blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/06

バルセロナ、3日目。

相変わらずセキ、ゴホゴホです。
夜、ぜんぜん寝れずに辛いけれど、セキ以外はいたって元気。
でもオットの睡眠に非常に支障をきたしているので病院にいってきました。
ら、気管支もダイジョブだし今のところ抗生物質も飲む必要なし!とのことで、洗面器にお湯を張ってティーツリーオイルでもたらして、スチーム吸引をするように言われた。
早く直って欲しいけれど、お医者さんが自然療法で直るって言うのなら、あえて抗生物質は飲まないほうがいいのかも?ととりあえず納得、すーはータオルかぶってスチームしてます。

そんな状態だったのに結構いろいろやったバンクホリデイ・ウィークエンド。
結婚式にも行ったし(途中参加&途中脱出)、結婚記念日に買ってもらったDVDプレイヤーといただいていたお金で買っちゃった「The Ultimate Bourne Collection」のジェイソン・ボーンシリーズも全部見たし、月曜日にはレスターシャーから友達家族がムスメっ子ちゃんと一緒に遊びにも来ました。

でもとりあえず、バルセロナの旅行記を先に進めようと思います。忘れちゃうので(笑)。

*注: とっても長いです(笑)。
    写真をクリックすると大きくなります。興味があったらどうぞ。



3日目、4月24日はじわじわと現地化しだして、朝起きれず。
それでもわたしは前側の太ももの激痛により9時に目が覚め、朝風呂に入ったり、日記をつけたりはがきを書いたりしていたけれど、ぴったり9時間の睡眠が欲しいオットは11時過ぎに起きてきた。

それにしても、恐るべしサグラダ・ファミリアの螺旋階段。
恐怖が筋肉をこんなに硬直させてしまうとはしらなんだ。
もしかして痛風ってこんな感じ?っていうくらい痛くて、歩くのがギクシャクしてました。


お昼前に、おなかが空いて死にそうです~なツマのリードでとりあえずコーヒーを飲みに入る。
チュロスを食べたかったのに、遅すぎたらしく「もうないよ」とあっさり言われた。

ガイドブックによると、木曜日はカテドラルのほうでアンティーク・マーケットをやっているとか。
行きましょう行きましょう、とこの日はカテドラルのあるBarri Goticエリアから出発です↓。


Barri Gotic



見事なふるい建物が立ち並び、細い道がたくさん。
カテドラルの周りには凝った彫刻を施した(こわいのもいっぱいあったけど)レリーフがあったり、ステキなコートヤードがあったり。
肝心のカテドラルの正面に回ってみると・・・・・


barcelona catedoral

残念ながら補修工事中でした。




ならば、と見たかったアンティークマーケットを物色。

antique market



いろいろ・・・・欲しいものが目白押しだったのに・・・お高かった+うちのオットがわたしが持つもの持つもの、「こういうのおばあちゃんちにあるよ」とか「お父さん、古い鍵束ごっそりもってるよ」とか「なんでこんなのが5ユーロもするのさ~」とかうるさくて、結局小さなふるいロケットをひとつ買っただけ。
とりあえず満たされない物欲の分だけ写真撮っておいたけれど・・・うぅ、アンティーク・スカラップレースのペチコート・・・欲しかったな~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹



アンティークものに後ろ髪を引かれつつ向かったのがこちら↓。

new market

オサレなマーケット・ホールでした。


mnew market  lunch

入り口近くにあったバル・レストランで念願の昼食。


おなかが減っていたためわたしが取った、チキンのお料理は写真に収まることなく胃の中へ~。
オットのはマグロのお料理です。
カタラン名物のポークかビーフの胃を使ったお料理・・・・トライしたかったんだけれど、疲れもピークに来ているし慣れていないものを食べておなかを壊しそうなオットが困った顔をしていたので、無難なチョイスになりました。
どっちもとってもおいしかった。
新鮮なお魚料理もおいしそうだった~。



で、次に行ったのが「Palau de la Musica」。

parau de la mucica catalana


ガイドブックに載っていたココの内装の写真がすごくて、とても行ってみたかったんだけれど・・・この日を含めて数日分のツアー入場券は軒並み売り切れ。
でも外側からでもわかる、すばらしいデコレーションのついた建物。
下側の写真の方は、新しく増築(?)したほう。
コチラも元の建物とあわせてコンテンポラリーで、なかなか良かったと思う。
こちら側にはちょっとポッシュなレストランも併設されてました。



さらに歩いて・・・・やっと見つけた郵便局の本局(?)でスタンプを買い、

correus i telegrafs



気持ちのいい海沿いの道をすばらしい建築物を眺めながら歩き、

old buildings by the sea



やっと見つけたメトロに乗って、フニキュラ・レールでモンジュイックの丘へ。

view from Montjuic

丘からの眺め。



そろそろ足が限界です~な、軟弱ツマの要望でバスに飛び乗り・・・でもあっという間にオリンピック・スタジアムが見たいとオットが言うので下車し、オリンピック・スタジアムへ。

Olimpic stadium


バルセロナ・オリンピックのイメージ・ソングってリンドバーグの「Every little thing」だっけ?
多分今でも歌える(笑)この歌、思い出すだけでこの当時の自分の周りの風景や思っていたこと、友達のこと、ぶわーっとパワフルによみがえります。

閑散としている広大な敷地、見上げるととてつもなく大きな青空、さわやかな海風のなかにたたずむオリンピックスタジアムを目の前にオットと2人立っていて、きっとこのことも強烈な印象として想い出に残るんだろうな~と思った。
なんだか圧巻でした。


