blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/29

とくべつ木曜日。

またまた更新がとだえておりました。
実は実は、家族が増えました。








bebe







妊娠36週初日であった5月21日の木曜日の朝6時25分に、男の子を出産したのです。
予定日より4週間も早かったけれど、2730gのイギリス人もビックリの健康サイズのべべです。
突然の早い家族の登場にびっくりしたけれど、親子とも元気。

今年は木曜日に縁があるなぁ、と思っていたけれど本当に木曜日に生まれてきた我が子。
4週間早めに生まれたので保育機に1日入って、そのあと黄疸が出たり、母乳指導などを受けたりしたので結局1週間くらい入院して、水曜日に帰ってきました。

まったく用意が整っていなかった家での子育て開始でアワアワですが、かわいい我が子と優しいオットとの家での時間はとってもとくべつです。
自分の子供はかわいいもの、と聞いていたけれど本当にかわいくてかわいくて、寝ても覚めてもべべのことばかり考えてしまう。

無事に生まれてきてくれてどうもありがとう、という気持ちでいっぱいです。




というわけで、しばらくパタパタしているのでまたもやブログの更新ものんびりになると思いますが、取り急ぎご報告。
時間ができたら、余裕ができてきたらまたよろしくお願いします☆



スポンサーサイト
2009/05/19

無邪気ってすごい。

ぼんやりほげほげなここ1,2週間。
仕事が終わって、楽しみにしていた旅行も終わって気が抜けちゃったらしい。
それと同時に毎回書いているけれど、お天気も悪くてうまいこと外に出るタイミングを見つけられずにいます。

が、重い足腰とおなかに気合を入れて、ようやくベイベのためにビブでも作るか・・・と裁断しました。
今はそれにせっせとワンポイント刺繍を入れているところ。
こんなのろのろペースじゃ出来上がる前に生まれそうだけど、なぜか刺繍したい気分なのです。


ところでウチのオット。
毎日でかくなるツマとそのおなかを目に、だんだん父性も強くなってきたよう。
「あと5週間だね!」、「あと4週間と○日だね!!」と日々カウントダウン。
ついにコットのマットレスも注文したし、週末はパパママさんのところにおいてある新しいバギーも組み立てたし(イギリスでは生まれる前にバギーを家に持って帰るのは不吉だそうで)。

先週も忙しくて、やりたかったことができなかったし、今日は突如のロンドン行きなどでストレスが溜まりまくっているけれど、今週は何が何でも金曜日を代休でとって、無法地帯と化しているスペアルームの大掃除&模様替えを決行するそうな。
いらないものや無駄なものが沢山ありそうだなぁ。っていうか、あるんだけれど。
ツマが整理しなくちゃいけない分野も沢山あるけれど、今は精神的に脱力状態が続いているしドジなのでもう一気に一緒にやるのが一番よさそう。


そんなやる気に満ちたオット、父性が出てくるのはありがたいけれど、まだひとりも生まれていないのに、


  「将来的にはさ~、3人子供欲しいよね!ボク、『3』って一番好きなナンバーだよ。
   理想の世界では~、オトコ・オンナ・オトコっていうふうに子供がもてれば最高☆」


とか、だれそれかまわず言いふらすのはやめてくれ。


はっきり言って~、それってDV(ドメスティック・ヴァイオレンス)だから~。
わたし・・・四十路も目の前に差し迫る勢いなのに、コロス気?!

そりゃさ、あなたくらいの年だったらあと2人でも3人でも産んでやろうじゃないの。
でもね、もう36なのよ、アタシ。
ということで、とりあえずいまはおなかの中にいるこのベイベに集中しましょうよ。

まったく・・・無邪気にもほどがある。





あ、予断ですが、無邪気なオットはユーロヴィジョンコンテストが好き。
今年のUK代表の女の子のことをなぜかとても気に入り、やけに応援。
各国の結果発表の際にも無邪気な発言を多発。

なかなか点数が伸びないのにイライラしだし、ギリシャが結果を発表するときのひと言:

「カモ~ン、ギリシャ!!!もしUKに12ポイント(一番の高得点)をくれるなら、戦争のときドサクサにまぎれて持ってきて大英博物館に展示しっぱなしの神々の彫刻を返してやってもいい!!!」


