blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/30

大人ってムズカシイ。

日本はゴールデン・ウィークなんですね。
毎日エゲレスで丘を上り下りしている羊親子の成長なんかを眺めているだけな生活で、日本のそういうことを忘れがちだわあ。



この週末はいいお天気で気持ちよかったです。

ということで(?)、突然オットの大学時代のお友達カップルがノッティンガムからわざわざ遊びに来てくれました。

何度も言うようだけれど、わたしたちの住むこのあたりではわたしとオットの携帯の電波が全くないため、街に出ないとテキストも受けられない。
金曜日に「あ~あ~、こんなところに遊びになんて誰も来てくれないね。セーラもデックも来るとかいって絶対来ないんだよ」とつぶやいた直後にメッセージ着信。
「明日(土曜日)行くねって書いてある・・・」とオット。

すごいね。こういうこともあるんだわね。
っていうか、わたしよりギリギリなセーラとデック。
返信できなかったらどうするつもりだったのかしら~。
急なことだけどすごくうきうき。




土曜日。

週末の朝に起きるって言うことを知らないセーラとデックが、朝一に出発なんてありえないので、わたしたちは効率よく叔母さんのうちのペンキ塗り。
昼頃帰ってきて、支度をしようかというときに珍しくわたし宛の手紙を開封。




とんだ爆弾が入ってた。




※以下、長くて大層大人気ないです。
 そんな気分じゃない方、読み飛ばしてくださいませ。

実は4月4日にやっとのことでフラットを見つけてアプライしていたんです。
クレディット・チェックとか身辺調査とかを不動産屋がしてから、書類を大家さんに渡して決まるという流れ。
やけに時間がかかっていたけれど、そのフラットの住人が引っ越すのが4月末。
2週間前には、アプライしているカップルはわたしたちだけだから多分5月上旬に引っ越せると思う・・ということを不動産屋から聞いていた。

と、同時に待てど暮らせどクレディット・チェックが終わらない、という問題発生。
ありえないことに、不動産屋が書類のコピーを銀行に送ったため、銀行は手続きが出来なかった。
その後さらにありえないことに銀行側は不動産屋にそのことを通知していなかったらしい。
それで宙ぶらりんの状態で3週間ほど経った後、不動産屋がオットに連絡し、オットが銀行に確認したところ「そんなリクエストは入っていないから、もう一度書類を送りなおせ」とのこと。
また不動産屋に連絡→書類にサインしてわざわざエージェントに出しに行ったのがこの間の水曜日。



わたし宛の手紙には「残念ながらたくさんの応募者がいたため、今回あなたのアプリケーションは不採用となりました」とありました。



怒りと絶望が織り交ざり、心臓発作でも起こすかと思った。

 
 1. まず、なぜ今更他の応募者が横からかっさらっていくのか。
 
 2. なぜ、一度も不動産屋とやり取りしていないのに、手紙がわたし個人あてなのか。

 3. クレジット・チェックのために払った£40はいったい何のためだったのか。


特に2番。
真っ先に思ったのがこの疑問で、はっきり言って差別だと思った。
わたしとオット両方の名前宛だったら分かるけれど、わたしだけ。
そもそも、この不動産屋は前回アプライしようと書類を持っていったときも、微妙な態度ですごく不愉快だったので、今回のこの手紙には怒り心頭。


オットがすぐにエージェンシーへ電話をしたけれど、そのころにはわたしの怒りは絶頂に。
どこまでも温厚なオットはおっとりと話していて、それもハラが立つ。
結局、わたしたちのクレジット・チェックがてこずっている間に他の応募者の書類審査があっさりと通ったらしいので、そちらにフラットが決まったそうです。


結婚してから大分(これでも・・・)おさまっていた、アグレッシブ・モードkaoが久しぶりに大爆発。
気分が収まらず、オットの手から電話をもぎ取り、不動産屋に電話。

冷静に(あまりにも怒りがでかいと冷静になるの)疑問を順序だてて聞いていく。
でもクレジット・チェックのことをもう一度聞いたら、対応していた女の子が笑い出した(怒)。
それでも、冷静に「何がそんなにおかしいわけ?わたし、何か面白いこと言いました?」と聞くと、クスクス笑いながら、でも謝りもせずに説明を続行。

