blah blah 日記*

blah blah blah = なになに、かくかくしかじか。 言わなくても分かることの省略音。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/23

夏至に文化トリップ。

一応、一年で一番日が長い日だった土曜日、めっちゃ雨が降ってました~。
「夏至」台無し。
夏らしいお天気もとんと見かけないまま、これからじわじわと日が短くなっていくんです。
といってもまだ、夜の10時半くらいまでうっすらと明るいのですが、相変わらず最高気温は18~19度。
寒い・・・・。


そんな「夏至」の日、オットとふたりでリバプールに行ってきました。
目的は「Design Show Liverpool」という展示会を見に行くことと、オットは以前リバプールに少し住んでいたので、ココ最近のリバプールの都市開発にとても興味があって、今年「European Capital of Culture 2008」のホストとなっているリバプールがどういう風に変化したのか見に行くこと。
リバプールは結構大きい街なので、新しいビルを見るために歩き回るの・・・だりーな~と内心思っていたので、強風雨という残念なお天気のおかげでほとんど車で回っただけだったのでラッキー☆←やなツマ。


デザインショーはふるい倉庫を改築したオサレなContemporary Urban Centre(CUC)にて。↓

liverpool 210608 (13)
ってあんまりオサレに見えない写真ですが。


liverpool 210608 (4)
お天気が悪いですが、こういうポートのそばの寂れた倉庫の一帯にありました。


liverpool 210608 (1)
一番上の階のかっこいいインテリア。



正直言ってふたりしてあんまり期待していなかったんだけれども、なかなかステキな作品がたくさんありました。
ブースもとっても個性的でオサレで、写真を撮りたかったけれど、こういう展示会は個人のデザイナーが商業者向けに開いているので、著作権とかあるんだろうな~と思って撮れませんでした。
何点かのブースでは本当にすごくステキなものを扱っていて、刺激をたくさん受けました。
カードをたくさんいただいてきたので、雰囲気だけ。↓

design show liverpool


一応ちゃんとした格好(といってもジーンズにシフォンの黒のワンピ+ベルト、黒の大昔のブレザージャケット)で行ったからか、何人かのアーティストさんたちから声をかけていただいちゃって、業者でもないのに色々お話をうかがってきちゃった。
楽しかったです。


中でも一目ぼれしちゃったデザイナーご夫妻のブース。
だんなさんの陶芸作品、色やかたちや作風がめっちゃツボ。
奥さんのほうのシルクスクリーンの絵の数々や、手づくりのアクセサリーチャーム、身震いするほどツボでした。
本気で本気で何か買ってしまいたかったけれど、全部ステキ過ぎて・・・そしてお値段がちょっと・・・張りすぎて、ひとつに決められず結局何も買わなかった。
うぅ、根性なし~!バカ~~ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

さっきも言ったように、あんまり期待していなかったから、こんなステキな作品にめぐり合えて・・パパッと決断できなかったんです。
もうちょっとお安かったらな~、決められたんだけどな~。←敗者のツブヤキ。


結局、お手ごろ価格のラッピング系/飾り系をほかのブースで買ってきた。こういうのって意外とお店にないんだよな~イギリス。


C K ceramics
セラミックのかわいい飾りタグ。


luckybird.jpg
一目ぼれした野鳥プリントのタグ。カードもかわいかったな~。



会場のティールームでコーヒーを飲んで、ファッションショーも見てきた。けれど、コレは大ハズレ(笑)。
インディペンデントのデザイナーさんのショー(全部で8点くらい)とLittlewoods Direct主催のもの。
う~ん。オットとふたりで言いたい放題突っ込みながら見た>出てけって。

でもデザインショーとしてはとってもよかったです。
会場のビルに個性があるから、こういう展示会にありがちな冷た~い雰囲気があんまり感じられなかったし。


やっぱり雨が降っている中、車でセンターの方へ。
リバプールにはすでに2つのショッピングセンター、そして結構大きめのメインのショッピングストリートがあるにもかかわらず、都市計画の流れでさらに新しいショッピングビルができてました。↓

liverpool 210608 (15)
オープンエアのと、

liverpool 210608 (16)
デパート、そしてさらにまだ建つ予定。



コレは本当に・・・残念。
なぜかというと、メインストリートにあった大きなショップがほとんどすべて、このショッピングビルに吸収されて移動してしまったため、街の中心地がぼこぼこと歯が抜けるようにクローズしたお店だらけになっていたため。
本当に古い、荘厳な感じのビルに入っていたファッションブランドなども撤退して新しいところに入ってしまったため、物哀しい雰囲気が漂ってました。

