blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/29

うるう年とピンク。

4年に1度のうるう年なのに・・・雨降ってます、北シュロップシャー。
知らなかったけれど、うるう年の29日は、4年に一度、女性からプロポーズができる日?だそうな。


さて、石けん。
3度目の正直・・・でやっと満足なできばえのものができました~。


#24. 沖縄の塩*ピンク (700gバッチ)

okinawan salt pink

作成日:28/Jan/08   解禁日:25/Frb/08

材料:
ひまわりオイル、ピーナッツオイル、ココナッツオイル、
くるみオイル、オリーブオイル、ココアバター、
ひまし油、ミリスチン酸、ステアリン酸
ろ過水+アロエベラジュース(35%)、苛性ソーダ(10%ディスカウント)

オプション:
沖縄の粗塩、フラックスオイル(SF)、
フレンチピンククレイ

精油:
ローズウッド、ベルガモット、サイプレス、ジェラニウム




何でこんなにできの差ができるのか・・・。←ズバリ、経験不足。
でも今回はイメージしていたものに近いものができてとてもうれしかったです。
塩のつぶつぶとかクレイのだまがちょっとあるけれど、いいのいいの。味なの。

香りはやっぱり熟成中にほとんど飛んでしまった—Ž‚¿ž‚Ý
がっかり。
サイプレスの香りとか好きなのに~。やっぱり調合が悪いのかなぁ。
香りの勉強、もうちょっとしてみようかな、と思います。

ミリスチン酸とステアリン酸をパームの代わりに入れたのですが、しっかり固まってあわ立ちもいいしいい感じ。
四角いほうには丸めたコンフェ石けんもどぼどぼと沈めてみました。
断面が全部微妙に違ってかわいいです。


使い心地も気に入ってます。
ひまわりオイルとピーナッツオイルメインの石けんって、わたしのお肌にあってるみたい。
これだけだとさっぱりすぎなのかもしれないけれど、塩とココアバターのおかげか使い心地もマイルドです。
こだわって作った「ヤギバター」よりもマイルドかも?

あと、念願のフレンチピンククレイをやっとのことで手に入れたので、すごくかわいいピンクが出ました!
いつも緑かオレンジだったから違う色合いで新鮮~。
あんまりキャラじゃないような気もするけれど、やっぱりこういうピンクはかわいいなぁ。


失敗続きのあとでやっとうまくいった石けんなので、喜びもひとしおですjumee™DaNcE1
あ、乙女チックなのが好きなママさんに・・・「母の日」ギフトとしてあげちゃおうっと。




浮かれて、次に作ったやつはまた玉砕だったけど。





スポンサーサイト
2008/02/27

お国柄。


風邪、やっとのことで完治した模様。
ご心配をおかけしました。

いやー、長かったなー。
仕事もしていないからストレスもないし、外部との接触もあんまりないからあっさり直ると思っていたのに、2週間くらいかかりました。
のんびりグウタラ主婦でもさ、おなかすくからご飯作ったりちょこまか動かなくちゃいけないし、あぁこれがうわさの「主婦って大変」という心境でしょうか。
これで子供がいたら、もっと大変そうだ。



さて、この問題は国際結婚組の方たちは必ずぶつかると思うのですが、病気の時のお食事ってお国柄が出ます。


風邪引き始め、わたしの場合は節々が痛くてのどが焼け付くようにひりひり痛んだ。
そんな時の食事は、どう考えても『おじや』。
幸い、前日炊いたご飯が残っているし、うちには電子レンジがないのでどっちにしても、リゾットかチャーハンに化ける冷や飯を使って、お味噌風味の卵おじやにしたかった。

簡単だし、ふらふらしながらもキッチンに立って野菜を刻んでいたら、なぜか怒りながらオット登場。
「風邪引いてつらいのに無理しないで!毛布にくるまってテレビでも見てて!!!」と無理やり調理後続されてしまいました。

でも・・・・おじやが食べたいの。
お味噌を少し利かせて溶き卵を入れたお野菜たっぷりのやさしい味・・・・・。

いろいろとわたしが作ろうとしていたものの趣旨を説明・・・の途中で「ぼくにも冷や飯を使っておいしいお料理くらい作れるから!!」と押し切られた。
あんまりしつこく様子を見に行ったら、逆切れを通り越して悲しそうに「・・・・信用できないの?」といわれたので、風邪引きニッポン人ツマ、すごすごと引き上げる。


このころ鼻もつまり出していたので、あんまりにおいもよくわからなかったのですが、出来上がったものは、'少しやわらかめのウスターシャーソースでいためたご飯に、わたしが1週間持たすつもりで買った大き目のパックに入っていたプチトマト全部を豪快に使ったフライアップ+バルサミコ酢、いためたブロッコリーにカリカリベーコン乗せ'というものでした。

色目鮮やかで、つまりきったわたしの鼻でさえ油とソースと肉の濃い匂いをかぎ分けられるようなこってりメニュー。
これはこれで美味しかったんだけれど、病気のときじゃないときに食べたかった。

あまりにも気分は「お味噌風味の卵おじや」だったので、感情と味覚がついていけず泣きそうになりました。


昔はあんまりお料理が上手じゃなかったから、どんどん指図していたけれど、今はわたしの鍛錬の成果あってちゃんとお料理に味付けをするようになったので、美味しいお料理を作れるようになったオット。
でもプライドも高くなっちゃって、創作料理に口出しできなくなってしまった・・・・。
それに、悲しそうな顔で「ぼくの料理は美味しくないの・・・・?」と聞かれるので、おちおち指示ができなくなっちゃった。