・・・・すげー。
こういうユーモアのセンスは嫌いじゃないけれど、たかがユーロヴィジョンコンテストになんて暴言を・・・、と思ったらギリシャってばUKに12ポイントくれましたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


うわぁ、オット。
どさくさにまぎれて自国の泥棒行動を認めてたけどどうするんですか~。
と、問い詰めたところ、今問題になっているMPの経費請求問題が一段落したころに問題提議の文書を国会に送ってみるそうな。

・・・がんばれ。




口は災いの元~。
次元こそ違えど、ママさんとそっくり~。ママさんの無邪気さには誰もかなわないけど。






2009/05/18

ヨーク、2人半旅:お食事編。


なんだか毎日ボンヤリのんびりしながらどんどん過ぎてます。
お天気悪いしねぇ、英国。いや、シュロップシャーだけなのかしら。
週末もお天気が悪かったし。

あのおいしかったヨーク旅行から、早くも1週間以上が過ぎてしまいました。
何もしないでも時間は経つのよね。




では、国内旅行のわりに引っ張りまくっている、ヨーク旅行記の晩餐編。

この日の夜も友人サイとその彼女のセーラとご一緒。
世界各国のビールが飲めるという、いい感じのパブで待ち合わせ。
どんなに種類があろうともビールは頼めないし、わたしはジュースでとりあえず乾杯。

しばらくおしゃべりしたあとに、この日のディナーをいただくレストラン「Harvilles」へ。
サイの友達がマネージャーをしているレストランで、とても新鮮なシーフードとステーキの専門レストラン。
ミシュランスターを狙うような店らしい。
お手洗いにはロクシタンのハンドソープとクリームがあったし!←庶民。

普段そういうお店は緊張するし、お値段もお高いだろうし、徹底的に避けて通るわたしたちだけれど、ここはせっかくだし行ってみたら、もう~外から見ただけで気の小さいわたしたちフウフはもじもじしてしまうようなポッシュなレストランでした。
でもサイとセーラは行きつけているだけあって、あっさり2階のカクテルバーへ。
サイに釣られてオットも、ジェームスボンド気取りなドライマティーニとか飲んで、わたしもせっかくだしノンアルコールのカクテルなんていただきながら、メニューを検討。
店内はとても混んでいて、しばらくはゆっくりと2階のバーでおしゃべりしてから、レストランへ。


では、いよいよお食事です!









前菜~。

sat 9-5-09 (55)
わたしとオットでシェアした、この日のスペシャル。
スイートチリソースでマリネしたえびのフィロペイストリー巻き。





sat 9-5-09 (56)
サイはレストラン名物の新鮮生牡蠣。





sat 9-5-09 (54)
セーラのは、カラメライズしたたまねぎ入りのブレッド・プディング。








続いてメインコース。

sat 9-5-09 (58)
わたしは、シーバスのグリル。





sat 9-5-09 (60)
オットのツナステーキ、サフランマヨネーズソース。






sat 9-5-09 (59)
セーラのレモンソール(カレイ)。






sat 9-5-09
そしてサイのランプステーキ。




スターターはどれも美味しかった☆
って、牡蠣は試さなかったけれど、とても新鮮そうで美味しそうだった。
特にセーラのブレッド・プディング、ほんのり甘みがあってウチでは絶対に作らないタイプのものだし、なかなか。
オットはスレート(石版)のプレートが欲しくてしょうがないので、そのプレゼンテーションにも釘付け。

メインは、お皿がやけにでかかったので小さく見えますが、ボリューム満点。
わたしのシーバスはさっぱりとよく塩コショウされていて、皮もパリッとしていてとても美味しかった。
セーラのカレイも美味しそうだった。
オットのツナステーキも良かったけれど、実はひそかに和の舌になりつつあるオットには物足りなかった+サフランマヨネーズのソースは合わなかったらしい。
うんうん、ツナステーキはごま風味のおしょうゆ、またはあっさりバルサミックヴィネガーとかがいいよね。
サイのステーキは・・・実は筋が沢山入っていて、お値段の割りに(£24!!!)あんまりいいものじゃなかったらしい。