オットはリバプールの古い建物とか街の雰囲気がとても好きだったので、この現象にはとってもがっかりしたらしく、なんだか哀しげでもありました。
一応マーケティングを勉強したツマが、お金を転がすためなんだよ、高度資本主義のなりの果てなのよ、と説明してもちょっと寂しげ。

それにしても、街の一部だけキラキラと輝く新しいビルが建ち、片や一部の地域では、以前はとてもステキでいい感じだったであろうビクトリア時代、ジョージ時代、またはもっと古い建築物が荒れ果てて廃墟になりつつあるのを見るのは残念。
リバプールといえばあのビートルズ出身地で、毎年ものすごい数の観光客がやってくるというのに、あんまりお金がないらしく、街をきれいに保っていられないらしい・・・・。
わたしたちが言ってもどうしようもないんだけれど、新しいショッピングセンターを作るよりは、古きよき時代の建物に手を入れて、本来のリバプールらしさをアピールしたほうがいいのに・・・と思います。


それでも唯一(?)、わたしたち、そして街行く人たちをウキウキした気分にさせてくれたのが「ラムバナナ」↓。


lambanana.jpg
ハーフ「lamb」、ハーフ「banana」で、「Lambanana」。


一番上の黄色いのが元祖「ラムバナナ」で、今年のCapital of Cultureのためにかあちこちでたくさんの違うバージョンのラムバナナがいました。
普通のおうちのポーチにもあったり、お店でも売られていたり。
あちこちでたくさんの人が、子供を背中に乗せて写真を撮ったり、若い子達がわいわい集まって写真を撮ったり。
こういうストリートアートは楽しいですね~。

オットと一緒にラムバナナを見つけながら、中心地のスクエアでチップスを購入(とっても美味しかった)、以前オットが働いていたカフェレストランの近くのごちゃごちゃとした個人経営のお店、雑貨店をのぞいて、アジア系の小さなスーパーマーケットでお安いココナッツオイルやインスタントラーメンを嬉々として買ってきました。
本当は大きなクラフトの材料店にも行きたかったんだけれど、オットが元気がなくなっちゃったので車で海のほうをぐるっと回って帰ってきました。

ま、それでも久しぶりにフウフそろってセールになってた洋服なんか買っちゃったんだけれど。
わたしたちの住む街にはないショップがたくさんあって・・・その辺は羨ましいところ。


色々書きましたが、それでもたくさん文化に触れたリバプール行きでした。




おまけ:戦利品。


zara top
zaraのオーバーサイズトップ。脇にスナップボタンがついてます。


H  M
H & Mのリネンスカーフとプラスチックの髪留め(2個セット)。


髪留め、お安かったのに(300円くらい)結構しっかりしていてうれしい☆
ササッとこんなふうに↓ルーズに髪をまとめられるので重宝。

DSC08158.jpg
どアップ、失礼。


・・・そろそろ髪の毛、切らないとなぁ~。



コメント

kaoさんも リバプールに居たの?!週末?!私も 夫とリバプールに行ってました!夫の義兄の50歳の誕生日だったので パーティがあったんです kaoさんご夫妻もリバプールにいらっしゃると知っていたら お茶でもできたのになあ。。。残念!!
 テート モダンでクリムト展があったので 見たかったのですが チケットは総て完売。。。でも このデザイン展のことは 知りませんでした 港の旧倉庫辺りでやっていたのかな?新しいショッピングビルがまたまたできているんですねえ それも知らなかったです なんせ いつもリバプールに行っても 義両親の家に居るのが殆どで(家は ペニーレインやストロベリー フィールズの近くです)あとはチャイナ タウンに買い物に行くくらいで あまり中心地へ出ないものだから。。。。
 しかし 中心地が抜け殻のようになって 寂れてしまうのは 昔からの姿を知っている者としては悲しいことですよね 夫も特にリバプールに執着は無いけど この話を聞いたら やはり悲しく感じると思うなあ
やはり 自分が生まれ育った町だからね 
 kaoさんもおっしゃっているように 私たちも車で移送中 沢山のビクトリアン ジョージアン時代の建物や住宅が 廃墟のようになっているのを見ました うちの近所のDerbyも やはり同じような状態です 本当に 都市計画って。。。。