・・・・・・・・・ありえねぇ・・・。

それでもそれでも、冷静かつ丁寧に、「最後の質問ですが、わたしは今まで一度もこのフラットの応募に関してあなたたちとやり取りをしていません。オットにすべて任せていました。それなのに、不採用通知はわたしだけあてに来たのはなぜですか?連名ならまだ分かるけれど、なぜ個人的にわたし宛なんですか?はっきり言ってプロフェッショナルじゃないし、すごく個人的に受け止めてしまったんですけれども」というと、「それは申し訳なかったけれど、別に深い意味はないし単なるミスです」と言い張る。

あまりのふてぶてしい態度に、あきれ果てそして頭にきたので
「今までわたしたちがこのフラットに住めるようなことを言ってきたのに、他の人たちの書類が先に通ったので・・という理由も、そもそもそちらがちゃんと早くに連絡をしてくれていれば対処できたことでしょう。この手紙のあて先のことといい、この件はわたしがイギリス人じゃないからずさんな態度でいいと思っているように見えます。言いたくないけれど、コレはある意味‘差別’のようにも受け止められるけれど」
って言っちゃった。
すると、「差別じゃありません。コレは断じて差別じゃありません」を繰り返す。

まだまだ言いたいことはたくさんあったけれど、ポイントは抑えたと思ったので、とにかく説明をしてくれたことに礼を言って切ろうとしたら、向こうから叩ききられた。


きぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~~!!!!!


なんなのよ、この態度。
接客の基本がなってねぇ。
あまりのことに吠えまくり、もう一度電話して上司に文句を言ってやる~と思ったけれど、オットに電話を奪われた(笑)。

いい大人なのに、地団駄踏んで吠えまくり、そして号泣。


3日たった今は「あいた~、やっちゃった・・・」っていう気持ちもあるけれど、まだまだ言いたいことはたくさんあるし、もっと苦しめてやれ(←悪)っていうアグレッシブ・モードも健在中。

結局£40も、帰ってこない。次回同じ不動産屋で物件を見つけたときに利用できるらしいけれど、そんな失礼なところで世話になんかなりたくないし。
だまされた気分です。



でもね、一番悲しくなっちゃうのは、ずっとずっと「来週末(5月アタマ)には引っ越して二人だけの生活が始められる」と思っていたのに、まだまだまたまた居候続行、という事実。
4月は、この希望があったからそんなに落ち込むこともなかったのに、ガゴーーーーンと凹まされました。

あーあー、来週の誕生日は引っ越した後、または引越しが決まってうきうき→ママパパさんとももう一度フレッシュに楽しく過ごせる、と思っていたのになぁ・・・・。

すごく楽しみだったセーラとデックの訪問にも水を差されたようで、それも悔しい。


でも明るくおしゃべりで面白いセーラと、優しくてでも楽しいデックのおかげで週末はあんまり考えるヒマがなかった。
久しぶりにガールズトークもしたし、開口一番「ねぇkao、何でそんなに長く義両親と暮らしてるの~?もううんざりでしょ?ダンナがしっかりしないと~!!」などといきなりつぼを押さえた爆弾トークで、すっきり。
一杯お酒も飲んだし、散歩もしたし、ゲームまでした。

帰る間際にわたしたちフウフが寂しくなって「また来てね。絶対に来てね」というと「もう2人の住んでるところも見たし、ラムも見たし、田舎は後は何もないからもういいでしょ」といって喧騒なノッティンガムに帰って行きました。

ごもっともで。
ってそんなところにもう10ヶ月もいますけど~。



そろそろ家出の準備もしてもいいころかも。
受け入れ先、大募集中です(笑)。

もうすぐ34歳なのになー。大人になりきれん。
いっそのことネバーランドでも探しに行っちゃうか~?



※長々といつも大人気なくてスイマセンね。
 読んでくれた方々、ありがとうございます~。
 気分を害しちゃった場合は、下の記事なんかはちょっと和むかと思います。

コメント

なーんか後味悪いよね。
でもちゃんと電話で冷静に苦情を言えたkaoさんは偉いよ~。
納得いかないならやっぱり文章でコンプレインだよね。
大人気ないなんてないよ。
文句言ってナンボの国だもん、自己満足でもコンプレインしてみたら?
そ、それにしてももう10ヶ月かぁ。
それは辛い、辛すぎる。

