blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/29

冬眠準備入りました。


寒いな~と思ったら雪が降りました、シュロップシャー。
うん・・・まだ10月なのにね。
冬時間に入ったらぐんっと冷え込み、ついに雪か・・・・・。
えーと、ココからあと何ヶ月くらい極寒なんだっけ?

で、最近の冷え込みに我が家の暖房装置はまったくついて来れていないので、オットが秘密兵器を出しました。



えぇ、寝袋ですの。スリーピングバッグ。
食後なんかにテレビを見るときにふたりしてミノムシになってます。
寝るときにココから出るのがまた辛く、ベッドの温まりも悪く、今年こそは湯たんぽを買っちゃいそうな予感がします。

本格的にわたしのマフラーコレクションを掘り返す時期がやってきたようです~。
オットのコートも!貧乏だからクリーニングに出しそびれていたけれど、もうそんなこと言ってられん。
日ごろのメンテ次第でコートの寿命も長くなるってんだ。

あぁ、今日も寒そうだな~><。
ミノムシとして冬眠したい気分だけれども、お仕事行ってきます。


みなさんも防寒して風邪引かないように~。



スポンサーサイト
2008/10/24

秋だしね。


寒いですね~。お天気はいいんだけれどね~。
9時過ぎの出勤なのに、家を出たら息が白かったです。
手袋買っちゃおうかなぁ~。>早。



さて、またまた放置しっぱなしの作りっぱなしの石けん記録。一杯できてるんですけどね。



#43.Olga* marron earth (750gバッチ)

Olga marron earth

作成日:21/Aug/09   解禁日:19/Sep/09

材料:
レッドパーム、EVオリーブ、ココナッツ、ひまわり、
オーガニック菜種、ろ過水、フレッシュヤギミルク(オルガ)、
苛性ソーダ

オプション:
栗皮パウダー、フラーズアース、オーガニックGSE、
コンフェ石けん

精油/香料:
ラベンダーEO、フランジュパニFO





秋用に、季節感を出そう!と思って8月末に作った石けんです。
シリコンのパウンド型にどーんと作りました。
大人ニキビをやっつけろ!」のマロンちゃんと石けん交換をしたときにいただいた、栗皮パウダーをやっと使うことができました^^。
マロンちゃん、どうもありがとう~。

栗っぽい色にしたかったので、レッドパームメインです。
しっとりと固めの石けんになりました。
結構美味しそうに見えるかも?栗のケーキ、食べたいなぁ。モンブランとか。

レイヤーにしたつもりはないけれど、栗皮パウダーのラインがちょっと入っていていい感じŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
せっかく季節に合うように作ったから、さっさとラッピングしなくちゃ。
どうやって包もうかな~。いつもと同じになっちゃうかな~(笑)。

フレグランスオイルのフランジュパニ、すごくいい香りで気に入ってます。
初めて使ったときはなんだか抵抗があったけれど、ふんわりと優しい香りが残っていてうれしい。
石けんのイメージとちょっと違う・・・という気もしないこともないけれど、これはこれでよし。


まだまだ出来上がっているの、あるのでまた今度しつこくアップします。
っていうか、そろそろ解禁しそうなのに型から出てない子もいるなぁ・・・・。
寒くってソーダ灰ビッシリで、悲しくなって見ないフリをされている子もいるし、そろそろ現実を見つめてがんばろう。



もう週末か~。一週間って早いなぁ。
みなさんも良い週末を。




週末はお呼ばれしてるんだ~♪





2008/10/22

あんまり参考にはならないです。



なんだか本当にのんびり更新ブログになってきてますねぇ。
色々あるんだけれど、なかなか文章にならなかったり、いろんな方のブログを読んで満足しちゃったりしている今日この頃。


近頃、映画を見る量もぐんと減ったのですが(映画代、高い・・・)、オンライン・レンタルのDVDではチョコチョコ見ています。
最近見たのは~、「The Other Boleyn Girl (邦題では「ブーリン家の姉妹」)」、「パリス・ジュテーム」、「There will be Blood」。