 ラムバナナ 義両親の家の近くでも よく見かけました オリジナルは 日本人アーチストが作ったとか?カラフルで 色々なデザインがあって 見つけるのが面白かったです 私も。
 それから 宣伝みたいですが リバプール大聖堂の祭壇の大理石は義父が手がけたものなんです
いつかまた行かれたら 覗いてみてくださいね 
 リバプールのハイストリートには 安くて美味しいジャマイカ料理のお店がありますが ご主人は辛いの駄目なんでしたっけ? 
2008/06/24(火) 08:36:18 |URL|和恵 #- [編集]
☆和恵さん
リバプールにいらしたんですね~。偶然。
ひっどいお天気だったけれど、まぁ目的の6割は達成できたのでよかったです。
うちもクリムト展に行きたかったんですけどねぇ、2週間前にデザインショーのチケットを取るときに見たら、すでに完売でした・・・。残念。

なんだかリバプールって・・・ちょっともの哀しいですよね・・・。
嫌いじゃないんだけれど、ああいう寂れてずーーーーっと放って置かれている建物とかフードかぶった若者が子供を叱り飛ばしているところとか見るとツライ。
いっそのことすべてデモリッシュしちゃうとすっきりするんじゃ・・・と思うくらい、なんだかフラストレーションがたまります。

でも小さいながらもチャイナタウンもあるし、小さなローカルのスーパーマーケットとかあるし、安いし、その辺はいいなぁ~と思います。

ラムバナナって日本人のアーティストのものなんですね。知らなかった。
お天気がよければもっと回って写真を撮ったりしたかったんだけれど、まぁまた今度にします。

リバプール大聖堂の祭壇、お義父さんが手がけられたんですね。すごいすごい。
オットが好きな場所なのでまたいつか機会があったら見に行ってみます。
2008/06/24(火) 16:24:25 |URL|kao #- [編集]
 私がまだ結婚するずっと前 リバプールに初めて行ったとき リバプールの中心地を案内してもらったのですが そのときの印象は ’ビートルズで有名な町で どっしりとした 立派な建物もそれなりに沢山建っているのに 妙に静かな所だなあ。。。’ でした その印象は 今でも変わらないかな この町が かつては長い間 大英帝国1番の港町だったとは ちょっと想像つきません 確かに 哀愁が感じられますよね。。。
 あ 義父は 大聖堂の向かいにある大学の建物の入り口の上に掲げられている 石の彫刻も作りました いつか またご覧になって下さい! 
2008/06/25(水) 06:35:04 |URL|和恵 #- [編集]
私、8年前にリバプールに行ったきりだ。あの時とは随分と
変わってるんだろうなぁ。
デザインショー、いいですね~。こういうイベント、とんと
ご無沙汰です(笑)。何か、刺激が欲しいなぁと思う今日この頃。

私は今週末、マンチェスターに行ってきます。久々の都会に
ワクワク。私たちは音楽系の週末です。
2008/06/25(水) 08:07:02 |URL|juncoo #bNQvwACs [編集]
☆和恵さん
ビートルズだけで相当な客寄せになっているみたいだけれど、治安も・・・あんまりだし、キャピタル・オブ・カルチャーなのにぜんぜん開発やオーガナイズが間に合っていないし、なんか拍子抜けでした。
こういう大きな港町は戦争のときに相当爆撃されちゃいますもんね、ソコからぜんぜん這い上がれていない感じ。

いつもリバプールに行くときは大聖堂の近くの駐車場に停めるので、今度見てみますね。


☆juncooさん
8年前か~、うん、そのときに比べるとずいぶん替わっていると思うよ。
港の周りのどーんとでっかいふるい建物とか、好きなんだけれどねぇ。
新しいビルとかも建ってきて、どこでもある感じの都市になってきた感じ。

ニューカッスルの方にもあるんじゃないのかなぁ、こういうデザインショー。
久しぶりで楽しかったです。

おぉ、マンチェスター。一度しか行ったことないけれど大きな街でワクワクしました。
音楽系の週末、楽しんできてね。
2008/06/25(水) 11:08:48 |URL|kao #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://blabla.blog29.fc2.com/tb.php/352-d49e7d53

■  プロフィール

kao

Author:kao
イギリスでの日々のあれこれをブラーブラーとのんびりつぶやいています。


イギリス人オットと、2009年5月に生まれたウミ君と、2012年3月に生まれたソラ君と4人で英国中部の小さな街にて生活中。




*お知らせ*
コメントは認証制です。
記事に直接関係のないコメントは承認前に削除させていただきますのでご了承ください。
読者の方にはご迷惑・お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

■  カウンター

■  カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。