あっ、遅ればせながら結婚記念日おめでとうe-266
2007/04/30(月) 15:08:42 |URL| #- [編集]
あ~、こういう話し始めたら、あたしも止まらないよ~!あたし、前福祉関係の仕事してたとき、そこの人事部から、グリーンカードのコピー3回くらい請求されて、過去8年間に住んだ住所全部教えろって電話かかってきて、もう働いてんのに、あんたどこのドイツなわけ?的な対応にホント歯ギリギリしたよ。何でなわけって聞いたら、いや、州外に住んでた人全員に聞いてるって言ったから、ほかの州外に住んでた人に聞いたら、そんなことなかったって言われて、やっぱ差別だと思ったよ。バーモントは95%くらいが白人の州でさ、外国人が働くって人事の人も慣れてないのかとも思ったけど、爆発した。いろんな意味で。ああ、止まらない。。。。
あたしのほうが愚痴っちゃったわ~
2007/04/30(月) 18:00:16 |URL|わさび漫画まめ #- [編集]
こんにちは そのクレジッドチェックって なんなんですか?£40も 高いよね。たんに クレジットレコードだったら 銀行にいえば £2程度で 調べてくれるけど、、、

でも うちと 反対ですね。なんか 手違いで 激情怒りまくりは 彼のほうで たいてい 私が まあまあ あの事務員ちょっと 抜けているように みえたよー とか 話題を変えたらり おさえて おさえて って なだめるのは 私なんです。

でも 電話で苦情いえて うらやましいな。私には まだ無理かも。

今度はいいところ 見つかるといいですね。
2007/04/30(月) 21:13:44 |URL|ケイティUK #cOTJH1gw [編集]
初めまして。Katsukoと申します。イギリス永住権の申請について探していたら、こちらにたどり着きました。

お気持ちお察しいたします。私もかなり失礼なことをされたことがありましたが、もしどうしても我慢ができない場合はBBCのWachdogサイトかに連絡を取るのもいいかもしれません。また、苦情の正しい書き方なども載っています。たぶん、イギリス人も会社としての対応の悪さには相当苦労しているんだと思いますが。

http://www.bbc.co.uk/consumer/
tv_and_radio/watchdog/

また遊びに来たいと思いますので、よろしくお願い致します。
2007/05/01(火) 10:04:39 |URL|Katsuko #.tyEFvo. [編集]
ほんとにとんだ爆弾でしたね。
最初に期待させておいてこれじゃあ、納得できませんよね。この国ではよくあることかもしれませんけど、それにしても・・・お気持ちお察しします。

うちも夫の怪我について、保険会社などあちこち連絡を取っていますが、スムーズにいかないことが多くて。せっかちな私にはストレスの種です。

他の方もおっしゃってますが、苦情の手紙を書いてみてはいかがでしょう。少しは気が晴れるかもしれませんし、電話に出た女性の態度はどう考えても社会人らしくないので。でも、それでも苦情をちゃんと言われたkaoさんには、感心しましたv-218Good job!

早く素敵な引っ越し先が見つかりますように・・・
2007/05/01(火) 14:48:35 |URL|はな #- [編集]
えーと・・・、ericaちゃん・・・かな?だよね??
日本語復帰おめでとう。
昔はとんがっていたからね、何かあるごとに電話で文句ブーブー言って、手紙を書いたりしていたんだけれど、結婚後初、しゃしゃり出てみた。
だって悔しいよ~e-262。馬鹿にしやがって~!!
また手紙、書いちゃおうかなー。っていうかオットは何をしてるんだ・・・e-262e-262
ありがとね。


☆わさびちん
わさびチンも大変だったんだね。
外国に住んでいたら、こういう気分にさせられることって何度でもあると思うのね。
小さなこと(10歳くらいのガキに‘F○○kin' Jap!!’って言われたり、中国語で話しかけられたりなどなど)が溜まりに溜まって、不安定な気分になっているところに、サービス業のヤツラにこんな対応をされて、屈辱だったの・・・v-406
バーモントはそんなに白人率が高いのね。知らなかった。
きっとこんなもんじゃすまないくらいの嫌な経験をしてるんだね。
がんばろうね、お互い。


☆ケイティさん
いやー、場所によって値段が違うらしいですよ。このクレジット・チェック。
不動産屋がまず申込者の身元の確認をするのに、銀行のアカウントを徹底して調べるらしいです。
何でこんな値段なのかさっぱり分からないけれど、ひとり£20が相場らしいです、この辺では。