先は長いしおじやくらいは作れるようになってもらいたい、と切に願うツマ。
おじやって病気のときしか食べたくないんだけど。


ちなみにオットの病気食は「ベークド・ビーンズ・オン・トースト」です。↓

Baked+Beans+on+Toast[1]


わたしにとってはこのベークドビーンズ自体がかなりゲテモノな上にトースト・・・。
ま、オット・・・だけにとどまらずほとんどのこちらの方にとって、我らが納豆はゲテモノもいいところなのでどっこいか。



やっぱり米だよ、コメ。





2008/02/25

都会で大集合。

selfriges.jpg


サロンでつるつるにしてもらった次の日の土曜日、バーミンガムに行って来ました。
目的は、いつも北アイルランドからおもしろ光線を解き放っている「ノンキとグウタラの間」のマダムと息子殿に会うためです。


マダムから「2月に本土に行くからあそぼ」と打診があったのは、新年明けて間もなかったのに、違った意味でノンキなわたしは「うん!遊ぼう~」と適当に返事をしたきりで、ギリギリまでバーミンガムで会うこと意外具体的な計画を立てていなかった。
風邪でグズグズ言っている間に、マダム・ファミリーは本土入りしていてメールのやり取りも出来ず、テキストでかろうじて前日に連絡を取り合い、「ま。。。会えなかったら会えなかったで都会でウィンドウショッピングでもしてくるか」と電車に飛び乗ったのでした。

約束していた電車より一本早いのに乗れたので、早めに到着してマダムと大臣が出てくるのを待つ。
待つ・・・・待つ・・・・・・。

あまりにも出てこないのでテキストしてみると、即マダムから電話が。
ミラクルビックリなことに、知らない間に隠れ改札口から外に出ていたらしい(笑)。


はじめまして~、なのにやっぱりブログで2年以上お付き合いさせてもらっていたので、あっさり馴染んで、バーミンガムの大都会を北の村から来たマダムと大臣、そしてかわゆいけれど限りなく小さな街から来たわたしで練り歩きました。

行く前の日に、赤ちゃん連れでも入りやすいカフェとかレストランを調べたり、見所のショッピングセンターなどの位置をオットが調べて地図もプリントアウトしてくれていたけれど、本土のクイーン・オブ・方向音痴と北のノンキ親子だったので、結局行き当たりばったりでした。


わんぱく大臣は、お目覚めしたばかりだったのか最初はものすごくおとなしく、おかげで2人で少しウィンドウショッピングも出来ました。
お昼ぴったりくらいにおなかが空いて大騒ぎだったので、とにかく目に付いたカフェへ(笑)。
マダムはもうメニューをじっくり見て選んでいる暇もなく、デリに並んでいたラザニアを指差し注文。
でも14ヶ月の子供づれの割りに色々とおしゃべりも出来たし、大臣はとってもかわいかったし、すごく楽しかった~。

同じ子供でも男の子はやっぱり大きいのね~。
手とかむちむちだけれどがっちりしていて、女の子とはちょっと違った感じで楽しかった。
ニコニコ、むしゃむしゃよく食べて周りのお客さんにも愛想を振りまき、バーミンガムで人気独占。


daijin2.jpg


本当は美味しそうなケーキも食べてみたかったけれど、ランチラッシュで行列が出来ていたのと、さすがに14ヶ月の大臣が飽きてきたのでカフェを退散。
おなか一杯のハイパー大臣を抱っこして、BullringSelfridgesで駆け足のお買い物。
マダムもわたしも、田舎にはないお店ぞろいにウキウキドキドキきょろきょろしながら、タイムリミットの2時過ぎまで歩き回りました。
かわいい大臣、お店でも大人気でレジのお姉さんに「つれて帰りたいƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹!!」とまで言われていて(ホントはオムツがやばかったけど、笑)、わたしは親でもないのになんだかうれしかったのです。


お忙しそうな日程の中、わざわざ誘ってくれてどうもありがとう~。
とっても楽しかった☆
少しの時間でも結構おしゃべりも出来たし、またいつかミスターの空手なんかで本土に来ることがあったら遊んでね。



マダムと別れてから、わたしは一人でバーミンガムの都会をうろうろ徘徊。
マーケットでかわいいコットンレースなどを買い込み、中華街で念願の納豆を入手、その納豆をぶら下げてまたオサレなBullringでお洋服を見るだけじろじろ見て帰って来ました。

あー、楽しかった。
オットは実家とおじいちゃんおばあちゃんちめぐりをしていたらしいけれど、わたしが楽しかったのを聞いてうれしかったらしい。
そして、執拗に北アイルランドをアピールしておいたので、お小遣いがたまったら・・・いつか2人で北に遊びに行きたいです。
ジャイアンツ・コーズウェイで巨人ごっこするんだー。

そのときはどうぞよろしくお願いします、マダムご一家。



余談ですが・・・↓。

続きを読む
2008/02/22

目を離すなってことですね。

おかげさまで少しずつ風邪もよくなってきています~。
オットも一時はテニスボールが半分口に入ってるの?!ってくらい腫れていたほっぺですが、少しずつしぼんできて、ムーミンぐらいになったので、昨日から会社にも行きだしました。


さて、新年第2弾の手づくり石けん。
お約束の「失敗でぇ~す・・・」なしっとり目を狙ったレシピの石けんです。




#23. やぎバター石けん(750gバッチ)

goats butter soap

作成日:18/Jan/08   解禁日:15/Feb/08

材料:
オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、アーモンドオイル、
パーム核油、アボカドオイル、シアバター、ココアバター、
ミリスチン酸、ろ過水(35%)、苛性ソーダ(10%ディスカウント)

