blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/29

メモ。


おかげさまで続いています、トイレトレ。
4週目でやっと教えてくれるようになりました。
まだ失敗はあるけれど、とりあえずコンセプトは理解した様子。
ほっ。


ところで、トイレトレをする前のムスコ君はすごかった。
イヤイヤ2歳児現象は子供によっていろんな出方があるんだろうけれど
そしてうちの坊っちゃんはすごい癇癪を起こすとかではなかったけれど
それでも親子してくったりしてたころ。
同じ年頃のこどもをもつママ友に教えてもらって、育児書は買わないで
いいや派だったわたしが、帰宅するなりアマゾンで買った本がこちら。↓



What to Expect: the Toddler YearsWhat to Expect: the Toddler Years
(2009/07/06)
Heidi E. Murkoff

商品詳細を見る



結構分厚い本なんだけれど、とにかくありとあらゆるトドラーの態度やら
しぐさやらクセなどからトイレトレのことまで細かくセクションにわかれて
書いてあります。
端からページをめくってすべて読む気はなかったので、分厚くても
そんなに圧倒されることもなく、インデックスから知りたいところを
調べてささっとチェックする感じ。
何よりも気に入ったのが、文体が固くないところ。そして説教たらたら~風では
なくて、とにかく事実(っていうのかな)が症例として書いてあって
それがどうして起こるのかという基本的な説明があり、対処法みたいなのは
あんまりバシッと書かれていないところ。

対処法とかって住んでいる環境や家庭によって違うと思うので、
こういう場合はこうせよ!みたいなマニュアル化ができるものでは
ないんじゃないかな~と。
だから、本当は英語の本なんて読みたくないんだけれど(大学時代で
小難しいのは読み疲れた)、日本の育児本は住んでいる環境や
周りの状況から言って、わたしのような精神軟弱かーさんには
余計に落ち込み混乱する元になるかも・・・と思って避けてたの。


でもこの本は「なんでうちの子はこういう態度を?!」みたいな不安要素を
ちらちらっと確認・参照する、そして「あぁ~よくあることね」と安心できる
ものだったので買ってよかったです。

なんか・・・ひどい感想文になりましたが、いい本だと思います。



スポンサーサイト
2011/11/16

トイレトレ、途中経過。

16-11-11 wed (1)
我が家のトイレトレ、ごほうびその1。食紅。
ポティでおしっこをできたらおトイレにジャーっとながし入れて、ムスコ君が
選んだ色を一緒にたらしておしっこに色づけ。
ムスコ君の好きな「機関車トマス」にちなんで、青=トマス・エドワード・ゴードン、
緑=ヘンリー・パーシー、赤=ジェームス。
うちの場合は色づけしたいがためにポティにする、という感じでスタートしました。
アハハ。
流すときも、「バイバイ、トマ~ス!!!」と元気よく。




*********

とりあえず2週間がんばろう、と始めたトイレトレ。
1週目はまぁ失敗もあるだろう、簡単にはいくまい、という心構えが
あったこともあり、失敗もだんだん少なくなってきていい感じ?と
思うこともありました。

2週目に入った週末、グランパ・グランマ家主催のボン・ファイヤー・ナイトに
お呼ばれ。
・・・・夜か~、困ったなぁ・・・と思ったけれど、片道30分くらいの
ドライブ中もお漏らしすることなく、ボン・ファイヤーと花火を見ながら
フィールドで立ちション(田舎っていいねぇ)、と意外と大丈夫。

が、火曜日(8日)からすごかった・・・。
トドラーグループでもおもらしナシだったのに、午後から失敗の
連続でズボンもくつしたも在庫切れになるほど(涙)。
翌日は、朝からわたしたちの部屋のカーペットにわざわざウンチ、
そしてバスルームの端っこでおしっこ。
それまでは、朝わたしがシャワーを浴びている間にちゃんとポティを
使えていたのに、連日の朝っぱらからの大失敗でイライラとやきもきが
募る。
とりあえず怒らず「あ~あ、失敗しちゃったねぇ。でも次はちゃんと
ママに言ってね。それでポティでしようね」と始末していたんだけど・・・。
外出時の失敗は確実に減っていくけれど、家の中での失敗は
減らないどころか反省の色もない状態で、夫とも「怒らない方針も
いいけれど、それで悪いことをしているという自覚は芽生えるのか?」
という疑問がムクムクと沸きあがってきていました。

