blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/26

ムーベンバーに参加しようじゃないか。

             moustache-logo.png


夫が来る11月より毎年行われているらしい「Movember(ムーヴェンバー)」に
参加するそうです。

詳しくはリンク先のHPを読んでいただけたら幸いです。特に「About」のところ。
英語だけど。


・・・・て、あんまりな投げっぷりなのでちょっぴり説明すると、11月までにウェブサイトで
登録してから各自お好きな形にムスタッシュ(口ひげ)を生やしてもらって、11月末に
どんな形になったかをHPで報告。そしてウェブ投票(だと思う)で人気投票あり&プライズも
あり。という形で、男性の健康問題、特に前立腺がんに対する知識を上げて
見直そうじゃないか、というチャリティー企画だそうです。
前立腺がんは、実は英国では6人に1人という結構な割合で起こりえる病気なので
もうちょっと知識と理解を深めようと言うことで始まったとかそうじゃないとか。

ごめんなさい、風邪ひいていてぼんやりしているので(いつもだけど)、夫の説明を
これ以上の日本語に訳すことは無理。

でも思ってみれば、女性のほうのがんなどは「ピンクリボン」とか色々あって
目に付きやすいけれど、男の方のほうはあんまり知らないなぁと思っていたので、
この機会に風邪の具合がよくなったらちゃんとサイトを見て勉強してみようと思います。
いつ身近なところで起こるかわからないものね。

日本でもやってるのかな?と思ってチラッと検索してみたけれど、やってなさそう?
でもウェブサイトで登録してするものだし、サポートしたい方は是非チャレンジしてみては
いかがでしょうか。
そしてイギリス在住の皆様、のだんな様やご家族の方もいかが??



ちなみに夫は明日、地元の新聞社から参加者の一人として取材を受ける
らしく、何年ぶりかでもじゃもじゃの無精ひげを剃り落としました。
どんな形のタッシュ(口ひげ)が似合うかシュミレーションしながら剃って
いったんだけれど、妻・・・・ドン引き。
もじゃもじゃ過ぎるのはむさくるしかったけれど、無精ひげが好きなのに・・・
タッシュはヤバイよ。。。

いんちきプロレスラー風から「118 118」風(イギリス在住の皆さんはきっと
分かるでしょう)または「サボタージュ」風、挙句の果てにはヒットラー風まで。

うちの夫、髪の毛がくるくるしているので余計にやばく見えるんだわ。
どうしよう・・・。1ヶ月の間、まともに顔を見れるだろうか。
もうどうせなら、↑のロゴ風なポワロ髭でいってもらうか?!
自分の衰え気味な素顔は差し置いてよく言うよ、なんだけど~。
11月・・・・試練の月です。なーんてね。

国中が口ひげだらけになったら面白いけど。
去年はお友達の旦那さん(GP)が奥さんにぶーぶー言われながら実行してました。
今年はどれくらい口ひげ率が周りで上がるか、少し楽しみでもあります。



追記。

もう一度検索をかけてみたら日本語の説明を見つけました(コチラ)。
興味のある方は是非ご覧ください。

わたしの投げやりな説明が結構的を得て要約していたことにびっくり。
やればできる子だったんだわ。よかったー。


スポンサーサイト
2011/10/19

ぶつぶやき。


旅行記を更新した満足感からか、脱力してました。なーんて。
最後の更新をしたときは夏みたいに暑かったのに、秋をふっとばして
冬みたいな気候です。
今夜の最低気温は2度ですって!
あしたは、ちんまりなっている我が家のコジェットたちを全収穫しないと
霜が降りるのも時間の問題。
ダウンコートの出番もすぐそこって感じ~。


脱力してたっていうか、無気力になってたここ2週間弱。
これまでの人生、楽してぬくぬく生きてきたけれど、色々いろいろヘビーな
問題があちこちにあったり(今まで見て見ぬ振りしてただけかもしれないけど)
2歳児にまんまと泣かされ子育てに悩み苦しんだり、夫に色々八つ当たりしたり、
ママさんに呆れむかついたり、弱っているところをママ友の一人にぐっさり
無邪気にとてもデリカシーのないことを言われてどん底まで落ちてみたり。
と、別にとりたてて大きなことはないんだけれど、一言で言えば「不調」
だった最近でした。

