまわり油、
ココアバター、ひまし油、アプリコット核油、
ミリスチン酸、苛性ソーダ(10%ディスカウント)、水

オプション:
米ぬか、ローズヒップパウダー
カレンデュラ*メイプルの削ったもの




精油を入れようと思っていたのに、アイディアもあったのに・・入れ忘れました。くやしー!!
なので出来上がりはほんのりココアバター?ココナッツオイル?なちょこっと甘い香りが残るごくごくシンプルなものになりました。

ニッポンから上陸したミリスチン酸とローズヒップ、そしてマロンさんにいただいていた米ぬかを配合。


ミリスチン酸はパーム核油由来の脂肪酸で、オイルに含まれる飽和脂肪酸のひとつ。
大きな気泡力があり、また長持ちするキメの細かい持ち持ちした泡がたくさん立つので、あわ立ちの良い石けんを作るのに最適だとか(マンディムーンさんより抜粋です)。
いつもどろりと崩れ落ちる石けんを作っていたわたしにぴったり。

そしてローズヒップにはビタミンCがとても豊富、とのことで日焼け後やくすみケアに良いそうな(同じくマンディムーンさん、参照)。

そしてそして、米ぬかは古代から日本の誇る美白成分。


昔はにきび知らず、しみそばかす知らずのつるっつるのお肌だったのに、お肌のお手入れが一番大事な(?)20代後半に紫外線がばっちりぢりぢりに強いエゲレスで「曇ってるから日焼け止めは・・・いらないか」とノンキにすっぴんで学生していたため、30代になってからすんごいしみそばかす+ニキビ痕に悩まされとります。
なにやってんだ・・自分。

オットはあばたもえくぼ状態にわたしを愛しているため(身長差があってあんまり見えていないため、かもしれない)、どう見てもエイジサインなでかいしみも「そばかすってかわいいね~」という風になるけれど、だまされちゃいかん。自分。

でも人種のるつぼのイギリス、美白化粧品なんて見たこと無い・・・。
おまけに白人さんは年がら年中、気が狂ったように日焼けサロンに通い、フェイク・タンでオレンジに・・という、無知っぷり。
怖いのよー、メラニン色素。


というわけで、わたしが今求めているのは「美白」もの、そんなに無いなら自分で作る!というわけで、お値段手ごろなローズヒップパウダーから入ってみました(前置き、長くなってすいません)。
そして乾燥するし、しっとり効果も狙ってオイル配合。


使ってみた感想は、さすがミリスチン酸。
すんごいもこもこの大きな泡がホンのちょっとクリクリと手のひらであわ立てただけで立ちました!
早速顔を洗ってみたけれど、ふわふわの泡で気持ちが良かった!
そしてココアバターのおかげか洗い上がりもしっとりです~。
うれしいなー。

というわけで珍しく、この石けんは洗顔用にとっておこうっと。

お風呂の石けんトレイに置いておいたら、オットがまた全身に直に使うからね・・・・。むかむか・・。
ココは愛とか言ってられないですよ。
そんなにオイリー肌なら、クレイも入っている「よもぎティー」でごしごし洗ってくれ(パームオイル、30%近く入っていて硬いけれど乾燥しちゃうんだもん)。←オニ・・・。



2007/10/11

贈り物と郵便局。


20071011153516.jpg



小さいんだけれどちょっと複雑だったクロシェのブレスレット、作りました。
またもやニットマルシェから。


ちなみにつけるとこんな感じ。
20071011153527.jpg



ちょっと春っぽい色合わせになっちゃったけれど、女の子らしく作ろうと思っていたので、そういった意味ではまぁよし。ってこの号のニットマルシェが春号だからしょうがないのか・・。
新しいのも欲しいなぁ。買っちゃおうかなぁ。
でもあんまり親切な解説ではなかったので、ちょっと苦心しちゃった。
バランスとかこんなんでいいのだろうか。