オプション:
ゴートミルクパウダー、ビタミンE、レッドパーム油(SF)、
ヘザーハニー

精油:
なし





狙いは決して悪くなかったと思うのです。
が!トレースが1時間たっても出なかったので、ラップをかけてテレビをちょっと見てたの。30分くらい。
で、戻ってきてみたらめっちゃ硬いトレースが出ていたので、あわてて温めてあったレッドパームとヘザーハニーをタネの半分に混ぜ混ぜ・・・P P

あとはもう無理やり型にぶち込んだのですが、案の定気泡入りまくり。
いや、気泡というより段になってますよ。
本当は二色あわせて層にしたりしたかったのに(小さなケーキ風のだけはかろうじて)、テンパッて一色ずつでドーンと入れました。
だからかしらね~、もちろんレッドパームとハニーを入れたほうがゆるくて、翌日も汗が出まくりのソーダ灰つきまくりのグニグニさんになってしまいました・・・・—Ž‚¿ž‚Ý

初めてこんなに大きなバッチを作ったというのに玉砕でした~(遠い目)。

プラスチックの箱で仕込んだオレンジ色のオプション石けんは、ドロッドロでさっぱり乾燥が進まず、型から出そうと逆さまにしてとんとんしていたら、下半分を残して出てきてしまう始末ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
元に戻して、合体してくれることを願いつつ2週間放棄→もちろん全然合体していなかったので、プラスチックのナイフでホジホジして上半分に塗り付けました。
もったいないくらい型にびっとり残っていたものはくるくる丸めて乾燥。これは小さめのみかんくらいのサイズになりましたよ・・・。トホホ。

あ~あ~・・・。
キレイなオレンジに、ヘザーハニーの甘いいい香りがするのになー。
残念。

熟成期間が終わってすぐに試してみたら小さめだけれどいい泡がふわふわ立ちました。
最近の感想肌に役に立ってくれるかも!と期待大だったけれど意外とさっぱりした洗い心地になりました。
なのでもう少し熟成させてから使うともっとしっとり要素が感じられるのかな?
また数週間したら使ってみようと思います。



さて、ワタクシー今日は午後から、全身塩マッサージ→温かい死海の泥パック→アロマローションマッサージを受けてきます☆
ママさんからのクリプリでいただいたサロンのバウチャーです。
叔母さんのアリからもバウチャーをいただいているので、それは次回ミニ・フェイシャルかタイマッサージかしに行くんだ~。
らりらりら~♪



磨いたらちょっとは光るかしら・・?

 

 

 




2008/02/19

決死の抜歯。


オット、親知らずを抜く半日入院、ついに行って来ました。

歯医者さんから「親知らずにでっかい虫歯があるから病院でアポをとって、抜いてきて」といわれてから早8ヶ月。
去年の秋に病院からレターをもらって、会社を休んで行くも結局レントゲンだけで、年が明けても音沙汰なく、2週間ほど前に忘れた頃にやってきた「オペレーションのお知らせ」通知。

たかが親知らず・・・なんだけれど、病院で一応半日にせよ入院になるので、手紙には食べ物飲み物は当日の朝は控えてくることや、もしかして状況が悪くなったときのための麻酔方法とか、読んだだけで行く気も失せるような内容がつらつらと書かれていました。

ちなみにオットは部分麻酔での抜歯を希望だけれど、親知らずは大体全身麻酔を受けるとか。
オイオイオイオイ・・・・・。わたしは盲腸の手術でも部分麻酔だったよ。
親知らずで入院って言うのもビックリだけど、全身麻酔っていったい・・・。


前夜からドキドキ、ナーバスなオットのためにかぜっぴきのツマ、マドレーヌを焼いたり、きっと抜歯のあとは咀嚼できないだろうから食べ応えのあるものをと、とんかつとサラダとスープとなすの炒め物などを作り、奉仕。
そのせいか、今朝はちょっとぶり返してまた非常に具合が悪かったけれど、8時までにオットを病院に連れて行かなければいけなかったので、とりあえずスッピンに眉毛だけ描いて4ヶ月ぶりに運転しました。

久しぶりの運転だというのに、道路はところどころ凍り、車も凍結。
さらにものすごい霧・・・・ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
朝早いのに出勤ラッシュのラウンドアバウトでタイミングがつかめず、後ろにちょっとした渋滞をこしらえ、病院到着。

霧のためか、午前中に歯科手術を受ける予定の患者さんたちが続々と・・現れなかったため(4人くるはずが来たのはうちだけ)、予定が繰り上がってうちのオット、一番乗りで手術室へ行くことになりました。
その前に色々血圧検査をしたり、親知らずの抜歯なのに術衣に着替えさせられたり、ドクターの説明を聞いたり・・・でなかなか大仰です。

ナースからは「約1時間から1時間半」といわれたので、ドキドキ不安顔のオットを見送ってから、喫茶室でゴシップマガジンを買って、お茶を飲んで1時間つぶして戻ってきたら・・・・むしゃむしゃと朝ごはんを食べているオットがいました。


え?もう終わったの?
って言うか食べれるの??!