もっと見ているけれど、最近のはこの3つ。見事にばらばらのチョイスですが(笑)。


「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンが演じる、かのイギリス国王ヘンリー8世がカソリックにそむいて英国国教会を設立するにあたった、ブーリン家の姉妹の物語。
去年から、イギリスではBBCで「The Tudor」という、同じヘンリー8世とその周りを取り巻く人物の歴史ドラマが放送されていて、それに乗っかった感じで(?)この映画が出ていたので、DVDになってからすぐに借りました。
ちなみにナタリー・ポートマンが『アン・ブーリン(ヘンリー8世の2番目の妻)』で、スカーレット・ヨハンソンが妹の『メアリー』を演じています。

最初、このキャストを聞いたとき、なんとなくスカーレット・ヨハンソンがアンを演じるんだろうと思っていたら、逆でしたね。

BBCのドラマがかなり生々しくも細かく、去年のシリーズ1は、ヘンリー8世がアン・ブーリンに執着、ブーリン家はこれに伴い勢力を増したいのでスペイン人のクイーンを追い出し、アンをクイーンにしようとするところまで、そして今年のシリーズ2は、めでたくクイーンを追い出し、自らクイーンとして君臨するアン・ブーリンと息子を産むはずが女の子が生まれてヘンリー8世の愛情を失い、政治的にも失脚して斬首刑になるまでをシリーズとして描いているのに対し、すべてが1時間半ちょっと(?)の映画に収まり、さらに歴史的にあまり知られていない‘もうひとりのブーリン家の女’という視点で描かれたこの映画は、ちょ~っと物足りなかったかも。

主演のおふたりは、どちらも演技も上手だけれど、まるで「ガラスの仮面」の北島マヤと亜由美さんがそれぞれのキャラを交換した演劇で、あくの強い役を演じきった亜由美さんが脚光を浴びた、というエピソードを思い出させるような感じでした。
・・・・分かりにくいたとえでスイマセン。オタクでスイマセン。
個人的にしっくり来なかっただけです。

ナタリー・ポートマンが妖艶な男の人をそそのかすわがままムスメって・・・いや、できているんだけれど、やっぱり「The Tudor」効果でしょうかね。
って、「The Tudor」を見ていない人にはまったくわからないかと思います。
申し訳ない。

あと、もうひとつ付け加えるなら、イギリスの歴史的一大スキャンダルの話を映画化するならせめて、主人公クラスの俳優さんのうち一人くらいはイギリス人の俳優を使っても良かったんじゃないか、ハリウッド?!という気持ち。
ヘンリー8世にエリック・バナって・・・・。いや、いい俳優さんだけれどさぁ・・・・・。←歴史オタクのツブヤキです。




「パリス・ジュテーム」は恐ろしくランダムでした(笑)。
世界各国のフィルムダイレクターが、パリの地区をモチーフにショートフィルムを撮るオムニバスだからランダムなのはしょうがないんだけれど、でもこういうランダムな映画の割りにキャストがびっくりするほど豪華でした。
トレーラーがユーチューブで見れるので、気になる方はのぞいてみてください。

オットのお姉ちゃんが薦めてくれたものの、字幕で(しかも英語だし)見るのがだるくて、珍しく1ヶ月くらい借りっぱなしで放置しておいたもの。
見たら意外と面白くて、とても楽しめました。
日本からも諏訪敦彦(すわ のぶひろ)さんが監督作品を出していましたよ。

昔はフランス映画とか好きだったけれど、っていうかすごくたくさん見ていたけれど、5,6年位前から反動でかまったくもって興味がなくなってしまいました(笑)。
敗退的なのとか前衛的なのとか、ある意味哲学?って言うくらいな表現とか・・・疲れちゃったのね。
だから、これは「アメリ」以来のフランス映画で久しぶりに楽しめた映画。


最後の「There will be blood」。
ごめんなさい、邦題が何か分からないんだけれど、主演のダニエル・デイ・ルイスが今年のアカデミー主演男優賞をとった作品です。
結構な長編、そしてまじめな大作です。
20世紀初頭のアメリカで、オイル発掘のしごとをしているダニエルの孤独な人間性がとつとつと描かれています。
もうね、ちゃんと感想を文章で書き表せないのでこれだけだけれど(←投げっぱなし)、ダニエル・デイ・ルイスはすごいよ。