このほかにもサイドの付けあわせとして、ニューポテトとかチップスとかサラダとかと一緒にいただきました。

とにかくマネージャーの友達、ということで特等席で至れり尽くせりのサーヴィスを受けた。
わたし以外の人たちはじゃんじゃん高級カクテルやら、ワインやら飲みまくりだったし、途中でお会計のことは考えないことにして(笑)、飲めない分おされなデザートも一人で頼んじゃって、他のお客さんたちがみんな帰っちゃったあとも残ってお茶やら飲みながらゆっくりさせてもらいました。

この日もだいぶ・・・サーヴィスしていただいて本来のお値段よりだいぶお手ごろなお会計でした。
それでも普段のわたしたちの感覚から言ったら高級ディナーだったけど、ニッポンの父母からわたしの誕生日にお食事資金をいただいていたので、それを当てさせていただきました~。
お父さん、お母さんどうもありがとう。そしてサイ、どうもありがと。


かなり酔っ払っていた様子のサイが「もう1杯飲んでから帰ろう~」と言うので、もう滅多にこういう機会もないだろうし、夜遅くまで出歩いていることもないだろうし、ということで元気でぴちぴちの若者たちでにぎわうバーでまた一杯。
楽しい時間を過ごして、夜中の2時近くに宿に帰りました。
いやぁ、ニンプー元気だったわ。ベイベも。


といってもほんの数時間寝たら、B&Bの朝ごはんの時間で起きなくちゃいけなかったのでさすがに日曜日はグダグダ。
せっかくいいお値段のB&Bに泊まってるし、わたしは意地でもフルイングリッシュ・ブレックファーストをいただいたけれど、オットはちょっとした二日酔いでトーストのみ。
本当は朝10時のチェック・アウトだったのにもかかわらず、B&Bの奥さんが10時半でいいよ~と言ってくれたので、ゆっくりシャワーに入って出ました。

帰りにナショナル・トラストのアビーに寄るつもりだったけれど、寝不足と疲れで結局まっすぐシュロップシャーに帰ってきました。



という感じで、すごく沢山色々したわけではなかったけれど、とっても楽しかったヨーク旅行。
最後はよれよれだったけれど、オットと2人でゆっくりできたのと、友達と楽しい時間が持てて満足です。
また行きたいなぁ。
次に行くときは家族でかな^^。



長いのを最後まで読んでくださってどうもありがとうƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹




2009/05/14

ヨーク、2人半旅:その2。


ここ2,3日、シュロップシャーは曇りまたは雨。
なんだか寒いし~旅行から帰ってきてから引きこもりです。
その割には何もしてないんだけれども。ということで、旅行記の続きです。



2日目は朝からお天気が良くて、カーテン閉めているのにさんさんと降り注ぐお日様のおかげで6時過ぎから目が覚めてしまいました~。
でも前日、寝たのが遅かったし枕をかぶって意地でももうちょっと寝たいフウフ。
8時過ぎにベーコンやらが焼けるいいにおいがしてきたので起き出し、まずは朝食へ。

ブレックファーストを取る部屋もとてもすてきで、程よい具合にヴィクトリアンなインテリア。
朝食もギトギトしてなくてとても美味しかったです。写真ないけど。←じゃぁ書くなよ・・・。

せっかくお風呂付の部屋にしたので、朝風呂も楽しみました!
いい香りのバスオイルも持ってきていたのでそれを入れて~まずはリラックス。


というわけでだいぶ遅いスタートになったけれど、街に繰り出します。










DSC01040.jpg
まずはヨークミンスターを横目に公園を通り抜け、






sat 9-5-09 (6)
ナショナル・トラストの「トレジャーズハウス」へ。
すばらしい調度品、美術品の数々、そして色々な時代のインテリアを堪能。
ちなみに地下にはゴーストが出るらしく、ツアーもあるそうです。>興味なし(笑)。