どうやら手術(っていうのだろうか)はあっさりとすんで、無事に右の上と下の親知らずはスポッとぬけたらしく、手術室にいたのは30分もいなかったんじゃないか・・・ということでした。
ここから約2時間、麻酔の具合と抜歯後の経過を見るために待たされたけれど、お茶やビスケットなどを出されて至れり尽くせり。
お世話してくれたナースがとてもいい人で、ものすごくよくしてもらえました。
ちょっとオットのことが好みだったのかも(笑)。
でもてきぱきと働いていて、イギリスでもこんなに感じのいい看護士さんも居るんだね、と感心しちゃったわ。

さすがに下のほうは縫ってあるからそうでもないけれど、上は傷口を閉じられていないのでかなり出血していたけれど、経過もよくて1時前にはうちに帰ってくることが出来ました。
その頃には霧も晴れていたし、運転もまぁ大丈夫だったし(ホッ)。


オットは痛み止めと化膿止めの薬のおかげか、痛みもあまりないようですが・・・右側のほっぺしたのほうが見事に晴れ上がって、笑える痛々しいです。
オトコマエが台無しね~。



hospital bands
入院ブレスレット。
顔写真は・・さすがにかわいそうなので(笑)。

tooth fairies
この小さな封筒に巨大な親知らずが2個入ってました。
この年になってトュース・フェアリー、来るかね?(ママパパさんが見るまで来ないです)




ちなみにこの半日入院、NHSでカバーされるので無料でした。
NHSでも歯医者で抜歯となるとすごい金額がかかるのに、病院扱いになると無料ってすごいシステムだわ。
痛み止め2種と化膿止めの薬、そして止血のためのガーゼもただでいただきました。

医療に関してはいろいろ疑問もあるイギリスですが、とても感心しちゃった。


帰ってきてからますます膨れ上がる右ほっぺだけれど、無事に済んでよかったよ。
術衣を着て手術室に連れて行かれる心細そうな顔のオットを見て、親知らず・・といえどもとても悲しい気持ちになったので。
やっぱり健康が一番です。




とかいってまだ風邪はひいてるし、気をつけないと(宍戸錠・・←古!)と笑ってしまいそうな自分がいるんだけど。





2008/02/18

やっぱり久しぶりだったから、ね。

今年初めて作った石けんが解禁しました。
かれこれ2ヶ月ぶりくらいに気合を入れて仕込んだというのに、玉砕・・・したやつです。
お見せするようなシロモノじゃないけれど、まぁ自分のための記録+試練だ。



#22. 米ぬかグリーンティ (618gバッチ←なんて半端な・・・)

rice bran and green tea

作成日: 16/Jan/08   解禁日: 13/Feb/08

材料:
オリーブオイル、米ぬかオイル、パームオイル、
ココナッツオイル、アボカドオイル、ココアバター、
ミリスチン酸
チェリーグリーンティー(35%)、苛性ソーダ

オプション:
米ぬか、よもぎパウダー

精油:
クラリーセージ、オレンジ



写真では美しい朝焼けの光にまぎれてあんまり分からないけれど、四角いほうの石けんが大変なことになってます。
イギリスでは牛乳パックがプラスチックのボトルなので、野菜ジュースの空きパックを型にして、四角い石けんが出来るはずだったのに・・・・なぜかまったく固まらなかった、この石けん。
シリコンのかわいい小さい型に入れたのはササッと固まってスポッと気持ちよく抜けたのに、パックのほうはドロドロのまま2週間、無理やり時々はがして、表面をならして少しずつ乾燥させて、やっぱり最後はばりっととりました。
色もどす黒く(特に表面)、ジェル化したようなしないような?

でも今思い出しました。
確か久しぶりのグルグルで張り切って、今までもったいぶって使えなかったアボカドオイルとかも投入したくせに、苛性ソーダがほんの少し分量が足りなかったんだ。
パニクッて・・・でもそのまま入れちゃったんだ(なんて大雑把)。
あとから思えば、うちの近所には薬局もあるし、買いに走ればよかったんだけれど。
だからけん化価がちょっと狂ったんでした。
あ~、だからやわらかかったんだね~。勉強になったね~。←やけくそ。


解禁した今はガッチガチにソリッドです。
固めのオイルも入っているからね。
そして~、あわ立ちモコモコです!すっきりな洗い心地で、ほんの少しお茶クラリーセージ・・かな、香りも戻ってきます。
朝シャワー派の低血圧のわたしには、すっきり目覚めよく気に入ってます。


最近、顔のお肌がかっさかさのすごい乾燥肌+口の周りにニキビ、そしてほっぺたの辺りに赤いぷつぷつが出てきて、超鈍感肌のわたしとしては珍しくトラブルだらけƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
で、今まで何でもOKだったのに、石けんで洗うとすっきりさっぱり、そしてしっとり洗えるのですが、洗顔後すぐに突っ張りを感じます。
洗っている最中は気持ちいいんだけどな~。
だから洗顔後、すぐにネロリウォーターとヒアルロン酸で保湿→砂漠が水を吸い込むように吸収されていきます。

ねぇ・・・・老化?子も産んでないのにホルモン・・・狂い気味?
ほんの数週間前までは、何も問題がなかったのに・・・・枯れてきてる?!
うぅ、風邪ひいてるしな~。なんか色々欠乏しているんだろうけれど、悲しい・・・。

必死でフラックスオイルやヨーグルトなんかで洗顔後マッサージしたりしているけれど、やっぱりカサカサ。
お肌の曲がり角もいったい何週目だよ~(泣)。




落ち着いたらしみがまたひとつ増えてたりするんだよね。ふ。




2008/02/14

でも仲良しよ。


今日はバレンタイン・デーですね。
こっちのほうではチョコレートを贈る習慣というのはまぁないので、そしてこの日はどちらかというと殿方のほうからプレゼントを贈るのが一般的だそうで、大層楽チンです。
贈ってもいいけれど、わたしたちは今年はチョコレート断ちしているのでないし。

結婚してから1年目の時はそれはそれはすごかった。
去年は同居中で何もせず、映画に行っただけ。
今年は・・・特別感もさらに薄まったうえに、ツマ、風邪ひきました。←アイターƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


それでも早めにとってもかわいいカードを見つけておいたので、昨日サラサラと書いて枕の下に隠しておいた。
今朝、本当はオットにくっついて会社に行って、突然のバイトをさせてもらう予定だったので早起きしたけれど、やっぱり昨日の夜から始まったのどの痛みで行けず・・・・ベッドで転がりつつ、枕の下からカードを出してあげました。