わたしは昔学生のころ、ダニエル・デイ・ルイスの「マイ・レフト・フット」を見て、家族があきれるくらいはじめから終わりまで号泣だったのですが、あれは物語のせいだけじゃなかった!
やっぱりダニエル・デイ・ルイスのすばらしい演技力が観客を感情移入させるんですよね。
この映画もとても物静かな映画だけれど、とても印象に残りました。
あと、音楽もとても効果的だったと思います。




ということで、最近見た映画記録でした。






月末から公開予定の新しい007映画「Quantum of Solace」は劇場に見に行くよ!



2008/10/18

がんばる異国人+ありがとう。


お天気がいい日が続いてますね~。
といっても、大体半日ずつ仕事なので「あぁ、いい天気!」とうっとりする間もない毎日です。

仕事はおかげさまで大分慣れました。
わりかし楽しく仕事してます。
が、最近疲れやすく、仕事が終わってうちに着くと、ばたんきゅーです。
夕食も手抜き、又はフルタイムで働いているオットに作ってもらったり。
でも、一応それでもテイクアウェイとか出来合いのものとかは使ってないからいいんだも~ん。


食欲の秋!でも秋刀魚とか栗とかかぼちゃとかマツタケとか(←それは日本でも無理)食べられない、いや手に入らないので、何か日本の食糧を!と思ってお店に入ったら、賞味期限切れ間近な納豆が少しお安くなっていたので、とりあえず買いだめ。
そしてお昼ご飯代わりに豪快に2パック食べました。
げふ、満足。
でも家中納豆くさいです。
キムチも食べたいなぁ。でも高いんだよなぁ。



ところで、仕事でお店のカードを作ることをお客様に勧めるのですが、自分自身このストアカードが嫌いだし、なかなか成功につながらなかったのが、今週1件やっと開けました。
で、申込書に記入してカード会社に電話して承認をとるのですよ。
これがまたわたしにとって大難関でねぇ・・・・・。
スペルをすべて分かりやすいように分解して言うのですが、生粋の日本人にこれはきつい。

たとえば、「A for Alpha (アルファのエー(A)」とか言うんです。
・・・・分かりにくい?
でも、すでに「B」はなんなのか忘れちゃったのでこれ以上たとえが続けられませんっ。>投げやり。

そんなわたしがどうやってしのいでいるかというと、申し込み用紙は4枚つづりで、カーボン紙なので下敷きがいります。
その下敷きにこのアルファベットのフォネティックリストがあるので、名前のスペルを確認しながら用紙をさっとめくって、この下敷きのアルファベットを探し~、とやるんです。

えぇ、ものすごい時間がかかりますの。わたしがやると。
電話の向こうの人も、ジッと我慢して待っててくれるんだけれどね、いやな汗をかきます。

おまけに、「T」が来たとき、これなら知ってるぜ!と下敷きをチェックせずに「T for Tea (ティーのティー(T)」と自信満々に答え、承認待ちのお客さん、レジ待ちのお客さん、マネージャー、そして電話の向こうの人から噴出しとともに失笑を買い、そして「・・・・Do you mean T for Tango (タンゴのティーね?)」と突込みが。

言われてみれば「T for TEA」っておかしい・・か。
でも分かりやすいと思うんだけれど。
ま、待っている人もニコニコしていたし、緊張していた場もちょっと和んだし(場を緊張させたのはわたしだけど)、笑いが取れればそれでよし!
残りも超のろのろで、無事に承認が取れました。


お~う、異国人だってがんばってるんだぞ~!と久しぶりに激しく思った瞬間でした。
もうこういうときは、異国人を丸出しに、ちょっと同情を買えるくらいの茶目っ気を出すのが一番ですね。
場も和むし、笑ってもらって優しくしてもらえるんだったらそれでいいよ、わたし!と思います。←こういうときだけ、実年齢は伏せとくに限るね。





そんな感じでがんばって帰ってきたら、おうちに小包来てました。↓



prezzies from s (2)