DSC01048.jpg
トレジャーズハウスの裏路。
すてき~。







sat 9-5-09 (29)
それからミンスターへ。
ヨークミンスターのタワーからの眺めは最高だそうですが、
高所恐怖症だし、ニンプーだし、高いし(チケットが)やめといた。







sat 9-5-09 (23)
ミンスター内の一部。
ミサをやっているのに一般人に公開中とは・・・正直ビックリ。
でもすばらしい建築にオットは釘付け。
この部分は1280年~1350年に建設されたらしい。すごい。







sat 9-5-09 (12)
外にはローマのコンスタンティヌス時代の名残の建物も。
歴史ってすごい。






sat 9-5-09 (8)
おなじみのチューダー様式の建物も。





sat 9-5-09 (35)
お昼休憩のあと、川のほうへ・・・。
このあたりから天気が崩れてきてさむ~くなってきます。







sat 9-5-09 (32)
街の真ん中よりなのに突然現れる城址?
中にも入れるようだったけれど、疲れちゃったし寒いし写真だけ。







sat 9-5-09 (30)
街の中心地へ。
ものすごい行列ができているカフェがありましたが、
これって有名なの?「Bettys」?>有名でした。
日本人らしき観光客も何人か列をなしてました。
残念ながらウチのオットは行列&上品なケーキなどに
興味ないので素通り><。







sat 9-5-09 (42)
どこをどう通ったかまた公園へ。
廃墟となったアビーとかお墓とかがありました。
若者が沢山たむろってた。
雨が降ってきたのでさっさと退散。







sat 9-5-09 (40)
また川沿いへ。
疲れた足腰も癒してくれちゃうアヒルの親子たち。
すごく近くを通っても知らん顔でございました。





このあと、寒いわ雨は降ってくるわ疲れたわで、無言でカフェへ。
いや~、さすがに観光地だけあってヨークのコーヒーはお高いですね。
美味しかったけど。
ケーキも食べて、ほんとは城壁をめぐる予定だったのが、雨もますます降ってきてとりあえずB&Bに戻る。

そんなに距離的には歩いたつもりはなくても、やっぱり疲れが出るもので、夕飯まで結局部屋でテレビを見てました。
でもいろんな歴史的建物を沢山見れたし、何よりも知らない場所にオットと2人できているのがうれしかった^^。



長くなっちゃったので、豪華☆お食事編はまた今度。
最後まで読んでくださってありがとうございますƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹




2009/05/11

ヨーク、2人半旅。



fri 8-5-09 (6)






8日の金曜日から10日の日曜日まで、イングランド北のヨークに小旅行に行ってきました。
とっても楽しみにしていた、出産前のホリデイ。
4月23日の結婚記念日と、4月末で産休に入ったお祝いと、5月7日のわたしの誕生日を兼ねつつ、やっぱりメインはオットと2人で最後のお出かけ^^。

なぜヨークかというと、2人で行ったことがないし(わたしは10年位前に行ったことアリ)、友達サイが住んでいるし、オットの友達Jくんの住むニューカッスルからも近いし、ということで。
ま、結果からいうとJ君とは会えなかったけれど、とてもいい時間を過ごすことができました。



最近オットは仕事がとても忙しく、出発前のわたしの誕生日も遅くまでお仕事、それにうちに帰ってきてからもメールしたりしてお疲れだったので、当日は12時半ごろ出発。
強風が吹き荒れ、道がちょっと混んでいたのと、車の振動で興奮したらしい人がおなかの中で大暴れしていたため3回も休憩をしなくちゃいけなかったので、4時間くらいかけてヨーク到着。

泊まったところは、シティセンターに程近いゲストハウス
前日に予約を取ったのですが、とても感じのいい若々しい奥さんが出迎えてくれて、お部屋もとてもきれいでした。


fri 8-5-09 (4)
ヴィクトリア~ンなベッドルーム。



このあたりはたくさんのゲストハウスがひしめき合っているけれど、今回泊まったところ、大当たり。
お部屋はすっごい大きいわけじゃなかったけれど、En-suitだったしきれいだったし、サービスも良かったし、朝食もローカルのお肉屋さんで仕入れているベーコンとソーセージとかでとてもおいしかったし☆


さて、B&Bに着いた直後から大雨が振り出したため、とりあえずシャワーを浴びたり荷解きしたりしてから、すっかり晴れ上がったヨークの街の中心へ。
有名なヨークミンスター(写真トップ)は荘厳でした。
城壁に囲まれた街には色々な時代の建物がぎゅっと詰まって残っていて、面白かったです。
が、おなかがペコペコな34週目のニンプー、体力尽きてとりあえず目についたバーで一杯。