お友達へのプレゼントのつもりです。喜んでくれるといいな。




今日はふるさとのハハの誕生日です。
60歳~!
元気で節目のお誕生日を迎えられて良かったね。
家族で支えあってますます元気で若々しくいてね。

カードを先週送ったのに、運の悪いことに郵便局のストライキ中で昨日になってやっとのことで機能しだしたらしく、当然間に合わなかったね・・・。
ちゃんと働いてくれ、郵便局。もう・・・。

そのうちささやかな小荷物、届きます。お楽しみに。


2007/10/10

黄色いボラードに要注意。


ココのところ調子が悪かった電話機が昨日の夜中の1時半くらいから、ワン切り状態でひっきりなしに鳴って全然寝れなかったー(泣)。
オットは例の配送でロンドンまで行って帰宅も9時近く、とお疲れだったようで爆睡していたけれど、わたしは違う部屋にあるこの電話の音が気になって最終的にコンセントからたたき切った。


というわけで、昨日から何にもしてません。
天気も悪いし寒いし、なんだかだるいんだも~ん。
主婦の日の火曜日も押し捲り。
掃除しなくちゃなーと思いつつ、ブログめぐりしたり・・・。




ところで、うちのオット。やっちゃいました・・・・。

先週末、隣町にあるショッピングセンターに行ってみようか、ということになり車でお出かけ。
この街は割りと新しい住宅タウンなので、歴史ある建物があんまりありません。
で、街中に巨大なショッピングセンターが。
久しぶりに、デベナムスとかハウス・オブ・フレイザーとかデパートが覗けて楽しかったけれど、こういうショッピングセンターって空調が独特でリラックスできないです。

それでも結構ゆっくり見て家路に着こうとしたとき、オットが高速をさっさと下りて近郊チェックのドライブでテキトウに走り出した。
小さなビレッジ(あんまりかわいくなかった)の住宅街で車を止めて、地図で現在位置確認(オットはこういうの大好きです)。
で、気が済んだらしくUターンして帰ろうと思ったとき・・・・

がっつーーーーんっ!!!!!

と大衝撃が。
二人とも予期していないことだったので、思いっきり頭をヘッドレストにぶつける。
あまりのことに思わず顔を見合わせ、とりあえず車を出し、道の端っこに駐車して外に出てみると、べっこり・・・・•æƒhƒƒhƒNƒmoz

結構大き目のアパートのような建物の入り口でターンをしたのですが、ものすごい低い車よけのポール(bollardというらしい)がど真ん中に立ってた・・・・・。
ぶつけたのはわたしたちが初めてではないらしく、黄色いポールにはさまざまな色の塗料が引っ付いてました。
あんなに低いポール、フツウに車の後ろの窓からじゃ見えませんよ。
嫌がらせか・・・・。


オット、がっくり。
思いっきりぶつけたため、バンパーのど真ん中、そしてトランクの鍵穴までべっこりと凹み、塗料もはげちゃった。
鍵穴の周りのプラスチックの部品はちょっと触ったら取れたし。

ぬぉーん・・・・—Ž‚¿ž‚Ý

首はなんだかおかしいし、中古とはいえ結構高かったのに買ってから半年でキズモノに。

オット、悪態をつきつつ家路へ。
それにしてもショックだけど、わたしじゃなくて良かった・・・・。
またぶつけたらもう立ち直れないよ、と去年の失態を思い出して身震い。

うちについてから、トランクがちゃんと開くか気になって鍵穴に鍵を・・・って開かないよ・・。
でも鍵はロックから外れたので、トランクがぺこぺこします。
ココはあの物騒なノッティンガムと違うから、大丈夫かもしれないけれどこんな状態で道に車を放置はできない、と言い張る心配性なオット。
仕方なくさらに北上、オットのメカニック・パパさんに何とかしてもらいに行く。