スロー&シンプルでいこう☆」のmaupanちゃんから日本の秋の味をいただきました♪
歯ごたえのある草加せんべい、お煎茶、水羊羹、とっても素敵なもみじ柄のクロス、そしてうれしい優しいメッセージカード。
ちょうど、ばりっと歯ごたえのあるおせんべいが食べたかったところに、やってきた小包。
とてもとてもうれしかったです。
お茶と水羊羹はオットと大事にいただこうと思います。

優しい心遣いと季節感のあるお手紙に贈り物、本当にありがとう。
これからも仲良くしてね~。



まとまりがないけれど、今日はこれでおしまい。
みなさんも楽しい秋の週末をお過ごしくださいね。




2008/10/14

週末日記。


どんどん日が短く、そして朝がくら~くなって来ましたねぇ。
まだサマータイムだけれど、どんどん・・・・秋らしく、っていうか冬に近づいているのを肌で感じる今日この頃。
気合が必要なんだよなぁ、冬時間に入ると。



さて、週末は充実してました。
いつものごとくお天気はよろしくなかったけれど、土曜日は街もにぎやか。
そしてワタクシ、1年と3ヶ月ぶりに髪の毛を切りました!
わたしはまだ初給料ももらっていないんだけれど、就職祝いにオットがおごってくれました。

今回行ったのは「AVEDA」。日本にもありますね~。
ここのプロダクトは環境や体のことを考えた、オーガニックの材料を使ったもので有名なので、せっかく久しぶりに髪の毛を切りに行くので、思い切って行ってみた。

まずはスタイルのアドバイスと、その後セラピストさんからヘッド&ショルダーマッサージ。
短かったけれど、気持ちよし^^。
髪の毛を切ってもらっているときも、ハンドマッサージもしてもらいました。
ブログのお友達のmaupanちゃんも日本でAVEDAのサロンでこのサービスを受けて、とてもよかったといっていたので楽しみにしていたけれど、本当に良かった~。

で、肝心の髪型は、背中も真ん中を通り越して腰近くまで伸びていたぼさぼさの髪の毛を20センチ以上カット。
肩より少し長めでレイヤーがびっくりするほど大胆に入ったスタイルになりました。
前髪も久しぶりに作って、厚めのぱっつん前髪です。
で、このスタイル、前髪に近いくらい短いレイヤーが全体的に入っていて、見慣れないわたしには・・・ちょっと古いけれど・・・「かまやつひろし」みたいに見えますが、どうなんでしょうね?
スタイリストさん、でっかいロールブラシでボリュームを出しまくりのセットをしてくれて、気が小さいわたしは困った微笑を浮かべながらどうしていいか分からなかったです(笑)。

オットは、「イメージが変わっていいじゃない~^^」って言ってくれたし、その後来てくれたお友達も「いいんじゃない~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹」といってくれたんだけれど、鏡を見るたびに戸惑いを隠せなかったです。
見慣れてきたけれど。
ま、見慣れるのに時間がかかるくらいスタイルが変わったってことですね。




この日の夕方は、この街に住む二人のきれいなオネエサンたちをお食事にお呼びしました。
デスティニーmayuちゃんを通して知り合えた、日本人のお友達です^-^。

なべにするか、オットが食事を作るか・・・で悩んだのですが、結局、最近料理の腕がメキメキ上がり、自覚もばっちり!(褒められたがり、ともいう)なオットが張り切って3コースディナーを作りました。
おかげでわたしは、日本語でたっぷりおしゃべりができてとっても楽しかったのです。


肝心のお食事は、きっとお料理も上手であろうお友達も、あっと驚くすばらしいできばえ☆
ちょっと写真が暗いんだけれど、載せてしまおう~。








111008 (7)
スターターにはお豆のサラダ。








111008 (9)
メインはタラのバター焼き&サルサ・ヴァーディ。













pudding.jpg







スターターは、この間、kayちゃんのおうちでご馳走になって、とっても美味しくて気に入ったのを早速ウチで何度もリピートしている美味しいサラダです。
この日は、レンティル、ブロードビーンズ、枝豆、チックピーズ、インゲン豆にフェタチーズを。
ドレッシングは、EVオリーブオイル、レッドワインヴィネガー、レモンジュース、塩コショウとトマトピューレ(でいいんだよね?kayちゃん?)。
お豆なのでこれだけで結構おなかが膨れちゃうんだけれど、さっぱりしているからモグモグいけちゃいます。