この日のディナーは、友達のサイが働く日本食のレストラン☆
8時過ぎに来てね、といわれていたんだけれど、もうフラフラだったので8時前に押しかけましたとも。

オサレなレストランバーは大繁盛。
ちょっと日本を髣髴とさせるインテリアに(モダンなんだけどね)はしゃぐわたしたちを、マネージャー・サイがVIP待遇でもてなしてくれました。
オットは「キリン一番搾り」に感動☆わたしはちゃんとした急須で出てきたお茶に感動☆

スターターにはサイお勧めのアボカドサラダ。胡麻ダレドレッシングがとっても美味しかった。
それと、エビカツ☆頼まなかったのに、えびが大好き♪といったわたしのために出してくれた(嬉)。
スターターはねぇ、あまりにもおなかが空いていたので写真に納まることなくおなかに入りました。

メインは写真を撮りました!↓










fri 8-5-09 (14)
ミックスすし弁当&おまけのカリフォルニアロールと、





fri 8-5-09 (16)
えびの天ぷら弁当。




日本にお住まいの方から見たら何てことないように見えるかもしれませんが、3年近くクニに帰っていない上に、近くに日本食のレストランもないような田舎に住んでいるわたしたちには涙が出そうなくらいのご馳走でした。

それにしてもこの量はどうなのよ、サイ。

注文する前に、「最近ベイベが成長しまくりで胃が押し上げられてあんまり食べられない」って言ったのに、スターターは大皿に2皿出てきたし。
「キミはふたり分食べないとね!」とウィンクしてくれて、高価なカニのカリフォルニアロールまでシェフに指示して作らしてくれて。
量に一瞬ひるんだけれど、さすがにわたしの血肉を作った和食。オットと2人で楽しく美味しくいただきました~。
オットは、お酒を頼んでみたり、焼酎のトニック割りに挑戦してみたり。
3時間半くらいかけてゆっくりおしゃべりしながら美味しい食事を楽しみました。
しかも・・・お会計はお安くしてくれていたため、懐にも優しく。ありがとう~(感涙)。


というわけで、初日から食い倒れだったヨーク。
B&Bに着いたのは深夜目前、歯を磨いてバタンキューでした。

長くなったので次回に続きます。



2009/05/07

幸せなウシ。



birthday 09 (33)




今日は、誕生日です。
大きな声できゃ~きゃ~言う年でもないけれど、ウシ女36歳よ。

・・・自分でタイプしておいてアレですが、「36」って・・・意外と重みがありますねぇ(笑)。
今まで見えていなかった世代が急に間近に見えるって言うかなんて言うか・・・。

今年もカードやお祝いのテキストをたくさんいただきました。
この場をお借りしてどうもありがとう。


さて、今年はおなかにベイベを抱えての誕生日。いつも以上に「誕生」という意味がずっしり来ている気がします。
今日もどんどこ忙しく胃の辺りにキックを入れてくるベイベと遊びながら、実家のお母さんと電話でおしゃべり。お父さんとも少しお話しました。
いつも支えてくれてどうもありがとうね。



さて、昨日の夕方、いつもより少し忙しくて遅めに帰宅したオット(と言っても7時くらいだけれど)、下から「タダイマ~~~」と言ったきり上がってこないので、階段を下りてみると・・・↓




birthday 09 (41)
どど~ん。





超巨大なフラワーアレンジメントが、待ってた(驚愕)。おまけに・・・なんだかいつもと違って怖いくらいにエキゾチック(笑)。
ついこの間も結婚記念日に大きなブーケをもらったばかりなのに、最近のうちのオットはどうしちゃったのかしら・・・、とか、いったいいくらしたんだろう・・・とか考えていたら、「ハッピーバースデ~イ!!!」といいつつも、オットの会社の社長さんがギャラリーの撮影用に飾るために買ったものでした。

ほっ。・・・・じゃなくて!会社での撮影用のブーケを「ツマの誕生日に」って持って帰ってきたの?!
無邪気~。

どうやらお値段は軽く£100越えのゴージャス花束。
すごく正直に申し上げるとわたしの好みから若干外れてはいるものの、そういうリサイクルは嫌いじゃないよ!
ありがとうございます、社長さん。ありがとう、オット。