まぁ、今もムスコは2歳児街道バリバリで朝食の前から親子で号泣したり、
あんなにかわいらしい顔で「まま~」とか言ってたくせに、子供とは思えない
冷たい表情で見返されたりしてるんだけど、こんなのは世の中のお母さんたち
みんな経験してることだものね。・・・・してるんだよね、多少は?!
やってらんねー、と投げ出すわけにもいかず、一番色々相談したい・話を聞いて
もらいたい人はもうこの世にいなかったりで、逃げ場ナッシング。
今までたくさんいろんな人に甘えて生きてきたわけだし、こうやって強くなって
いかなくちゃいけないんだなー。
でもでも、まだ甘えたいのにー!と床に大の字になってジタバタ叫びたい
気分の自分もいるのですが、いつかは誰かに甘えてもらえるくらいの器量の人に
なれるのだろうか。どうだろうか。



というわけで、相当エモーショナルなおバカっぷりだったため更新を逃したけれど
10月11日はお母さんのお誕生日でした。

母の不在は理解はしているけれど、聞きたいことがいっぱいあって話したいことも尽きず
そういう気持ちになるたびに、「不在」を心が受け入れられないというか
何も考えられなくなります。

お誕生日をお祝いしない人だったけれど、それでもお母さんが生まれた日なくしては
わたしは存在しないのだから特別な日だよね。
2年前にそういう話、できたんだっけ?

思い出と後悔とこうしたかったという希望が混ざってしまって、はっきりと思い出せないのが
とても悲しい。
やっぱりまだまだ心穏やかに思い出す余裕はなかった、不在2年目のお母さんの
お誕生日でした。


 15-10-11 sat (1) 15-10-11 sat (5)
 お母さんが好きだった花のひとつ、蘭。
 何をどうしたらこうなったのか、小さな鉢なのに56個も花が咲いているよ。



明日からまたがんばろう。がんばるね。



 28-9-11 wed (5)
 おーーーー!


2011/10/10

ウェールズ旅行記、その2。


たくさんの拍手をありがとうございます。
インディアン・サマー(季節はずれの夏日)も終わって、めっきり
涼しく・・・いや、寒くなってきました。
日も暮れるのが早いし、ヒーターのスイッチも押してしまいました。
と言うわけで、別に何しているわけでもないんだけれど、グズグズ
しぶしぶと旅行記の続きをUPです。


15日(木)。

ムスコ君が朝寝をしてくれたので、元気いっぱいに起き上がれた日。
前日と同じコースで、Freshwater Eastへまずはドライブ。

岩場でしつこくカニ釣り(釣れず)してから、砂浜でお城作り。

    15-9-11 thur (18)

前日に見たマチルダちゃんのお父さん&おじいちゃん作のに比べたら
小規模ですが、砂を掘って積み上げていくそばから崩していく人がいたので
これが限界。そしてソコソコに満足。


Stackpole(NT)に行き、前日に食べたのと同じものをランチに。
すっごい美味しいんです、ここのカフェ。
前日に比べると寒い・・・が、なんのその。

ここの岩場でもしつこくカニ釣り、再び。そして釣れず。

15-9-11 thur (28)

高くて足場の悪い岩場に取り残された妻と2歳児ムスコが寒い中に身動きとれず、
「もういいじゃん、カニなんて」と暴言を吐き強制終了。
どうしてそんなにこだわるのか。


Stackpoleの沼側のほうにも行ってみる。

15-9-11 thur (44)

気持ちのいい散歩道だったけれど、海のほうが見ていて面白いなぁ、と思った。
ここの沼には、ハマグリとかそれ以上の大きさの貝がたくさんあって、夫の
探究心(なぜ海に住む貝が沼に?!)にぼっと火がつき、静かな沼を棒で
つつきまわしたりしていて、ひたすら「外人」な見てくれの妻は、すれ違う
中高年ご夫婦の目線が染みました。
考えすぎだよ、とか言ってるけれども、誰もつついてないからやめて。