パパさん、車を見るなり・・「Holy sh○t....!」と一言。

あぁ、パパさんじゃ直せないんだ。
そして結構酷いことになってるんだ。
と、いまさらながら現実を知るムスコとヨメ。

結局わたしが犬と遊んでママさんとお茶を飲んでおしゃべりしている間に、何とかトランクがちゃんと閉まるように直してくれたけれど、鍵穴はドライバーでほじくったらしいナマナマしい傷が。
そしてありえない音で閉まります。
そしてそして、車のダッシュボードにある「半ドアー」パネルがちかちかしてますよー。


どこまでもムスコとヨメに甘いパパさん、保険で直すしかないけれど、エクセスの修理代(うちの保険は最初の£200はこちらではらわなくちゃいけないので)はクリスマスプレゼントで出してあげる、と申し出。

ありがたいけれどそんなクリプリ、いやだなー。
ものすごい高価なんだけれど、すんごいいや。
かといって今のわたしたちに£200は痛いしなー。
凹んだままで乗り続けるか、さっさと直して大貧民にまっしぐらか、それとも夢もロマンも無いクリプリでふところには傷なし、でもさらにアタマが上がらなくなるか。

どっちかって言うと凹んでるままがいいけれど、オットがそれよりもさらに凹んでしまうので、どうやら大貧民、またはクリプリになりそうです。
ふぅ、それにしてもわたしじゃなくて良かった、と何度も思う。


さ、未だに元気の無いオットに何か美味しいものを作ってあげなくちゃ。

2007/10/09

ツマもお呼ばれ。


昨日はオットの会社の社長さんにお呼ばれして、豪華3コースディナーをゴチになりました。

社長さんが3年かけて改築した古いモルト・ハウス(麦芽をひいていた建物)が、ローカルの市民団体が毎年行う「街づくり貢献賞」みたいなものの大賞をとったので、その授賞式に招待されたのです。
太っ腹にも、社員全員(一人来なかったけど)とそのパートナーたち、改築に携わった建築関係の人たち、そしてビルダー夫婦まで呼んじゃって、一人£18の料理をありがたくいただいてきた。

場所はわたしたちが結婚したあとにお食事会をしたレストラン。
なのでこの日はオットのパパママさん宅に泊めてもらうことになっていたので、オットの仕事のあといったんパパママさん宅に行き、着替えてパパさんに送ってもらいました。


レストランに入ってすぐの暖炉のあるレセプションエリアに陣取った、社長さんたち。
いい人なんだけれど、今まであった人たちの中でも「エキセントリック」という言葉がぴったりな人で・・・・悪気はないんだけれど、このひとにかかるとすべてが大げさに誇張され、よく言えばシアワセなひと、悪く言えば大ぼらふきなタイプ。
ご機嫌でわたしたちをいろんな人たちに紹介してくれるのはいいけれど、わたしなんて『大学院を優秀な成績で卒業した世界で活躍するファッション・デザイナー』になってた・・・・。

惜しいけどオオマチガイです。
大学は優秀な成績で卒業したけれど、ファッション・デザイナーじゃないし無職です。

まだお酒も入っていないのに、すでに何杯か飲んでいるであろう社長さんにはついていけないよ。
おまけに来ている人たちの中には、金のじゃらじゃらなたすきのようなものをかけたメイヤー夫妻もいるし、カメラマンもいるし・・・それに異国人な容貌のひとはわたししかいないじゃん。

あわわわ・・・・酒を・・・アルコールをくれ。
なぜ来てしまったんだ・・。と激しく後悔。


オットの同僚夫妻がやってきたのでつるんで大きなテーブルに着く。
7時半スタートのディナーだったけれど、始まったのは8時半。そしてそのあとスライドショーに授賞式・・・とあり、終わったのは11時半でした。
月曜日にこういうのを持ってくるところがエゲレス。