そんな中、先週の金曜日は天気も悪く、出かける準備をしていたのに
家で遊びたいモードのムスコ君はのらりくらりと30分以上もポティに
座ったままおもちゃで遊んでいて、出なかった上に諦めて立ち上がった
瞬間に床へじゃーーーーーー><。

疲れとストレスMAXで、初めて声を荒げてしまい大反省。
でもね、大きな声を出さなくてもイライラしているのは分かっているんだよねぇ。
わたしの態度をものすごく気にして様子を伺ったり、部屋からわたしが
出て行くとものすごい勢いでパニックのような泣き方ですがってきたり。
これはもうオムツに戻すしかないかな・・・と思ったところに週末で
夫が面倒を引き受けてくれました。
その前の週末はわたし以外の人にトイレに誘われると嫌がって
泣き叫ぶくらいだったのが、今週末はダディにべったり。
一丁前に椅子に乗ってトイレに立ちションしたり、わたしが誘っても
無視なのに「ダディも行くってよ」と言えばダッシュでトイレへ
行ったりするように。
そんなこんなで荷が軽かった週末で、少し気分もリフレッシュ。
2週間経ったけれど、このままトレーニングは続行、ということに。


が、アレは昨日のことだった・・・・。
外では大丈夫なのに、家に帰ってくると失敗続きのムスコ君。
しかもテレビ等を見ているときは特にダメで、テレビを一度消して
コチラをきっちり向かせて「おしっこ出る?」と聞いたら「出ない!」と
応えたくせに・・・1分後には椅子の上でふつーにおもらししてました。。。
しかもそのままテレビを見続けてるし(怒)。
ごはん食べているときとかも、モゾモゾ落ち着きがないから「ポティ?」
と聞いて「まだ!」と言い切るから無理に連れていかないでおくと
数分後にじゃーーーーーーっとハイチェアの上でもらし「あ~あ、
びしょびしょ~」とか言うことも多々あり、この椅子&クッションの上での
悪びれないおもらしのあと、かぁさんはキレマシタ。

トイレトレを始めた時点で「今聞いたばかりでしょ!」というのは
避けようと心に決めていたのに、大声で言ってしまった・・・。
びくっとした顔をしたムスコ君を無言で荒々しく脱がせ、洗濯機に
とりあえずスリッパごと放り込み、「教えてねってお願いしても
教えてくれないし、やろうと思えばポティでもおトイレでもおしっこできるのに
おもらししちゃうし、まだビッグボーイパンツは早かったね。
怒ってないからもうオムツに戻そうか」というと何かを察したのか
「オムツにするー・・」とムスコ君。

そうだそうだ。
ストレスになるくらいだったらやめちゃおう。
別にオムツを替えるのが苦なわけでもないんだし、幸か不幸か
オムツは山ほど残ってる。
トイレトレを始めて2週間半。この間昼間はオムツは一切しなかったので
お尻が軽くなったからか、びっくりするほど行動的になったムスコ君。
今までになく走ったり飛んだりすることを本当に楽しんでいるようでした。
だから、オムツに逆戻りしたらある意味であの『自由』を恋しがって
次にトイレトレをするときにすんなりいくかもしれないし。
自分で準備ができたら自発的に始める気になるかもしれないし、
そうだそうだ、やめちゃおう。
と、思ったらすーーーーーっと楽になりました。

夫は少しがっかりしていたみたいだけれど、いつも一緒にいるわたしに
激しく精神的負担がかかっているのも知っているので、あっさりと
そうだね、様子をみようか、ということに。



で、今朝。
疲れてはいたものの、朝起きて真っ先に思ったのが「あぁ、もうバッグいっぱいに
着替えを詰めて、ポティ持って、ごほうびのオヤツを担いで出かけなくて
いいんだ~♪」という開放感。