オットからもカードが。そしてわたしが欲しいな~買っちゃおうかな~と悩んでいたパールのピアスも入ってた☆
どうもありがとう!!

valentines day 08



こんな調子なので、オサレしてどこか行くとかがんばってお料理をするとかちょっと出来なさそうな3年目のバレンタインです。

偶然だけどわたしからのカードは騎士(ナイト)が、そしてオットからは「ボクのオヒメサマ」と書いてありました(ゴメンなさいゴメンナサイ~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹)。

3年目にして王子とお姫気取りなバカップル(弱ってるけど)。
お姫どころかこれじゃぁ魔女だよ・・・・。
せめて帰ってくる頃までには着替えてお化粧くらいはしておくべきか・・・。




ケケケ・・・りんごはいかが~?



2008/02/13

古巣に戻り、トドと遊ぶ。

ココのところ気持ちよく晴れてますね~。
そんな気持ちのよかった先週末、土曜日からノッティンガムとレスター郊外に行って来ました。


まず土曜日はひっさしぶりのノッツ。
目的はオットの元コースメートカップルに会いに行くこと。
この2人、付き合ってから長いけれど、卒業してから別々に暮らしていたのが年末にまた2人で住むことになったとか。
彼女のセーラは今は学校の先生で稼ぎ頭。
片や彼氏のデックは・・・パートでのんびり屋さん。
大丈夫なのか・・・?と勝手に心配していたけれど、相変わらずまぁ仲良しでした(笑)。

久しぶりのノッツ。
近郊またはノッティンガムに住んでいる方たちには申し訳ないんだけれど、街のほうに入っていったエリアは相変わらずすさみきっていて・・・あぁゲットーって感じだった。

オットと2人「ある意味、ちっとも懐かしくないね~・・・・」といいながら、まずはアシアナ(アジア系スーパーマーケット)へ。
この時点で12時半くらいだったけれど、セーラもデックも今起きたって言うし、久しぶりに大き目のこういうスーパーで買出し。
お泊りだから、納豆とかキムチとか買えなかったのが残念(冷凍・冷蔵のため)。
だって・・うちの近所のお店の納豆は2パックで£1.85とかするんですものー。
4パックで£1.20と見て買い占めたかったわ。
お目当てだったザーサイとか黒酢とかはなかったけれど、やっぱり地元ではじわじわと値上がりしているココナッツオイルがものすごく安かったので大量買い。
そしてレッドパームオイルも500mlのものが90pと激安で大量に(笑)。
結局石けん用のものばかり目に付くわ・・・。

ようやく友達のフラットへ。
古い家が嫌いなセーラが好きそうな新築のきれいなフラットでした。
2ベッドルームで、マスターベッドルームはバスルームつきだった。

驚いたことにシティーセンターにはベガー(物乞い・・)がまったくいなくなっていて、いつも通っていた大通りでお金をせびられることもなく、新しいビルやお店も出来ていて以前ほど「・・・治安悪いわ~」というほどでもなくなってた。
ずーっと工事していたマーケットスクエアもキレイになってオープンして、中心にはかなりでっかい観覧車もありました。
やっぱり買い物するにはいい街です。たくさんお店もあるし、オサレなバーやカフェも一杯あるし。
でも住みたくないけれど・・・残念ながら。

夜はセーラが予約しておいてくれたレストラン「Cast」(ロイヤルプレイシアターにあるレストラン)でゴージャスにお食事。
すごく美味しかった☆
カメラもって行っていたのに、久しぶりの友達とのお食事に大笑いしてたらまったく写真を撮り忘れた・・・・・。
ちなみにわたしは、ハムのテリーヌの前菜にポロックという白身魚をメインにいただきました。
オットは最近はまっているレバーのパテとやはりポロック。
デックもレバーのパテを前菜に、そしてポークステーキとブラックプディングをメインに。
セーラはスープとなぜかステーキパイ。
どれもすごく美味しかったらしいけれど、スープで満腹のところ巨大なステーキパイが出てきて目を白黒させながら食べている彼女が笑えた。
苦しい・・・と本当に辛そうに食べていたくせにデザートも食べてたし(笑)。


日曜日は全然目覚めてくれないホストを起こさないように勝手にお茶を入れておとなしく待つ(笑)。
やっと起きてきてくれたデックがフルイングリッシュブレックファースト(ソーセージ!ベーコン!マッシュルームにトマトを焼いたものと目玉焼き+トーストという高カロリーな朝食)を大量に作ってくれていただきました。


それからIKEAに寄って激安のお皿とボックスなどを買い、わたしの友達家族に会いにレスター郊外へ。
友達フウフとそのトドラーちゃんに会うのも1年以上ぶり。
3歳になったばかりのトドちゃんはおしゃべりも英語と日本語で出来るようになってました。
カ・・・カワユイの~。
IKEAで買ってきた動物指人形はうれしそうだったけれど、↓で作ったおやつマットは別に気に入らなかった模様(笑)。
友達はすごく気に入ってくれたけれど。

月曜日、仕事のオットは美味しいお茶とコーヒーとケーキをご馳走になったあと、帰ったけれど、わたしは2日泊まらせてもらいました。
月曜日はトドちゃんが幼稚園の日だったので(ギャン泣きで行くのを拒否していたけれど結局つれてかれた)久しぶりに友達ともたくさん日本語で話せたし、お互い手づくりが好きなので色々おしゃべりして刺激されました。
アイディアとか一杯出てきて、学生のときに戻ったかのようにずーっとおしゃべり(笑)。
美味しいごはんも作ってもらってシアワセでした。