メインはオット得意のさなか料理。
オットごはんの定番にもなってきている「サルサ・バーディ」がとてもフレッシュで、スターターで結構おなかが一杯なのにあっさり食べれてしまいました。
お友達が、「今までイギリスで食べた魚料理の中で一番美味しかった!」とオットに言ってくれたので、オットはとてもうれしそうでした。
・・・っていうか、その後どんどんお酒が入っていって、おふたりが帰った後もずーーーーーーっと「ぼくの魚料理が一番だって・・・。ぐふふふ」とひとり悦に入っていたんだけれども。
そして、その翌日家族に電話してまで自慢したり(笑)。
でも美味しかったのですよ。



で、デザートは「アップル・シャーロット」。
イギリスの秋冬のお菓子です。
100万カロリーくらいあるかと思われますが、これが初挑戦の割りにとってもとっても美味しかった!
クッキング・アップル(ふつうに食べても甘くないりんご)とシロップ漬けのステム・ジンジャー(しょうがの茎?)をコトコトと砂糖を入れて煮たものを、オーブンプルーフのボウルに溶かしたバターを塗った食パンを敷き詰めたなかに入れてオーブンで焼くお菓子です。
出来上がりにクロテットクリームをドスンと乗せていただきます。
周りのパンはかりっと香ばしく、中のりんごはドロッと甘酸っぱく・・・濃厚なクロテッドクリームとの愛称もばっちり!

みんなお変わりまでしてくれて、大絶賛のデザートでした。
ふたりとも痩せているのにペロッと豪快に平らげてくれてどうもありがとう~。←・・・どうしてそんなに痩せたままなんだろう、不思議~!by こっちに来てから4キロ太った人。

とにかく、オットもわたしも感激でした!
楽しかったのでまたやりましょう~。あ、でもオットは自分で高くしたハードルにちょびっとビビリ気味だけど(笑)。





あんだけ食べまくったのに、日曜日は空腹で結構早めに目が覚めた。
あぁ、そんなにがんばらなくてもいいのよ、胃・・・・。

昨夜褒められたのがとてもうれしかったらしいオットが、朝食も用意してくれました。↓




111008 (2)
フルーツてんこ盛りヨーグルト。




美味しかったです。げふ。

さすがに動いて消化しないと・・・と、この日はいいお天気のシュロップシャーをお散歩。



121008 walking (1)




あんまり写真じゃ見えないけれど、紅葉がとてもきれいで、たくさんの人がお散歩を楽しんでました。
週末恒例のお茶をしてから、街をぬけて帰る途中、すごいものを発見。↓







121008 walking (7)
クリスマス・ツリー設置中。




早い!早すぎだろう!!!
年々早くなっている気がします。

これを見るとさ~、いやおうなしに冬支度ですよ・・・・・。






まだ夏時間だというのにねぇ。
長くなったのを最後まで読んでくださってどうもありがとうƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹









2008/10/10

オルガシリーズ、スイーツ風。


先日、とんでもない大失敗石けんを書いてしまったので、続々と出来上がっている比較的まともな石けんをUPします。
ホラ、意地っ張りだから。自分が作ったとはいえ、失敗作が最新の「手づくり石けん」記事なんてイヤじゃないですか。←自己満足なんでスルーしてくださいませ(笑)。


え~と、あれはかれこれ2,3週間前。
いいお天気が続いたときに撮影をしたんでした。



#41/42. オルガ・ネトル&オルガ・ネロリ

olga neroli  nettle (1)

作成日:20/Aug/08   解禁日:18/Sep/09


#41.オルガ・ネトル(グリーン)の材料:
EVオリーブ、ココナッツ、アーモンド、オーガニック菜種、
ミリスチン酸、オーガニックミツロウ、
ろ過水&フレッシュヤギミルク(オルガ)、苛性ソーダ、
フレッシュネトル、カレンデュラペタル、ビタミンE、
キャスターオイル(SF)