とにかくとてつもなくでかいアレンジメントで、狭いウチには入りきらない・・というかまとまりが悪かったので、手先の器用なオットがアレンジしなおしてくれました。↓



birthday 09 (34)
あら、上手~。
それでもでかいですねぇ。




birthday 09 (40)
このアーティチョークみたいなお花、わたしの手のひらくらいの大きさです。
かわいいけれど。



ちなみにこのオアシスに入りきらなかったゆりとかバラとかは花瓶にさしてあります。
うち中お花でいっぱい☆
・・・明日から2泊3日で小旅行に行くんだけれど、枯れないで待っていてくれるかしら。




誕生日の今日は、妊娠34週目に入ったこともあり、朝から体重測定。
ここ2,3日よく食べてたから・・・・増えてましたとも、体重ってば。
なので、シャワーに入る前にとりあえず、先週前倒しでもらっていた誕生日プレゼントのWii Fitでトレーニング。

ニンプー設定がないため、タダのデブと認定されるかと思いきや、思ったよりはBMI値も高くなく(といっても23.6だけどね)とりあえず減量は今は考えられないので、この体重&BMIを1ヶ月維持するように設定。
あ、でもWii Fit Ageは『46』でしたが~—Ž‚¿ž‚Ý

赤子がいるのよ、赤子がハラに!!!タダのデブで運動不足じゃないのよ!と言い訳しつつ、ヨガやらエアロビやらバランス運動やらやりました。
さすがにムーミン体系+もともとからだが硬いため、体のバランスがちょっとずれてたけれど、重心を整える体操ができるのはいいですね。

汗かいて気持ちよくなったついでに、Wii Sportsも。

窓際で一人テニスやら野球やらをするニンプー、36歳。
恥とか怖いものがどんどん少なくなっていくのね、年を取ると。
楽しかったです。いい運動しました。

いや~、いいプレゼントもらったわ。
これから入り用だから、誕生日プレゼントなんて安いCasioの腕時計がいいな、って言っていたのにすごいものもらっちゃったものです。
無駄にならないよう、毎日遊ぶんだ~。


あとは、普通に掃除してぼけっとしている誕生日。
でもシアワセだからいいのです。
今夜はごはんは作らなくていいよ~ってオットが言うので、お言葉に甘えてごはんは作らずにテイクアウェイでゆっくりする予定。

本当にシアワセものだわ。

シアワセついでに、明日から北のほうに2泊3日で小旅行に行ってきます。
ベイベが生まれる前の最後の2人旅行^^。
もうあんまり動き回れないけれど、とても楽しみ。


皆さんもよい週末を~。



続きを読む
2009/05/05

ウェールズの城。

あぁ~、昨日の夜にUPしたつもりでいたのに・・・下書き保存のままだった!
相変わらずボケボケ。
気を取り直して、週末日記です。↓




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



バンクホリデイでしたね。
土曜日はゆっくり2人でWiiで遊び、日曜日はウェールズにあるナショナル・トラストのお城に行き、オットの親友カップルを誘ってWiiで遊び、月曜日はママさんを誘って出産セットの買い物に行きました。
買い物の間中、オットとパパさんはWiiで遊んでいた模様^^。







chirk castle 3-5-09 (5)





さて、ナショナル・トラストのお城、「Chirk Castle」。
ウェールズにあるのでタワーの上にはためく国旗もウェールズのもの。

5年位前に初めてオット(そのときは付き合いだして間もないころ)に、ママパパさんちに連れて行ってもらったときに、ママさんとドライブに来たことがありました。
だから5年ぶり。
前回は、庭だけを見たのですが、今回はナショナル・トラストの会員パスを持っているので、お城の中も見てきました。





chirk castle 3-5-09 (35)
といっても、城内は撮影禁止だったのでコートヤード。
ほんの10数年前まで、ロイヤルファミリーが住んでいらっしゃった屋内の調度品の数々、
そしてインテリアはすごかったです。どっしり重厚。





chirk castle 3-5-09 (24)
古いタワー(再現したもの)。ココは撮影OKだった。
地下には・・・ダンジョン(牢屋)がありました。
薄暗くて、出来上がったころ(1300年代)はさぞかし不気味で物々しかったことでしょう。






chirk castle 3-5-09 (36)
広大な庭側から。
Yew tree(西洋イチイ)がたくさん。
なんか・・・ラピュタみたい~。





chirk castle 3-5-09 (84)
壁には歴史を感じるつたが。




chirk castle 3-5-09 (56)
広大な庭にはよく手入れの行き届いたヘッジ。
子供たちがたくさん走り回ってました。
かくれんぼにはもってこいのところよ!