おまけに授賞式が始まる前に、社長さんがグラスを持ってじりじりとわたしたちの席によってきて、「男の人たちは全員席を移動~!みんなと知り合いましょう!!」とまるで合コンですよ。社長の奥さん、あいた~!って感じでおでこに手をやって頭振ってたし。
オットの同僚の奥さんたちもそれぞれ、ダンナの服をガシッと握って「言うなりに移動なんかしたら痛い目にあうわよ!」とか「もし移動なんてしたら今すぐ外に出て・・・喫煙者になってやるから!」と呪いをかける(笑)。


授賞式が始まる頃には社長さんのハッピー度もマックスに達し、他の受賞者たちが賞状をもらって「サンキュー」といって席に戻るだけなのに、うちの社長さんは司会者からマイクを奪い、酔っ払いスピーチ。
そして、個人情報の守秘義務におびえるこのご時世に「明日は○○○○(超有名ポップスター)に家具を届けてくるので、この快挙を分かち合ってきます!」と名指しで。しかも名前、連呼ですよ。
このあと、他の部門で賞を取った人にスピーチしろ~と野次る社長さん。


わたし、ただの社員のツマだけど結構恥ずかしかったです。
そしてうちのオットはその社長さんと同行するため、本当に無事に届けられるのか不安におびえ、酔いも冷める。
小さな街だけど、街中の人たちが知ってるんじゃないの?クライアントの名前・・・。
同じテーブルにいるってだけで、同類気分を味わう。他のテーブルにいたら思いっきり笑えただろうに・・残念。



でも思うんだけれど、こういう変わった人って得ですね。
すんごい痛い目にあってしまいそうだけれど、あんまりあわないの。ギリギリで。
周りがあったりするんだけれども。

オット・・・大丈夫かなぁ。

2007/10/06

秋晴れと引き換えです。

昨日はせっかく晴れていたのに、本当にいい感じに秋晴れだったのに・・・引きこもってこんなの作ってました。↓



20071005163810.jpg
肩掛けバッグ。ってあんまり見えないですね。



ずっと新しいバッグが欲しかったけれどどうしても欲しいデザインがない+そんな余裕ナシ!という状況だったんだけれど、とうとう作ってみた。
生地はいまさら抱けれどカーキのリネン、ドサクサにまぎれてオットに買わせ、ちょこちょこと買い集めた(笑)材料で。
おまけにファスナー付ですよ、カアサン。


それにしてもミシンに毎日触れなくなってから、早10余年・・・。
要領がさらに悪くなってる・・・・。
何かしら縫うたびに間違えて、思いっきりリッパーで縫い目をほどき・・・そしてひどいときはまったく同じ間違いを繰り返す、という悪循環。
そりゃ、学生のときもあんまり裁縫は得意じゃなかったけれど、ひどすぎる。


今回のバッグは珍しく、ちゃんと製図を引いて(ってそんなたいしたもんじゃないけれど)布地も中の裏地もあわせてあらかじめ裁断。
そしてポケットとか部品も用意して、まずは刺繍の部分を仕上げて~と結構段取りをよくしておいたはずなのに、やっぱり一日かかりましたよ。
アイロン台を窓際においてあったので、そこで外を見ながらアイロンかけて「・・・・何をやっているのかねぇ、わたし」と思った。


せっかく天気もいいし外で写真も撮ってみた。


20071005163829.jpg


このあと徒歩30秒のコーナーショップに行って牛乳と今週の求人誌、買って来ました。
というわけで、この日外に出た時間は「5分」かな。
どうなの、わたし・・・・。

あと、出来上がりはかわいいけれど、ずばり紐が細すぎ、そして短かった。
ちょっとレシートがぎっしりのわたしの財布と手帳と携帯とペンなんか入れたら肩に食い込んで痛いです。
ので後日やり直し、予定。





あと、ニットマルシェに載っていたコサージュ、編みました。


20071005163855.jpg
あ・・・ピンボケ・・?