精油:
ローズマリー、ジェラニウム、ラベンダー


#42.オルガ・ネロリ(クリーム)の材料:
EVオリーブ、ココナッツ、アーモンド、オーガニック菜種、
ミリスチン酸、オーガニックミツロウ、
ネロリウォーター&フレッシュヤギミルク(オルガ)、
苛性ソーダ、フレンチピンククレイ、イングリッシュハニー、
ビタミンE、キャスターオイル(SF)

精油:
ネロリライト、ラベンダー、ジェラニウム







前回あんまりきれいにできなかったシリコンのクグロフ型で、2色にしました。
グリーンのほうがネトル入り、クリーム色のほうがネロリウォーターを使ったものです。
すこ~しだけピンククレイも入れたような気がするのですが、まだ切っていないのでどうなっているかは不明。

ほぼ同じ材料と分量で、オプションと水分の組み合わせだけを変えたのに、グリーンのほうがトレース重めで、クリームのほうはゆるめでした。
不思議~。
だから・・・相変わらず気泡が少し入ってしまったよ・・・><。
色の切り替えのところで、すこしカレンデュラの花びらをいれたので、色の感じとか、とてもかわいくできたんだけど。>自己満足ですの。





olga neroli and nettle




構図としてどうなのか・・・はっきり言ってだめなんじゃ・・・とも思うんだけれど、気持ちの良いお天気の日に我が家のちっこい庭で、あ~でもないこ~でもない、と撮影したのです。
ご近所さんの注目の的(笑)。


これは見た目がお菓子みたいでかわいいけれど、どうやって包もうか・・・。
ラベルのデザインはなんとなく決まっているのですが、切るのがちょっと惜しくて放りっぱなしです。

あわ立ちも香りもほんのり優しくていい感じ。
石けん作りは楽しいなぁ。


この後もすでに3つくらい解禁しているのがあります。
カットもしていない子もいるわぁ・・・・。
それはまた今度記録します。←早くしなさいよ~、自分!

あの大失敗から作っていないのですが、また作りたくなってきました。
むふ。



さ、今日もお仕事です。
行ってきま~す。




2008/10/07

カルチャーショックから学ぶ。



昨日はお休みだったので、1週間ぶりに朝、走ってみました。
ら、カメラを持っていなかったのを後悔するほど美しい朝もや。
寒かったから、川の温度と空気中の温度が違ったようで、川の表面に霧みたいなのが浮かんでました。
って、説明じゃ分からないよね。
帰ってきてから、カメラもって写真を撮ろうと思ったのに、久しぶりに走った+寒かったせいで久しぶりに喘息出ちゃったので、うちに着いたらとりあえず吸入して転がってました。テヘ。
でもとっても美しかったんですよ。

今朝はまた雨~。
川もまたあふれてます。



それは置いといて、今日のお題について。

8年近くも住んどいていまさらカルチャーショックもないんだけれども、いい意味でのカルチャーショックだったので。


オットの同僚、Mさん。
運動大好き、通勤もちゃり通で今年50歳になったけれど、とてもお若い気のいい人。
とっても面白い奥さんと、照れ屋だけれどとても行儀のいいムスコ11歳と、ほんっとーーーーにいい子で優しくてかわいいムスメちゃん9歳と暮らしてます。

Mさんには、若いころ結婚した(とっくの大昔に離婚)奥さんとの間にもうひとりムスコがいます。
え~と、21歳くらいかなぁ。

Mさんはすっごくいい人だけれど、残念ながらこの前妻とかなりいやな思いをして別れたらしく、未だに「悪夢のようだった・・・」というくらい。
だからかな?前妻とのムスコその1とはあんまり親しくなかったようです。
といっても、毎日テキストとかはしているみたいだけれど。


で、本題。

このムスコその1くんが、数ヶ月前に遊びに来ていたとき、なんだかモゾモゾはっきりしないな~という態度で、帰り間際にもそっと何か言ったのを、奥さんが耳ざとく聞いて、はっきり言わせてみたら・・・ムスコその1くん、ゲイだということでした。