それに反してムスコ君は、「No, オムツ!ビッグボーイパンツがいい~」と
泣きながら抗議。いつもならこのパンツはヤダ、トマスのがいいだの
赤のジェームスのがいいだのうるさいのに、その場にあったパンツを持って
「パンツ~」と。

マジですか。かーさんはまたポティかついでお出かけですかい・・・と
思ったんだけれど、ムスコ君の言い分を聞くことに。

結果。トイレトレを始めてから初めておもらし無し!の1日でした。
まぁ1日中出かけていたのもあるけれど、朝も「あ!ウィーウィー(おしっこ)
カミン!よ~」と自らポティに向かっていったり、街のショッピングセンターの
おトイレでも上手にできたり、家に帰ってくるなり「ウィーウィー出るよ~」と
教えてくれたり!びっくり。
まだまだコチラから聞かないとダメだけれど、たった一度オムツに戻した
だけでこんなに変化?と驚き。

とは言うものの、まだまだウンチのほうは不安定だし、今日はたまたま
だっただけだと思うので、またイライラするだろうけれども
2週間半にして初めての完全ドライデイ。記念だね。


15-11-11 tue (1)

お散歩するにも、着替えセット+ごほうびオヤツ常備で。
そういえば、リュックサックもトイレトレ以前はしょってくれなかったんだよね。
大きく見えますなぁ。



まだまだ道のりは長いようだけれど、ぼちぼちがんばりましょう。


2011/11/02

早まったか・・・?


思い立って、夏時間最後の日であった10月29日(土)からムスコ君の
トイレトレを開始しました。

今日で5日目?
手ごわいです。くじけそうです。
しまった・・・・、まだ無理だったのか?!

と、自問自答する日々。
せっかく始めちゃったので、2週間はがんばろうと夫婦で結論。
2週間経ってもこの調子だったら、大量にオムツもあるのでオムツマンに
戻ってもらいましょう。


初日はね、まぁ失敗もいっぱいあるでしょうよ、と余裕を持って始めていたし
失敗したのも合計で5回くらいだったので、こんなものか~なんて思ってたの。

2日目。かーさん、風邪でダウン。
暖かかったし、外でダダと庭仕事をフルチンで(汗)。
そう、ダダは数回の失敗後、面倒になってパンツを履かせてませんでした。
でも今まではなかった、おしっこ報告をするように。
「ダダ!I've done wee wee on the grass(ちっちを芝生の上でしたよ)!」とね。
まぁ、進歩。
と思ったら、「Dada! I've done おっきい poo poo!!!」と叫ばれ、
ダダがチェックしたら・・・・コンサバトリー外側のドアマットにしてたらしい(涙)。
折りしも、ネコの糞を始末している最中だった夫、ボー然。
ネコのよりはましだけど~・・・・・・。

3日目からは平日なので、わたくしが一人でがんばってるんですけども。
もー分かってるんだか分かってないだか・・・。
大失敗自体は1日で3~4回だけど、チョロッと出てるんだよねぇ。
ウンチも全然ダメなんだよねぇ。。。
それでおパンツ替え率は日に5~8枚。
洗濯がちっとも追いつきません(泣)。

ちなみに今日は、初めて朝出かける前に粗相ナシ!
でも朝起きてからミュージック(10時スタート)まで、何度もポティやトイレに
誘っても出なくて、ミュージックスタート。で、もちろんセッション中にやって
くれました
大好きなガールフレンドちゃんと久しぶりに会えて、超ご機嫌で踊っていたんだけどね。
じょーーーーーっと。
せめてもの救いは、部屋のど真ん中じゃなくて椅子のそばだったので、クラスの
邪魔にはならなかったこと、かな。
すばやくトイレで下半分を総とっかえして戻るも、かーちゃんのテンションは
ダダ下がりですよ。

疲れる・・・・。
でも少しずつ分かってきているようないないような。

外ではトレーニングシートが成功率高し。
家ではポティ。
おしっこをしたら、食紅で色をつけさせてあげる+チョコレートのゴールデンコンビで
訓練中。

10日後にオムツに戻るか、ビッグボーイパンツでブイブイいっているか・・・・
どっちかなーーーー。

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。