お花系ってかわいくなりすぎちゃいそうだったので、グレーと水色のツイードニットで。
マフラーとかバッグにつけたらかわいいんじゃないかなぁ、と思うんだけれどどうだろう・・・。


20071005163917.jpg
こんな感じでふたつ。あらオサレ(?)。





今日は、クリスマス向けの求人のアプリケーションを提出してきました。
そして郵便局に行って小包を出すも、またもやストライキ。
今度は水曜日まで働いてくれないそうで、出したものも水曜日以降に処理されるとか。
なんだよ、もう~。



あ、てことはアプリケーションフォームや履歴書は水曜日までに仕上げればいいってことか。
じゃぁ、週末はゆっくりさせていただきます。



・・・・・・・いいのかなぁ、それで。


2007/10/04

そしてやっぱりガチンコ食い。

・・・・続いてます。手作り&現実逃避。

昨日は4時半から、パタッとひらめいて晩ご飯を作り出し、2品というさみしい晩ご飯なのに、結局ありついたのは8時前。
なんて要領の悪い・・・・。

でもとても美味しくできた+温まったので見せびらかしちゃいます。




20071004145437.jpg

20071004145453.jpg
じゃじゃーん。



パイシチューとおかずパンです。
オット、大喜び(笑)。
「すごいねーすごいねー!なんてスマートな奥さんなんだろうね~!!」と大絶賛。

最近、っていうかずっとずっと続く不振続きの就職活動でがっかりしちゃうので、がんばれるところでうんと褒めてもらうのがウレシイ。
作った甲斐があったじゃない、と思えるのはいいことです。うん。

日本風のおかずパンってイギリスにはまったくないので(パスティ系は脂っこいしね)、いつものリーンパンの応用で、いためた玉ねぎとツナに塩コショウしてたっぷりマヨネーズをあえたものを入れてみました。
もう一種類は、その前の晩のおかずの残り物、肉じゃがを入れてみた。
どちらもすごーーーく美味しかったv


パイシチューはこれまた初挑戦。
クリームシチュー自体、シチューの元を使わないで小麦粉とバターと牛乳で作ってみたけれど、割とあっさりしていて美味しかったです。
それに、市販のパイシートを伸ばして乗っけてオーブンで焼いただけ。
温度が高すぎたらしく、ちょっと焦げちゃったのが残念だけれど、それでも見た時は二人してわくわくしちゃった。


シチューはまだあまっているから、今日はこれでクリームリゾットにしちゃおう。
手抜きでも美味しければいいんだもん~。






2007/10/03

さぁ、たんとお食べ~。

大分寒いですね・・毎日。

うちはガスのセントラルヒーティングではなくて、すべて電気のヒーターです、とは前にも書きました。
これが曲者で、電源を入れっぱなしにしておくのですが、実際温かくなるのは夜中の12時から。
なので昼間うちにこもっているわたしは非常に寒い。
もう使い出してから2週間ほど経っているので、夜中にガツンと温めておいて余熱で一日中もたす、という意図が分かっていながら、やりきれない気分になります。
10月も頭だというのに、雪だるまみたいに重ね着しちゃってさ・・・。

ヒーターの数はバカみたいにあるのに(7つ。部屋はキッチンとバスルームを入れて5つ)電気代節約設定のためにこんな感じ。
だからベッドルームとリビングルームのしか点けていないんだけれど(節約のため~)、それはそれで、夜中から朝にかけて狭いベッドルームのヒーターが暑いし、乾燥するしでビミョウです。


このヘンなヒーターの温度サイクルのせいか、リビングにおいてあるバナナの熟成が早い。
あっという間に黒の点々ができて、青バナナ派のわたしとしてはとてもじゃないけれど食べられないです。
けど、捨てるのだけはイヤ!なもったいない病。