ショックを受ける一同。>そりゃそうだ。

でも、奥さんが肝っ玉の入った面白い人で、大きく捉えないようにどんどん話を聞いてあげたらしく、ムスコその1くんもずっとお父さんにカムアウトしたかったみたいで、ちょっとほっとしたように泣きながら話してすっきりして帰って行ったらしい。


これだけでもちょっと、「・・・ほ~」となんと反応していいか分からなかったのですが、カルチャーショックはココからです。


はっきり言って、息子がゲイとしてカムアウト、というシチュエーションは親として・・・ワースト・ナイトメアのひとつといって過言ではないはず。
この悪夢のようなシチュエーションに面した、父親のMさんが取った次の行動。
自分の母親、つまりムスコその1くんにとっておばあちゃんに電話して、長男がゲイであることを静かに報告(!)。

そして、電話で報告を受けたおばあちゃん、即!孫に電話して、「最近会っていないから、近いうちにあなたのお友達をつれてお茶しにいらっしゃい」と。


すごくないですか?
いくら大人とはいえ、こういう状況で冷静に家族に報告、そしてパニックになることなく状況を受け止めて、温かく受け入れる、ということはとても難しいはず。
日本人的感覚かもしれないけれど、こういうことをお年寄りの耳に入れるのとかってどうなの?!と思いがちなのに、即座にお年寄りだろうがなんだろうが家族として報告。
なかなかできないよな~、と思うんです。


さて、おばあちゃんから思いも寄らない電話を受け取った、ムスコその1くん。
電話が終わって、まさか・・・?と思い、父親に確認の電話をして、自分のことが家族に知れ渡り、なおかつだれも批判したりしないで優しくいつものまま接してくれることを知りました。

多分・・・その1くんにとっても、辛かったと思うんだよね・・・・。
親の期待を裏切った、とか、自分はほかの人と違うんだ、とか。
でも違っても、家族には変わりないんだよ、というふうにみんな変わらず接してくれるのは本当にうれしかったんじゃないか、と思います。




そしてさらに後日談。
この間、オットの会社で仕事をした後で、Mさんのおうちにお茶に寄りました。
かわいい子供たちとゲームしたり、ウサギを触らせてもらったり。

ムスメちゃんはこの7月に9歳になったのですが、そのお誕生日プレゼントは、なんと最新式ソニーの携帯電話。・・・わたしのは4年前モデルのお下がりなんですが~。
で、うれしそうにピコピコ携帯を操っているときにテキストメッセージが。
わたしが、「だれから~?親友の○○ちゃん?」と知ったかぶって聞いてみたら、
「ううん、あっ!わたしのハーフ・ブラザーからよ!」と。

まぁ、ハーフ・ブラザーとも携帯でメッセージ送りあって、なんて微笑ましい・・・ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹と目を細めていたら、ムスメちゃん、「あのね~、わたしたちのハーフ・ブラザーはね、今ボーイフレンドとバーミンガムに住んでるのよ♪」とにこやかに。

・・・・一瞬息をのむ日本人 ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
わたしの頭の中では「・・っえ?ボーイフレンド?!」と突っ込むべきか、ふつうにさらりと「へぇ~」と流すべきか、または何かほかに気の利いたことを・・・・、っていうか何を言ったら気が利いているように聞こえるんか?!とグルグル突っ込んでまして。
困り果てているように見えたわたしを気遣って、ムスメちゃんとムスコちゃん、先を争うようにハーフ・ブラザーのことを説明してくれました。


すごいなぁ。
Mさんも奥さんも子供たちも・・・懐がでっかいなぁ~。
でも、こうやって子供たちにも隠さずに事実を話して、それで子供たちは、別に人と違っても大丈夫!という公平な人に育つんだよね。


なんだか目からウロコでした。

差別、という言葉はみんな嫌いだし、そんなことはしない!と思っていても、無意識のうちに境界線を引いてしまうことってあると思うのですが(目に見える形にしても見えない形にしても)、とても公平な人間性を垣間見て、わたしもこういう風な人になりたいな、と思った。


というわけで、いい意味でのカルチャーショック。



長々とちょっとシリアスな問題を語ってスイマセン。←シリアスな文調じゃないんだけれども。
場を和ませるために(?)かわいい写真も載せときますね。↓








pups.jpg
子犬、もりだくさ~ん!・・・和みましたか?