chirk castle 3-5-09 (66)
桜もまだ咲いていたし。




chirk castle 3-5-09 (74)
散歩しながら森を歩いていくと、ブルーベルもびっしり。





chirk castle 3-5-09 (75)
ザ・お城!って感じの外観。
建てられた時代によって雰囲気は変わるけれど、
こういう物々しいお城がきちっと残っているのってすごいですね。
ちなみに黒い点々は、羊たち。




chirk castle 3-5-09
このお城の名物はこの門。
ものすごく繊細な鉄の門です。





先週末に行ったパーク(マナーハウスのようなところ)も良くて気に入っているのですが、この堂々たるお城!という感じと、広々とした手入れの行き届いたお庭はなかなかのものでした。
パークの写真もいっぱいあるんだよな~。
この日は晴れてはいたけれど、とても風の強い日でちょっと寒かったけれど行ってよかったです。

次はどこに行こうかな~。


産休始まって初の週末がバンクホリデイで、オットとゆっくりできたのがうれしかった☆
今週はベイベが生まれる前の最後の小旅行に行く予定です。
病院バッグもほぼ用意したし~(念のため)、楽しみ♪



あとは宿を取るだけ。>まだ取ってないのか・・・。


2009/05/01

終わった☆もらった。


もう5月ですね。
昨日で無事に仕事を終えて、産休に入りました~。

ずいぶん長いこといたような気がするけれど(ホラ、態度でかいから)、この仕事を始めてから7ヶ月ちょっと。
あっという間に妊娠してしまったので、できる仕事も限られているなか、たくさんトレーニングもしてもらえたし、優しくしてもらいました。
基本は週に12時間の契約のパートだったけれど、実際はもうちょっと働かせてもらえたし、短い期間にもかかわらずたくさんのすてきなレギュラーのお客さんもできて、楽しく終了。

がんばろうと思えばもう少しできたかもしれないけれど、初めての妊娠だし、さすがに立ち仕事は足腰にきてつらくなってきたし、まぁがんばったんじゃないでしょうか。と自画自賛。
他の子の病欠カバーとかこそしたけれど、妊娠したことで急に休んだり早引けしたりすることもまったくなかったし、うん。がんばったよ!

ということで、これから最長52週間(1年間)のお休みです。
復帰する場合は、今までみたいにフレキシブルにはいかないだろうし、もっと短い時間の契約に変えてもらう可能性もあるけれど、産休という形をとったので、スタッフディスカウントカードも使えるし、何よりも一応戻るところがある、ということがありがたいですね。


最後の日はマネージャーとアシスタントマネージャーと働きました。
終わる30分前に2人ともオフィスに行っちゃってミーティングをしていたので、最後なのに一人で黙々と働いてなんだかさびしいな~と思っていたら、結構大きなプレゼントをいただいてしまいました。
なんだか実感がわいていなかったので、プレゼントをもらった途端に「あぁ、これで終わりかぁ」とちょっと涙が出そうに。
でもこの日の夜にスタッフみんなでお別れ会?のようなものでごはんを食べに行く予定だったのでぐっとこらえて。

ウチに着いてプレゼントをあけてみたら、こんなに色々入ってましたよ!↓


presents 30-4-09
感激☆




レストランでのお食事も楽しかったし美味しかったし、みんなとおしゃべりできたし、わたしだけレモネードだったけれど(笑)、そのあと11時くらいまで2件目のバーで楽しんできました☆
ま、職場はとても近いし街中にあるのでしょっちゅう通りかかっちゃうんだけれど、これだけ仲良くしてもらえたので、どんどん遊びに行っておこうと思います。

あ、スタッフのうち2人とは、早速来週カレーを食べに行くんだ♪

正直言ってつわりのときは本当につらかったし、おなかが大きくなってきてからは、おなかの張りやら腰の痛みなんかで大変だったけれど、続けてこれてよかった。
こういうのもご縁だしね、大事にしたいものです。




そうそう・・・もうひとつうれしかったこと^^。↓


続きを読む

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。