ちょっと前にヒカルさんもそんなこと言ってたよな~、ともう一度確認に行ってから、真似っこしてバナナマフィンを作りました。


20071003125823.jpg
ドドーン。



だって・・・・かなり大き目のバナナが3本真っ黒だったんだもん。
皮もうすーくなってたし。
だから持っていたプレーンマフィンのレシピを倍掛けして作ってみたら、巨大なマフィンが16個もできた・・・。
強烈なバナナとバター臭にむせ返りながら、晩ご飯も用意していたら、オットが帰ってきて「・・・・ピ、ピリオドはもう終わるんじゃなかったっけ・・・?」とビックビクで聞かれてしまいました(笑)。

やっぱ、コワイよね。ツマが一人で狭いキッチンに篭城してすごい量のお菓子を焼いていたらP P
わたしだって引きます。


こんなに作っても食べきれないし、逆に作ったことで満足してしまったので、半分くらいオットに持たせちゃった。
職場の人たちと食べてくれ。

気分はヘンゼルとグレーテルのおばあさんだわ。
太れ太れ~。ぐへへへ。
なんつって、わたしが一番ムクムクしてしまいそうです。


それでも買ってしまうバナナ、次はパックかな。←じゃぁ買うなっつーの。



* 追記でレシピ、載せました(04 Oct 2007)。
続きを読む
2007/10/01

お台所にもいかが?

もう10月ですね。あっという間。

今日は大分冷えます~。
雨も降っているし、気圧のせいか頭痛もずっと続いているし、外に出かけたくないなぁ・・・・ってホントに出ないかもしれないけど。


先週、久しぶりに手づくり石けんが解禁しました。
今回のは、キッチンソープにしようとおもって作ったもの。




#10. kitchen soap(400gバッチ)
kitchen soap 1
製作日:31/aug/07  解禁日:27/sep/07

材料:
カモミールインフューズド・エキストラバージンオリーブオイル、
米ぬか油、ひまし油、ラード、ココナッツオイル
苛性ソーダ(10%ディスカウント)、水

オプション:
シナモンパウダー

精油:
オレンジ、クラリーセージ




初めてラードを使ってみました。
というのも、#8のよもぎティー石けんでパームオイルを使い切ってしまって、それ以降買っていないから硬さを出すオイルがなくって。
でも、わたしは嫌いじゃないかも~、ラード。
いい硬さとあわ立ちでキッチンソープにはちょうど良かったみたいです。

あと、初めてマーブル・・・に挑戦したんだけれど・・・・マーブルっていうか、ぼてっとした塊のような模様になりました。
ふっ、何事もはじめの一歩があるものですよ。
でもこれはこれで、わたしらしい大雑把なキャラが出ていてヨシです。


ココに引っ越してきてから、Ecoverの洗剤を使っていたんだけれど、今までの洗剤に比べるとあわ立ちも悪いし、そのためなくなるのも早くて、オットが「ボトルの再利用とかも簡単にできないし、逆に環境に悪いし不経済だよ」と言い出したので、じゃぁ石けんで洗おう、ということにしました。
正直言って慣れるまではあわ立ちも良くないし、油汚れなんてなかなか落ちないしイライラしたのですが、コツをつかめばちゃんと汚れも落ちるし、環境にも少しはいいんだったらこれでがんばっていこう~。

オットは未だになれず、イライラしてるみたいで、そしてやけにばい菌のことを気にしているけれど、慣れてもらいましょう。
普段は、少しくらいばい菌に慣れておかないと免疫ができなくなって、現代病にかかるんだよ、とか大雑把なことを言っているくせに、石けんで汚れも消毒もできるのか・・・と心配らしい。
へんなのー。
少しずつの積み重ねが環境改善になるんだったら、努力はしたほうがいいっていってたじゃん。

あれこれボトルが並んでいないとキッチンもスッキリするものです。
材料も安めでできるし、いろいろ改良を重ねていいキッチンソープができるといいな。

・・・でも本当にばい菌は大丈夫なのかな・・・・?
負けず嫌いだから、ちゃんと説明して黙らせて納得させてやりたいわ。
精油である程度は消毒できるだろど、殺菌は・・・どうなんだろう~。
ご存知の方、教えてください。ペコリ。




■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。