blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/11

楽しかった1週間。

1週間ってこんなに早いものなのね。
ふるさとのハハとイモウトちゃん、昨日の朝の便でマンチェスターから日本に帰っていってしまいました。

あっという間・・・‚ ‚ñ‚®‚è


あの日(先週の火曜日)8時からがんばって配達会社に電話をするも、つながらず、結局つながったのは11時半。
この日はオットも仕事だったので、女3人で電車に乗ってチェスターまで行こうと思っていたのに、スタッフの人の話によると午後4時くらいに届ける、とのこと。
結局チェスターはあきらめ、地元をふつか続けてぶらぶら散歩。
しかも4時じゃなくて7時近くに届いた・・・。



やっと届いたふたつのトランクにはお土産がぎっしり。


prezzies from mum & sis

books



二日間わたしの下着や洋服、化粧品を使ってもらっていたけれど、荷物がやってきてもそんなに洋服、入ってない・・・ね。
ハハにいたっては、あんなに寒いよ、と釘をさしておいたにもかかわらず、タンクトップやかわいいけれどぴらぴらのブラウスなど薄物ばかり。
結局化粧品も帰るまで見つからなかったらしくわたしのを使っていたし、洋服ももちろんわたしのを着ていたし。
次からは何も持ってこなくていいですよ。


それにしても未だに親子3人、ビミョウな差はあるものの同じサイズのものを着れるなんて悪くないんじゃないの?

去年の夏に里帰りしたときに、家族全員に「太った・・・?」と言われ、実際そうだからしょうがないのに、わたしにくびったけ(?)なオットが切れてイモウトちゃんに「ビッチ!!」とかいっていたもので、またそんなことにならないようにあらかじめ電話で体重を自己申告、というケナゲなことまでしておいたけれど、まだダイジョブじゃ~ん♪

オットの痩せっぷりには驚いていたみたいだけれど、ちゃんと毎日食べさしてますよ。
すごい勢いで食べてるのに太らないのよ、最近。



でもちゃんと自分たちのおうちでわたしたちなりにおもてなしができてうれしかった。
ご飯も作れたし、朝もお茶をベッドに持っていったりしたし、散歩してお気に入りのカフェにも連れて行けたし、オットの手料理も食べれたね。
わたしの石けんたちも使ってもらえたし、生活している場所を一緒に歩けたの、すごく楽しかった。


えーと、なにをしたか忘れないようにオボエガキしておきます。




ついた日は夜だったからオットが作ってくれたピザを食べて寝ただけ。
オットが台所に立ち、いそいそと食事を作ったり洗物をしてくれる姿にハハとイモウト、感激して大騒ぎ。


2日目、3日目は地元の街を散策。
ハハ、狂ったように写真を撮る。
イモウト、狂ったようにカードを買いあさる。


4日目、オットを会社に送っていって車を持って帰り、のんびり昼食後オットの会社のある町(パパママさんの家のある町)に、ハハ・イモウトにわたしの運転を体験させる。
ハハ、狂ったように写真を撮る。
オットの仕事場に行き、ワークショップの見学をさせてもらい、お気に入りのバーレストランでお昼を食べる。
ぱぱさん方のおじいちゃんおばあちゃんのうちにお茶をしにいき、ステキなガーデンを散歩。
夜はママさんの手製のローストビーフをママさん方のおばあちゃんも一緒にいただく。


5日目、オットが有休をとってくれたのでウェールズの海辺の町、Aberystwythにドライブ。

aberystwyth castle

stone circle

fish and chips at aberystwyth


すごくお天気が良くて、ハハ、車中からも狂ったように写真を撮る。
オサレなオーガニックのカフェでお茶をしたり、イモウトちゃん念願のフィッシュ&チップスを海辺の城跡で食べたり、かわいらしい街を散策。


wind turbines

devil’s bridge


帰りも、ウィンド・ターバイン(風力発電の風車)を眺めて写真を撮ったり(写真上)、偶然見つけたデビルズ・ブリッジ(写真下)という3重に重ねて作られたふるい橋を見に行ったりして、ハハはさらに狂ったように写真を撮る。