ケイティさんは押さえる側なんですね。いいなあ。
わたしものんびりと構えていたいところだけれど、オットは甘すぎるので見ていると余計にイライラするんです。トホホ。ってやっぱり短気はわたしでしたー。
苦情ばかり言っていたので、そういう英語はうんと上達したんですよ、ノッツで(笑)。
2007/05/01(火) 17:54:11 |URL|kao #- [編集]
☆katsukoさん
初めまして。コメントをありがとうございます。

失礼なことはこの国に居る限りたくさんあると思うんですけど、今回のは失礼を通り越していたので凹みました。
Watchdogかあ。それは考えていなかったです。
アイディアをどうもありがとうございます。
接客業をしていた身としては、あんまりな対応振り、そして足元を見た感じの傲慢ぶりにぶっちぎれてしまいましたよ。

またぜひ遊びに来てくださいね~。


☆はなさん
そうなの・・・。
よくあることなんだろうけれど、期待させるようなことを言っておいてダメだったことと、手紙のあて先がわたし宛ってことで、「オットとわたしフウフ」じゃなくて「わたし」だけが拒絶されたように感じるんです。
だから、電話を切った後は大泣きで大変だったんですよ。ハハハe-263
苦情の手紙はオットの力を借りてビシッと書いてみます。

はなさんも大変ね。
こっちのじゃなくても保険金の請求とかって、結構ストレスがかかるものですものね。
強気に出ないと何も起こらないから嫌になっちゃうけれど、がんばりましょう。
励ましてくれてどうもありがとうです。

2007/05/01(火) 19:25:21 |URL|kao #- [編集]
以前どこかで読んだ記憶があるんですけど、

銀行かどこかで応対をめぐってやりとりをした方が、Watchdogに訴えますよ、という旨の手紙を送ったか連絡をしたら、ころっと対応が好転したそうです。

他の方もコメントされていましたが、これってかなりインパクトがあるかもしれませんね。
お互いがんばりましょうv-91
2007/05/01(火) 19:58:30 |URL|はな #- [編集]
kaoさんおひさしぶりです。
なんだか読んでて私まで悔しくなってきました。ウチもアイボウが失礼な接客に対して寛大(というか鈍感だ、たぶん)なので、私がきぃーってなってそれでもおさまらないとおとなげなく大号泣してるのでとても人ごとじゃなくて。

ウチはたまたま日系不動産屋で日本人大家の物件が気に入り借りたのですがこれが大失敗。ポンコツ物件な上に、問題勃発するたびに大家ともめるし、大家は日本と英国のルールをそっちの都合で使い分けて権利を主張、しかも私とアイボウの連名契約なのに交渉事は日本語しか受け付けないと契約開始後最初の問題勃発時に突如言い出し、なんかアイボウに対してもある意味差別だし、私自身も責任重いしで、毎日いまのフラットに暮らすこと自体が激しくストレスです。でも引っ越すお金がまるでなくて...
なんて私がグチってどうするって感じですが(笑

それとクレジットチェックの料金ですが、私たちがフラット探しをしているときにいった英系不動産屋では契約成立したときのみ客(テナント)側の負担で、クレジットチェックの結果契約不成立になった場合は不動産屋がその費用を負担すると言っていたと記憶しています。明らかにクレジットチェックでダメそうだ/怪しいと思う客にはチェック前にオファーを断ると。なんかこのほうが理にかなってますよねぇ。

いろいろ大変だと思いますがあこぎな不動産屋になんか負けないでがんばってください。
2007/05/01(火) 22:15:56 |URL|chihirock_uk #dcQIF1kk [編集]
Kaoさんへ

不動産屋への怒りお察しいたします。うちも今、家の購入で危機にたたされているところなんです。不動産屋に何度も嘘をつかれたし、今はソリシターとの戦いで家の持ち主がこれ以上時間がかかるようなら、家をマーケットに戻すとオットに毎晩電話をしてくるのです。もし、これで家をゲットできなかったら何千ポンドも払ったソリシターへのフィーやらが全てパーになるかと思うと腹が煮えくりたちます。私も連名でモーゲージを借りる時に外国人だからって色々書類を提出させられました。でも、Kaoさんは自分のいいたいことを訴えたことは素晴らしいと思います。私は何もできず夫に任せきり。お互い、1日も早く次の住処が決まるといいですね。
2007/05/01(火) 23:49:04 |URL|juncoo #bNQvwACs [編集]
なんだかイヤな目にあいましたねぇ。
でも不動産屋ってどこも「頭悪いの!?」ってところが多いみたいです。
うちも去年の引越しではこのバカさ加減に何度も
きぃぃぃぃっってなりました。
その対応した失礼な女の人には正式な苦情なりなんなりして当然だと思いますよ~。
こういうことって考え出すと悶々としてしまうので、行動を起こしてすっきりするのが一番かと。
2007/05/02(水) 08:50:37 |URL|ヒカル #- [編集]
☆はなさん
再度どうもありがとう~。
やっぱりWatchdogかな・・・・。と、オットにも言ってみたら、わたしのマジ具合がやっと伝わったらしく、プロフェッショナルに抗議文を書き始めてくれました(笑)。
どこまでもマジだっていうのに、まったく・・・e-263
それにしても、こっちの人って「Discrimination」とか言う言葉に敏感ですね。
言われてドキドキするなら態度を改めろって感じ。