またバスを捕まえて、モンジュイックの丘を下り、デザインを専攻したオットがどうしてもいかねばならん!と言っていた、1929年のエキスポのPavello Mies Van der Roheへ。

Pavello Mies Van der Rohe


有名なバルセロナチェアはこのパヴィリオンのためにデザインされたもの。
残念ながら、行った時には貸切のパーティーがあったらしく中に入れなかったけれど、今なおモダンなたたずまいを見れて満足でした。


パヴィリオンの隣にはMuseu Nacional D'art de Catalunyaがモンジュイックの丘を背にしてドドーンと。

Museu Nacional dart de Catalunya


もうどこを見てもすばらしい芸術品の建築物ばかり・・・で圧倒されました。
ここからスペイン広場までの通りもすごかった。


メトロに乗ってホテルに・・・のはずが、欲を出してさらに買い物(結局見ただけだったけど)したくて、最後の力を振り絞りPsseig de Graciaへ(←バカ)。
力尽きてベンチで休憩しつつ、地図を広げていたら、英語をまったく解さないおじいちゃんが手まねで「地図を貸してみ」というので渡すと、大声のスペイン語で現在地と近場のメトロ駅を教えてくれました。
都会のど真ん中でこういう親切な人に会うのってうれしいですね。
ロンドンとかじゃありえなさそうだ。
なんだかほのぼのしながらホテルに帰りました。


はっきり言って疲れすぎでヘロヘロのよぼよぼだったけれど、この日がバルセロナ最後の夜。
このままでは終われないので、お風呂に入って休んでから、前夜に行ったバルへ最後の晩餐。


otubo tapas

写真左上から: イベリコ・ハム、プリプリのえび、シーフード・ミックスのサラダ、ムール貝。



ビールもリオハも飲んだし、どれも疲れが吹っ飛ぶくらい美味しかった。
もう思い残すことはなし!とホテルに帰りました。

バルセロナもあと残り1日。



とてつもなく長いのを読んでくださってどうもありがとうƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹








コメント

 風邪のほうは その後少しは良くなりましたか?咳が止まらないと つらいですよね 私はこの冬 咳止めシロップを愛用しましたが それなりに効きましたよ GPは自然療法を薦めましたが。。。
 バルセロナの写真 全部クリックして 見ました!Palau de la Musica そうそう ちょっと変わった でも面白いこの外見!夫が大好きな建物で 中も 夫の好きなモダンアートで とても楽しめました。中に入れなかったのは 残念!また次の機会に ぜひ。蚤の市は ありとあらゆるものが売ってそうで いかにもスペインらしく 統一性が無い感じで それが逆に 意外な掘り出し物があって 面白かったりして?でも バルセロナって 結構観光範囲が広いのよね 坂も多いし。私も モンジュイックの丘に到着した頃は くたくたになっていた記憶があります。。。夏だったから 特にかな?最終日のお話も楽しみにしてるよー    
 
2008/05/07(水) 06:00:04 |URL|セロリ #- [編集]
 あ 私 勘違いしたみたいです Palau de la Musicaって カタルーニャ音楽堂のこと?うん ここの内装は1920年代の様式で ステンドグラスが見ごたえありましたよ 次回はぜひ!お勧めです!
 私が勘違いしたのは アントニ タピエス美術館 モダンアートの美術館で 外装にすごく特徴あります でもトランペットとかのモチーフが付いていたので 何となく こっちが音楽に関係あるんだっけ?と 思ってしまったんです 
2008/05/07(水) 06:08:48 |URL|セロリ #- [編集]
美味しいもの、食べ過ぎちゃったのね。
胃腸をしっかり休めて、大事をとって下さいね。

1日で本当に色々なところへ行ってますね~♪
すご~い!眩しいほどの空の色。古い建物でも、
暗い雰囲気が全くないんですよね。

私と妹が行った時は、メトロに乗ったのはグエル
公園に行った時のみ。後は全部徒歩でした。
だから、結構土地勘ついちゃったよ。
…なもので、朝はゆっくりの日が多かったです。
TVでドラエモンのスパニッシュver.なんか見たり
してね(笑)。
続きも楽しみにしてま~す♪
2008/05/07(水) 08:03:29 |URL|juncoo #bNQvwACs [編集]
☆セロリさん
未だにセキが止まりません~。
少しはましになってきているかな?と思ったけれど、まだまだ先は長そうですe-263
咳止めシロップも飲んでますよ。
でもパラセタモールが入っていないタイプのですが。
一時しのぎです・・。

写真、全部見ていただけて光栄です^^。
そう、コレはカタルーニャ音楽堂です。
入場料高いしな~と思ったのですが、ここは見てみたかった・・・。
次回いけることがあれば早めに予約しておくことにします。
まだまだ見たかったところ、たくさんあるからいつかまたいけたらいいな、と思います。


☆juncooさん
食べすぎよね(笑)。
次いつ来れるかわからないし!って2人でがっつり食べました。
えび、本当に美味しかったの。
日本で食べるえびみたいにプリプリでe-266
里帰りする資金がなかったらバルセロナで美味しいシーフード、って言うのもアリかも?と思ったよ。

1日でこんだけまわると、やっぱりヘトヘトでした。
っていうかわたしの太ももは本当にやばかった><。
juncooさんたちも歩いたんだ!
すごいすごい~。
わたしたち、ミュージアムのマークがメトロの駅だと思っていて(恥)、ムダによく歩きました。
あんなに歩いたのになんでやせてないんだか・・・。

続きもがんばりま~す。
2008/05/08(木) 16:26:10 |URL|kao #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://blabla.blog29.fc2.com/tb.php/323-9b522de3

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。