6日目、火曜日(3日目)にいけなかったチェスターへ。
また違った感じの中世の街並みにハハ、狂ったように写真を撮る。
イモウトちゃん、ザラやその他の店で興奮、財布の紐がゆるくなる。
わたし、オットとハハ&イモウトの通訳が疲れにより段々おざなりになっていく・・・。
へとへとになって帰宅後、うちの近くのオサレなレストランに予約して家族4人で夕食。
ちょっと酔っ払ったオット、チチのおごりと確認後、調子に乗ってワインのお替りとデザートを注文。
とても美味しくいただき、みんなほくほくして帰る。


7日目、実質的に最終日なのでお土産ショッピング。
朝早くにおきて、まずは地元のTKマックスでハハとイモウト、狂ったように買い物を楽しむ。
同じく大手スーパーのセインズベリーでハハとイモウト、最後のお土産選び。

お昼はママさん方のおばあちゃんちで。
ハハ、おばあちゃんちのイングリッシュ・カントリーコテージに完全に舞い上がり、写真を撮りまくる。
歴代の家族や孫たちの成長過程を記すパントリー(食料保存部屋)のドアに新たな記録を残し、食後は犬のジムと一緒におばあちゃんのウェルシュ・ブラックを見に行く。

kuroushi

shinchou door



叔母さんのアリのコテージへ。裏庭にいた馬と仲良くなる。

with horse


アリの家に来ていたパパママさんとみんなでお茶。
パパママさんの家で、今夜の食材をいただいてくる(ソーセージと庭で取れたポテト、ビーンズ、たまねぎ)。
オット、最後の晩餐を調理(ソーセージ&マッシュ)。
ハハとイモウト、パッキングに難航した挙句、食後にやる気をほぼなくし、オットにやってもらう。


8日目、日曜日。6時起床7時出発でマンチェスター空港へ。
日本時間の月曜日の朝、成田着。

空港から帰ってきたら、狭いうちなのにガラーンとして静かで寂しかった。
でもオットと二人で仲良くがんばるよ。
あ、ちなみに夕食は早速もって来てくれたお餅で、2年ぶりにお雑煮を食べました。
ちょっと涙出たよ(笑)。


病み上がりのハハと、飛行機の乾燥した空気のせいでアトピーが復活してしまったイモウトちゃん。
書き出してみたら結構盛りだくさんでした。
引っ張りまわしちゃってゴメンね。
今頃くったり、つかれが出ちゃっていることでしょう・・・。

でもとっても楽しかった。

次はわたしたちがニッポンにいけるといいな。
がんばります。

そしてその次はまた二人が来てね。
イモウトちゃん、ケバブは次ね。
そしてスノードニアに行きませう。
ハハ、もう英語なんてしゃべれなくても何とかなるのです。
だからまた来てね。
次はチチもつれてきてください。パパさんと飲んだくれてもらいましょう。



roses from mum




以上、長いのを最後まで読んでくれてどうもありがとう。


コメント

短い間だったのに、盛りだくさんでしたね。
ウチの父が来たときは、近所をブラブラと、父におごってもらう。。。で、滞在終わってましたわ。
それでも写真は狂ったように撮ってたけど。
いろんなところに行って、思い出も倍増でしょう。
お土産も重そうですね。

最後に気になったのが、飛行機の乾燥でアトピー再発。やっぱり乾燥厳しいですよね。気をつけよう。

私は毎年日本に帰ってるけど、やっぱり家族との時間は格別ですね。つれまわされても、なぜか家族とだったらそんなに疲れないものですよ。kaoさんは通訳でお疲れだったかもしれませんが。。きっとご家族は大満足なことでしょう。

それにしても、日本と英国、遠いよね。
毎年帰らなかったら大きい薄型テレビとか、買えるのにな~。。。
2007/09/10(月) 16:22:01 |URL|himadam #cbjh1FJ2 [編集]
一週間ってあっという間ですよねぇ。。愛する旦那様がいるとはいえ、お母様、妹さんが帰ってしまって、ちと寂しいですよねぇ。。

私は近所には友達もいないし、会社の同僚は『同僚』だし、考えてみたら結構孤独ですよねぇ・・・といっても、もうすっかり慣れてしまったので、ホームシックにかかることもないですけどね!