というわけで、上の写真はしぶしぶ散歩道に戻ってきた夫が捨てた長い棒を
ささっと拾って得意顔のムスコ君の背中。



この時点で結構いい時間だったけれど、近いし・・・と言うことで、St Govans Headへ。

15-9-11 thur (68)

15-9-11 thur (70)  15-9-11 thur (72)  15-9-11 thur (96)

崖っぷちにどなたかが作った小さな小さな教会。小さな祠もあった。
中でも写真を撮ったけれど、暗くて全然だめ~。
夫はムスコを肩車して岩場を下りて行って、激写。
多分、建てられた時点では岩もごつごつ厳しいものだったのだろうけれど、
自然の力はすごい。
ムスコ君はダダとのアドベンチャーを楽しめたし、行ってよかった☆


夕方に、Saundersfootへ。

15-9-11 thur (118)

海辺のパブレストランで、かもめにターゲットにされつつも外で
スカンピ(えびを揚げたやつ)&チップス、ラムミントパイで夕食。←高カロリー・・・。



16日(金)。

どよ~~~~んとした曇り+寒い!実質的には最終日なのにな~。

お土産も絵葉書も買ってなかったので、Tenbyへ。
とりあえずカフェでコーヒー&ケーキ、そして海へ。

晴れてきたので砂遊び☆

 16-9-11 fri (2)  天才ちび画伯。

 16-9-11 fri (6)  16-9-11 fri (9)
 ピングー描いて、と頼んだんだけど。。続きもあるの?


16-9-11 fri (17)

風が強くてすぐに薄くなってしまったから分かりにくいけれど・・・
もしかして、ペンギンとそれを食そうとしているドラゴン???
階段を上っていく人たちから拍手がありました。
非凡なとうさんだねぇ。発想からいて奇抜だし、スイスイと描いていくところが
絵心を持たないわたしにとっては非常に非凡。っていうか、変わってるだけかもしれないけど。


16-9-11 fri (23)

風が強かろうが、寒かろうが、波打ち際に行きたいとうさんはついてきてくれない
家族を置いて一人散歩。
その間、ムスコ君は穴を掘りまくり、ジャンプの練習にいそしみます。
練習の甲斐あってジャンプもマスターしたしね。

おなかペコペコで、適当に入ったパブでランチ。
わたしが頼んだ、イカリングフライとサラダがすごいボリューム&とても
美味しかった(また揚げ物食べてるよ・・・)!
フライはパン粉で揚げてあって、サクサク☆ サラダは食べても食べても
かさが減っていかないくらいてんこ盛り。
ムスコ君がオリーブとイカリングを気に入ってモリモリ食べた。


雨が降り出したのでドライブして、Amroth Beachというところへ。
Saundersfootのとなりのビーチだったと思う・・・?
風が強くて、静かなビーチだったので車に積みっぱなしで使われることが
なかった凧を引っ張り出してトライ。

16-9-11 fri (37)

これが意外と面白くて、夢中で遊んでしまったー。

ホリデイ最後の晩餐は、もちろん(?)Saundersfootのおいし~~~~~い
フィッシュ&チップス。
あぁ、また揚げ物。でも美味しかったです。


とても楽しかったけれど、そろそろ食事にも飽きてきたし、ムスコ君には
ロッジのスペースがちょっと狭かったのと車三昧だったのとで、疲れも
出てきた金曜日。
十分ホリデイを満喫できたからこそ思うことだけれど、そろそろ家が恋しいね、
と言うタイミングでホリデイ終了。


というわけで、バイバイ海~。また来るね。

17-9-12.jpg


帰る家があるってすばらしいな。
楽しいホリデイでした。



やったー!書けた~~~~(笑)!
お付き合いいただいてどうもありがとうございます^^。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。