昨日も本当はトドちゃんを幼稚園に預けて、マーケットリサーチと称して街を散歩するはずだったのが、手違いで幼稚園に行けなかったので、お買い物とかはあまり出来なかったけれどかわいいトドちゃんに抱きつかれたりして、オバちゃん、結構楽しかった☆
ママは大変そうだったけれど、やっぱり日本の友達っていいなぁ。
本当にたくさん幸せな刺激を受けたので、これからまた丁寧に色々やりたいことをあきらめないでやっていきたいなぁと前向きになれました。

帰りの電車は一人で2時間くらいの長旅だったけれど、しかもちょっと酔っちゃったんだけれどうれしかった。
今までどこか行くのにオットの予定と合わせたり、頼んで運転してもらうから思うようにどこにも行けない・・とネガティブになっていたけれど、行きたかったら一人でこうやって行っちゃえばいいんだよね。


帰ってきてから疲れて伸びていたら、2日間一人で寂しかったらしいオットが思いっきり甘えて帰ってきた。
疲れているところ、ゴロゴロベタベタ・・・うっとうしいけれど、帰っていくところがあるのってシアワセなことです。ハイ。

今日は美味しいものでも作ってあげるかな。




実はこの4日間食べっぱなしだったのに・・・。



2008/02/08

おいしい手づくり。

裁断したまま放っておかれていた「おやつマット」、やっと作りました。


oyatsu matts



あちこちのステキな手づくりブログでかわいらしいサイズのマットを見て、あぁカワイイなぁ・・・と思っていたものの、うちのオットはマットにおやつを乗せるまで待てないタイプだし。
で、久しぶりに今度会いに行く大学時代のお友達とそのムスメ3歳のお宅だったら使ってくれるかも!とひらめき、作りました~。

中にはキルト芯を入れたのでフカフカ。
初めてのアップリケ(というにはあんまりにもお粗末だけど)もミシンでやってみた。


oyatsu matts - spoons


oyatsu matts - folks



どっちが表か裏かはそのときのおやつによって使い分けてもらえるように、スプーンとフォークを両面に縫い付けました。
子供がこぼしてもがんがん洗っちゃってもらえるように、すべて綿100%。

ステッチとかガタガタだけど・・・気に入ってもらえるといいなぁ。




それから、どうしても食べたかったフランクフルトソーセージのパンを焼きました。

sausage rolls



こっちのソーセージってグニュッとしていて、でもボリュームがありすぎてパンにしたいとは思えなかったんだけれど、フランクフルトだったらパキッとするかも!と思って。

パキッとしたし、すごく美味しかったです。
次は粒マスタードとかも入れて作ってみようっと。

パン作り、まだまだ手探りだけどちょっとずつ応用ができるようになってきて楽しいな~。




だから痩せないんだね?!

2008/02/07

残り物に福アリ。

街をふらふらしていて見つけた超特価お買い得セール残り物。
アラヤダ・・£5?と、あまりの値段に引き寄せられ、おばちゃんたちの間に混じって見つけた掘り出し物3点。写真、暗いけど。↓


yellow dress


kimono dress


black pleated dress



〆て£19なり。
上の2点は元の値段が約£50だったのに£5ずつ。
一番したのは元値が£100近くしてたのが激安に。


黄色のチュニックはもともと気になっていて、実は試着したこともアリ。
オットの「・・・なんか妊婦みたい~。セクシーじゃない~」というご意見+セールなのに£23というお値段で、そっとラックにもどしておいた物。
こんなお値段になるまで待っててくれたなんて・・・ウンメーだったんだね。

真ん中のドレスは着物風の合わせになっている細身のもの。
わたしのキャラじゃないな~と思いつつも着てみたら、アラいける?
こっちのOLさんが好みそうな感じだけど、最近のふっくらメタボっていうの?な体系にはとってもよくお似合いで。
オット、こういうの大好きです(笑)。
日本でこういうの着たらすごい浮きそうだけど、こっちだとすごくフツウです。
さすがに下にキャミか何か合わせないと・・・今すぐ授乳が出来そうなくらい空いてるけど。

そして一番下のは多分今期ものではないのかも。
普段は絶対に手に取らないタイプなんだけれど、なんだかピーンとコーディネートのアイディアが浮かんで、一人試着室で悩んだ結果買うことに。
Aラインでプリーツ入ってて~なんて、オットは絶対好きじゃないだろうとは思ったけれど、ディテールがすごくかわいくて、襟ぐりのクロシェの空きがかなり空いていてスクエアネックだから、モスグリーンのタートルなんか中に来て、グリーン又は赤のタイツにヒールのブーツを合わせたら女っぽく着れるんじゃないかしら・・・。
これ、実は£10だったのを・・・クロシェの部分がほつれていたので指を刺して・・・指摘してさらに10%ひいてもらっちゃった(恥)。

いい買い物でホクホクだけど、ちょっと恥ずかしいのでしばらくはあのお店には行けないわ~。


今年はブーツを買うために貯金していたのですが、悩み迷った挙句ブーツが予算の4分の1で買えたので、あまったお金でお洋服が買えたわ ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

普段着も自分らしく楽しく着たいし、新しい洋服をどうやって着ようかと考えるのはやっぱり楽しい☆
あんまり着てなかったカーディガンをリフォームしようかな、とか合わせる小物を作ろうとかアイディアまでも沸いてきた!

春になって薄着になっても着れるし、うれしいな~。
あ!バルセロナにもいけるね!