私、10月に3週間ほど日本に帰ることになりました。1年のうち3週間ほどしか自分自身の家族と過ごさせないなんて、ちょっと寂しい気もしますが、3週間も休みが取れるなんて日本では考えられないので、仕事をカバーしてくれる同僚に感謝し、ありがたく里帰りさせてもらってきます。British Airwaysロンドンー東京で480ポンド。結構お手ごろじゃないですか?といってもマンチェスタからヒースローまで飛ばなきゃいけないから、その費用を加えると、いつもとそんなに変わらないかな。。

kaoさんも早く里帰りができるといいですね。
2007/09/10(月) 21:56:19 |URL|のりこ(旧ゆずは) #- [編集]
読んでいてKaoさんの切なさが感じられました。日本はすぐ来て!というのはちょっと遠いですね。私の母は「飛行機でずっと座っているのはちょっとつらいから」といってあまり腰をあげようとはしません。お金の面もあるので、今度は私が飛行機のチケットを買ってあげて両親そろって呼びたいです。
Kaoさんのお母さんと妹さんはきっと滞在を目いっぱい楽しまれたと思いますよ。お母さんが撮ったたくさんの写真に気を引かれて次はきっとお父さんもいらっしゃることでしょう。
2007/09/10(月) 22:21:06 |URL|Marmite #vS.GBuss [編集]
1週間という短い滞在にもかかわらず沢山の思い出が出来たね!
荷物(お土産)も無事届いたみたいだしね。
楽しい時間ってどうしてあっという間に過ぎちゃうんだろうねー。
私も父が帰った後は何だか寂しかったよ。
日本がもうちょっと近かったらというか飛行機代がもっと安かったらいいのにね。
2007/09/11(火) 08:03:35 |URL|erica #- [編集]
ウチは私もオットもあまり家族らしい家族を持っていないのでなんだかおとぎ話を読んでいるかのようでした(笑

ウィンド・ターバインの写真素敵。こういう切なげな写真大好きです。
2007/09/11(火) 09:40:43 |URL|chihirock_uk #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/11(火) 10:13:55 || # [編集]
☆himadamさん
いやー、あっという間でした。ホントに。
マダムパパ(勝手に命名、でもちょっとヘンな響き・・?)は息子殿がいたから観光なんて2の次だったんじゃないでしょうか~?
わたしもたくさんおごってもらいました。
いい年して悪いなぁと思ったんだけれど、久しぶりに甘えちゃった。エヘ。

帰りのスーツケースは、なんと来たときより重かったの!
量は減ったんだけれど、豪快な食器などの大人買い(TKマックスでだけど)と、スーパーでの瓶もののおかげでふたつ合わせて50キロ以上ありました。

マダムももう少しで里帰りね~。いいないいな。
食欲の秋だしたくさん美味しい物を息子殿とご家族と楽しんできてね。
そうそう、機内の乾燥、半端なかったようなので気をつけてね。
うちは次はいついけるかなー。


☆のりこさん
こんにちはー。
そうなの、帰っちゃってとても寂しいです。
言葉の壁があるので通訳で気を使ったりもしたけれど、でも家族だから基本的なところで本音で言えるのがすごく楽でした。
それに、イギリスに来てから初めて貸家ながら「わたしたちフウフの家」に泊まってもらえたから、わたしの手料理も食べてもらえたし、うれしかったです。

うん、そうだよね。やっぱり孤独だよね。
時々その孤独感でどんよりしちゃったりするんだけれど、ブログのおかげで日本語に触れられるからこの時代でヨカッタとココロから思います。
のりこさん、結構近いしいつかおしゃべりしましょうよ。

そうかー、3週間の里帰りかー。
いいなぁ。そういうの目標にもうちょっとがんばらなくちゃね。
うわー、楽しんできてね。わたしの分もおいしいご飯食べてきてね。


2007/09/11(火) 10:45:26 |URL|kao #- [編集]
☆Marmiteさん
いやー、切ないですねぇ。
もうちょっと気軽にこれる距離だったら、お互いにもう少しゆっくりと時間をすごせるんだろうな・・と思いました。
せっかく長旅で来てくれたからできるだけ満喫して欲しかったし、ハハたちもそういうわたしの気持ちが分かるから意欲的にがんばって観光してました。
でも疲れちゃったんじゃないかしら・・と帰ってから心配になっちゃって。

Marmiteさんのご両親がいらっしゃることがあったらうれしいですよね。
うちのあたり、こじんまりしていて中世のかわいい街並みで日本人には珍しくてよかったみたいです。
実現したら観光にいらしてみてください。