2008/10/04

ヤワになってるかも。



珍しく(?)ブログをちょびっと放棄してました。
だって忙しかったんだもん~。

仕事して英語漬けで(←当たり前)、5時間労働の日はおなかがペコペコで這うようにして帰宅→何かを貪り食う→グルグル→おなかが減っていないのにばんごはんクッキング→でもちゃんと食べる→おなかが一杯で寝られずぼ~っと11時半くらいまで起きている→朝、眠くて寒くてつらい→一番最初に戻る。

こういう生活。
ヤワになったな~。
まだまだ若いつもりだけれど、9時過ぎから仕事で1時過ぎにはくまができてるもんな ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
お化粧もよれよれだし(笑)。
あと、昼間にこんなに英語で弾丸トークしなくちゃいけないのもとても久しぶりなので、それも疲れる要因かと。

木曜日かな?帰ってきてからブログを更新しようと思って、うちのウスノロPC(日ごとに遅くなっていくのでネットが立ち上がるまで7,8分かかります)を立ち上げているあいだ、寒くて毛布に包まって・・・・そのままPCの前で寝てしまいました。
寒さで目が覚めたんだけれど、40分くらい気を失っていたようですよ。
どうなの?わたし?!



ま、それは置いといて~。
それでも2回、グルグルしました。
一つ目は、ある方をイメージしてグルグル。
自分で言うのもなんだけれど、とてもいい感じにできている・・・と思います。
あ、でもあくまでわたし基準だから、そんなにきれいじゃないけれど。


で、気をよくして、水曜日の仕事上がりにもグルグル。
これは、某コミュニティーに思わず載せてしまうくらいの衝撃的大事件になってしまいました。

もうかれこれ、石けんを作り出してから51作目なのに、1キロもの大バッチなのに~!!!
ちなみに、オリーブ、米ぬか、ココナッツ、パーム、グレープシード、ミリスチン酸少々&オーストラリアからママさんが持ってきてくれたラノリンを2%ほど、というオイルの組み合わせ。
なぜか、苛性ソーダ水をオイルに混ぜ合わせてから5分くらい後にすでにしっかりトレースが出始め、10分経つころにはかなりしっかりトレース。
これはいかん!と用意していた精油とビタミンEを投入(ほんとにちょっとだけしか入れなかったのにラノリン臭がすごかったため)するために、30秒ほど目を放した隙に・・・・・・過去最強に固まってました ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

冗談抜きで、ウィスクが抜けないくらい・・・・。
それでも、混ぜ合わせている苛性ソーダ水は水分の3分の1だったので、残りの水分・ヤギのオルガのミルク&フレッシュネトルをブレンドしたものをとりあえず投入。
混ぜる、というより『マッシュ』しました・・・・・が、20分のタイマーがなるころにはこんな姿になってました↓。






DSC00335.jpg
ンノォ~~~~~~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹!!!!




原因は・・・苛性ソーダ水を混ぜたとき、すごい勢いで温度上昇したことかなぁ~(遠い目)。
えぇ、湯気出てましたもん。
でもさぁ、そんなに熱くなる材料だなんて思わなかったんだもん・・・・。うっうっ><。

貴重なラノリンを使ってるし、1キロも作っちゃったし・・・もったいないから一応保温バッグにぶち込んでみたのですが、どうにかして救出することは可能でしょうか?!
賢明なる読者の皆様、何かアドヴァイスがあればどうかどうか・・・・一言くださいませ。
石けんを作ったことのない、これまた賢明なお友達!「キモイ~!」という突込みから励ましの一言まで、なんでもアリなので、からんでください。
ほら、日もどんどん短くなって暗くなるし、寒いからヒーターもつけちゃったし、からまれたいんですよ(笑)。


では、みなさん良い週末を~。っていうか、日曜日を~。





ちなみに、保温バッグの中身を確かめる勇気なし!




■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。