☆chihirockさん
お久しぶりです~。
コメント、ありがとうございます。とってもうれしいです。
わたしもね、大号泣して地団駄踏んでいたとき、ふと、今現在この国でこういう目にあって泣いている人はどれくらいいるのかな・・と思ったんですよ。
だから、このこともブログに書くのよそうかなーとも思ったんだけれど、きっと同じような目に合って悔しかった人たちがいるかもって思って、一緒に愚痴なり何なり言っちゃおうってことで。あはは。

クレジットチェックはね、ちゃんと不動産屋が抜かりなく「一度払ったものは返金できません」って契約書に書いてあったので、ダメーe-464
別にいいけれど、2度目に出した書類はちゃんと銀行に送ってくれているのか疑問です。じゃなかったら払い損だし。ありえるけど・・・。

chihirockさんも賃貸の件、大変そうですががんばってくださいね。どうもありがとう。
2007/05/02(水) 10:14:44 |URL|kao #- [編集]
☆juncooさん
ありがとうございますー。
juncooさんたちも大変ですね。
しかし、お国が変われば色々事情は変わるのは分かるし、その上でがんばって暮らしているのに、信用第一のはずの接客業がウソついてどうする・・・って感じですね。
おうち購入となるとモーゲッジの審査が絡むから、これまたいやな目に合いそうだなあ。
口座を開くだけで3回も拒否されたこともあったし、やっぱり「異国人」なんだなあと再認識しちゃいますね。
ほんと、お互いに早く住処が決まるといいですね。


☆ヒカルさん
いやな目にあっちゃいました~v-409
でもヒカルさんも色々いやな目にあったりしてますよね(ブリティッシュガスとか内装工事のときのやりとりとか)。
ここだけの話しですけど、不動産屋は馬鹿ばっかりですよe-284。ってここだけじゃないけど。
比べてもしょうがないけれど、日本だとお客さんより先に電話を切るとものすごい苦情が来たりしますよね。
叩ききられた~!!
ただ今、ディスレキシアのオットをせかして苦情レターを作成中です。時効になる前に送らなくちゃ・・・。
2007/05/02(水) 10:26:34 |URL|kao #- [編集]
その、クレジットチェックとやらのせいでカードも作れないし、携帯の契約も会社によって出来ないの。
意味わかんないよね。。。
一度誰かと連名で(一人だとできないから)借金して、返済歴をつくるといいらしいよ。

で、家出先ですが、来週から2部屋空きますよ。
いつでもいらしてぇ。
2007/05/02(水) 15:01:17 |URL|himadam #cbjh1FJ2 [編集]
上コメの名無しは私、ericaでした(汗)。

家は夫がすぐ切れるからなだめる役ばっかりなんだけど、病院で対応が悪いって文句言ったときは職員一同たじろいでたよ。
英語が母国語じゃない人にしっかり苦情を言われるとこっちの人って引くんだよね。
きっちり抗議の手紙送るんだよ~。
無料弁護士相談もあるはずだよ。
ガンバレe-281
2007/05/02(水) 15:34:23 |URL|erica #- [編集]
それは私もぶちきれるよ・・・ひどいね、ほんと。
なにがむかつくって、その苦情の電話の最中に笑うってどういうことよ???みたいな。
サービス業以前に人間的におかしいし、そういう人がいる会社だからきっとみんなおかしいんだろうね。

他の方もコメントしてるように、きちんと苦情を公開するのも手かもね。
地元の新聞に投稿するとか、ネットのレビューサイトに書き込むとか、一番相手に痛手になりそうなのを選ぶのもいいかも~(私はかなりしつこい)