わたしってば安上がり~。


2008/02/07

レント・スイマー。

もう2日経っちゃったけど、火曜日は「パンケーキデイ」でしたね。
イースターまでの40日40夜の断食に向けて、あまっている卵・牛乳などを使い切っちゃおう、というために出来た「パンケーキデイ」。
もちろん気付いていなかったわたしに、朝の目覚ましラジオでの一言で知ったオットがわたしを揺り起こし「ねぇ、起こしてごめんね。今日はパンケーキデイだから・・・今夜はパンケーキ・・・がいいなー」と控えめにリクエスト。

パンケーキミックスという便利品も買うのを忘れていたので、適当に小麦粉と卵と牛乳で焼きました。
こっちのパンケーキはクレープのような薄いもの。
とりあえず数がいるオットのために15枚くらい焼き、玉子焼き、ハム、なぜかアスパラガスとマッシュルームのバターソテー、そして無償に食べたくなったポテトサラダと一緒にいただく。
デザートは、同じくパンケーキにメープルシロップとレモンジュースをかけて。

オット、大満足。


さて、この日からイースターまでの40日間のレントで断食はしないけれど、去年に引き続きチョコレート断ちを決意したママさんに習って、わたしも・・・・今年はチョコレート断ちをすることになりました!
こうでもしないと、あるだけ食べちゃうし~。
うちのチチも毎年「ラマダン」と称して、お酒を一ヶ月断ったりしているのでムスメのわたしもやってみるかってことで。
お酒は断てないし、うちには美味しいワッフルビスケットが山ほどあるし(オットが買ってきた)、ポテチもマルチパックが3つあるし・・・と、断てそうにないものばかり。
で、珍しく今うちになかったチョコレートを断つこと決定。
でもな~、来週あたりモーレツにチョコレートが欲しくなるんだよな~。


でも決めたからにはやるのよ!わたし!!
先週予言したとおり、今週になってあっさりリバウンドした体重のためにもチョコレートくらい断てるさ~・・・・・。

と、尻つぼみになってしまう前に、昨日は朝からプールにも行きました~!
お化粧をするようになってから初めて、スッピンで。
初めて行った市民プールは時間帯のせいか・・・おじいちゃんとおばあちゃんが8割がた。
ゆっくりフガフガと平泳ぎですれ違う老人たちと「おはようございます~」とあいさつしながら30分。
合計20本泳ぎました。

爽快な気分で帰ってきたけれど、そして調子に乗って今日も行こうと思っていたけれど・・・全身が筋肉痛です。
うち腿、二の腕全般、腹筋に背筋。
普段痛くならないところが全体的に痛い~。

あぁ、どんだけ運動してなかったんだ、わたし・・・・。
でもそんな筋肉もここぞと今スパルタ教育してやったら、多少は引き締まるのではないだろうか。
ということで明日もご老人に混じって泳ぎに行ってきます。



彼らはのんびりながらも1000Mくらい軽く泳いでたよ・・。



2008/02/05

やっぱりアナログ。


えー、本日も雨!なシュロップシャー。
天気のせいにするのはえげつないけれど、こんな天気が続くから色々長続きしないんだよね~。
もう仕事探すのも疲れちゃったし、無理やり「・・・・できなくはなさそう・・・?」とか「わたしの専門の端っこのほうにつながっているから応募するか・・・」とか頭で納得させて応募していくのも疲れちゃったし、返事が来ないのも疲れちゃったし。
やらなくてもいいなら何もしたくない、今日この頃。

が、家計は「そうは問屋がおろすまい」とどっしり仁王立ちでこっち見てるし。
オットも言いにくそうだから無言でわたしの仕事探しをしてるし。


ハイハイ、仕事しますよ。探しますよ。
とダラダラしているわたしに、オットのおばあちゃんから内職いただきました~。

おばあちゃんは今年77歳、葬儀屋さん経営。
趣味はウェルシュブラック種の牛飼い。


そんなおばあちゃん、お葬式が入るとアナログにも過去のパンフレットをクライアントに見せて、フォントやスタイルを選んでもらい、近所のなじみのコピー店(印刷屋ではなくコピーです)でカット&ペーストを文字通りやってもらってガガーッと注文枚数の葬儀プログラムパンフレットを作成しています。

おじいちゃんがおととしに亡くなったときに、おばあちゃんが健気にもおじいちゃんの葬儀を取り仕切っていて、そのお手伝いのときにこのパンフレット発注をオットと手伝って、あまりのアナログさに気を失いそうになった。
だって・・・すべてコピー機でやってるんだもの。
もうちょっと小さく・・この大きさで!と見本を渡しているのに、コピー機で勘を頼りに縮小しているから時間はかかるはお値段はするわ・・で、自分たちでやればよかった、とココロから後悔したのです。

で、話を戻して今現在。
生前予約をしていただいていた方の葬儀しか今は行っていないのですが、偶然にもこの2週間でふたつ葬儀が入ったので、ふたつ目のほうのパンフレットをわたしが受け持つことになりました(一つ目はもう終わった)。


日曜日におばあちゃんからパンフレットの形式とスタイルの説明を受け取り(合計5種類の過去パンフから色々とって使う)、いざ・・・。
が、肝心の故人のお名前の部分のフォントタイプが古過ぎて、遺族の方が選んだタイプがPCに入ってない ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
のでまずはネットでそのタイプのフォント探しからスタート~。

苦心するも見つけたけれど、今度はダウンロードするのにお金がかかる・・・。
のでイメージとして保存→ある意味やっぱりアナログにもフォトショップで文字を拾って加工、という気が遠くなるようなプロセスで作りました。
それさえ終わればあとは楽チンで、さっさと一枚テストプリントして翌日おばあちゃんにチェックしてもらう。

スペルミスなどを直してからいざ!90通のパンフレットのプリントアウトです。
が、途中でインク切れ。
オットが帰宅してから買いにいってくれたけれど、印刷の設定の制限で黒インクのみでの印刷が出来ないことに気付くこと、夜10時。