☆ericaちゃん
思い返してみても短かったなー。
楽しかったんだけれどね。
お土産、こまごましたものが多かったので、隙間という隙間にわたしの古い毛糸まで詰め込んでくれたの(笑)。
ナフタリンのすごい匂いがしているんだけれど、これから冬に向けて編み編みするか!と気合が入ったよ。

ericaちゃんのお父さん、もう帰られたのね。
寂しいよね。楽しかった後に元の状態に戻るのって。
まぁ次に会えるのが一刻でも早まるようがんばろうかな。
2007/09/11(火) 10:55:29 |URL|kao #- [編集]
☆chihirockさん
そう?!
でもねー、うちのオットと出会ってから余計に家族のよさが分かったと言うかなんというか。
年をとるごとに仲良くなってきてるんです。
うちのオットの家は親戚とかもあわせて仲がいいからびっくりしちゃうんだけれども。

えー、chihirockさんに褒められちゃった!
うれしーなー、写真のプロに好きっていわれると。
空がとてもドラマチックでたくさん撮っちゃったんです。
うふふ。You made my day..!


☆隠しコメントちゃん
あら!どうして隠してあるの~?と思ったんだけれどなるほど。うふふ。
忙しいだろうに~コメントをどうもアリガトネ。

分かる分かる。わたし、お迎えのときは心配すぎて気持ち悪くなっていたので泣くどころじゃなかったけれど、帰ってしまう2日前くらいからちょっとクスンクスンしてました(笑)。

石けんグッズ、たくさん持ってきてもらったよ。
本、読み終わったらお貸しするよー。
貴重な時間だからメールなんていいから気にしないでどんどん楽しんじゃってね。
2007/09/11(火) 11:03:50 |URL|kao #- [編集]
あっという間に過ぎちゃいますよね。
私も姉:サツオの所に1年に1度は行ってるんですが、仕事の1週間は長いのに、お休みの1週間はあっちゅう間に過ぎちゃうんですe-263
そして空港での別れの時はホンマに寂しくて泣きそうになる私・・・(必死で堪えてます)
また来年エゲレスに(あくまでも)行く予定なのでそん時はkaoさんのお家にも行きたいわe-266(レミングトンからkaoさん家は遠いのかしら?)

そしてお土産たくさん☆サツオが見たら喜ぶだろなぁ
2007/09/11(火) 14:15:55 |URL|yurinosuke #- [編集]
1週間は、本当に短いですよねぇ。
去年の夏、うちの母がきたときの様子を思い出しながら読みました。私達もあっちこっち母を連れまわし、母の足はパンパンになってました。日本は遠いから、せっかく来た時には、山ほど連れて行きたいところとか、経験させたいことあるのですよねぇ。短いけれど、ぎゅぅっと凝縮された一週間でしたね。
2007/09/11(火) 14:51:09 |URL|Izzy #- [編集]
☆yurinosukeちゃん
ほんっとーにあっという間でした。
そうか~!1年に1度はいってるんだ~!!
すごい!いいイモウトちゃんだわ。
しかも堪えられるんだ・・・。わたし、今回本当に号泣しそうになったのでさっさとゲートに入ってもらいました(笑)。

ほんと?!いやー!!実現したらすごーーーぅくうれしいんだけれど!!!
どうなんだろ・・・、近いのかな・・。
さつおさんにも聞いてみちゃおうかなー。わくわくe-317e-420

お土産って選ぶほうも楽しいよね。
もらったものを未だに並べては写真を撮ったりにやっとしたりしてますよ。
2007/09/11(火) 14:57:41 |URL|kao #- [編集]
☆Izzyさん
こんにちわー。
そうだった、去年はIzzyさんのお母さま、いらしてたんですよね。
いいな、どこに連れて行ったんだろう・・ってわくわくしながら読んでいたの思い出しました。
もっと色々見せたかったところとか、好きそうだなぁと思って前を通り過ぎていたお店とか一杯あったんだけれど、大切なことは一緒に時間を過ごすことなんだ!と思うようにしました。
それに次に来るときのお楽しみにもなるし・・って自分に納得させてます(笑)。
2007/09/11(火) 15:01:59 |URL|kao #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://blabla.blog29.fc2.com/tb.php/207-dbccf246

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。