元気出してね。また他の不動産などからいい情報がくるといいね。



2007/05/02(水) 16:32:53 |URL|ikkiboo #- [編集]
☆himadamさん
そうなの?知らなかった。
多分クレジットチェック自体は大丈夫だと思うんだけれど、不動産屋が本当にそのリクエストを銀行に送ってくれているのかが疑問。
実はわたしの銀行のアカウントはオットとの共同口座なの。自分ひとりのが作れなかったのよーe-286。多分そのときクレジットチェックでポイントが足りなかったからだと思う。

家出先の申し出、大変うれしいです。
北アイルランド行ってみたいから考慮するわe-266。その前に、カツオ道のお小遣いをもらわないと・・e-263
ありがとうね。


☆ericaちゃん
あー、やっぱり?そうじゃないかなー、そうだよね・・?と思いながらコメントしちゃった(笑)。

職員一同をたじろがせたなんて天晴れだわ。
そうそう、確かに外国人が講義するとどうしていい皮からない見たいね。特にわたしたち日本人はおとなしい印象があるらしく(未だに)引かれるわ~。
がんばるe-271


☆Ikkibooさん
いらっしゃ~い~~!!そしてありがとーーー!

そうなの、笑ったの・・・e-262
そして謝りもしなかったし、叩き切った~~e-268
わたしも一番相手が困る方法で苦情をたたきつけるつもりでございますよe-277
もー、なんとでもお言いってな感じで。
黙って泣き寝入りなんてしないもーーん!

ありがとうね。また新たにフラット探し、がんばります。
2007/05/03(木) 09:23:21 |URL|kao #- [編集]
このごろばたばたしていたのでコメント残せずにごめんなさい。
抗議文を書くならうちの旦那に任せてください。書いたものをメールで送ってくれればうちの旦那が100%Kaoさんの怒りを文章にします。家は抗議するときは旦那に任せてます。電話代かかるけど、電話でくいつかせたら天下一品です。(これは自慢になるのか?)Ombusmanとかあるからその団体に訴えてもよいと思います。クレジットチェックはKaoさんはイギリスで学生していたのだから、旧姓の時の銀行のやりとりが記録に残っているはずなのに、なぜそんなに手間取らせるのでしょうね?
埒があかないときは「あんたのSupervisor出せ!」といって「I am not very happy」といって延々とはじめるのが旦那の手段です。
新しいフラット早く見つかりますように。
2007/05/05(土) 06:53:20 |URL|Marmite #vS.GBuss [編集]
☆Marmiteさん
お忙しいところわざわざありがとうございます。
ウフフ、旦那さん、すごそう。
きりきり怒っていたときは、「Marmiteさんのところはだんなさんがちゃんと怒って抗議文を書いてくれるんだろうな~」と、チラッと思っていたんですよ。
昔ノッツにいたときはしょっちゅうやってましたe-263、上司を出せ~攻撃(笑)。
どこでこんなにソフトになったのかしら・・ってオンナだからコレくらいでちょうどいいのかもしれないですね。
おかげさまでオットががんばってレターを書いていたので、しかも時がたってちょっと落ち着いてきたので大丈夫そうです。
でも気分を収めるにはやっぱり行動を起こさないとダメですね。
ご心配、ありがとうございました。
次はMarmiteさんのだんなさんにプルーフ・リードしてもらおうっと。よろしくお願いしますね~。
2007/05/08(火) 10:12:41 |URL|kao #- [編集]
ちょっと酷くないですか??意味がわかんないですよね!!そりゃブチ切れて当然ッス。
アタイも同じ事されたらかなり切れるよ!!(もちろんダンナにも ←笑)

でもだいぶリフレッシュできたようでよかったです。
また一からのお部屋(お家)探しになると思いますが・・・・・ガンバです!!
2007/05/08(火) 14:53:09 |URL|yurinosuke #- [編集]
☆yurinosukeさん
いやいや、出遅れてなんていないですよ。
わざわざコメント、どうもありがとう~e-420。うれしいです。
お国変われば・・・ってヤツなのは分かっているんだけれど、あまりの適当さ、そして今振り返ってみても、ちらほらと差別的態度が出ていたなーと思うのです。
やっぱりオットやパパママさんにしてみれば、何でそんなに怒ってるの?みたいな感じが出ていてやりきれなかったので、そうだよね!怒っていいところだよね!!!と安心させてもらっちゃいました。
ありがとうe-466
2007/05/09(水) 13:49:04 |URL|kao #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://blabla.blog29.fc2.com/tb.php/143-ba9925a4

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。