ガーン・・・jumee™Feel Depressed4

白黒のプリントなのに、ちょっとだけ青のインクが切れているためにすべて赤くなってきた。
色々フォーマットを変えようも、今までやった45枚が表裏ばっちり合わせてプリント、そしてサイズも合わせてあるのに、フォーマットを変えるとすべてがほんの少し縮小されてしまうため、やっぱりカラーインクを買い直してこのままのフォーマットで印刷するしかないらしい。

というわけで、本日雨の中インクを購入してきたので、ただ今印刷中です。

以前大学生のときに、印刷中に仮眠していたらわたしのibookも仮眠に入っちゃって、印刷ストップ&貴重な紙を何枚か無駄にする、というイヤなトラウマがあるため目が離せない。

やれやれ。



2008/02/04

ツマは知ってたよ。

オットはポテチが大好きです。
その中でも一番すきなのが「フラ・フープス」↓。

5000237081914_200.jpg


ニッポンの「ポテコ」のようなリング状のお菓子。
小さい頃、これを指にはめて、そっとかじって食べるのが好きだった。
大きくなった今は指に入らないので、ツマの指にはめてかじるのが好き(←メイワクはなはだしい)。

スーパーなんかで安売りしていたら買わずにはいられない。
そしてたいていは会社に持っていっておやつに食べるらしい。


先日も街に出かけてふらりと入ったパウンドショップにて、フラ・フープス12個入りを発見、そしてお買い上げ。
買い物途中におなかが減ったと2人でボリボリ食べていたのですが、実はこのパック・・・不良品だったらしく、カビらしき黒いブツブツがついていたことをオットが翌週の会社のおやつで発見。
わたし・・・気付かず2袋くらい食べちゃっていたけれど(汗)、他の袋も全部開けたところすべてにブツブツがついていたため、普段めったに怒らないオット、激怒。

そして、丁寧かつ非常に鋭い切り口の苦情文をあーだこーだ言いながら書くこと2時間。
あまりのすばらしい文面に満足しつつ、証拠品のフラ・フープスとレシートを同封して送る。


いや、たった£1なんだけれどやっぱり好きな商品に間違いがあるのは悲しいし、気持ちは分かるんです。
でも、オットは手紙を送ってから毎日のように「これで会社はすごい謝罪文と一緒にトラック一台分・一年分のフラ・フープを送ってくるに違いないね。または謝罪金だよ~!フフフ・・・・」ともみ手をしながら期待大。

・・・・イヤ・・・そんなことにはなるまいよ。
とちょっぴり冷めた目つきで諭すツマを尻目に、家族にも電話で知らせ、会社の同僚にも今年はおやつを買わなくてもよくなる、とまで言い切るオットに届きました、一通のお手紙とこちら。↓

voucher.jpg
£3のバウチャー。




とっても丁寧な謝罪文も入ってました。
わたし的にはひそかに「・・・この国で謝罪文なんて10年経ってもくるまい」と思っていたので、送ってから1週間も経たないこの対応にビックリ、そして感心しているんですが、オットの凹みようったらないんだけどー。

一応3倍返しなんだしいいじゃないの、といっているのに未だに「トラック一台分・・・」と恨めし気。
そんなこというくらいだったら、10歳児が書くような苦情文で送って同情を買えばよかったのに。




ま、それでもトラック1台分はないけど。



2008/02/01

一応成長は見えるってことで。


小さな頃から片づけが嫌いで苦手だった、わたし。

おもちゃ袋に入っていたレゴとかおままごとセットをさかさまにしてばらまく直前に、ハハが「遊んだらちゃんとお片付けもするのよ~」という一言で、遊びたかったおもちゃで遊ぶのをやめるような子でした。
片やちいさなイモウトは、よちよち歩きのくせに本棚の本を整列させていたという・・・。

そのわたしも大きく育って、人並みに片付けもしております。
苦手は苦手なんだけれども。


で、最近ちょこまかと増え続ける趣味の材料たち。
片付けてはいるけれど、どこにしまったか思い出せない三十路ヅマを想って、片付け大好きなオットが先週パパさんからもらってきた道具箱を譲ってくれました。

夕飯の準備も忘れて、今まで使っていた小さな裁縫箱や空き缶や小物入れにしまってあった裁縫道具を入れてみる。



sewing box 1
・・・・・オトコらしいなー。



本当は、女の子らしいキャスのこういうのとか欲しいんだけれど(キャラじゃないけど)、£40は出せねぇ。

cath kidston


それに・・・小さいし、きっとまたあふれかえって見つけたいものが見つからず、キィーーーってなること間違いなし。
あぁ、でもキャスからはかわいい仕切り箱(£16)も出ているよ。なんて商売上手。

とカタログと寂しく見比べるツマに、オット「わー、カラフルでかわいいね。ボクは文房具をオーガナイズしようと思っていたんだけれど(オットは文房具を整理するのが大好き)、糸とかこんなにカラフルでカワイイからボクのも使いな」とせっせとわたしの裁縫道具をもうひとつの道具箱に入れてくれました。


sewing box


ちなみにこの箱の仕切りの赤い入れ物は入れ替えが可能なので、カチャカチャとカラーコーディネートしたりひとしきり遊んでた。
どうもどうもー。


あんまりかわいくない上に、場所をとるので作り付けの棚の中にも入らないし・・・むき出しか。
でも、まぁどこに何があるかは一目瞭然でいいんだけれども。
あとはオットが勝手な解釈でかわいくカスタマイズしだす前に、自分で目隠し布とか作ろうっと。



ほんとにやりかねないんです。



■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。